カテゴリ:文学座公演情報( 177 )

2011年のラインナップ『くにこ』の会場で発表なっていましたね!!
今回はまた趣向に跳んだレパートリー!
大作揃いというラインナップされています。
新しい来年の手帳に、今のうちに書き込みを(笑)

<本公演>

文学座・紀伊國屋書店提携
2/13(日)~22(火)『美しきものの伝説』<紀伊國屋サザンシアター>
作:宮本研/演出:西川信廣
 関輝雄、得丸伸二、岸槌隆至、石橋徹郎、鍛治直人、
神野崇、城全能成、佐川和正、星智也、松角洋平、山森大輔
清水馨、松岡依都美、荘田由紀、鈴木亜希子
 

全労済文化フェスティバル2011参加作品
文学座ファミリーシアター
4/29(金)~5/8(日)『思い出のブライトン・ビーチ』<全労済ホール/スペースゼロ>
作:ニール・サイモン/訳:鳴海四郎/演出:望月純吉
 大滝寛、細貝光司、金沢映子、八十川真由野、渋谷はるかほか 
地方公演<5/13(金)~29(日)子ども劇場首都圏・甲府・大船(予定)>

9/9(金)~23(金)『田村孝裕書下ろし作品
作:田村孝裕/演出:上村聡史<吉祥寺シアター>
  
文学座・紀伊國屋書店提携
11/4(金)~14(月)『岸田國士短編傑作集「明日は天気」「驟雨」「秘密の代償」』
作:岸田國視/演出:西川信廣<紀伊國屋サザンシアター>
 本山可久子、塩田朋子、片淵忍、
菅生隆之、若松泰弘、浅野雅博ほか

地方公演<11/20八尾、23西宮>

<アトリエの会>

9/7(火)~21(火)『にもかかわらずドン・キホーテ
作:別役実
演出:藤原新平
金内喜久夫、田村勝彦ほか
地方公演<6/23尼崎(予定)、25(長岡)>

7/15(金)~30(土)『THE GOAT or Who is Sylvia -山羊もしくはシルヴィアって誰?
作:エドワード・オルビー/訳:添田園子/演出:鵜山仁

12/5(月)~18(日)『テネシー・ウィリアムズ一幕劇集より
作:テネシー・ウィリアムズ/訳:倉橋健「ロング・グッドバイ」「財産没収」
鳴海四郎「バーサよりよろしく」「話してくれ、雨のように」/演出:靏田俊哉
by berurinrin | 2010-12-05 14:53 | 文学座公演情報

文学座付属研究所研修科発表会第3回『萩家の三姉妹』のお知らせ

作   永井愛

演出  高瀬久男

協力  文学座演出部

日時 12/10(金) 19:00
       11(土) 14:00/19:00
       12(日) 14:00

於 文学座アトリエ  

予約受付期間 12/1(水)~12/9(木)まで満席になりしだい終了。

全席無料・予約制 文学座  TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝除く)

この作品が、研修科48期生にとって最後の発表会で、次回は卒業公演となります。
早いもんですね。
先の事は誰にもわかりませんが・・
芝居にかける、かけられる青春の貴重な日々をめーいっぱい楽しんで欲しいものですね。
『萩家の三姉妹』は、2006年度の卒業公演(2007年2月上演)の演目でした。
演出も高瀬さんでした。

さて、当時のパンフから現在座員のキャストをセレクトしてみると

渋谷はるかさん(萩鷹子“た~ちゃま”)
吉野実紗さん(萩若子“ワコ”)
藤側宏大さん(池内徳次“トックン”)
牧野紗也子さん(舟木理美)

ユニークな作品です。
ぜひお楽しみにって、めちゃめちゃ楽しみです♪
by berurinrin | 2010-11-06 23:09 | 文学座公演情報

文学座付属演劇研究所研修科演出部自主勉強会『灰から灰へ』のお知らせ

作   ハロルド・ピンター   

訳   貴志哲雄

演出  的早孝起

日時 12/3(金)19:00
    12/4(土)15:00/19:00
    12/5(日)13:00 

於 新モリヤビル1F(文学座第2稽古場) 

予約受付期間 11/15(月)~24(水)

全席無料・予約制 文学座  TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝除く)

