『島次郎 舞台美術1986-2010』展 in 座・高円寺B2 Galleryアソビバ(9/3~29)

9月のとある日曜日
島さんの舞台美術展を拝見しに座・高円寺に行ってきました。
c0023954_02382.jpg

c0023954_02502.jpg


このポスターは新国立劇場で上演された『ヘンリー六世・三部作』の舞台美術。
演出は、当時の演劇部門芸術監督をされていた鵜山仁さんが演出されました。
第一部、第二部、第三部と連続してみると約9時間にも及んで、12時間程劇場で過ごしたという
演じる方も観る方も、もちろんスタッフの皆様も体力勝負の大きな大きな作品でした。
終演後のあの何とも言えない場内の雰囲気・・ほんと楽しかった
一生忘れられない体験です。
またいつか・・どんな形であれ再会できる機会があるといいですね。
そんな望みを託して今もなお新国立劇場のアトレ会員です♪それもなぜかゴールドですけどぉ~
そーいえば、まだちゃんと『ヘンリー六世三部作』の特設サイトはありますよ
演劇「ヘンリー六世」|新国立劇場

で、で、座・高円寺の地下2階の展示コーナーには
『ヘンリー六世・三部作』の模型のセットをはじめ、
鵜山さん演出の『ニュンベルク裁判』や『焼肉ドラゴン』など6点ほど展示され
壁面には舞台美術の写真がどーんと展示されていました。
午前中の早い時間帯だったので、貸切状態★
行きつ戻りつあっちからもこっちからも小さなセットを覗きこんで、
あーだったこーだったと思い出して
ちょっと感極まって涙ぐんでしまいました。
演出家のイメージをキャッチして、創造の作品世界を形にして下さる島さんの装置の素晴らしさ
改めて感動、感動の一時でした。

さて明日は、今年7月静岡で初日を迎えたツアーのとうとう千秋楽。
こまつ座公演『父と暮せば』を拝見してきます~うふっ
そうそうTVで放送されるんですよ!

10月1日(土) 午後11時30分~午前4時10分
NHK BSプレミアム
プレミアムシアター
井上ひさし 作 
蜷川幸雄 演出『たいこどんどん』&
鵜山仁  演出『父と暮せば』
どーんと2作連続放送、永久保存版ですね!
by berurinrin | 2011-09-30 23:48 | イベント

文学座付属研究所研修科発表会『ブルーストッキングの女たち』のお知らせ

作   宮本研

演出  藤原新平   

日時 10/ 8(土)13:30
       9(日)13:30/18:30
      10(月)13:30
         注)曜日がいつもと違いますご注意下さいねっ

於 文学座アトリエ  

全席無料・予約制 文学座  TEL.03-3351-7265

予約受付期間 10/3(月)~

於 文学座アトリエ  

全席無料・予約制 文学座  TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝除く)

ブルーストッキング=青踏・・・むふふっ何か感じませんでしたか?
そう『美しきものの伝説』に登場してきた伊藤野枝さんや平塚らいちょうさんらが
結成した青踏社が出版した機関紙“青踏”。
『美しきものの伝説』と同じ時代を背景に、またちょっと違う女性目線から
みた大正ロマンのお話です。
あの白い衣装の大杉栄さんと野枝さんの美しいラストの果ての世界がどうなったのか?
この作品で解決できると思います。
そして彼らと同年代の研修科生が演じる事の意味も感じられるかもしれません。
いやぁ~楽しみですねっ!!
by berurinrin | 2011-09-28 22:40 | 文学座公演情報

