<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

劇団銅鑼公演No.44『不思議の記憶』

劇団銅鑼公演No.44『不思議の記憶』in 銅鑼アトリエ(5/2)

作・演出・美術 大谷賢治郎

フシギ(井上太さん)の導かれるままにトキ(谷田川さほさん)と出会う少女カゼ(土井真波さん)。
トキの持っていた小箱を開けると、そこは子供たちの世界…
カゼは、ソラ(庄崎真知子さん)、ホシ(三田直門さん)、
ツキ(竹内奈緒子さん)と共に出発します。

もともと台本がなく、イメージとアイデアを持ち寄ってワークショップ形式から立ち上げたとの事。
4人の子供たちの様々な冒険譚が、シーンごとにふあふあと浮かび上がるように作られていました。
ストーリーがあるような無いような・・幻想的で夢のような不思議な体験でした。
殆どパントマイムで役者の体を極限まで使って、そこから形、音、時に香りや味まで伝わってきそうな程
繊細な表現に魅入ってしまいました。

いくつも印象的なシーンがあって、椅子を使って自転車を漕ぐシーン。
一生懸命漕いだ後、ふあ~と片足をあげて風を感じるかのように気持ちよさそうな
4人の子供たちの後姿の美しさ
種から芽が出て、花が咲いて香しい匂いを楽しんで、おもわず出てしまう笑顔。
蔓が伸びて、ジャックと豆の木のように木に登って、木の実を頬張る無邪気さ・・
ふと顔に張り付く虫に驚いたり、自然と共に成長する彼ら
ところが一転、何もわからない状態で全てを失う絶望感・・そこにあるものに触れらない理不尽さ。
3.11の震災後の状態を連想させる光景・・
ちょっと映画『スタンドバイミー』な要素もあったり…
目の前の光景を見ながら、ふと自分の幼い頃の光景とリンクしちゃったり(*^_^*)
自然で心の中の懐かしいものを思い出させて頂きました。

今回は、子供にもってな事で、5歳時の姪っ子を連れての観劇でした。
かぶりつきの最前列の席で拝見させて頂きました。
いやぁ~どうなることかと思ったのですが、当人はかなり面白かったらしく
コミカルなシーンではケラケラ笑い。時計が映し出されると「時計だ!」とf(^_^;)
パントマイムもちゃんと伝ったようで「(あの子、虫を)食べちゃった!!」
俳優たちが見立てをして客席後方を眺めると、一緒になって客席の後ろをみて首を傾げたり
彼らの動きをそのまま目線であっちやこっちや馳せてる姿が微笑ましく感じました。

終演後は、三田直門さんにパントマイムの花と鳥と虫を教えてもらった5歳児。
すっかり仲良しになっちゃって、大きくなったらプリ●ュアになって
保育園の先生になって、ダイヤモンド屋さんになって銅鑼に入って直ちゃんと共演すると(笑)
で、制作のHさんとも20年後に呑みに行く約束なんかしちゃって
拝見させて頂いた回が、子供は5歳児だけだったようで
演出の大谷さんから感想を聞かれた5歳児「面白かったです」と答えてました。
後から5歳児に聞いたところ、本当に面白くてずっとニコニコしながら見ていたそうです。
そして、今回も偶然にも劇団昴の永井誠さんに遭遇(笑)
5歳児連れだったので、さすがに真っ直ぐの帰宅。
帰り道、制作のHさんに頂いたうさぎのキーホルダーを抱えながらの5歳児と永井さんが
すっかり意気投合(笑)別れ際ハイタッチまでしちゃって
永井さんの意外な一面を見てしまいました(*^_^*)
子供好きなんですねぇ~

