<文学座2006座・パーティ>その3

特設ステージでは「70周年を振り返る」トークショーに戻ります。
メイン司会は引き続き渡辺徹さんです。

話は、アトリエについて・・
俳優でもありアトリエでの演出作品も多い坂口芳貞さんと角野卓造さんが加わります。
「自分を育ててくれた場所」と語る角野さんと
「役者にとって実験的な場所である」と語る坂口さん。
そんな中、「(「渡る世間・・・」の)幸楽の親父はいつまで続くんですか(笑)」(徹さん)
常に笑いが起こります(笑)

2006年文学座3大ニュースの発表です。
じゃーん!!第2位は
内野聖陽!来年大河ドラマに主演!
と、いうことでものすごい歓声の中、内野さん登場です!
「ここで写真タイムを作ります(笑)」徹さん
すごいシャッターに、内野さんも笑いながら答えていました。
内野さんから大河ドラマ「風林火山」のあらすじを紹介された後に
「みなさん必ずご家族揃って見て下さい」(内野さん)
「はーい」
「あんたら子供か(爆笑)」(徹さん)
徹さんから大河の主役という事だけに、内野さんに対するいたわりの言葉とか
素敵な先輩後輩二人の会話が続きます。
と、徹さんから内野さんに
「避けては通れない事があります。報告を・・プライベートな事で」
「いやぁ特に・・(照~)」(内野さん)
「いや、あるある(笑)身内とか、座員とかにもちゃんと報告しなきゃ」(徹さん)
「(意を決して)わたくし、プライベートな事なんですが、今年結婚しちゃいました」(内野さん)
二人目を合わせて、うなずく徹さん(笑)
「(すかさず)と・同時に?!」(徹さん)
「(照れつつ)と・同時に・・パパにもなりました(笑)」(内野さん)
内野さんの退場の際に、加藤武さんから大きな声で
「ガンバレ~!!!」と声が掛かり
「うぃ~す!」と、答える内野さん

さて、次は2006年文学座3大ニュースの発表!第一位の発表です!
by berurinrin | 2006-12-31 19:29 | 日常