2.3月外部出演

★鵜山仁(演出).角野卓造「円生と志ん生」2/5~27紀伊国屋ホール
★高橋正徳(演出).加納朋之.高橋克明.古川悦史.浅野雅博.石橋徹郎.川辺邦弘.
 亀田佳明.斉藤祐一.細貝弘二.征矢かおる.添田園子.助川嘉隆(ポケットシアターのみ)
 「knob」「Vision of Tokyo」2/10~27。サイスタジオコモネ
★今井朋彦「デモクラシー」2/11~19シアター1010
                 2/22~28青山劇場
★外村史郎「クリオネ」2/3~13ザ.スズナリ
              2/18~20大阪精華小劇場
★小林勝也「豚とオートバイ」2/19シアタートラム
★松下砂稚子.鍛治直人.星智也「幻に心もそぞろ狂おしのわれらが将門」
              2/5~28Bunkamuraシアターコクーン
★山田里奈「落ちる飛行機の中で」2/25~3/6新宿.スペース107
★山本道子「ギルダ愛の設計」3/3~13銀座博品館
                   3/18~20新神戸オリエンタル劇場
                   3/21名鉄ホール
★新橋耐子「日本橋物語Ⅱ恋しぐれ」3/5~28明治座
★坂口芳貞「煙が目にしみる」3/5~16下北沢.本田劇場
★西川信廣(演出).南一恵.山谷典子「ガス燈」3/11~20シアター1010
★鵜山仁(演出).石田圭祐.渡辺徹.大滝博.沢田冬樹.木津誠之.植田真介.寺田路恵
  「花咲く港」3/14~31新国劇場 小劇場
★押切英希.鈴木弘秋.築野恵美「丘の上のイエッペ」3/25~31紀伊国屋ホール

「Visions of Tokyo」は今日観てきました!面白かったぁぁぁ
で、帰りにまたチケット買っちゃいました!(* ̄m ̄)プッ
「Knob」「デモクラシー」「花咲く港」は観劇予定。
# by berurinrin | 2005-02-12 22:08 | 外部出演

最果ての地よりさらに遠く
方言の表現・・・このドラマには、南大西洋に浮かぶイギリス領の小さな孤島が舞台になっている。(実在の島トリスタン.デ.クーニャがモデル)

「ゲームをした・・・ゲームをした」「...だった。・・・・だった。」「....。....。」
島の住民が話す言葉が、同じ言葉を繰り返す。韻を踏まない詩のような?
ざらっとした違和感が耳に残って、文明社会からやってきた人との会話の対比に聞こえる。
同じと言葉を話しても、言葉の鷹揚での表現ではなく言葉の使い方の違いによっても
方言として感じられる戯曲の面白さを感じた。

登場人物のすべての人たちが心に大きな傷を背負っていて、その後姿に
悲しみが見え隠れする。
舞台の前方に設えたプールの水が川面のように照明が当たると
美しくて切ないドラマにより哀愁を感じさせる。

孤島、火山による島民避難、文明社会での生活、悲惨な過去の出来事
多様な場面転換なのに、ドラマは静かに進んでいく。
心にどーんと残る作品。ぜひ、感じて欲しいです。
 
~2/6(日)まで俳優座劇場
問合せ先 文学座

余談ですが、鳳蘭さんと娘さんが観劇されていました。
鳳蘭さんて、とても顔が小さくて若い!!
娘さんて、おいくつなんでしょうか?お母様に似て、はっきりした顔立ちで美人でした。 
# by berurinrin | 2005-01-30 18:57 | 観劇感想

「不機嫌なジーン」の第2話にエキストラ出演した。
で、放送当日ちょっぴり興奮しながらテレビの前に座る。
・・・・・。
しっかり写ってる!それもうっちーとロラン氏の間に3ショット状態。
友人達から携帯やパソコンから冷やかしのメールが入ってくるし
「かくして月9女優デビュー」
でも、一晩空けたら一般人(^_-)-☆所詮そんなもんです。

以前、舞台女優をやっている友人から
「**は、客席映えするから分かりやすくていいね」
って言われた事がある。
“客席映え”って言われてもねぇ、カーテンコールでこちらに思いきり手を振られるのは
困ります。こっちは、恥ずかしいから胸の位置で手を振るしぐさをするのが
精一杯。

そういえば、今日のめざましTVで
「オペラ座の怪人」の特集をやっていました。
なんと軽部アナがアンドリューロイドウエバーを前にして
朗々と歌っていました!!(゜ロ゜) ヒョオォォ!
そうそう、パリのオペラ座のシャンデリアのある天井の絵はシャガールの絵
なんですよね。シャガールは好きなのですが
重厚なシャンデリアにはちと違和感がありました。c0023954_21525014.jpg
# by berurinrin | 2005-01-27 21:54 | 日常

月夜の道化師

文学座公演「「月夜の道化師
 作)渡辺えり子
 演出)鵜山仁
 出演)金内喜久雄.神保共子.外山誠二.南一恵.目黒未奈.大原康裕.山本道子
     若松康弘.大場泰正.助川嘉隆
     声の出演......北村和夫.浅野雅博
 