9月からの主な外部出演

★永川友里『幽霊ー人命救助隊』9/28~10/2スタジオ凪(劇団朋友080-6607-0552)
★櫻井章喜、松岡依都美『わらいのまち』10/13~10/16名鉄ホール(中京テレビ事業部052-957-3333)10/19~10/23イオン化粧品シアターBRAVA!(キョードーインフォメーション06-7732-8888)10/26アステールプラザ大ホール(テレビ新広島事業部)082-253-1010)11/2、3キャナルシティ劇場(ピクニック092-715-0374)
★松本祐子(演出)『ダブルアルバム』9/28~10/3赤坂RED/THEATER(プリエール03-5942-9025)
★角野卓造『アパッチ砦の攻防』9/23~28紀伊國屋ホール(劇団ヴォードヴィルショー03-3227-8371)
★渡辺徹『ゲゲゲの女房』9/23境港市民会館(日本海テレビ放送0857-27-2111)9/29~10/7シアタークリエ(シアタークリエ03-3591-2400)10/9印西市文化ホール(印西市文化ホール0476-42-8811)10/10遠野市民センター(遠野市民センター0198-62-4411)北國新聞赤羽ホール(北國新聞赤羽ホール076-260-8000)10/15新潟テレサ(NSTイベントインフォメーション025-249-8878)10/16福生市民文化大ホール(福生市民会館042-552-1711)
★坂口芳貞、塾一久、廣田高志、横田栄司『アンソニーとクレオパトラ』10/1~15さいたま芸術劇場(さいたま芸術劇場057-064-939)10/21~23キャナルシティ福岡(キョドー西日本092-714-0159)10/28~31シアターBRAVA!(梅田芸術劇場06-6377-3888)
★西川信廣(演出)、坂部文昭、山本郁子『エレジー~父の夢は舞う~』10/1~9可児文化創造センター(可児文化創造センター0574-60-3050)10/13~19吉祥寺シアター(中村ステージプロダクション03-5355-1332)
★今井朋彦『破産した男』10/6~10あうるすぽっと(東京タンバリン090-6475-9699)
★牧野紗也子『夏の夜の夢』10/7~9俳優座劇場(シェイクスピア・シアター03-5318-5755)
★奥山美代子『甘い恋のジャム』10/14~23シアターモリエール(未来劇場03-3360-1717)
★清水馨『王将 坂田三吉の生涯』10/29Zホール、10/30ベイシア文化ホール、11/1~9三越劇場(劇団若獅子03-3356-9875)
★栗田桃子『Heavy Gauge(仮題)』10/16~23赤坂RED/THEATER(ジェイ・クリップ03-3352-1616)
★鵜山仁(演出)、松角洋平『イロアセル』10/18~11/5新国立劇場小劇場(新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999)
★佐藤麻衣子『おしるし』11/1~9赤坂REDシアター(プリエール03-5942-9025)
★関輝雄、植田真介、山森大輔、南拓哉『1924海戦』11/3~6神奈川芸術劇場(チケットかながわ045-662-8866)
★原康義、今井朋彦『炎の人』11/4~13銀河劇場(ホリプロ03-3490-4949)
★戸井田稔、中村彰男、今井工、上川路啓志『アマデウス』11/5~25ル・テアトル銀座(チケットホン松竹0570-000-489)
★小林勝也『天守物語』11/5~20新国立劇場中劇場(ボックスオフィス03-5352-9999)
★西川信廣(演出)、三木敏彦、外山誠二、大滝寛、高橋克明、高塚慎太郎『十二人の怒れる男たち』11/16~20俳優座劇場(俳優座劇場03-3470-2880)
★高瀬哲朗、吉野正弘、椎原克知『大逆の影』11/18~27スタジオAR(スタジオAR/アリストパレスカンパニー03-3414-7030)
★佐古真弓『愛想笑いしかできない』11/30~12/6下北沢OFFOFFシアター(andMe
★上村聡史(演出)、鍛冶直人『ポルノグラフティ』12/8~13恵比寿エコー劇場(社団法人日本劇団協議会03-5909-4600)
★鵜山仁(演出)、金内喜久夫、塾一久、川辺邦弘、山本道子『欲望という名の電車』12/9キラリ☆ふじみ12/15~25世田谷パブリックシアター(劇団青年座03-3467-0439)
★秋乃桜子(山像かおり・作)『暗いところで待ち合わせ』2012・1/9~15シアターグリーン(劇団昴03-6907-9220)