文学座から沢田冬樹さんと太刀川亞希さんがご出演されるそうです。
今年の研修科の皆さんは、精力的に頑張っていますね。本当に素敵です♪
一番の底辺にいる彼らの頑張りが、未来の劇団の力になることは確実です。
そんな彼らの今の姿を大切に見守っていきたい・・
芸術の秋真っ盛り!
ぜひぜひご一緒に応援しませんか?
by berurinrin | 2010-11-06 22:27 | 文学座公演情報

文学座付属研究所研修科勉強会
               リーデイング形式による『小さなエイヨルフ』のお知らせ

作   イプセン 

訳   原千代海

演出  鵜山仁

日時 10/23(土)19:00~:10/24(日)16:00~ 

於 新モリヤビル1F(第二稽古場)  

全席無料・予約制  受付期間10/15(金)~10/20(水)

文学座  TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝除く)

残念ながら座席が少ない為に、会員本人のみ(支持会・パートナーズ倶楽部)の限定となっています
遅くなってしまってすみませんm(_ _)m
もう申し込まれましたか?!
研修科二年生は、場面毎に配役が入れ替わりという、研究所の『わが町』『女の一生』のような
キャスティングで全員出演されるそうです。よかったよかった。
それにしても研修科生の元気な事といったら、今年だけでも自主企画や勉強会x2とか発表会とか
めっちゃ頑張ってますよね!
勉強会とはいえ、研修科生の皆さんが、
劇団ならではの鵜山さんとのコラボを十分楽しんで頂けるといいなぁ~
そして色んな形で鵜山さんの作品世界を体験できる私も幸せです(*^_^*)
by berurinrin | 2010-10-18 23:16 | 文学座公演情報

あろうことか・・・あれよあれよとしてるうちに全てが終了してしまいました。
いつものように長いレポでございます。

第2回の打ち合わせで、例会当日の役割分担が決まった後は、
担当サークル向けのイベントが目白押し。

8/14(土)
先ずは、稽古場見学会。
殿様と私』の各鑑賞会向けに稽古場見学会が3日間に渡って
文学座のアトリエで行われました。
わたしも先輩方と一緒に参加させて頂きました。
入り口では、雪絵お嬢様こと、松山愛佳さんがお迎えしてくれました。
なんかしとやかな感じで、いいじゃないですか愛佳ちゃん(笑)
開始前、他鑑賞会の方と含めて20名ほどの見学者を前に
制作のAさんが、「観て、知って、広めて頂く為に稽古場に来て頂きました」と
ただ観て楽しむだけじゃなく、ちゃんと宣伝活動に生かして欲しいと
きちんと主旨を話されるAさん。いい感じじゃないですか
だって『アラビアンナイト』の時からのお付き合い。あの頃は新人君だったのに
なんだか・・まぁ~ごりっぱになられて(笑)(寺田路恵さん演じられるカネさん風で)
丁度、わたし達の後ろの席が、出演者の方々の席になっていまして。
真後ろにおられた浅野雅博さんに「うで、みしてくださいね。」と言ったら
「だから・・稽古場では(本番じゃみせられない)間違ってる姿を見せるトコだから(爆)」
隣では、城全能成さんが笑っていました。
見せて頂いたのは、一幕全場面!わぁおって感じですよ。
雪絵さんが、アンナ先生(富沢亜古さん)宛てのお手紙を読むシーンで
初めテープの声が流されるんですが、スタンバイ中の愛佳ちゃんがめちゃめちゃ照れておりました。
どうやら初演時の音声だったようです♪

8/26(木)、27(金)
その翌々週は、ゲネといわれる舞台稽古見学がありました。
場所は吉祥寺にある前進座劇場。ゲネは二日間。本番さながらの舞台です。
舞台は、前回の傾斜のある八百屋舞台と違ってフラットな床になっていました。
この舞台は、正面にお庭があって四季の彩が照明によって移り変わる姿が、
とても美しいのです。
中央の演出家が座る演出卓の前を避けて、中央席左右の通路を挟んで
上手側、下手側に別れての拝見です。関係者の方や座員の方々のお姿もちらほら
美しい舞台全体をしっかり拝見したくて後ろの方で楽しませて頂きました。
十分堪能して、次回は横浜で拝見できる事を楽しみに帰ろうとしましたら
藤原新平さんに遭遇★
吉祥寺駅まで、藤原センセと色んなお話をしながらの帰り道・・吉祥寺駅まで
あっという間に到着でした。

