<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

劇団Tokyo Festival! vol.14『幸福な職場』

劇団Tokyo Festival vol.14『幸福な職場』 in 下北沢駅前劇場(2/7)

作・演出 きたむらけんじ

昭和34年。小さな町工場、蒲田理工学工業では
おもに黒板で使うチョークを作っています。
常務(岡田達也さん)を訪ねて、卒業を目前に控えた生徒の就職口を確保する為、
一人の女性教師・ササキ先生(土屋史子さん)が再三にわたって訪問してきます。
人手不足と言いながらも申し出を受けられないのは、その卒業生たちが、知的障害者だったからです。
ところがササキ先生の熱意に負け、
2週間限定の社会体験という名目で一人の女性の受入れを承諾することに…

川崎市にある実在の会社。
黒板に使うチョークではㇳップメーカー・日本理化学工業をモデルにした作品だそうです
現在も全社員のうち7割が知的障害者という、障害者雇用を積極的に進めている企業として
知られているそうです(公演チラシより)
それにしても知的障害者の第一号が、この昭和34年なんて…つい最近のお話なのですね。
それだけ知的障害者に対する偏見や差別が大きかったのでしょう。
ということは、知的障害者を雇用する事のリスクも高かった事だと思います。
今では、知的障害者の未知への能力の高さとかだいぶ知られ始めていると思いますが
自分が果たして職場の仲間として一緒に働けるのか?きれいごとでなく考えてしまいます。
けれど、蒲田理工学工業の壁に「誠実」「丁寧」「感謝の心」と掲げられた額が飾ってありました。
きっと彼らの根本にこの言葉が根付いていたのかもしれません。

はたして彼らの前に現れた二週間限定としてやってきた実習生・さとみちゃん(桑江咲菜さん)。
始めは、従業員たちの言葉に慣れず失敗を重ねながらも、食事の時間さえいとわず
ひたむきに単純作業にうちこむ姿に周りの従業員の姿勢が変わってきます。
そして二週間の実習の後、会社が出した結論は、さとみちゃんを正社員として迎えるということでした。
少し見方を変える、視線を変えることにより
人と付き合う意味を考えさせられた作品でした。

この会社によく出入りするお寺の住職(朝倉伸二さん)の言葉に
人は、褒められる、頼られる、信頼される、任されることに喜びを感じるというような台詞があって
その中でも「褒められる」以外の言葉は、仕事に結びついている
だから仕事をするということは、人間にとって喜びを与えられる…な、ことをおっしゃっていて
あ~いい言葉だなぁ~と感銘を受けました。

劇団Tokyo Festival!は前作『泡』に続いて二回目。
横浜演劇鑑賞協会の事務局に朝倉さんときたむらさんがPRにいらして下さったのを機会に
拝見させていただきました。
『泡』は、震災後の福島の風俗店を舞台にしたお話でしたが、イマイチ心に響かなかったのですが
なんかこの劇団の方向性というか、現代社会の問題提起の仕方というか、導入の仕方が
上手いなぁ~と、今後も気になる劇団です。

2/5(水)~12(水)まで in 下北沢駅前劇場



c0023954_20015046.jpg

by berurinrin | 2014-02-17 01:33 | 観劇感想

Happy Hunting Ground vol.13『893鴉たちの行方』公開舞台稽古

 Happy Hunting Ground vol.13『893鴉たちの行方』公開舞台稽古 
                          in サイスタジオ(2/5)

作: 加納朋之

暴力団が、組の看板を下ろし会社経営?!
今日から「消費者ローン ポロミス・キャッシング」の支店を任された
梶原組長(加納朋之さん)は、今日から支店長。同じように役職を与えられて
社会に貢献?!していく身となった彼ら4人組。
その前になんと演劇のワークショップという一週間の研修を受ける事になります。