文学座の地方公演「月夜の道化師」が先週、演観の主催公演で
地元にやってきました。
アルツハイマー、戦争、震災、宗教。。色々な問題を絡みながらの家庭劇ですが
皆、お互いを思いやっている家族の優しさとエゴイズム・・相反する言葉の応酬と
真実の出来事。考えさせられる作品です。

終演後に出演者全員、演出家との交流会が某居酒屋さんで行われました。
崇拝する演出家の鵜山仁さんと同じテーブルでドキドキしながらも
「優しくて、毒のある鵜山さんの演出が大好きです」
「どうも性格が悪いから、どうしてもこうなっちゃう(笑)」
以前、お会いした事も覚えて居て下さっていて感激でした。

その日、劇場で「浅野雅博」さんを発見!
サイスタジオ頑張ってます!」と、さわやかに挨拶をしてくださいました。
その笑顔で、来月の舞台期待大かも(^-^o)♪

演観の主催公演というのは「全国演劇鑑賞団体連絡会議」加盟の各演劇鑑賞団体の
主催公演。いわゆる、各演劇鑑賞団体主催の貸切公演です。
よって会員にならないと、観れない公演なのです。
だから、この作品だけが観たい!と、思っても残念ながら不可能なのです。

c0023954_215801.jpg

# by berurinrin | 2005-01-23 16:37 | 観劇感想

フジTVの月9なかなか面白いですね。
初回を見た時は、なにやら斬新な試みにちと違和感もありましたが
何度となく見返すと面白みが、ふつふつと湧き上がってきました。

内野聖陽さん、やっぱりイイですね。
明日は、第二回目とても!楽しみです。
なぜ、とても!と強調しているかって云うと、エキストラで参加しちゃったからです。

その時の思い出を。。
1/11(火曜日)inパシフィコ横浜 pm1.:30~7:30
いやぁ、エキストラ緊張しました。
それにしても、ずっとー内野さんを間近で見る事が出来て
本当に至福の時でした。それも、手を伸ばせば届く距離・・
こういう機会はめったにないので興奮しちゃいました。

それにしても“超ウルトラスーパー汗っかき”の内野さん
シーンが変わる度に、スタイリストさんが汗をティシュやらタオルやらパフやらで
おさえたり、拭いたり、うちわで扇いだり。。
で、ジャケットはドライヤーで乾かすし、とても大変そうでした。
会場はとても乾燥していたので、紙コップで水分はひたすら取っていました。
壇上の台に置いてある水差しのお水をとって
「これ飲んでも良いですか?」と言いつつ、水差しのふたが、と.取れない(苦笑)
スタッフの人から紙コップを手渡されて、ゴクゴク・・

お仕事をしている姿の内野さんはとても真面目で
自分から直しを言ってきたり、ひたすら台詞を復唱していました。
時にはディレクター(?)にちょっと「芝居的には、ここは・・」←何度も云ってました
と、自分の意見を言ったり
NGもたくさんあって、その度に笑いがあって良い雰囲気。
内野さんの台詞でイタリア語もあったんだけど「かみかみレロレロ」になったり
大爆笑。
ちなみにエキストラの私たちにも内野さんからダメだしを頂きました。
でも、エキストラのシーンのテストをチエックした内野さんが
最前列の私たちに「アップで写っていますよ」って、声を掛けてくれました。

さぁ、どうなっているのやら明日!
# by berurinrin | 2005-01-23 15:49 | ドラマ/映画

芝居が観たい

今年になって、まだ舞台を観れていない。。。

昼間CXの「ドラマツアーズ」を見て、内野さんの姿を見たら急に彼の舞台を観たくなり
なぜか初舞台の「女たちの十二夜」の映像を観てしまう(^-^o)♪
うーん、初々しい!でも、初舞台の割には堂々とした演技!
コミカルな役柄なのに浮ついた所が無くて、しっかりしているのは凄い!!

「不機嫌なジーン」でもきっと皆を納得させる演技で、魅力を振りまいてしまうんでしょうね。
文学座での内野さんの芝居が観たいんだけど、いつになることやら・・3年後位でしょうか?
もしくは2年後の70周年のラインナップの一つに入っていたら嬉しい事ですが。。。

それにしても、芝居が観たい!!
# by berurinrin | 2005-01-08 22:43 | 日常

去年を振り返って

去年観た芝居は60本。
お財布の中に入れっぱなしだったチケットを
抜き出して、取り合えず束ねてみながら
自分なりのベスト3とワースト3選んでみました。

まずはベスト3
第1位「高き彼物」(俳優座プロディース)
適材適所の配役。浅野雅博さんのピュアな演技も素晴らしかった。
第2位「TERRA NOVA」(文学座アトリエ)
現実と過去と幻想が交差する世界に引き込まれた。照明もシンプルな舞台装置もGOOD。
第3位「THE CRISIS」(文学座アトリエ)
キューバ危機。。当時、生まれていなかったので現実味は薄いのだけど、主に円卓会議の場面なのに、緊張感と恐怖感で2時間余り。全くあきさせなかったのはホンと役者と演出家の力。凄い!

