文学座本公演『セールスマンの死』in あうるすぽっと(2/22)

作  アーサー・ミラー
訳  酒井洋子
演出 西川信廣


ウィリー・ローマン(たかお鷹さん)は、セールスマン一筋で生きてきた男性です。
でも彼には家族には言えない抱え込んだ秘密がありました。

c0023954_23553349.jpg

完済間近の家のローンやローンで購入した電化製品とその修理代、保険金の支払い・・と
何も知らない妻・リンダ(富沢亜古さん)から次から次へとお金の要求を受けるウィリー。
けれどリンダもウィリーに対して漠然とした不安を抱いています。
それは自殺未遂の痕跡を残すホースの発見・・。
そんな折、二人の息子ハッピー(林田一高さん)の兄で長男の息子ビフ(鍛冶直人さん)が
久しぶりに帰ってきました。

第二次世界大戦後のアメリカ。
時代は高度成長時代、いけいけどんどんで煽るような宣伝に踊らされて
自分の給与に見合わない大きな電化製品をローンで購入するのが
時代に煽られるような小市民として当たり前の大量生産、大量消費の時代の真っ只中・・
そこに大きな勝ち組と負け組が存在したとしたら
負け組代表の横綱が、悲しいかなローマン家の皆様・・。
何年にも渡るローンを払いながら修理代も払わなきゃいけない冷蔵庫。
家のローンを払いながら、周辺の環境の悪化に嘆く悲しさ・・
そして、高校時代アメフトの選手で将来を約束されていたはずのビフが
転落していく人生・・
嘘やごまかしで虚栄をはって生きていくことの大きなしっぺ返しに対抗する処置が
自らの命と引き換えにしなくてはいけないなんて・・
プライドというものが、個人商売のようなセールスマン稼業の
ウィリーにしてみたらどんなに大事なことだったのか・・
差し出される手をどうして繫げなかったのかと思うと
本当にたまらなく悲しくなってしまいました。

ストーリーは、ウィリーの語る言葉にインスピレーションされた
過去の出来事の断片が、フラッシュバックしてくる作風になっていて
その一コマ一コマで、過去と現在を行き来する俳優陣の
見た目の扮装だけでなくて、その細やかな空気まで変える質感に、かなり驚かされた事と
ウィリーの哀しい出来事の後のシーンが、死者の魂を悼む場面が新鮮な趣向で
その哀悼の言葉が、家のローンが完済したとか、なんか滑稽な感じもするのですが
なんか思い描く人生に対して、現実は中途半端に終わってしまったウィリーの死の代償で
成し遂げた感が伝わってきて、これまた切ない・・
石が頭に落ちてくるような、がーんとしたお芝居でした。

全体的にほの暗い舞台で、三方向に囲まれた壁は高くて圧迫されそうで・・
逃げ場のない無期質感が感じられて、その中で、四面楚歌で囲まれてしまい
薄い光を背に受けながら崩れていくウィリーを演じられる
たかお鷹さんのすごさに脱帽です。

贅沢を言わせてもらえるならば
アトリエの狭くて濃密な空間で、がっぷりと喰らいついて、演者の表情を間近に受けて
この作品を観たいと思ったのでした。

2/22(金)~3/5(火)
by berurinrin | 2013-02-24 00:07 | 文学座観劇感想

モジョミキボー』 in インディペンデントシアター1(2/16,17)

作  オーウェン・マカファーティー
演出 鵜山仁
出演 浅野雅博/石橋徹郎

1970年初頭の北アイルランド・ベルファスト。
橋を渡ってやってきた少年モジョ(浅野雅博さん)は、公園で一人、棒で穴を掘ってる少年ミキボー
(石橋徹郎さん)と出会います。

気になったら→リンクしてるモジョミキボーのブログ
2/23(土)福島テルサFTホールにてアフタートークが追加されました!!
&こちら→モジョミキボーPVすごいです!!!