昨年の夏公演で上演されたこの作品が、佐野で再演されることになり
その公開舞台稽古に参加させて頂きました。
作家は『リビング・ウィル尊厳死の宣言書』に続いての2作目、加納さんの書下ろしです。
加納さんの本のファンになりましたですよ。
なんかニクイんですよ。一杯調べて書かれたと思うんですが
その情報の寸止め感(笑)とか、人物の描き方があったかい。
きっと加納さんって、人間が大好きなんだろうなぁ~って
加納さんの普段の優しい雰囲気が、ふぁっと戯曲を包んでいるみたいなのです。
いーなぁ佐野公演!
でも佐野公演があったからまた観れたので、感謝感謝です。

さて公開ゲネといえど客席は満席状態♪顔見知りの方も多くて
なんか和気藹々な雰囲気満載のサイスタジオです。
さて前口上は、山崎美喜さん。
公開ゲネなので照明関係が本番と違いますので、どうぞよろしくお願いします
ちょっぴり照れながらの前口上が初々しいぞぉ~きゃわいい美喜さんであります。

暴力団排除条例や暴対法の施行で、肩身の狭いやくざさんたちが
どうにかして社会の中で自分の身の置き所を守ろうとしつつも、極道の美学を貫き通す姿を
コミカルにかつ哀愁漂いつつ描かれています。
徹底した上下関係のやくざな世界。
たとえ演劇のワークショップでのシアターゲームでもおんなじ。
なかなかやりずらい雰囲気の中で、指導者のまりかさん(山谷典子さん)と幸太さん(駒井健介さん)
は大格闘中。
ところが劇団の主催者・あつこさん(山崎美喜さん)と進藤さん(井上倫宏さん)が幼馴染だったという
事から、とポロミス社員の皆さん(^◇^)との関係が徐々に深まり、
研修の成果はシェイスクピアの『ヴェニスの商人』のリーディングへ

と、やくざさんたちだけのお話ではなく、その伏線には
ゆがんだ社会状況も描かれています。
あつこさんには奨学金で大学に通っていた息子さんがいて、その息子さんを事故で亡くし
その奨学金の支払いをあつこさんが肩代わり…その支払いと劇団の経営なんで闇金に手を出してしまう…
奨学金のあり方についても考えさせられてしまいます。
奨学金って何のためにあるのだろうか?
また、まりかさんに至っては、彼氏のために大金を借りちゃおっかなぁ的な
気軽さに、誰もが陥りそうなワープへの警笛があったりと
なかなか問題意識をしっかり提示されています。

ラスト『ヴェニスの商人』でインスパイアされた彼らは、シャイロックと自分たちを重ね合わせ
正義と仁義について彼らの示す道を見つけ出します。
それは幼馴染のマドンナ・あつこさんの借金した闇金へ話をつけようと、彼らなりの仁義。
その闇金は陰では、彼らと因縁のある大きなやくざ組織だったのでした。
去って行く彼らの後ろ姿が、ちょっとおまぬけで哀愁があって優しくて
かっこよくって愛しい感じが、まじたまらない
すてきな作品でした。

夏のH.H.G公演とはキャストとちょこっと台本や衣装が変わったりして
また新たな作品となっていました。
ちなみにキャスト変更は
副支店長(若頭)遠藤健一さん役(ケンチン) 高橋克明さん → 井上倫宏さん
お客様係り(兄貴分)清田潔さん役(キヨキヨ)沢田冬樹さん → 本城憲さん
部長(構成員)大城勇人さん役(ユウチャン) 南拓哉さん → 長谷川敦央さん

終演後は、軽い飲み会が行われ
佐野公演の成功を祈ったのでした。

2/5(水)、2/6(木) in サイスタジオ

あっそだタイトルの893(やくざ)は、花札のどうしようもない手札のことを示すそうです。
でも一つ引くと最高の手札になる…自分を足すんじゃなくて、引いて生きていくと
最高の人間になる…そんな素敵な言葉を残して去った男たちのお話でした。



 
by berurinrin | 2014-02-16 15:09 | 観劇感想

東京オペラプロデュース第93回定期公演オペラ『ミレイユ』

東京オペラプロデュース第93回定期公演オペラ『ミレイユ』 in
                            新国立劇場中劇場(2/8)