帰りの電車の中では
「電車の音って同じリズムだね」
「あのお花の色は何色だったんだろうね」とか
「あのぱっくんって食べた果物は、なんだろうね」とか
「虫はやっぱ食べれないでしょう(笑)」みたいな
いつもは、「なぜ?なぜ?」攻撃真っ盛りなうf(^_^;)
まさに世の中すべて不思議に見えるらしいの5歳児と一緒に考えて
話し合えた時間がとても貴重で楽しい一時でありました。
いやぁ~子供の想像力というのは計り知れないというか、
すごいなぁと改めて思った次第です。
またそんな子供たちの想像力を伸ばしてくれる今回の作品に出会えたことは
きっと5歳児にとって、とても貴重な時間だったと思います。

5歳児に、鳥さんってどうすんの?と聞いたら
「フラダンスのように手をくねくねしてばってんにするんだよ」と
「お花はね、お手々を合わせてぷくっと膨らんでから、そっとお指をはなすの」
どうですか?よかった空を飛ぶ鳥のイメージと
その手のお花の色と香りを想像してみて下さいね。
それはあなただけの空想の世界なのですよん

5/1(水)~6(月・祝) in 銅鑼アトリエ
by berurinrin | 2013-05-06 21:51 | 観劇感想

5月からの主な外部出演

★今井朋彦『おのれナポレオン』4/9~5/12東京芸術劇場プレイハウス(東京芸術劇場ボックスオフィス03-5391-3010)
★塾一久、たかお鷹、星智也『ヘンリー四世』5/7~12梅田劇場シアタードラマシティ(梅田劇場シアタードラマシティ06-6377-3888)5/17~19福岡キャナルシティ劇場(キョードー西日本092-714-0159)
★高瀬久男(演出)『モリー先生との火曜日』5/18亀戸センターカメリアホール8/13~21本多劇場(加藤健一事務所03-3557-0789)
★渡辺徹『厄払い』5/18志木市民会館(志木市民会館048-474-3030)5/24~6/2赤坂RED/THEATER(プリエール03-5942-9025)
上記作品RED/THEATER公演のみ公演文学座支持会・パートナーズ倶楽部会員特別割引があります。詳細→ プリエール03-5942-9025へお願いいたします
★西川信廣(演出)、原康義、瀬戸口郁、粟野史浩、藤側宏大『音楽劇わが町』5/23,24可児市文化創造センター(可児市文化創造センターインフォメーション0574-60-3050)
★廣田高志『鹿鳴館』6/2~29自由劇場(劇団四季)03-5776-6730)
★秋乃桜子(山像かおり)(作)松本祐子(演出)山像かおり、奥山美代子『鉄瓶』6/27~7/2下北沢駅前劇場(西瓜糖
★横田栄司、後田真欧『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』5/5~26シアターコクーン(Bunkamura03-3477-3244)5/30~6/2森ノ宮ピロシティホール(キョードーインフォメーション06-7732-8888)
★鵜山仁(演出)、小林勝也『うかうか三十、ちょろちょろ四十』5/8~6/2紀伊國屋サザンシアター(こまつ座03-3862-5941)
上記作品東京公演のみ公演文学座支持会・パートナーズ倶楽部会員特別割引があります。詳細→こまつ座 TEL03-3862-5941へお願いいたします
★菅生隆之『闇の花道』5/9~12青年座劇場(劇団青年座0120-291-481)
★細貝光司『黄昏ワルツー吹き飛ばされそうなダンボール三つー』5/24~27江古田兎亭(オフィスコットーネhttp://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/)
★高橋広司『RADIO311』5/29~6/2中目黒ウッディシアター(Kamakaji Lab
★南一恵(演出)『リーディング「楽屋」』5/31~6/2乃木坂シアターコレド(トップガールズと仲間たち090-3238-8500)
★渋谷はるか『ヘッダー・カブラー』6/5~16渋谷ギャラリー・ルデコ5F(アトリエ・センターフォアード080-6685-2908)
★藤崎あかね『キエンノキ』6/6~9下北沢楽園(おちないリンゴ090-8421-6661)
★西川信廣(演出)、富沢亜古、松山愛佳、松岡依都美『遺産と誤算の狂騒曲』6/7~16水戸芸術館ACM劇場(水戸芸術館ACM劇場029-227-8123)
★鵜山仁(演出)山谷典子『いま、憲法のはなし-戦争を放棄する意志-』6/11,12全労災ホール/スペースゼロ(非戦を選ぶ演劇人の会)
★浅野雅博『帰郷/ホームカミング』6/15~30シアター風姿花伝(RunsFirst03-3234-5880)
★佐古真弓『太平洋食堂』7/3~7座・高円寺1(座・高円寺チケットボックス03-3223-7300)
★鵜山仁(演出)、原康義、塩田朋子『二都物語』7/18~8/26帝国劇場(帝国劇場03-3213-7221)
★倉野章子『歓喜の歌』7/31~8/5ザ・スズナリ(劇団東京ヴォードヴィルショー03-3227-8371)
★高橋紀恵『この子たちの夏1945・ヒロシマ ナガサキ』8/13世田谷パブリックシアター(世田谷パブリックシアター03-5432-1515)
★鵜山仁(演出)、石田圭祐、今井朋彦、今村俊一、浅野雅博、『ジャンヌ』9月世田谷パブリックシアター(世田谷パブリックシアター03-5432-1515)
★原康義、中村彰男『エドワード二世』10/8~27新国立劇場(ボックスオフィス03-5352-9999)
★粟野史浩『秋の蛍』10/16~16吉祥寺シアター(可児市文化芸術振興財団0574-60-3311)
★鵜山仁(演出)石橋徹郎『イーハトーボの劇列車』10月~11月紀伊國屋サザンシアター(こまつ座03-3862-5941)

