文学座4月アトリエの会『十字軍』in文学座アトリエ(4/16)

作  ミシェル・アザマ
訳  佐藤康
演出 稲葉賀恵


ぼろぼろの身なりをした二人の子供が人形で遊んでいます。
そこへ小さな箱が括りつけられたパラシュートが落ちてきます。
興味津々で手に取る子供達・・ここは紛争地帯。
c0023954_21585574.jpg

めんどりおっ母(山本道子さん)は、少年十字軍に参加した
14人の子供たちの後を追って村を飛び出しました。
道中、出会う人たちに子供たちの行方を聞きながら
何百年とひたすらエルサレムへの道を歩き続けています。

稲葉賀恵さんの文学座アトリエデビュー作でございます。
ご覧になりましたか?
チャレンジャーというか、すげかったですねぇ~
この『十字軍』という戯曲は、「現代フランス語圏演劇」というシリーズで、
すでに発売になっておりまして、このシリーズの第一回目の発売が、
今から2年程前で、フランス演劇の言葉のまわりくどさが好きでf(^_^;)
全部読もうと!その時にすでに購入して一度読んだんですが
さっぱりわからない(笑)ト書きがめっちゃ少ないし、言葉は詩的だし
でも、アザマさんの事、めっちゃ気になったのは、
鵜山仁さん♪が、新国立劇場の演劇部門の芸術監督を務めておられた時に
シリーズ同世代【海外編】のイベントとして『タロットカードによる十二のモノローグ』という
リーディング公演を上演されました。
それが5人のフランス人の作家による作品で、
その中の一人がこの『十字軍』の作家・アザマさんだったのです。
当時、大道芸的な演出で、小劇場を中心にロビーやクロックルームの前と
作品ごとにシチュエーションを変えてモノローグを演じられました。
その中でもよくわかないのがアザマさんのモノローグで、
だからよけい意識しちゃったのだと思いました。

で、公演を前に『十字軍』の稽古場を見学させて頂く機会がありました。
アトリエに入ったらあるのは四方向にある客席と唯一のセットでもある小道具の無数の鞄たち。
拝見させて頂いたのは、戯曲を読んだ時に「うっ」と思ったエグくて悲惨な理不尽な場面。
そう、クリム(沢田冬樹さん)とイスマイル(佐川和正さん)のシーン。
イスマイルの近所のおじさんのばらばら死体を見つけ
水汲みバケツを持つ老婆(中村彰男さん)をスパイだと撃ち殺してしまうシーンでした。
この場面を説明するだけでもちょっと引く感じですけど、
笑っちゃったんですよ稽古場で私f(^_^;)
吹き出しそうになっちゃって、思わず手で口を押えちゃったんですけど・・
(後から笑っていいんだよって、彰男さんに言われてホッとしました)
その時に、演出の稲葉賀恵さんの死生観というか
例えて、それは彼女のおじいさまの死にまつわるエピソードだったのですが、
それが悲しいけれどコミカルな出来事で、日常と非日常というか道徳というか
他人から見たら非道徳となるべく、なぜかうなずけちゃうお話だったのです。

現場というと、彼女よりもキャリアも年齢も先輩である出演者の俳優たちが
彼女の演出に対しては聴く姿勢を貫き、シーンで止まるとアイデアを持ち寄ったり(*^_^*)
ベテラン俳優の彰男さんが、稲葉さんに対して敬語で位置確認を聞いたりと
みんなで作り上げよう盛り上げようとしてる雰囲気がふあっと伝わって、
かなり感動しちゃったわけなのでした。

で、そんな事を思い出したりの初日。
開演前アトリエのロビーで戦闘態勢でがちんこ状態の稲葉さんと軽く会話していたら
翻訳をされた佐藤康さんがさりげなく
「もうやることはやったんだから、あとは俳優にまかせればいい」って、
稲葉さんの背中をポンと押すような優しい励ましの言葉をおっしゃって
ホントその通りですね♪みたいな(*^_^*)その口調の温かさに感動~!
そして女性演出家誕生の瞬間を立ち合う為に集まった
懐かしい顔や会いたかった人、文学座を応援する素敵なファンの皆様
そんな方々の姿を確認しつつ客席に向かいました。