全五幕フランス語上演
作曲 C.F.グノー
原作 F.ミストラル
台本 M.カレ
指揮 飯坂純
演出 池田理代子
東京オペラ・プロデュース合唱団
東京オペラ・フィルハーモニー管弦楽団

フランス・プロヴァンスのとある村。農場主の娘ミレイユ(鈴木慶江さん)は
貧しい籠職人のヴァンサン(高野二郎さん)と身分違いの恋に落ちます。
二人は、互い何か不幸が起こった時にはサントマリー教会の前で神様に祈りを捧げる誓いを立てます。
ミレイユを愛する裕福な牛飼いのウーリアス(村田孝高さん)は、ミレイユの父・ラモン(東原貞彦さん)から
結婚の承諾を得ますが、ひょんなことから嫉妬に苦しむウーリアスとヴァンサンは決闘することになり
ヴァンサンは大けがを負ってしまいます。
ヴァンサンのけがを知ったミレイユは、二人の将来に祈りを捧げる為にサントマリー教会へ向かいますが
南仏の激しい太陽の日差しは容赦無く、ミレイユの身体は衰弱していきます。

いやぁ~すごい雪でしたね。
そんな日にオペラ観に行ってきました。
行くの悩んだんですけどね、とても楽しみにしていた作品だったので
どーしても観たくてオペラ鑑賞に似つかわしくない完全防備で家を出たわけです。
で、どーして観たかったかというと
わたしの心をぞわぞわと惑わす、なんとも美しい声を持つ高野二郎さんがご出演だったからなのです。
きゃっ
この二郎さん(私の亡きおじいちゃんと同じ名前ですが…)、
わたしのオペラ鑑賞の師匠・高田正人さんが参加されてる二期会のイケメンズの
ユニット・the JADEのメンバーなのです。で、初めてその歌声を聴いて
あまりの甘い声にくらくらしてしてしまい。もうヤバかった。
一人でリサイタル行っちゃった。その後日にはthe JADEのコンサートも行っちゃいました
クリーミーヴォイスと呼ばれているそうです。
清らかな透明感溢れた美しい声を持つ二郎さんのオペラ…雪なんて、雪なんて…くぅ~
ほんとなんかときめいちゃった。

出会って、お互いの気持ちを確かめあって
君が花なら、僕は蝶になる~♪
私が死んだら…僕は大地になって(棺桶に入って埋まった)君を抱きしめる~♪
なかなか、かなりのバカっぷりの歌を歌って、互いの愛の深さを推し量ちゃう
まわりはヒューヒュー(笑)
若い幼い恋愛が、幸せの絶頂から身分違いという大きな障害に阻まれ、障害があればこそ
その熱情が勢いを増していきながら、絶望に向かって急展開していきます。
ヴァンサンのけがを聞いて、約束を守って教会へと突っ走るミレイユ。
息も絶え絶に教会にたどり着いたミレイユは、愛するヴァンサンの腕の中で息を引き取ります。
(熱中症だったのかな…)と、神様がミレイユの魂を天に引き上げていくという
ラストは、ヴァンサンに振り返りもせず幸せそうに神のもとに向かっていくミレイユの姿。
残されたヴァンサンのその後は、どうなっちゃうのかしら?と、なんか
かわいそうになってしまいました。
なんなら一緒に天に召してあげればいいのに…って思っちゃうほどヴァンサンの歌声は
切なくて甘くて悲しいお話でした。

またミレイユの鈴木慶江さんが、きれいで可愛くて、無邪気なお嬢さん感がたっぷり♪
透き通るようなソプラノがこれまた美しい歌声でした。
最後は切ない幕切れだったけど、ヴァンサンと可愛い初々しいカップルでした。