9/7(火)
そして、本番前の前日は、会場の神奈川県立青少年センターで搬入作業がありました。
私は仕事で参加できませんでしたが、参加された年配の男性から
「いやぁ、あの背の高い人。いいねぇ~態度がすごく謙虚で、聞いたら出演者だって?!
どおりで良い声してたよ。誰だっけ、名前わかんないけど、
あの金髪でさぁ~さすが文学座の人は違うと思った」と
金髪って一人しかいない気が(笑)
言葉使いが丁寧で、気持ちよくお手伝いが出来たと・・搬入の仕込みをされた星智也さんでした♪
ありがたい事に、文学座ファン・・それもかなりディープな(笑)という事が、かなり知れ渡って
いましてf(^_^;)色んなお話やら感想が耳に入ってくるんですよ。
でもね、殆どありがたいというか、いいお話ばかり(ウソじゃないですよ)
おかげさまで、文学座ファンと胸を張れておりますYeah~!(*^^)v

9/8(水)初日
雨。それも台風が接近中。そして、この日は終演後にロビーにおいてのロビー交流会がありました。
開演約2時間前、楽屋からゆっくりロビーに現れたジャージ姿の加藤武さん。
労いの言葉をわたしたちに掛けて下さって
そのまま隣接してあるレストランに静かに入っていかれました(*^_^*)
そしてまた、ゆっくりロビーを通って楽屋に戻られる加藤さん。その佇まいが素敵です。
開場時間になって、賑やかになったロビーに
おおっ、なんかビーチサンダルで、サングラスで、穴だらけのデニム姿のちょっと怖い人が
やってきました(笑)
スーパー助っ人の高橋克明さんだ!!「地元だからね」と
一見強面(?!)風ですが、めちゃくちゃつーか、すごーく優しい方です。
搬入の時もお手伝いに来られたそうで、こんな大雨の中でもやってこられる克明さん!
最近、渋谷で体験した出来事を身振り手振りで再現して下さって大爆笑!
本当に素敵です!で、ずっこずっこと強面(?!)の後姿を見せつつ楽屋の方に消えていかれました。

開演中は、ロビーで配布資料をセットしたり、ご飯食べたり
時折モニターで流れる会場の様子を拝見したり、事務局や役員の先輩、お手伝いの会員さんたち
とお話しながらのんびり過しました。
ちょっと時間が空いたので、客席の扉の前で立って少し観せて頂きました。
休憩時間になると制作Aさんが、カーテンコールの花束係りの担当サークルの皆さんに
渡し方の説明して下さるので、その助手なんぞ
雨は降り止まず・・激しくなるばかり・・
それでも終演後にロビーに残られる会員さんたちが思った以上に沢山おられてびっくり!
浅野さん以上のご出演者の方々が登場されました。
質問も次から次ぎへと出て、和気藹々とした雰囲気の中で終了。
交流会のレポートしたかったんですが、会場をうろうろしていたので、半分位しかその場にいなくて
あんまり・・いや殆ど覚えてないのです。ごめんなさい。
終了後、楽屋に行くと愛佳ちゃんが洗濯中。偉いっ!

9/9(木)
仕事で劇場にはいけず(><)

9/10(金)
公演3ヶ日目は、唯一の夜公演。そして終演後は、隣のレストランで交流会がありました。
私は他鑑賞会と劇団扱いのチケットの受付をマブダチと一緒に。
上演中、どうせ交流会では食べられないからと
友人と大好きな横浜の某お店のメロンパンをむしゃむしゃ(笑)
このメロンパン、すっごく香りがよくて、なかにクリームが入っていて美味しいんですよん★
終演後は、制作のAさんとお揃いでアトリエ60の記念Tシャツを着てお粗末ながら
司会進行役をさせて頂きました。
一番最初に登場されたのは、終演後間もないのに元気一杯の加藤さん♪
乾杯の音頭は、殿さまことたかお鷹さんの素敵なお言葉で乾杯!
みなさん積極的にお話をされていて、約一時間弱の交流会は終了です。
締めは、やっぱり加藤さんにお願いさせて頂きました。
「後輩達に真似して欲しくない事があります!」と加藤さんは、おもむろにマイクを離して
「みなさ~ん!!!!それは絶叫スピーチです」と
いろんな場所毎にリクエストのあるという絶叫スピーチで、このフロアなら楽勝と
大爆笑の絶叫スピーチで交流会の幕は降りました。
出演者の皆様をお見送りした後、私達は夜の野毛に繰り出して2次会へ。あ~楽しいっ!