*お問い合わせは( )までお願いします
by berurinrin | 2013-05-04 22:45 | 外部出演

演劇ユニットハイブレット第3回公演『トモダチ』

演劇ユニットハイブレット第3回公演『トモダチ』 in 阿佐ヶ谷TABASA(4/27)

作  勝嶋啓太
演出 中野志朗

と、ある孤独な男性(坂井宏充さん)がトモダチ(竹内勇人さん)を購入しました。
なかなか歩み寄れない二人。トモダチを返品しようとしますが
すでに何度となく返品されてきたトモダチは、今回返品されると処分されるそうです。
また同じように、検査員による審査に合格しなければ、トモダチを強制的に引き取るそうです。
急遽、翌日行われる事になった審査に合格するため二人は、協力し知恵を絞り合います。

この日は、文学座6月アトリエの会『十字軍』を拝見して、アフタートークの途中で
後ろ髪を引かれつつ退席しての阿佐ヶ谷。
チラシを入手していなかったもので中野氏からの案内をチェックしつつ
バー●ーキングとて●やの間を通って、お好み焼き屋さんの美味しそうな匂いを
目標に商店街を突っ切って見上げた2階のBARが目的地(*^_^*)
客席が15席MAXな感じのこじんまりした公演でした。

ゲームのたぐいは一切やらないので、どう表現したらいいのかよくわからないのですが
開演前にシューティングゲームの映像が延々と流れ、そのゲームをやってる俳優の後姿・・
今のゲームって残酷なんですねぇ~対象物が恐竜?!血がどぴゅーんみたいな・・
始まる前からちょっと引き気味な感じで・・って、なんか嫌な予感したんです。

ゲームが好きな主人公は、楽しみにしている翌日に控えたサバイバルゲームの大会に出たい!
でも、参加規定が二人。孤独な彼は、その大会に参加したいが為に、ネットでトモダチを購入。
早速、彼はゲームの手ほどきを教えると難なくこなしちゃうトモダチが面白くなくて
「返品したい」と言い出します。
すでに何度となく返品されたトモダチは、今度返品されたら処分される事を告白してしまいます。
また同じように二人の友人関係を審査し、不合格になるとやはり処分・・
いわゆるこれもサバイバルゲーム
何とか審査をクリアするため、審査基準項目を一つ一つ二人で
協力しながら必死で明日の審査に立ち向おうとします。

