『劇作家・三好十郎』(書肆草茫々)

『劇作家・三好十郎』 三好十郎没後50年記念誌編集委員会 編
発行 書肆草茫々(しょしくさぼうぼう)1500円

今年は、地元の演鑑の35周年ということで、35周年実行委員の全く役に立たなかった
副委員長をやらせていただきまして・・。
全く役に立たなかった理由は、また機会がありましたらお話させて頂きますが(笑)
その関係で記念誌や創立以来の会員が選ぶベスト10とか、色々な過去の資料を
目にする機会が多かったのですが、中でも1977年に演鑑の例会で公演された
劇団民藝『炎の人』が、今も忘れないという会員さんたちの声が多く聞こえてきました。
ゴッホの生涯を描いたこの作品を書かれた三好十郎さん。
劇作家の方と思っていましたが、それは三好さんの側面であって
詩人でもあり、画家でもあったマルチな三好さんの姿がこの本には描かれています。
細やかで丁寧な作業で編集されたこの本。
大切に読み進めていきたいと思っています。
劇作家としての三好さんについては、鵜山仁さんも寄稿されておられます。
鵜山さんも『その人を知らず』『疵だらけのお秋』の2作品を演出されたそうです。
ただ、演劇に関わるもっと沢山の方の言葉を読みたかったかなぁ・・とちょっと残念です。

また早稲田大学構内にて「没後50年 三好十郎記念展」を開催中です。
会期<2008年11月1日(土)~12月14日(日)>
会場<演劇博物館中村歌右衛門記念特別展示室>
入場無料です。
ご興味がありましたらぜひ、ちなみにこの本の販売もされているそうです。

c0023954_22193754.jpg


本を乗せてる椅子は、家の近くのIKEAで買って組み立てましたYeah~!(*^^)v
背もたれの部分がメッシュになっていて写真だとよくわからないですねf(^_^;)
by berurinrin | 2008-11-24 22:30 | 日常