子供同士仲良くなるのに理由はいりません。
ギャングの誓いを立てた二人は、その時から無二の親友になります。
ある日、二人は映画館で『明日に向って撃て』のブッチとサンダンスに憧れます。
二人は、映画の中のブッチとサンダンスのようにオーストラリアへ思いを重ねます。

ぐったい♪ぐっだい♪
イカした奴らの初の大阪上陸です!ぐだーい(*^_^*)
なんか当初、一週間くらいやりたい!と思ったそうですが
いやいや、大阪の観客の目は厳しいぞお~ということで、
3日間で4ステージの公演となったわけです。が・・ふたを開けてみたら
初日はなんと立ち見が出た程の大盛況ぶり、残りの公演もほぼ満席状態だったという
見事に成功を納めた彼らだったのでした。

てなわけで(笑)初めて見た通天閣・・
c0023954_0505667.jpg


そんな通天閣のお膝元にあったインディペンデントシアター1st!
もうね2stに行っちゃいましたよf(^_^;)あせったあせった
時間に余裕を持ったつもりが、全然地の利がわかんないから
もういいやと新大阪の近くにホテル取っちゃって、駅からホテルに辿り着けなくてf(^_^;)
あまりのあほさ加減に笑っちった・・
で、刻々と時間は過ぎてと、電車を乗り換え乗り換えで開演前に到着できたのは奇跡・・★よかったぁ~
受付には、なんとスーパーヒトシ君!ちょっと髪が乱れてるぞぉ~
ちとお疲れかしらん
ヒトシ君、一応『モジョミキボー』バージョンって事で、
北アイルランドの国旗のペンダントをしているんですが
おわかり頂けましたか?!
国旗の携帯ストラップを加工して作ってみたのですが、この携帯ストラップを購入することで
世界の子供たちの支援につながるらしいのです。
どこかの国のモジョとミキボーにと思いを馳せながら
ぶきっちょの出来ではありますが、ヒトシ君に付けてもらいました。

c0023954_0522821.jpg

                                
さてこのインディペンデントシアターは、下北沢OFF・OFFシアターよりも
奥行きがあって幅がちと狭い・・そして同じ80席ほどのキャパというほぼ同じクラスのスペース。
そして、OFF・OFFでは吊っていたブランコが、ここの機構では難しいとの事で
特注で作ったというその姿!じゃーん、でーんと・・これまた見せないところが素敵★
一見、ブランコというよりは、鉄棒?!
話変わって、舞台の上手側に洗面所がありまして、
「おトイレ何処かしら?」と迷った時は
ふと舞台の上にある洗面所の案内板?!
実は、ブランコの椅子の裏側に「W.C」と案内書きが掛かれていたのでした
(ここんところの遊び心サイコ―♪)
ブランコの紐が見えないから、初めての人は、素直に案内板だと思ったのでは(*^_^*)
そんな・・なんか、不思議と鉄棒に見える、この仕掛けがあるだけで、
そこが公園に思えてきて
砂掛けや丘転がりをする子供たちの姿がこそこかしこに
浮かぶようなワクワク感が溢れてきそう・・うふふっ

そして、大阪でもぎこちない「はいはい」言ってる浅野さんとカミカミの石橋さんの
微笑ましい前口上(笑)の後に現れるモジョとミキボー・・・。
会場が奥行きがあるので、遠近が取れて彼らの動きが見易い感じがしました。

そだっ コーラグミをくちゃくちゃして、窓にもたれ掛けていたシーンは
上手にあるスライド式の扉を、がらがらがら~とワイルドに開けて
外から照明が当たって、これまた雰囲気が違うけど楽しいぞぉ~

さて、再演の感想に書いたのですが、やっぱりモジョくんとミキボーくんを取り巻く大人たちに
どうも気持ちが入ってしまって
それぞれの両親を軸として彼らを観てしまうと、本当にやるせなくなってしまうのです。
今もイスラエルやシリアの紛争地帯があって、
世界の何処かにモジョとミキボーが居るかもしれないとか・・ね。
彼らの冒険がふと現実に戻ると聞こえてくる
サイレンや銃声の中で、厳しい彼らの環境が否が応でも伝わってきて
常に緊張感を抱いての暮らしぶり・・
そんな中で、彼らを育てる両親の心情ってもう計りしれないもんですね。