今、まさに死んでいく人たちのお話。
子供も女性も人種も容赦ない世界です。
私たち観客と同じ目線同じ立ち位置で、彼らは生きて死んでいきます。
わたしたちは目撃者でもあり、被害者になりえるかもしれないくらいに
彼らと近く接して時に関わってしまいます。

初日を過ぎた数日後。
読売新聞の朝刊に「紛争生き抜く、子供の力」とういタイトルで
UNICEF大使である黒柳徹子さんのインタビュー記事が載っていまして
何気なく読んでいたのですが、ある文章に鳥肌が立ちました。
それは、旧ユーゴのコソボでの内戦の話の中にありました。
ぬいぐるみに地雷を仕掛けてあって抱いたら爆破したり、
ジュースの缶が畑に転がっていて開けたら爆破する・・
ぬいぐるみを抱きしめる子供の気持ちを知り抜いている
子供を対象とし狙った大人が作った兵器の話が載っていて、
まさにこの『十字軍』の冒頭のお話とそっくり・・
折しもマラソン会場でのテロ行為・・圧力鍋の話
今もなお、そこかしこにめんどりおっ母が、14人の子供をさがして、
今にも息絶えようとする子供たちに励ましの言葉を投げかけているのかと思うと、
あまりにも現実と非現実の世界の狭間が浅すぎて近すぎて
恐ろしくなってしまうのでした。

終幕、めんどりおっ母の子供たちの白い遺灰が、銀河系のようにきらめいて
シューマンの優しい調べとその情景の美しさに救いを見出したのでした。

挑戦的で過激な作品だけに賛否両論あると思いますが
最低限の小道具だけを武器にして、あえて挑んだ稲葉賀恵さんの度胸!
すごい演出家が現れた!って思いませんか(*^_^*)
まじ稲葉っちてば、めっちゃ頑張ったしぃ~
ぜひその目で観ておいた方が良いと思いますよん♪