で、その審査の基準は5つあって、それぞれ彼らなりの答えを出していきます。
1、コミュニケーションが取れていますか?→漫才をする
2、自然なスキンシップが出来ますか?→抱き合う
3、本音で向き合っていますか?→「ほんおと」と解釈し、互いに本を叩いて音を合わせる
4、きちんとぶつかりあってるか?→ぶつかり稽古→相撲をとる
5、表情で相手の心がわかりますか?→互いにわからないので、
何にも考えていない表情を作って「何も考えていない」ことにする。
その間、時の精(中田由布さん)が二人が考えいる時間の経過を知らせます。

通販で購入したトモダチは、人間で、ちょっと近未来的なストーリーになるのかなぁ~と
思いつつ、その後の展開はあまりにもベタな感じで、ちょっとこれはヤバいと思いましたが
最後までヤバかった・・
細かく書くと怒りが・・・審査基準に対しての彼らの解釈のひどさ・・
これは無いでしょう
はっきり言って中野氏、これは面白くないです。
わたしは中野氏のちょっと変わった目線の演出がとても好きなのです。
たまに理解に苦しむ遊びもありますが、そこんとこも嫌いじゃない。
でもこれは、本がひどい・・で、中野氏の遊び心が加わると逆効果(><)。
これ以上書くと自分もヤバくなりそうなので、ここで終了させて頂きます。

4/25(木)~4/28(日) in阿佐ヶ谷TABASA
by berurinrin | 2013-05-03 23:34 | 観劇感想

地人会新社第2回公演『根っこ』

地人会新社第2回公演『根っこ』 in 赤坂RED/THEATER(4/4,13,28)

作 アーノルド・ウェスカー
訳 木村光一
演出 鵜山仁

ロンドンに暮らしていたビーティ(占部房子さん)が、田舎に住む家族に帰ってきます。
一緒に暮らしている恋人・ロニィを家族に紹介するため、彼より一足先に里帰りしたのでした。
社会主義者だというロニィに影響されたビューティは、家族相手に対話を試みます…

第一回公演は、アパルトヘイト施政下、
南アフリカの黒人社会虐げられた人々のしたたかさを描いた『シズウェイは死んだ』。
そして家族に焦点を当てた第2回公演『根っこ』。演出は共に鵜山さんでした♪
前回もそうでしたが、狭い空間の中で行われるほぼ一か月に渡る公演ってイイですね。
観る度に作品の変化を肌や空気を通して感じられる…堪能させて頂きました。
本当はもっと前に感想を書きたかったんですが
なんか言葉に出来ない・・言葉にすると思ったことが自分の中から流れ出てしまいそうで
ちょっと怖かったんです。
いい年をして、両親と暮しているだけに
ビーティと母ブライアント夫人(渡辺えりさん)とのやりとりは、
そのまんま母と自分に置き換え出来そうで、やんなっちゃう(笑)
最近は、母がハマっている韓流ドラマ&韓流スターの話題を常に口にしてる母。
私に興味を持たせようとやっきになってる気がしますがf(^_^;)
ブライアント夫人とビーティの逆バーション?!
残念ながら興味が全く持てず…「へー」とか「ふーん」とか言っちゃう自分が
改めてなんだかなぁ~今後は「そっかそっか」「ふんふん」とか
もうちょっと前屈みになって話を聞く姿勢でいこう。うん。
他人事のようにちょっと離れた目線でみちゃうと、悔しい程に母のありがたさが
こころにぐぐっくるもんです。

戻ってくれば台風の目のように、周りを振りまわす賑やかで愛しい娘ビーティが
めんどくさそうな一見都会風の恋人ロニィを連れて来るという…
ビーティは本当にロニィが好きなんでしょうね。
痛い程気持ちがわかりますよね~。
でも、客観的にみて、上手くいきそうもないっていうのは
お姉さん・ジェニィ(七瀬なつみさん)も感じていて、早々にビーティに釘を刺していました。
それも家族だから言えること。
それでもビーティの愛する人を歓迎しようとするのも家族だから・・。