演出は、なんとあの漫画家の池田理代子さん!
『ベルサイユのばら』とか『オルフェイスの窓』とか夢中で読んでいました。
その池田さんの舞台は、とてもとても美しくて、場面毎に舞台を立体的に動かして
中劇場の舞台構造と映像を上手く組み合わせた張り出した舞台は、素晴らしかったです。
舞台に立つ木々の立ち方が、その場面に合わせて表情を変えていました。
やっぱり絵を描く人だけに、そこんところの魅せ方はさすがですね。
本当に美しい舞台でした。
大変なお天気で、帰りも大変だったけど、満たされた一日でした。

2/8(土) in  新国立劇場中劇場







by berurinrin | 2014-02-12 22:19 | オペラ

~2月からの主な外部出演

★浅野雅博『洋服解体新書』2/616座・高円寺3/1316近鉄アート館(玉造小劇店06-6944-3380

小林勝也、渡辺徹、今井朋彦『国民の映画』2/83/9パルコ劇場(パルコ劇場03-3477-58583/123/16森ノ宮ピロシティホール(キョードーインフォメーション06-7732-88883/2023刈谷市総合文化センター(メ~テレ事業部052-331-99664/46福岡市民会館(ピクニックチケットセンター050-3539-8330

高橋正徳(演出)、大原康裕、名越志保、鈴木亜希子、高塚慎太郎『可児の物語』3/8,9可児市文化創造センター(可児市文化創造センターインフォメーション0574-60-3050)

★宮内克也『荒野のリア』3/1323吉祥寺シアター(ティ-ファクトリー03-3444-3005

★上村聡史(演出)、横田栄司『アルトナの幽閉者』2/193/9新国立劇場(新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999

★鵜山仁(演出)、平淑恵『化粧』3/721紀伊國屋ホール(こまつ座03-3862-5941

上記作品東京公演のみ公演文学座支持会・パートナーズ倶楽部会員特別割引があります。詳細→こまつ座 TEL03-3862-5941へお願いいたします

 

★鹿野真央『宝島』2/716東京芸術劇場シアターウエスト(東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296
★仲恭司『一周忌』3/18~28六行会ホール(みつわ会03-5461-1518)
鈴木弘秋、岸槌隆至『親の顔が見たい』2/13~16 金沢市民芸術村PIT 2ドラマ工房 (金沢市民芸術村080-3743-9563)
★中川雅子、金沢映子モチモチの木、死神どんぶら、ひさの星、かみなりむすめ、花さき山』2/11 日本キリスト教団信濃町教会(おはなしDecoBee )
望月純吉(演出)、得丸伸二、浅地直樹『破産』2/12~16 新宿タイニイアリス(I.N.S.N.企画e-mail:i.n.s.n.project@gmail.com)
中村彰男、山本郁子朗読『小説「雁」のほか、戯曲作品等』2/23森鴎外記念館(森鴎外記念館) 
★佐川和正『流れゆく庭-あるいは方舟』3/6~12赤坂REDシアター(ぷれいす03-5468-8113)

★小林勝也『ビック・フェラー』5月~6月世田谷パブリックシアター(世田谷パブリックシアター03-5432-1515

★山谷典子(作)『あとにさきだつうたかたの』3/1225下北沢本多劇場(加藤健一事務所03-3557-0789

★上村聡史(演出)『きりきり舞い』4/626明治座(明治座チケットセンター03-3666-6666

★櫻井章喜『テンペスト』5/156/1新国立劇場中劇場(新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999

★鵜山仁(演出)『決定版十一ぴきのネコ』3/20~23舞台芸術学院内シアターTAC(舞台芸術学院03-3986-3261)

★鵜山仁(演出)『鹿鳴館』6/1922新国立劇場中劇場(新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999

 

 

*お問い合わせは( )までお願いします
by berurinrin | 2014-02-10 22:08 | 外部出演

劇団わらく公演『壁あまた、砂男』

劇団わらく公演『壁あまた、砂男』 
                     in SPACE雑遊(1/31)

作 佃典彦
演出 勝俣美秋

土の民と呼ばれる人たちが住むこの町では、軍事練習がいまや始まろうとしています。
彼らが住む先に長く伸びる壁が広がり、その壁の向こうから彼らを襲ってくるらしいのです。
そんな彼らが住み町に、二組の旅人たちが現れます。
バケツをたたいて歌う女性とその姉妹。そして風の民と呼ばれる男性二人。
姉妹たちは『つきもの』を探して、旅をしているのでした。