初演の時は、モジョ父を単に靴をピカピカにして
家庭を顧みない遊び人だと思っていたのですが
今回は、もしかしたら活動家で、ミキボー父の爆破事件に関与してるのかもしれない・・とか
んでもって、花束を持ってモジョ母を迎えに来たモジョ父・・・そして爆発が起こったのは
復讐の連鎖?!
(原作では、ミキボー父は、狙撃されたそうです)
また終盤の大人になったモジョとミキボーの姿が
時に、大人になったモジョからみた幻の幼いミキボーに思えたり・・
(それは、もうこの世にいないミキボーに感じたり)
見るたびに様々なシチュエーションを魅せてくれるのです。

それは、演じる彼らやスタッフの皆様のこの作品を愛する気持ちと
その場、その一瞬一瞬の感じる温度、その会場の機構を生かした
最高のエンターティーメントを魅せる姿勢のなせる技ではないかと思うのです。
モチベーションの高い志を持ったその姿を、同じ空気の中一緒に感じる事の出来ることの幸せ
感動と敬意感謝の気持ちでいっぱいになりました。
毎回泣きそうになるけど、ぐっと飲み込んじゃった(笑)
だって、まだまだあるんだもの・・

今度は、福島で約500席の会場。
どんな工夫と仕掛けで攻めてくるかわかりませんが
殻を破り、挑戦する彼ら・・
最後まで見届けてしまいたくなるのです。

と、実は大阪滞在中、まだまだ楽しい出来事があったのでした♪
それはまた次回で(^_^)/~

2/15(金)~16(土) in インディペンデントシアター1st
by berurinrin | 2013-02-22 01:00 | 観劇感想

2月~の主な外部出演

★横田栄司『ピアフ』2/16,17キャナルシティ劇場(ピクニック092-715-0374)2/22~24森ノ宮ピロシティホール(キョードインフォメーション06-7732-8888)
★鵜山仁(演出)浅野雅博、石橋徹郎『モジョミキボー』1/30~2/11下北沢OFF・OFFシアター、2/15~17大阪インディペンデントシアター1st(コマンドエヌ080-1261-4432)、2/23福島テルサFTホール(福島演劇鑑賞協会内モジョミキボー上演実行委員会024-523-3836)3/1,2かでるホール(札幌えんかん011-241-7081)
★今井朋彦『100万回生きたねこ』2/16,17はつかいち文化ホールさくらぴあ大ホール(はつかいち文化ホール0829-20-0111)
★寺田路恵『アンナカレーニナ』2/5~17ルテアトル銀座(東宝芸能03-3504-2011)3/2,3シアタードラマシティ(キョドーインフォメーション06-7732-8888)3/16~17近鉄ホール(名鉄ホール052-561-7755)
★櫻井章喜『こうもり』2/20~24東京文化会館大ホール(東京二期会チケットセンター03-3234-9999)
★浅野雅博『トリオ』2/21下北沢OFF.OFFシアター(コマンドエヌ080-1261-4432)
★藤原新平(演出)、神野崇、藤崎あかね『また逢おうと竜馬は言った』2/20~22大田文化の森ホール(蒲田演劇工場03-3732-1167)
★瀬戸口郁(作)、西川信廣(演出)『真砂女』2/18~27新国立劇場小劇場(劇団朋友03-6661-1101)
★高橋正徳(演出)、松山愛佳『種をまく人』2/21~26八尾市文化会館プリズムホール(プリズムホールチケットカウンター072-924-9999)
★松本祐子『からまる法則』2/27~3/3俳優座劇場(劇団銅鑼03-3937-1101)
★浅地直樹『ミーアンドマイガール』2/28~3/8オーバードホール(富山市民文化事業団075-445-5610)
★山谷典子(作)森さゆ里(演出)『ポラリス道しるべの星』3/1~3相鉄本多劇場(かながわ絆プロジェクト080-4138-4701)
★鵜山仁(演出)『八月のラブソング』3/8~24本多劇場(加藤健一事務所03-3557-0789)
★石井麗子『マウストラップ』3/6~17六本木ブルーシアター(ブルーシアター03-5414-3255)
★石田圭祐『長い墓標の列』3/7~24新国立劇場小劇場(新国立劇場ボックスオフィス03-5532-9999)
★山谷典子(作)、藤堂陽子、山谷典子、田中宏樹『あとにさきだつうたかたの』3/7~12(華のん企画03-5917-4848)
★荘田由紀『さくら色オカンの嫁入り』3/15~20三越劇場(三越劇場0120-03-9354)
★栗田桃子『パパのデモクラシー』4/4~14座・高円寺(劇団ヴォードヴィルショー03-3227-8371)
★新橋耐子『カルデロン』4/17~22座・高円寺1(ティーファクトリー.03-3344-3005)
★松本祐子(演出)、坂部文昭『隣人予報』4/4~7ザムザ阿佐谷(企画集団マッチポイント
★鵜山仁(演出)、金内喜久夫『根っこ』4/4~28赤坂REDシアター(地人会新社03-3354-8361)
★今井朋彦『おのれナポレオン』4/9~5/12東京芸術劇場プレイハウス(東京芸術劇場ボックスオフィス03-5391-3010)
★渋谷はるか『効率学のススメ』4/9~28新国立劇場小劇場(新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999)
★廣田高志『屋根の上のヴァイオリン弾き』4/10~14シアターBRAVA!(イオン化粧品シアターBRAVA!06-6946-2260)
★横田栄司『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』5/5~26シアターコクーン(Bunkamura03-3477-3244)
★鵜山仁(演出)、小林勝也『うかうか三十、ちょろちょろ四十』5/8~6/2紀伊國屋サザンシアター(こまつ座03-3862-5941)
★浅野雅博『帰郷/ホームカミング』6/15~30シアター風姿花伝(RunsFirst03-3234-5880)
★鵜山仁(演出)、原康義、塩田朋子『二都物語』7/18~8/26帝国劇場(帝国劇場03-3213-7221)
★鵜山仁(演出)浅野雅博『聖女ジャンヌダルク』9月世田谷パブリックシアター(世田谷パブリックシアター03-5432-1515)