去年は、文学座アトリエ公演すべて秀作ぞろいで見ごたえがあった。
また、文学座の自主公演「女中たち」も大変素晴らしかった。
サイスタジオはちと遠いけど、後悔した作品がないのも文学座の豊富な演出、役者陣のおかげ(^-^o)♪

ワースト3
第1位「夜叉が池」(パルコ)        
舞台出身者と映像出身者の垣根は無いのはキャスティングだけ?武田真治観たさで8.000円はやっぱ高かった。
第2位「怒りをこめて振り返れ」(地人会)
大熱演の主人公。でも、怒りが空回りのように伝わらないのは今の時代だから?
第3位「いのちぼうにふろう物語」(無名塾)
仲代さんの熱演が他の出演者との温度差を感じて白けてしまった。

「夜叉が池」は映像の監督が演出を手がけたそうで、場面毎はとても美しい絵のようだった。
「怒りをこめて振り返れ」例えば、配役を高橋和也と今井朋彦を入れ替えたら、また違った作品になったと思った。同じ怒りは翌日観た、研修科発表会「ねずみとり」での反田孝幸の怒りの演技に圧倒された。怒りで体が震え、涙で喉が潰れ体が崩れ落ちる・・・。
「いのちぼうにふろう物語」は初無名塾だったのに、かなりがっかり。

さて、みなさんは如何でしたか?
ところで、チケットの半券ってどうしています?                               
# by berurinrin | 2005-01-04 20:53 | 観劇感想

猫との日々

我が家には猫が2匹同居している。
あまりの性格と嗜好の違いに、首をかしげる。

今年7歳になる上の猫は、引っ込み思案で寂しがりや。
なかなか新しい関係に馴染む事が出来ず
結婚して4年になる妹の旦那にも馴染めず、甥っ子達にも馴染めない。
キャットフードの他には、かつお節、卵の黄身、ささみ以外は口にしない。
しょっちゅう鳴いては人を呼びつける。いびきがすごい。短期ですぐ怒る。

今年4歳になる下の子は社交的。誰にでもすりすり。
バナナと焼き魚の尻尾とクリーム(生クリーム、カスタード、アイスクリーム等)が大好き。
めったに鳴かず、家の中で怒った姿を見たことは無い。
寒がりで布団の中に入るが、顔を出して寝る。

共通している事は、家具で爪を研がない!
これは別に教えた事ではないが、自然とそうなったようだ。
なぜか“お手”が出来る。
これもまた教えたつもりも無いんだけど???
さて、この写真でどっちがどちらでしょう?(^-^o)♪
c0023954_23272490.jpg
# by berurinrin | 2005-01-03 23:29 | 猫ばなし

1.2月主な外部出演

★横田栄司「ロミオとジュリエット」1/7~10愛知厚生年金会館
                     1/15~23シアタードラマシティ
★江守徹「SHIROH」1/8~18梅田コマ劇場
★坂部文昭.仲恭司.吉野佳子.新橋耐子.「新・近松心中物語」1/2~27博多座
★坂口芳貞.佐藤淳「城」1/14~30新国立劇場小劇場
★外村史郎「クリオネ」2/3~13ザ・スズナリ
              2/18~20大阪精華小劇場
★松下砂稚子.鍛治直人.星智也「幻に心もそぞろ狂おしのわれらが将門」
              2/5~28Bunkamuraシアターコクーン
★鵜山仁(演出).角野卓造「円生と志ん生」2/5~27紀伊国屋ホール
★高橋正徳(演出).加納朋之.高橋克明.古川悦史.浅野雅博.石橋徹郎.川辺邦弘.
 亀田佳明.斉藤祐一.細貝弘二.征矢かおる.添田園子.助川嘉隆(ポケットシアターのみ)
 「knob」「Vision of Tokyo」2/10~27。サイスタジオコモネ
★今井朋彦「デモクラシー」2/11~19シアター1010
                 2/22~28青山劇場
                 
今のところ「knob」「Vision of Tokyo」は要チェックですよ!
演出は去年アトリエ公演「TERRA NOVA」で演出デビューした高橋正徳君。
又美術も同じく「TERRA NOVA」「THE CRISIS」乗峯雅寛君
「デモクラシー」も英国で大ヒットしたそうです。個性溢れる男性達の中
やっぱり個性的な今井さんの演技楽しみです♪
# by berurinrin | 2005-01-02 21:43 | 外部出演

1/28~2/16「最果ての地よりさらに遠く」の追加公演のお知らせ
2/3(木)夜6:30開演。
昨年のアトリエ公演「THE CRISIS」に続く追加公演決定。
まだの人はお早めに♪

2/4~6
文学座付属研究所2004年度研修科卒業公演
「カノン」
作/野田秀樹
演出/戌井一郎.渥美博
前売開始/2005.1.5(水)
料金/1.000円
場所/文学座アトリエ
お問い合わせ/文学座
c0023954_10372759.jpg
# by berurinrin | 2005-01-02 18:33 | 文学座公演情報