文学座5.6月アトリエの会『NASZA KLASA(ナシャクラサ)私たちは共に学んだ-歴史の授業・全14課』その3

文学座5.6月アトリエの会『NASZA KLASA(ナシャクラサ)私たちは共に学んだ-歴史の授業・全14課』
その3
                                        in 文学座アトリエ(5/18、22)

作  タデウシュ・スウォボジャネク
訳  久山宏一
演出 高瀬久男


ユダヤ人(ユダヤ教徒)
ドラ(牧野沙也子さん)1920-1941
ラヘルカ(山本郁子さん)1920-2002途中でカトリックに改宗してマリアンナ
ヤクプ・カツ(藤側宏大さん)1919-1941
メナヘム(亀田佳明さん)1919-1975
アブラム(采澤靖起さん)1919-2003

ポーランド人(カトリック教徒)
ゾハ(佐古真弓さん)1919-1985
ルィシェク(川辺邦弘さん)1919-1942
ズィグムント(沢田冬樹さん)1918-1977
ヘニェク(中村彰男さん)1919-2001
ヴワデク(清水明彦さん)1919-2001
名前の後ろの数字は、生没の年代が表示されています。

メナヘム(亀田佳明さん)の場合
女の子たちから人気のあったメナヘムは、同級生のドラ(牧野沙也子さん)が気になっていたようです。
ある日、ドラが、ルィシェク(川辺邦弘さん)からもらったハートをかたどった手紙をみんなの前で読み上げてしまいます。
小さないたずらが、人を傷つけてしまうことさえ、まだわからない幼い頃のエピソード。
ソ連軍が侵攻し、カトリック系の建造物は、映画館に建て替えられました。
映画好きのメナヘムは、そこの映画館の館主となり、メナヘムの子を宿したドラと結婚します。
この出来事が、カトリック系のポーランド人の恨みを買うことになります。
1941年独ソ開戦。今度はドイツがポーランドに侵攻してきます。
と共に、ソ連に対するユダヤ人の態度を良く思っていなかったポーランド人からの非難と
ドイツのヒットラー総裁によるユダヤ人弾圧の嵐が、彼らを包み込みます。
身の危険を感じたメナヘムは、ヤクプ・カツ(藤側宏大さん)に逃げるように勧め、
ドラに家から出ないように注意を促してから身を隠します。
ルィシェク、ズィグムント(沢田冬樹さん)とヘニェク(中村彰男さん)ヴワデク(清水明彦さん)らに
虐殺されるヤクプ・カツを目撃したメナヘムは、
ゾハ(佐古真弓さん)に頼り戦争が終わるまで匿ってもらうことになります。
戦争が終わり、ゾハを国外に脱出させた後、ポーランドに戻ったメナヘムに仕事は地下組織の弾圧。
ところがズィグムント達の結束は固く、逆に告発されイスラエルに亡命します。
そこでドラ似の美しい女性と結婚し、一人息子をもうけますが、機械工として兵士として召集されます
そんな時、息子がテロの犠牲者となり、妻は去ります。
息子を殺戮したテロ組織を突きとめる仕事を志願しますが、それには彼のポーランドでの職歴が阻み
すでに中東戦争は、軍事技術競争の時代。機械工としてのメナヘムの技術は不要となっていました。
彼は自ら命を絶ってしまいます。

女の子に興味津々なおちゃらけた普通の男の子が、民族間の争い、戦争によって
妻子を失い、一緒に遊んだ同級生が同級生を殺害を目撃してしまう・・
戦争が終わっても彼自身の戦争は終結できず、その代償が、息子の死という
まるでメビウスの輪のように繰り返し、立ち止まった時には、時代はすべて新しく、
彼にはそれを受け入れるには年を取ってしまっていた・・
なんとも痛ましい生涯を送ってしまうのでしょう・・
後半、たまに見せる笑顔は、常に泣き顔のような表情をするメナヘム。
演じられたのは『連結の子』で過去に殺人を犯し刑務所から出所してきた由起夫さん。
テネシー・ウィリアムズ 一幕劇・一挙上演』では「財産没収」少年トムから
「ロング・グッドバイ」では、青年ジョーと幅広いキャラクターを演じられておられました。
最近、演じるキャラクターの幅広がって目が離せない亀さまです。