*お問い合わせは( )までお願いします

さて、本日東京千秋楽!!『モジョミキボー』
詳しくは→リンクしてるモジョミキボーのブログ
by berurinrin | 2013-02-11 12:31 | 外部出演

遊戯空間・シアターX提携公演
『詩x劇 未来からのことばーもし成就するならばー』
テキスト 和合亮一「廃炉詩編」より  in シアターX(2/8)

構成・演出 篠本賢一

詩人(三田直門さん)は、想いを言葉にして吐き出します。
その言葉を重ねるように、時に反問するようにもう一人の内なる詩人(藤田三三三さん)が語ります。
詩人は、被災地・福島を歩きます。
福島で出会った人々の言葉を聞きながら、叫びのような救いのような悲鳴のような
内なる魂を詩に乗せて語ります。

和合亮一さんという方をご存じですか?
高校の国語の教師であり、詩人であり、被災者でもあり
その思いを詩に乗せてtwitterで発表し続けておられる方だそうです。
そして詩人として、同じ被災者でもある福島の人々を訪ねインタビュアとして
証言集『ふるさとをあきらめない』を発表されています。

全く予備知識なく単に呑み友達f(^_^;)三田さんが出演する舞台だからと、
ほいほい来てみたら
ヤバかった・・。
三田さん演じられる詩人は、和合さんそのもののイメージで、
目の前の悲劇を心に刻み、吐き出すかのように詩を語り
時に口に出る言葉よりも先に手が動く、その感情の複雑な心境を
あきらめにも似た暗く冷めた静かな目線や、怒り激しく演じられました。
その心境の変化を11人のコロス達が、
詩人を励まし、煽り翻弄するかのように絡みつきます。

当初、冒頭に詩人の表情に笑顔が見えた気がして、どういう意味だろう?と思っていたら
どうやら原発をイメージしたこれら詩の内容のいくつかは、
震災前に発表されたものだそうで、
和合さんが、予言者の様だともチラシにも書いてありました
もしかしたら、この作品の冒頭では、
予言が、現実に移り変わる時間の経過を表現しているのかもしれないと思いました。