9/11(土)最終日
ちょっぴり二日酔い(笑)この日は最終日。あっという間の4ヶ日間でした。
甘いものも素敵だけど・・某さんのリクエストに答えて梅干を差し入れ(笑)
まだまだ暑いですからねっ
ちょっと早めに到着して、お礼を兼ねて隣のレストランに入ったら
お隣の席で加藤さんがお食事中。連日ここでお食事をされているようでした。
加藤さんから優しく声を掛けて頂き、お姿を見送った後
お皿を片付けにこられた給仕係りの方が
「いつか加藤さんにお会いした時、ここで働いているって言ったらわかってくれるかなぁ(笑)」と

この日も他鑑賞会と劇団扱いのチケットの受付をマブダチと一緒に。
すると清水馨さんが観にいらっしゃいました。
「お疲れさまでした」と声を掛けて頂き、入浴剤“きき湯”を頂きました★わーい、わーい
やっとこの日が観劇日。それも花束係り(笑)
隣のマブダチと、さんざん笑って、ラストの殿様とアンナ先生との場面では涙・涙・・・。
で、花束は浅野さんの元に。お疲れさまでした。
終演後は、面会者の方を楽屋にお連れしたり、アンケートを集めた後は
またまたアトリエ60Tシャツに着替えて搬出手伝い!
舞台の上では、着々とセットが綺麗に片付けられていました。
スタッフの中に混じって星さんや城全さんもトントンと、バラシ運んでいかれます。
Tシャツを見て「座の人みたいだよ」と城全さんから声を掛けてもらって、うひゃうひゃ
めっちゃ二枚目さんなのに「変な顔して」とリクエストすると白目剥いてくれる可笑しな城全さんです。
超スピーディに舞台の上は何にもない状態。
これで私達の役目も終了です。
ロビーに戻って、帰り支度をして先輩達と最後のお別れをしに搬出口へ
すると城全さん、星さんと愛佳ちゃんが「このまま横須賀に向います~!」
元気な制作Aさんともお別れして、先輩達と桜木町のコレットマーレでお茶してクールダウンして
お開きとなりました。

9/21(火)まとめ会。
約2ヶ月間に渡った『殿様と私』の最後の活動がまとめ会です。
どーんと詰まれた公演期間中のアンケート集計から、気が付いたり感じたりした事を話し合います。
マブタチが見つけたアンケートの一言「良き芝居でございました」じんわりします。
今回はちょっと残念な出来事もあって、観劇マナーへの強化の必要性が問われました。

と、覚え書きのような中途半端なレポですが、こんなことを例会ではやっています。
意外と大変ですが、かなり楽しいですよ。
一緒になって作っていく・・・そんな連帯感とか、終わった後の感動も深まります。
大好きな芝居の話で盛り上がる・・・・年齢、性別関係無しに盛り上がれる仲間がいる
素敵だと思いませんか?
よかったら仲間はまだまだ募集中ですっ
&まだまだツアー中。なんと、鑑賞会に入会していれば全国の鑑賞会の作品がお安く観れます!
このおかげで私は鵜山仁さんの追っかけを堪能させて頂いてますYeah~!(*^^)v
詳しい情報は→横浜演劇鑑賞協会へよろしくお願いいたします

c0023954_21451661.jpg


清水さんから頂いた「きき湯」早速使わせて頂きました~★効きましたです♪ありがたい。
全てが楽しかった2ヶ月間。ますます文学座のファンになりました!
これ以上ファンにさせないで下さい(^_-)-☆

さてH.Pからブログへと一件、変更しています。
松山愛佳さんのブログ愛佳と私
素顔の愛佳ちゃんのお茶目っぷりが堪能できる素敵なブログです。ぜひよろしくです(*^_^*)
by berurinrin | 2010-09-25 22:12 | 文学座公演情報

文学座本公演・紀伊國屋書店提携『くにこ』のお知らせ  

作   中島淳彦  

演出  鵜山仁 

日時 11/26(金)~12/5(日)

出演 塩田朋子、栗田桃子、太田志津香、鬼頭典子、上田桃子
    角野卓造、関輝雄、亀田佳明 
     
於  紀伊國屋サザンシアター   

前売開始予定  文学座:10/20(水)
           

入場料  6,000円
     以下、文学座のみ取扱い
     ユースチケット(25歳以下)3,800円 注)要・年齢を証明するもの
     中高生2,500円 注)要・学生証 
       