すごくすごーく気になっていた劇団です。
おととしの秋に西岡野人さんが客演した作品ZOOLI LA PONTONCO vol.8「Gift」というのを
拝見したのですが、これがめちゃめちゃ面白かったのです。
コンポラリィダンスというか、男性3人と女性たちで
女性たちはクラッシックも踊れちゃう見事な人たちと相反するメンズ達(苦笑)
銭湯をテーマにしたいくつものオリジナルのシチュエーションからなる作品でした。
作品も面白かったのですが、衣装と小物使いがこれまたユニークで、そのハイセンスさに
とても気になっていたのです。

で、今回の作品。
作家の佃さんといえば文学座公演『ぬけがら』と『タネも仕掛けも』を書かれたお方です。
ちょっと不思議な作風でほのかに香るきゅんとしたお話かと思えば
いやぁ~ずんと落ちる、絶望的な厳しいオトキバナシでありました。

グレーのパーカーを着た男女が思い思いに舞台に上がって、雑談しています。
いったい何人登場するの?と思うほど、気が付くと狭い舞台にわらわらとした人の輪が出来上がりました。
すると静かな前説が流れてきます。
「…と、いうこと」と、妙に耳障りな観客への呼びかけ…

一つの家族が焦点になります。
母親(井内ミワクさん)は圧倒的な力を持ち。夫(勝俣美秋さん)も妻には逆らえません。
母親に反抗する息子(救仁郷将志さん)を砂に埋めて反省を促します。
次女(大迫綾乃さん)も母の言うなり・・
反政府運動に走った長女(長橋佳奈さん)とは全く問題外。
お金やステータスのために、夫と息子を軍隊に入れようとしています。
嫌がる夫は、人間であることを拒否し犬になろうとします。

元は自分たちの国を持っていた風の民と呼ばれた二人の男性。
いつしか隣国に土地を奪われ放浪する身に…。この二人の関係かなりゆがんでいます。

反政府運動に身を投じる長女も、信頼すべき仲間たちを信頼できずに
仲間たちとの間にいざこざが…

目が不自由な次女の背中に乗る、足が不自由な姉は、話すことができず
バケツを叩いて唯一歌を唄う三女に首輪を付けて歩く姿…
不幸を売りにする彼女たち

そんな風に、見た目ににも相反する感情がぶつかりあう姿は、意外と陰湿でなく
コミカルな様相で、これまた観ていて相反する感情が生まれていくのですが
人を信じられなくなって生きていくことに、その先に幸せな感情が生まれるのかと
祈るように思っても、人を疑って生きていくということは
自分否定にも繋がっていくことになりえるという静かな恐怖が、じんわりと伝わってきて
ぞくぞくと絶望的な気持ちになっていきました。

始めの『…ということ』は、劇中の放送で「幸福」を全否定するシュプレキコールの語尾。
舞台の中に砂男は出てきません。
母親の中での砂男=希望という表現をしていました。
それが、みんなにとって希望なのか、絶望なのか
全編を通して、俳優たちは舞台を囲み、自分の出番が終わるとパーカーのフードをかぶり
作業を続けます。
山のように積まれた軍手を一枚一枚、丁寧に同じ向きに広げ
乱れると直し、ひたすら黙々と並べていきます。
その手は、壁に向かって戦う手なのか守る手なのか
でもいえるのは、その先に希望の光が見えないという…
悲しい未来のおとぎ話でした。

軍手にしても思った通り小道具の使い方が、とてもユニークで
バケツには「火の用心」って書いてあったり、砂に埋められた長男の姿を俳優たちの身体
を使って砂を表現したり、また個性的な俳優たちが揃っていて
とても楽しいユニットで今後も観続けたい劇団になりました。

1/31(金)~2/7(火)まで in SPACE雑遊 








 
by berurinrin | 2014-02-09 21:58 | 観劇感想