また詩と詩の間には、詩人が被災に遭われた福島の方にインタビューする場面が挟まれていて
酪農家、被災者を受け入れた旅館の女将さん、農家の方の話によって
新たな現実の苦しみを詩人と共に観客も共有して、
時に詩人の言葉さえも不思議と共有するような気分になりました。
そおいえば、民主党政権時に石破氏が、
福島の酪農家たちの想いを国会で訴えていました。
「もう一頭も牛を殺してはいけないと」どうなんでしょう?!石破さんって!
酪農家の悲惨な語りに涙。涙です。
そして、知らなかったもう一つの現実。
請戸地区の悲劇・・・
震災によって津波に襲われ、怪我をして動けなくなった方がたくさんいらしたそうです。
夜には「助けてくれ」と声も聞こえてきて、翌日、消防団とか救助に向かう予定が組まれていたのに
原発事故の影響で避難指示が出され、救助に向かえなくなってしまったと・・
救う人、救われるべきだった人の無念は想像を絶してしまいます。
こんな事、報道されましたか?!
まだまだ知らない真実があるんですね
苦く厳しい作品です。
現実の出来事なんですよね。そして今もなお・・

真実の体験された現場の声が、何よりも詩人の体を通し表現されるものを待つより先に
観客にダイレクトに伝わると感情の起伏が舞台の構成と若干誤差が生じて
詩人の体現をなすコロスの存在が、時間差と温度差で
違和感を感じてしまうシーンが何度もあって
逆に気持ちが冷めてしまったり・・
けれど、映像の使い方がとても工夫されていて、悲惨な情景はもう誰もが知ってる・・
その映像を交差するように映し出しているので、すこしぼかしたように見せる感じが
客席に私たち一人一人の印象に残っていた映像を
蘇られるような感覚を呼び起こしてくれました。

そしてラストの数分間
詩人が、怒りをぶつけるかのように梵字をひたすら書き殴り、
コロスが語る「詩」と「般若心経」の声と音のぶつかりが高まっていくクライマックスは圧巻で
結局、政府も国も何の役にも立たない
かれら被災者の心を解放してくれるものは、目に見えない存在なのかと
空しさと悲しさで圧倒されました。

この日は初日。
客席には、外国のお客様のお姿も・・丁度、目の前の席に和合さん!?
とても若くて、あんな何かに憑りつかれたかの詩を詠まれる方とは
想像つかない端正な雰囲気を持った方でした。
終演後は、ロビーで和合さんのサイン会が行われ、
証言集『ふるさとをあきらめない』を購入させて頂き、
力強い思いが詰まった貴重なサインを頂きました。

c0023954_11122547.jpg


ここは両国。
帰りに丁度ご覧になっていた三田さんの同期で
劇団昴の永井さんに偶然再会しまして、劇団銅鑼の制作のHさんと
土俵がある居酒屋さんへGO~♪
この永井さん、毎回「もう30分で帰るから」って言って飲まれるのですが・・
毎回、結局この言葉に騙され、「きゃぁ~終電?!」とバタバタじたばた(笑)
すごく広いお店で、ご出演者の方や和合さんも飲まれていたそうで
プロデューサの方や入れ替わりいらして下さって、
面白いお話をつまみに美味しいお酒を頂きました。

c0023954_11131798.jpg


2/8(金)~10日(日) in シアターX
by berurinrin | 2013-02-10 23:09 | 観劇感想

『モジョミキボー』

モジョミキボー』 in 下北沢OFF・OFFシアター(2/1)

作  オーウェン・マカファーティー
演出 鵜山仁
出演 浅野雅博/石橋徹郎

1970年初頭の北アイルランド・ベルファスト。
橋を渡ってやってきた少年モジョ(浅野雅博さん)は、公園で一人、棒で穴を掘ってる少年ミキボー
(石橋徹郎さん)と出会います。

で、気になったら→リンクしてるモジョミキボーのブログ
2/6(水)アフタートークが追加されました!!
&こちら→モジョミキボーPVすごいです!!!

子供同士仲良くなるのに理由はいりません。
ギャングの誓いを立てた二人は、その時から無二の親友になります。
ある日、二人は映画館で『明日に向って撃て』のブッチとサンダンスに憧れます。
二人は、映画の中のブッチとサンダンスのようにオーストラリアへ思いを重ねます。

ぐったい♪ぐっだい♪
三年の熟成期間を経て再び私たちの前に現れました
お帰り~!!愛すべきモジョミキボー!!
ずっとずっと楽しみに待っていたのにインフルエンザに掛かっちゃった(><)
んがー!!(泣)ってなわけで・・
初日から三日目が、私のマイ初日となったわけです。

