2009年 11月 20日 ( 1 )

『定年ゴジラ』をご覧になった方は、パンフレットや2010年の支持会リーフレットに発表されていましたね。
なのでご存知だとは思いますが、すごいレパートリー!!
今年が、硬派な男っぽい香りを感じさせるものだっただけに
来年は、女性が主流?またアトリエが60周年を迎えるだけに
挑戦的で刺激的な大作がラインナップされています。
新しい来年の手帳に、今のうちに書き込みを(笑)

<本公演>

文学座付属演劇研究所開設50周年記念/2010都民芸術フェスティバル参加作品
3/1(月)~10(水)『女の一生』<俳優座劇場>
作:森本薫/補綴:戌井市郎/演出:江守徹
 南一恵、三浦純子、北村由里、渋谷はるか、鈴木亜希子、荘田由紀、
得丸伸二、瀬戸口郁、岸槌隆至、林田一高、粟野史浩、山森大輔ほか
 

文学座付属演劇研究所開設50周年記念/全労済文化フェスティバル2010参加作品
文学座ファミリーシアター
4/9(金)~18(日)『わが町』<全労済ホール/スペースゼロ>
作:S・ワイルダー/訳:坂口玲子/演出:坂口芳貞
 成井市郎、菅生隆之、外山誠二、石井武、高瀬哲朗
今村俊一、木津誠之、植田真介、松角洋平
小野洋子、塩田朋子、栗田桃子、山谷典子、佐藤麻衣子、頼経明子、吉野実紗ほか
 

文学座・紀伊國屋書店提携
5/31(月)~6/9(水)『麦の穂の揺れる穂先に
作:平田オリザ/演出:成井市郎<紀伊國屋サザンシアター>
 江守徹、金内喜久夫、坂口芳貞、高橋耕二郎、大場秦正
稲野和子、倉野章子、山本道子、栗田桃子、永川友里、千田美智子
 

文学座・紀伊國屋書店提携
11/26(金)~12/5(日)『中島淳彦書下ろし作品』
作:中島淳彦/演出:鵜山仁<紀伊國屋サザンシアター>
 角野卓造、関輝雄
塩田桃子、山本郁子、栗田桃子ほか


<アトリエの会60周年記念公演三作品連続上演>

9/7(火)~20(月)『トロイアの女
作:エウリピデス
演出:松本祐子

10/1(金)~14(木)『カラムとセフィーの物語
作:マロリー・ブラックマン/脚色:ドミニク・クック
訳:中山夏織/演出:高瀬久男

10/25(月)~11/7(日)『鐘下辰男書下ろし作品』
作:鐘下辰男
演出:高橋正徳

すごいラインナップですね(^_-)-☆
アトリエの記念公演は、悲劇色が強い感じがします♪ギリシャ悲劇が観れるのが嬉しいです。
鐘下さんの新作も楽しみだし
本公演は、10年振りという『女の一生』のリニューアルキャストによる公演!
『わが町』は、文学座研究生ならば誰もが通る作品だし・・
そして鵜山仁さんですよ!!きゃーきゃー鵜山さ~ん、お帰りなさい★★
by berurinrin | 2009-11-20 22:56 | 文学座公演情報