チケット取り扱い   文学座チケット専用0120-481034(10:00~17:30/日祝除く)
              電子チケットぴあ0570-02-9999(Pコード405-665)
              イープラス http://eplus.jp/bungakuza/(PC・携帯共通)
              文学座H.P http://www.bungakuza.com(Gettiiより)

問い合わせ:文学座  TEL.03-3351-7265((10:00~17:30日祝を除く)

故・向田邦子さんがモチーフのこの作品。
向田邦子さんの妹さんが、作家の中島さんだったら・・と、絶大な信頼感を得ての書下ろし
だそうです。向田さんの小説の中に出てくるいくつかのエピソードが織り込まれてる・・かも
予習としては・・と、制作のY氏に聞いた時に「向田さんの作品を全部読んだらOK」と
恐ろしい事を言われまして・・・実は、全く向田さんの本を読んだ事もドラマも観た事が無くて・・
まぁ「父の詫び状」から読んでみようかなぁ~♪と思って、机の横のこれから読むぞ本コーナー
(これが今、20冊ほど溜まっていますがf(^_^;)に置いてあります。
まっ、そのうち、そのうち(笑)

で、で鵜山仁さんがやっとこさ劇団に戻ってこられましたぁ~休座からの復活です!
わーい、わーい
まっ、その前にも研修科生の勉強会や無名塾『炎の人』、俳優座プロデュース『家族の写真』と
お忙しい鵜山さんですが、やっぱ嬉しいです。ホント嬉しい。

さてチラシ2バージョンありましたが、ご覧になりましたか?
一枚は、モノクロで栗田桃子さんが、ちょっとうつむき加減で穏やかな表情をされてる写真。
桃子さんってば、めっちゃ綺麗ですよね~★
ちょっと時代掛かってるなぁ~と、思ったら向田邦子さんに扮してのお写真だったそうです。
それも向田さんの在りし日のポートレートに似せて・・だそうです。
なので、見比べてみるのも素敵だと思います。
そしてもう一枚は、『ゆれる車の音』のチラシの絵と同じホセ・フランキーさんのイラスト
初めて見たとき吹き出しました(笑)そう来たか(爆)っと
このイラストの方が、本チラシになるそうです。
でも両方とも捨てがたい力作だと思います。

ポスター欲しいっ!ねっ欲しいですよねっ!
そんな嬉しいお知らせが、初日の11/26(金)11/27(土)の夜の部には
ポスタープレゼントがあるそうよっ!
&わくわくのアフタートークは11/28(日)昼公演終了後です。

公演前にはイベントがあります。
「向田邦子の世界」
日時 10/16(土)14:00~
於   日本大学芸術学部・江古田校舎(中ホール)
参加費無料
申し込み開始  9/28(火)
お問い合わせ/申し込み先   文学座(03-3351-7265)

今から手帳にチェックが必要ですねぇ~(*^_^*) 文学座H.Pブログを要チェックです

さて、アトリエの方もすごーく盛り上がっているようですね♪
コチラのほうも、イベントが目白押しです→文学座アトリエ60周年記念3作品連続上演ブログ
by berurinrin | 2010-08-29 21:13 | 文学座公演情報

アトリエ60周年記念公演のお知らせです

『トロイアの女たち』9月7日(火)~20日(月)

作   エウリピデス

翻訳 山形治江

演出 松本祐子

出演 倉野章子、藤堂陽子、山本道子、つかもと景子、塩田朋子、奥山美代子、 佐藤麻衣子、
    頼経明子、松岡依都美、吉野実紗/増岡裕子、木下三枝子
    坂口芳貞、石田圭祐、細貝光司、清水圭吾

『カラムとセフィーの物語』
10月1日(金)~14日(木)

原作 マロリー・ブラックマン
 
脚色 ドミニク・クック
 
演出 髙瀬久男

出演 山本郁子、山崎美貴、鬼頭典子、添田園子、渋谷はるか、鈴木亜希子、下池沙知、千田美智子
    大滝寛、押切英希、沢田冬樹、鈴木弘秋、林田一高、亀田佳明、上川路啓志、
    柳橋朋典、藤側宏大

『ダーウィンの城』

10月25日(月)~11月7日(日)

作   鐘下辰男

演出  高橋正徳

出演 吉野由志子、征矢かおる、荘田由紀、牧野紗也子
    金内喜久夫、中村彰男、大原康裕、高橋克明、櫻井章喜、石橋徹郎、
    植田真介、川辺邦弘、斉藤祐一

アトリエ創立60周年の記念公演が始まります!
すでに前売チケット発売中です。
お得なチケット情報やイベントスケジュールも見逃せませんよ~☆彡
詳しくは、専用ページ文学座アトリエ60文学座NEWS BLOG