アブラム(采澤靖起さん)の場合
同級生が同級生であった頃。彼は家族を残して単身アメリカに留学します。
定期的にヤクプ・カツ(藤側宏大さん)に宛てに近況を知らせる手紙を送ります。
ポーランドにソ連軍が侵攻し、ポーランド人、ユダヤ人と同級生達が反目しあう状況下でも
アブラムの手紙は、彼らの心を一瞬でも過去の時間に戻してくれていました。
それまでは・・
ソ連軍に変わってドイツ軍が侵攻してくると一変してユダヤ人に対する圧力が激化します。
そんな中、アブラムが送った手紙をポケットに入れ村から逃げようとしたヤクプ・カツは、
ポーランド人の同級生ルィシェク(川辺邦弘さん)、ズィグムント(沢田冬樹さん)、ヘニェク(中村彰男さん)
ヴワデク(清水明彦さん)に虐殺されてしまいます。
何も知らないアブラムは、結婚し子供に恵まれますが、同級生達からの便りのない事を心配しています。
ある日、ズィグムントから便りが届き、初めて祖国の実情を知ることになります。
でもそれはズィグムントが、現実を湾曲した手紙でした。
戦争が終わり、亡命してきたゾハ(佐古真弓さん)から真実を聞かされたアブラムは衝撃を受けます。
彼の一族が虐殺され、ドラが殺された穀物倉庫での一件をポーランド当局に訴えるアブラム。
その後、追悼式典に参加するために帰国します。
式典で、アブラムは説教をして、同級生たちは複雑な思いで見守っていました。
ヴワデク(清水明彦さん)亡き後、アブラムが留学前に恋していたマリアンナに対して渡米や援助の手を差し出しますが
マリアンヌは来てはくれませんでした。
その頃は、老齢に達したアブラムは持病の糖尿病が悪化し、体が不自由の身になっていたようです。

祖国にいる同級生に対して、一人アブラムは能天気というか・・・
常に舞台にいるのに彼らとはとても離れたところにいます。
彼らが祖国で、過酷で熾烈な戦いが繰り広げられていている間も
アブラムの手紙の中では、幼い普通の同級生の仲間意識が溢れています。
ユダヤ教のラビという指導者という高位についてるアブラム。
まだ彼らが幼かった頃、ユダヤ人とポーランド人で諍いが起こるとラビと司教等、代表間で悶着を収め
人種が違っても彼らは穏やかに暮らせていたそうです。
よき時代だったんですね・・
想像と現実の違いに翻弄されるアブラム・・でも、きっと現実の自国の状況は、
わかっていたような気がするのは私だけでしょうか?!
そんなきれいごとの話じゃないですよねぇ~って、ちょっと悪意がありますf(^_^;)
戦後になって、明かされる同級生たちの真実に向き合っても
どこか過去の追っかけというか、どうしてもずれを感じてしまうアブラムの行動ですが
後半の虐殺された家族、親戚一同の名前を語るアブラム凄かったですよね。
ホント良く覚えられましたねぇ~って皆様からも褒められたそうですが(笑)
わたしだったらきっと指を折りながら、えっとえっと(笑)お父さんが~、おじさんは~って
受験生時代を思い出したという、アブラムを演じられた采澤さんは、準座2年目。
鵜山仁さん♪演出のアトリエの会『山羊・・・それって・・・もしかして・・・シルビア?』で、ちょっと複雑すぎる家庭環境の中
屈折したゲイの息子ビリーでアトリエデビューされました。
見た目は爽やかな雰囲気を持つ采澤さんですが、かなり面白い人物です。

ふぅ~以上がユダヤ人チームでした。
いやぁ~厳しい!厳しいのは私の知識も薄っぺらで・・すみません
彼らの人生をこんな解釈で語ってしまって果たしていいのでしょうか?!って
思いつつも、今更やめられないので、最後までいっちゃいますf(^_^;)
by berurinrin | 2012-06-17 10:18 | 文学座観劇感想