4/16(火)~30(火)まで in 文学座アトリエ
by berurinrin | 2013-04-20 23:56 | 文学座観劇感想

4月~の主な外部出演

★外山誠二、塩田朋子『HIKOBAE』4/12,13福岡銀行本店大ホール4/15神戸朝日ホール、4/17松下IMPホール4/20,21天王洲銀河劇場(銀河劇場03-5769-0011)
★栗田桃子『パパのデモクラシー』4/4~14座・高円寺(劇団ヴォードヴィルショー03-3227-8371)
★新橋耐子『カルデロン&ピュラデス』4/17~22座・高円寺1(ティーファクトリー.03-3344-3005)
★鵜山仁(演出)、金内喜久夫『根っこ』4/4~28赤坂REDシアター(地人会新社03-3354-8361)
★今井朋彦『おのれナポレオン』4/9~5/12東京芸術劇場プレイハウス(東京芸術劇場ボックスオフィス03-5391-3010)
★渋谷はるか『効率学のススメ』4/9~28新国立劇場小劇場(新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999)
★山森大輔、頼経明子、永川友里、金松彩夏、伊藤安那『今ひとたびの修羅』4/5~29新国立劇場中劇場(シスカンパニー03-5423-5906)
★廣田高志『屋根の上のヴァイオリン弾き』4/10~14シアターBRAVA!(イオン化粧品シアターBRAVA!06-6946-2260)
★松井工『詠み芝居・二俣川に散った畠山重忠と妻の物語』4/13,14横浜市旭区民文化センターサンハート(サンハート045-364-3810)
★高橋広司『とうめいなすいさいが』4/24~29池袋シアターグリーン(Pカンパニー03-6808-5306)
★塾一久、たかお鷹、星智也『ヘンリー四世』4/13~5/2彩の国さいたま芸術劇場(さいたま芸術劇場0570-064-939)4
★西川信廣(演出)『出番を待ちながら』5/3、4中目黒キンケロシアター(プラチナネクスト080-2035-4173)
★高瀬久男(演出)『モリー先生との火曜日』5/18亀戸センターカメリアホール8/13~21本多劇場(加藤健一事務所03-3557-0789)
★渡辺徹『厄払い』5/24~6/2赤坂RED/THEATER(プリエール03-5942-9025)
★秋乃桜子(山像かおり)(作)松本祐子(演出)山像かおり、奥山美代子『鉄瓶』6/27~7/2下北沢駅前劇場(西瓜糖
★横田栄司『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』5/5~26シアターコクーン(Bunkamura03-3477-3244)
★鵜山仁(演出)、小林勝也『うかうか三十、ちょろちょろ四十』5/8~6/2紀伊國屋サザンシアター(こまつ座03-3862-5941)
上記作品東京公演のみ公演文学座支持会・パートナーズ倶楽部会員特別割引があります。詳細→こまつ座 TEL03-3862-5941へお願いいたします
★鵜山仁(演出)、山谷典子『いま、憲法のはなし-戦争を放棄する意志-』6/11,12全労災ホール/スペースゼロ(非戦を選ぶ演劇人の会)
★浅野雅博『帰郷/ホームカミング』6/15~30シアター風姿花伝(RunsFirst03-3234-5880)
★鵜山仁(演出)、原康義、塩田朋子『二都物語』7/18~8/26帝国劇場(帝国劇場03-3213-7221)
★高橋紀恵『この子たちの夏1945・ヒロシマ ナガサキ』8/13世田谷パブリックシアター(世田谷パブリックシアター03-5432-1515)
★鵜山仁(演出)、石田圭祐、今井朋彦、今村俊一、浅野雅博、『ジャンヌ』9月世田谷パブリックシアター(世田谷パブリックシアター03-5432-1515)
★鵜山仁(演出)石橋徹郎『イーハトーボの劇列車』10月~11月紀伊國屋サザンシアター(こまつ座03-3862-5941)

*お問い合わせは( )までお願いします
by berurinrin | 2013-04-04 23:53 | 外部出演

文学座有志による自主企画公演
 久保田万太郎の世界 第十回公演

作   久保田万太郎
演出  黒木仁

久保田万太郎の会
祝十回公演おめでとうございます♪
続けて下さって感謝申し上げます。
この久保田万太郎作品、なかなか手ごわい
毎回、演じる俳優陣のみならず観客にも負荷のかかる作品で
集中度も半端ないのです。
と、いうのも大抵一幕物で、時間も短いだけに
切り取られた一つの場面から、フルに頭を回転させ前後の事の流れを推測し
役者の細やかな動き、衣装や持ち物で生活の匂いや季節を感じ・・
そして美しい俳優の所作と立ち姿にうっとり・・(*^_^*)
観客の私たちも舞台の見方の基本を学ばせて頂くような気持ちです。
終わると結構ぐったりしちゃうのですが
それがまたかなり気持ちがいいのです。
さて、十回目公演となる今回も素晴らしい二作品を魅せて頂きました。

樋口一葉 原作
『わかれ道』

一人暮らしのお京さん(山本郁子さん)が外出の為に、留守を預かっていたのは
身寄りがなく、お京さんを姉と慕う吉三さん(南拓哉さん)
そこへ同じ仕事仲間の文次さん(西岡野人さん)が訪ねてきます。
昼間、親方の息子と喧嘩した吉三さんに対して気遣う文次さんでしたが
逆に怒らせてしまいます。
そしてお京さんの帰宅・・
いつも違うお京さん・・そして昼間の喧嘩の原因が明らかにされます。

