コミュニケーションその2

昨日の続きですが・・

文学座の舞台公演を観に行った時
受付にいる人や、チケットをもぎってくれた人。
パンフやチラシを渡してくれる人、席を案内してくれる人の顔を見て
「おやっ?」と思った事があると思います。
そうです。文学座の俳優達がお手伝いされている事が
結構あります。

以前観た芝居の中で、とても印象に残る準座員の女優がいて
その後、アトリエ公演を観たとき、彼女がアンケート用紙を配っていました。
「舞台の**素敵でしたよ。ご活躍、また楽しみにしています」
って、つい声を掛けさせて頂きました。
お仕事中なので、さくっと一言。
でも相手に響くと嬉しいですよね。
その時以来、見かける度に挨拶を交わすようになりました。

「座・パーティー」
これは役者とコミュ二ケーション取るにはもってこいの場ですね。
だって、俳優達が積極的にファンとの交流を取ろうとしてくれるんですもん。
とはいうものの、私は去年初めて参加しました。
なかなか参加する機会に恵まれず、母と二人おどおどしながら参加しました。
さて、母と二人畏まって座っていると
文学座の制作の人が、お友達を連れて来てくれました。
それからは、友人達と会場のあちらこちらにいる俳優達に目を向けながら
気になる俳優の所に行って、拝見した芝居の話しや、今後のスケジュールを
聞いて握手をし、一緒に写真を撮らせて頂きました。
うちの母は角野卓造さんと2ショット写真を撮らせて頂きご満悦でした。
長蛇の列の先には長谷川博巳さんの姿が。。やっぱり若手ホープですものね。
日頃温厚なお友達も長谷川さんの姿を見たとたん
目がハートになっていました。
私は中村彰男さんとお話ができて、雲の上を歩いていました♪
「また機会があったら、声を掛けてくださいね」って言われてキャー!!
彰男さんとの2ショット写真は宝ものです。

それにしても、パーティーだからといって
会話を楽しんでいる最中に俳優の手を引っ張って、握手をしたり
断りも無く写真を撮ってしまうのはよくありませんよね。
やっぱり、その俳優と少しでも出演された芝居の話をしてから
「握手をして頂けますか?」「写真を一緒に撮って頂けますか?」と
お互いに気持ち良くコミュニケーションが取れると
いつか違う場所でお会いする機会が会った時、会話の糸口が出てくるかも
。。と、思います。

と、コミュニケーションを語ってみましたが、たいして参考にならなかったらすみません。

実は昨日チケットが届いたんです。
新国劇場“笑い”のシリーズ第2段『コミュニケーションズ』
文学座の金内喜久雄さん神保共子さんがご出演されます。
さてどんなお話なんでしょう?!『花咲く港』に続き、新たな“笑い”を
期待しています♪
by berurinrin | 2005-03-31 22:05 | 日常