伝説のH.H.Gが蘇えるっ!!詳しい内容は→こちらへ
ブログはコチラ→H.H.G vol.10「土の中の教師たち」ブログ
by berurinrin | 2010-07-25 18:14 | 文学座公演情報

文学座付属演劇研究所研修科発表会『祭の出来事』『十三夜』『大つごもり』のお知らせ

『祭の出来事』
作  久保田万太郎

『十三夜』『大つごもり』
原作 樋口一葉
脚色 久保田万太郎

演出 成井市郎   

日時 7/23(金) 18時30分
24(土) 13時30分、18時30分
25(日) 14時

於   文学座アトリエ  

全席無料・予約制 文学座  TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝除く)

すみません。すでに千秋楽の日にお知らせなんて・・・
なんかずっと落ち着いてパソコンの前にいる事がなかなか叶わず・・
一応記録としてUPしました。
『祭りの出来事』は、3年前の研修科の発表会で拝見しました。
豊蔵さんを高塚慎太郎さんが演じられていました。


伝説のH.H.Gが蘇えるっ!!えっ、なんだろう?と思われた方は、詳しい内容は→こちらへ
ブログはコチラ→H.H.G vol.10「土の中の教師たち」ブログ
by berurinrin | 2010-07-25 17:02 | 文学座公演情報

文学座附属演劇研究所研修科演出部自主勉強会のお知らせ

棲家

作    太田省吾

演出   稲葉賀恵

七日目、その日』 

作・演出 鄭尚美

日時   7/2(金)17時『七日目』/20時『棲家』 
      7/3(土)14時『棲家』/19時『七日目』 
      7/4(日)14時『七日目』/18時『棲家』


於 文学座アトリエ  

全席無料・予約制    6/21より受付開始

TEL.03-3351-7265(11:00~17:00 日祝除く)

いやぁ元気ですね文学座!もう毎週アトリエ通ってますもん(*^_^*)
さて今回は、研修科生による勉強会のお知らせです。

まだまだ未熟な部分もみえてしまうかもしれません・・
が、がっがっ!
もしかしたら素敵な出会いと感動があるかもしれません!
これからの将来を担う彼らのカンバリを一緒に見守っていきませんか?!

ちなみにそれぞれブログで活動経過を報告されています

文学座研究所・演出部勉強会『七日目、その日』稽古日誌
今日の棲家
また、リンクしてる文学座研修科48期生の滝沢花野さんのブログなにとなく君にまたるるここちして
の方でも彼らの日々を感じる事ができますよ!!
by berurinrin | 2010-06-21 22:49 | 文学座公演情報

文学座有志による自主企画『おはなしの会』のお知らせ
   
演出     今井由香 

舞台美術  乗峯雅寛

照明     賀澤礼子

音響     栗原亜衣   

日時     6/18(金)19:00
        6/19(土)14:00 

出演     坂部文昭(小川未明/作『とうげの茶屋』)
                 「赤いろうそくと人魚牛女」小川未明童話集所収/偕成社文庫
        林田一高(恩田睦/作『像と耳鳴り』
                 「像と耳鳴り」所収/祥伝社
        田中明生(斉藤隆介/作『ベロ出しチョンマ』
                 「ベロ出しチョンマ」新・名作の愛蔵版所収/理論社
        渋谷はるか(重松清/作『すねぼんさん』
                 「小学五年生」所収/文春文庫 企画協力 文藝春秋

於  文学座アトリエ 

前売予約中
           
入場料 全席自由予約制 1,000円
      小学生高学年の方以上から(小学校高学年~中学生の方は無料) 

予約:お問い合わせ 文学座企画事業部  
              TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝を除く)

主催  おはなしの会 

協力 文学座企画事業部

UPが遅くてすみませんm(_ _)m
子供の頃、いつも本がありました。いつも誰かが読んでくれた記憶があります。
それも祖父母や両親の膝の上のたまらない座り心地のいい場所で・・
だからきっと大人になっても本が好きでいられるのかもしれません。
そんな幼い頃の気持ちをちょっぴり思い出しながら
素敵な4人の俳優達の言葉に、わくわくの素敵な自分だけの想像力の冒険の旅に出てみるのも
いいかもしれませんね(*^_^*)
by berurinrin | 2010-06-14 22:02 | 文学座公演情報