学の無かったビーティが自分の「根っこ」という言葉を自分の中から見出して
みんなに語る姿は圧巻ですが
それよりも、一生懸命語る彼女に対する一人一人の受け側の姿に家族の姿を見た気がしました。
客席から見てるから感じるのですが、この姿がそれぞれの家族のありようで
これがまったくの自然な姿なんだなぁ~と思うと
開演前に流れていた日本のポップスや舞台の壁に貼られた新聞記事や
節目節目の大きなニュースの吹き出し記事も国や人種関係なく、
自分かもしれないし隣の家族の話かもしれない
たまたまイギリスのブライアント家の話ではありましたが
ひとつのくくりでは収まらない家族の姿をみた気がします。

壁といえば、場面転換もすごいユニークで楽しかったですねぇ~
セットの移動はスタッフとキャスト。
初日では、かっちかちにセットを移動していたのに
楽近くには、音楽に合わせてノリノリ~♪楽しそうでした。
そんな移動した壁の後ろにキッチンがあって、そこで調理できちゃったり
会話しながら湯気が見えて、ほのかな匂いから生活感が生き生きと伝わってました。
あんまりそこんところがリアルなので3回観て3回とも楽しいトラブルが起きて
そのシチュエーションもまた生活感たっぷりで、これまた楽しく微笑ましくみえたのでした。

文学座からはビーティのおとうちゃんブライトン氏金内喜久夫さんと
ビーティのお兄ちゃんフランキーの石橋徹郎さんがご出演。

支配人の裁量一つで簡単に仕事を首にされてしまう…
厳しい境遇の中で養豚を行っているいわゆる小作人のブライトン氏。
体調が悪くてもそんな様子をおくびにも出さず牧場の支配人の
指示に従順に従う様は、都会生活が長いビーティにしてみたら許せないようです。
反面、家の中では、わがままな頑固おやじ的な雰囲気が、
これまた素敵な金内さん
そこにいるだけで雰囲気が変わってしまう…金内さんの存在感に圧倒です。

石橋さんは、第三幕からのご出演です。
その前に第一幕から第二幕の大掛かりな舞台変換の時に
黒いコートを着てクールで音楽に合わせてノリノリの姿が、
かなりカッコ良かったのですね。
ところがフランキーになると、ぐったぐた(笑)ロニィに会うために無理してきた
スーツは窮屈そうで、髪はひよこのみたいな寝癖がぴんぴん♪
フランキーは農夫さん。土と共に生きてる男性です。
妻のパール(高畑こと美さん)とは力関係的にどうやら分が悪そう(笑)
ビーティの言ってる事はさっぱりわからんとした表情の中にも
なにかざわざわした感情が芽生えて、それが自身の新鮮な驚き…
そんな感じがしました。

ビーティの投げた言葉の波紋が家族の中に広がっても母は強し。
でーんと大地のように彼らの根っこを支えているのは、
いつでも母なのかもしれませんね

休憩時間、ロビーでパブこうのとり(劇中に話題になったパブ)が開店していて
イギリスの三種類のビールが販売されていました。
とっても興味があったのですが買いそびれてしまいましたf(^_^;)
でも劇中と同じ名前で狭いロビーの中でサービススペースがあるなんて
遊び心があって素敵じゃないですか
ちなみに鵜山さんは、呑んだとおっしゃっておりました(*^_^*)

初日の幕が下りてロビーでの初日乾杯の時、
制作Eさんから作家のウェスカー氏からメッセージを頂きましたと
お披露目がありました。
短い言葉ながら愛に溢れたメッセージに超感動!
公演中のロビーに終始飾っていました。
このビーティのモデルは、そんなウェスカー氏の奥様なんだそうです。
もう一人温かいまなざしで、
遠い異国からビーティとその家族を見守る人が居たんですね

なんか公演が終わっちゃって寂しくて…
ふとした時に観たい、元気をもらいたい、あの熱量を浴びたい
そんな芝居でした。ぶっちゃけ大好きな作品でした。
また観たいなぁ~★ずーっと観続けたかった作品でした。

4/4(木)~4/28(日) in 赤坂RED/THEATER
by berurinrin | 2013-05-02 23:36 | 観劇感想