千羽鶴を頂きました

宅急便で届いたのは、千羽鶴。
父がよく利用していた伊豆の保養所の従業員の方々が
わざわざ入院中の父の為に折って下さった物です。びっくりしました。
明日、母が父の元に届けるそうです。
千羽鶴って、間近で見るととっても綺麗です。
なんか・・・。わたしは昔から父とコミュニケーションが上手く出来ず
常に威圧感たっぷりな父の顔色を見て育ってきました。
当初一週間程の予定が、思いのほか芳しくなく
入院生活が丸々二ヶ月経過しました。
体のいたるところに管が繋がれて弱った父の姿を目の当りにしても
それでも優しい言葉一つ掛ける事が出来ない自分。
毎日のように「腰が痛い」「肩が痛い」と家族にメールを送り続ける父にうんざりして・・・
母の愚痴を聞くのも正直しんどくなりました。

自分勝手の父に、千羽鶴を贈って下さる方々が居た事に
色んな問題が重なって・・・わたしは、打ちの目された気がします。
で、今日は祖母の一周忌の法要がありました。
思えば、わたしの誕生日の一日前に亡くなった祖母でした。
一番自分勝手なのは、まさに自分自身なのですから

気持ちは前向きにガンバロウ!・・と思っても頑張れない時があるもんです。
元気なフリをする気力も萎えてしまいそう・・
どんどん気持ちが、擦り減って・・なくなったら、どーなるんだろう?
最近、眠れないから余計おかしいのかもしれません。
また少しパワーを蓄えて復活するまで、しばしご容赦下さいませ
ちゃんと自分で解決していかなきゃいけない問題なんで・・大丈夫です
c0023954_22202691.jpg



c0023954_22354889.jpg

いつも背中に視線を感じる長女ベルの眼差し

c0023954_2233249.jpg

いつも視線の先にいる末っ子長男茶リン君・・最近よく鳴きます。ぴったり側にいてくれます。
心配させちゃっているようです。ごめんね。人(猫?)相悪い画像ですが、二枚目くんです。

ちなみに次女りんりんは、マイペースなのでどこぞの部屋で寝ていると思います。
by berurinrin | 2009-08-30 22:41 | 日常