一緒に観劇させて頂いた♪かのちゃんと劇場受付に行ったら
うぁびっくり!ちっちゃい鵜山さん(笑)・・
もといスーパーヒトシ君が、ちょこんと座ってるぅ
今回は『くにこ』ツアーには同行しないで
『モジョミキボー』に付いていたんだねぇ~そっかそっか(*^_^*)
鵜山さん同様にヒトシ君も忙しそうです♪頑張れヒトシ君!
受付の方にも可愛がって頂けているようで安心しました★

相変わらず気まずそうな浅野さんと石橋さんの前説(笑)の後
雑踏の中、ふっと目の前に現れた大人のモジョ(浅野雅博さん)とミキボー(石橋徹郎さん)
そして瞬時に幼いモジョとミキボーに替わる二人。
舞台は紛争真っ只中のベルファスト。
プロテスタント系の家庭で育つモジョとカトリック系の家庭で育つミキボー。
それぞれ対立してる宗派は固まって住み、殆ど交流することなく暮す日常生活の中
ひょんなことで出会った二人の子供たち。
彼ら子供達の間では、宗教や政治は関係ありません・・
でも、彼らの遊びのベースは大人達の世界が元になっています。
子供は常に親の姿を追っています。
モジョの家庭は、遊び浮かれた父親と、精神的に不安定な母親。
ミキボーの家庭は、家に入れるお金を持ち出して酒浸りの父親・・・
子供社会の関係を考えると、大ない小なりそんな感じの家庭環境がみてとれます。
親が子供に与える影響を慮ると、最悪の環境下での子育て
何が正しいのかさえあやふやになってしまいそうな不安定感
それでも精一杯の愛情を受けているモジョとミキボー。
初演の時は、モジョとミキボー達子供目線での
展開を観ていた感が強かったのですが
今回は、そんな両親達の肩越しで、子供たちの冒険談を見守るような感じがしました。
ラストは、唐突に切り裂かれる二人の友情。
大人の勝手に無理やり組み入れさせられる子供の悲劇・・本当にたまらない

と、悲壮感漂う展開だと思われがちですが
とんでもないf(^_^;)
子供たちは元気です♪そして子供の思い描く世界には限りがない
彼らに便乗して大人の私たちも、ちょっとばっかりワルノリしちゃっても
罰が当たらない気分になってしまうのでした(^v^)

そして今回、初演版と大きく違うのは実写版『バットマン』『明日に向かって撃て』
椅子からズルッと滑り落ちそうになりましたぁ~
以前に二人で17役ではなくて、19役プラス1と書いたのが
この実写版を加えてだったのですが、プラス1ってわかりました?!
保安官役の鵜山さんのご出演シーン(それもアップ(笑)で)素敵でしたねぇ~
浅野さんが、「(鵜山さんご出演の)このシーンは、絶対編集しない様に」と、
お願いしたプロの編集の方に言って下さったそうで、もう浅野さん感謝のぐっじょぶです(*^_^*)
そのお衣裳は、浅野さんのパジャマらしいのですがYeah~!(*^^)v
他にも川に飛び込むシーンや自転車の二人乗りのラブラブシーン
リアルに素敵でしたぁ~あんなに忠実に再現されていたとは・・本当にびっくりしました。
撮影は鬼怒川だったそうで、川のシーンでは雨がふっちゃったり
鵜山さんが、ヒルに足の血を吸われて大変だったとか・・
聞かせて頂いていたエピソードを思い出したりしながら見ちゃうとおかしくて、
で、映画(実写?!)に夢中な夢見がちなモジョとミキボーの
恍惚とした姿をみちゃうとまたおかしくて(笑)x2

これねぇ、絶対一度じゃ観足りないかもしれませんよぉ~ぐったいぐったい

終演後、まるでお風呂上がりのような浅野さんと石橋さんの姿・・
まだ初日空いたばかりなのに、すでにお顔がシャープになっています。
ハードなのに気持ちよさそうなやった感満載の二つの笑顔
この笑顔見たさにまた劇場に通う羽目になってしまうのでした・・・
(もう一つの笑顔にも最高に会いたい♪くぅ~(笑))

1/30(木)~2/11(祝・月)まで in下北沢OFF・OFFシアター
by berurinrin | 2013-02-02 18:08 | 観劇感想