と、ある適齢期を過ぎてなお美しい身寄りのない女性の生きる術・・
いわゆるお金持ちの旦那はんのお世話になって第二の人生を歩むべきか
まだまだ女性の地位が男性と同列とはいえない時代です。
同じ身寄りのない吉三さん=きっちゃんと姉弟のような関係から
きっとお京さんは、違う感情が生まれてきたことを感じ取ってしまったのだと
思いました。自分の感情の変化にとまどいながら、二人の行く末を…
自分の未来をさとってしまったのかもしれません
う~切ない。
さっぱりした二人の会話から漂ってくる匂い。
必死にお京さんの決意を覆そうとするきっちゃんの訴えも、まだまだ幼い。
出て行こうとするきっちゃんの手を必死で掴んで、その手の熱さが
お京さんの言葉にならない思い。
「放せ」と言いつつ振りほどけないお京さんの手の中に委ねたきっちゃんの手。
あうあうあう・・
もう二度と元に戻れない二人の決別の時だったのですね。

幸せとは言い難い、けれど新たな人生を決めたお京さんは、山本郁子さん。
うわぁ~と匂う程の美しさでした。
紫の頭巾を被っての帰宅姿。普通の娘は、夜遅く外に出ないから
人目を避けるように被っていたそうです。
桜の柄の着物も美しかったし、そのお着物を着こなす郁子さんも美しい。
お針仕事を始めた時に、糸をピーンと這ってぴんぴんって、わかりました?!
当時の絹糸は、すぐよってしまってくしゃってなったそうで、
ぴん♪ぴんと指で弾くように伸ばしたそうです。
所作も見どころの一つなのですよね。

そんなお京さんを姉のように慕うきっちゃんは南拓哉さん。
この作品で、くぼまん(笑)デビュー♪
すごいプレッシャーだったと思いますが、
本当に頑張って吉三さんを演じられていました。
火種を起こす、おもちを焼く、食べる…
当時の普通の日常の光景を普通にみせることの難しさ
亡くなった祖父が、お醤油に砂糖をかけておもちを食べていたことを思い出して
懐かしさにほろっとして、おもちの焦げた香ばしい香りが漂う静かな時間。
熱さよりも嬉しさが伝わる食べ方に、
きっちゃんの幼さが現れて微笑んじゃいます。
幼さと男っぽさの魅力を垣間見せて、お京さんが想ってしまう気持ちも納得でした。
南さん…頑張りましたねっ(*^_^*) 素敵なデビューでした♪
あとは経験を積んで作り上げられることを楽しみにしています。

きっちゃんと同じ職人として働く文吉さん(西岡野人さん)。
昼間の争い事を気にして様子を見にやってきました。
結局きっちゃんとは喧嘩別れで、怒っちゃう文吉さん(笑)
大抵、くぼまんではノビ君が怒られ役が多かったのですが
怒る男も素敵でございます。かっと頭に血が上ってぼっと出て行っちゃう。
でもそこんとこのとぼけた味わいが、下町の愛すべき男衆代表な雰囲気を漂わせて
見事な職人さん振りでした。着物の着こなし方も様になって
なかなかの男っぷりです
そーいえば、くぼまんデビュー当時のノビ君ったら、声のみの出演とか、姿だけとか(苦笑)
演じ続けることの形が今につながっていくのでしょうね。
大事なくぼまんファミリーの一員として今後もご出演続けて頂きたいと思います。

低い声にぞぞぞっとしたのは、常盤津の師匠・おわかさんを演じられた高橋紀恵さん。
お京さんが、夜の人目を忍ぶ姿その声と対照的な華やかな雰囲気です。
違和感があるのは、おわかさんの人となりの生きた環境から匂い立つ
彼らと一線を置く空気感なのかもしれません。



『通り雨』

慶蔵さん(鈴木弘秋さん)の住まいでは、仲間内で無盡(むじん)が行われていました。
欠席している喜之助さん(細貝光司さん)の縁談話が新聞に載ったことで盛り上がる反面
新井さん(吉野正弘さん)のお子さんのお葬式に参列したという榎本さん(高橋克明さん)が
遅れて参加されます。
無盡が終わり、参加者が帰宅された後、訪ねてきた喜之助さん。
結婚が決まったというのに、なぜかその表情は曇りがちです。

たった30分程の作品ですが
幕が上がった舞台の上に
赤司まり子さん、鵜沢秀行さん、高瀬哲郎さん、大原康裕さん、鈴木弘秋さん
横山祥二さんというずごい面々!!居るだけで、わくわくしちゃう豪華な幕開きです。
彼らに不思議な緊張感があるのは、くじを前にしてのどきどき感(*^_^*)
そこへ遅れて入ってくるのは、第一声を兼ねて現れる伊勢喜の女中(鈴木亜希子さん)です。
これまた緊張しちゃいますね。 うきき(*^_^*)

さて当時『無盡(むじん)』という、くじ引きのような
組合の有志で一口いくらと金額を決めてお金を出し合って、
くじで当たった人が、そのお金で融資を受けたという仕組みの事だそうです。
前身が『無盡(むじん)』から始まったという、一部の銀行とか
当時の私たちの生活に密着していたのでしょう。
『無盡(むじん)』といえど、色々あって、お芝居を観に行ったり旅行に行ったりと
娯楽としての役割もかねていたそうです。
そんな久しぶりに集う場で、互いの近況やよもや話の中で出てきた一つの出来事が波紋を広げます。

ぴったり頭を撫でつけておしゃれな克明さん。
おしゃべりやまず・・という感じですが、なんと初くぼまんって伺ってびっくりです。
朗らかでにくめない・・むじゃきな大人な(笑)榎本さんが居るだけで
場が盛り上がるそんな好人物でした。
その榎本さんの表情に釘づけになってしまいつつも、
吉野さん演じられる新井さんの表情がどんどん厳しくなっていく姿。
もの静かな佇まいをみせる新井さんの苦悩の表情は、
恐怖というより哀しみの色が浮かんでみえました。
そして『無盡(むじん)』で集まった来客が去った後現れたのが、喜之助さんでした。
すべてを知っているのは、この家の主の慶蔵さん。
喜之助さんが色気があるなぁ~と思ったら、役者さんという役どころだったのでした。
憂いを含んだしぐさやまなざしの美しさと云ったら、
着物姿の肩の線がめっちゃ綺麗♪細貝さんの繊細な魅力が溢れていました。
今更、どうにもならない秘めた思い・・
慶蔵さんの「ふっきればいい」という言葉に
この一作目の『わかれ道』に通じる感じがして、
なんともじんわり胸に響くお話でした。

終演後は、恒例の飲み会(笑)
演出の黒木さんが登場されて、小道具やお衣裳の事や作品について
色々お話をして頂きまして貴重な時間を過ごさせて頂きました。。
くぼまんを観ちゃうと、色んな事を聞きたくなってしまうのです。
南さんには「おもち熱くないのですか?」とか(笑)
やっぱ熱いらしいですf(^_^;)
南さんからは、熱さよりも食べることの嬉しさが伝わってきました
それは子供時代の生活の厳しさからきたのかしら?!とかね。
ぷりぷり怒った文次さんのノビ君は、怒って引っ込んだ後は
着替えておしるこ作りに励んでいるとか(笑)
それも慶蔵さんの食べっぷりを毎回チェックしてたそうです。
そんなこんなで、ざっくばらんに出演者の方々やその場に居合わした
文学座大好きなお仲間との交流は時間を忘れるほど楽しいものなんです。
気になる方は、ぜひ次回のくぼまんで交流しましょうね♪
ん?と後ろを振り返ると、お酒を片手に克明さんと観に来られていた
加納朋之
さんが、お話し中★なにやら企んでいるようですョ♪うふふ

数年前に久保田万太郎全集を古本で購入した私。
戯曲はまだまだ沢山作られています。
演出の黒木さんは全作品を上演するとパンフに書かれていました。
わたしもずっとこれからも見逃さない様に全作品拝見し続けたいと思っています。
いいですよぉ~くぼまん♪

3/28(木)~3/31(日) in 文学座第1稽古場(新モリヤビル1F)
by berurinrin | 2013-04-03 23:04 | 観劇感想