*お問い合わせは( )までお願いします
by berurinrin | 2011-09-27 22:38 | 外部出演

さてもう秋の気配が漂う9月・・
だからもういかなぁ~恒例の文学座からの暑中見舞いです!じゃぁ~ん
今回は、舞台美術の乘峯雅寛さんのスケッチで描かれた
山羊・・・それって・・・もしかして・・・シルビア?』の舞台美術!
素敵ですねぇ~
支えてくれるのは、末っ子長男茶りん君です♪
んぎゃー!!茶りん君!か、噛まないでぇ~!!
今回は、今井朋彦さんから頂きました♪
すごい達筆!ありがとうございます

c0023954_12573453.jpg


ポストカードがもう一枚
以前、庭に現れた子猫の“ちっこいの”を保護して、ウチのにゃんず達の主治医である
動物病院西谷の病院長さんに預けたお話をしました。
この先生・・見た目はお髭を生やし、なかなか強面なお顔をされていますが
動物に対しては、めちゃめちゃ優しい眼差しで対応して下さいます。
野良の子猫だった末っ子長男茶りん君を、初めてこの病院に連れてきた時
「おおおっ、怖いかぁ~よかったなぁ」と、言いながら茶りん君に頬づりした時の先生の表情と
恐怖におののいた茶りん君の表情が忘れられません(苦笑)
飼い主には先生の優しさが、しっかり伝わったんですけどねっ
ベルを飼い始めてからのお付き合いなので、かれこれ十年以上のお付き合い。
“ちっこいの”を連れて言ったとき
里親探しは自分でするつもりで、“ちっこいの”の診察をして頂き
先生から「里親探しの」アドバイスをもらうつもりだったはずが
「里親に出すつもりなら、すべてこちらで面倒をみます」と言って頂き
とまどいつつも“ちっこいの”を先生に託して帰りました。
折りしもその日は7/18海の日でした。
翌日は雨が降っていました。
帰宅して、残ってしまった“ちっこいの”に与えていた子猫用のフードやお皿。
そして“ちっこいの”がいるバス通り沿いにある病院の前を通るたび、
“ちっこいの”の事が、気にかかって何度「やっぱうちの子にします」と
引き取りに行こうと思ったことか・・・

あれから一月半後の8月も終わりのある日。
猫の写真が印刷された一枚のポストカードが届きました。
差出人は、西谷動物病院のスタッフ一同様より
“ちっこいの”に無事里親が決まり、新しい家族ができた事の報告でした。
病院では、海の日に預けられたから“ちっこいの”→“うみちゃん”と呼ばれ、
人に慣れる訓練をして頂いたそうです。
抱っこされると喉を鳴らして甘えるまでに、人に心を開いた子猫。
ポストカードの猫の写真・・・“ちっこいの”いえいえ“うみちゃん”
ほんと美人ちゃんでしょう
c0023954_12581621.jpg


わたしの留守に電話もあったそうです。
母が対応してくれました。その里親さまは、一度病院で“ちっこいの”をご覧になって
いったんは帰られ、その翌週に引き取りたいと申し出てこられたそうです。
安心と感動で胸がいっぱいになってしまいました。

本来、野良猫はこの世にはいない存在です。人に愛され、人に寄り添って、その庇護のもとに生きる動物です。

そう考える度に、想いを馳せるのは今まさに消えようとしている命たち・・・
残された福島の動物達の事です。
やっとこさ行政の方が動き出して、保護活動を始めたそうですが、向かった人数はなんと6人・・・。
あきれてものがいえません
もう半年以上も苦しんでいる彼ら。きれいごとはいらないから助けて欲しい。

もし、自分が同じ立場に立たされて、いつ戻れるかわからない中、
猫たちを置いて避難させらる状況に置かれたら・・・
そんなことをいつも考えています。
原発がある限り、日本中の人々が、明日の福島になりかねませんから
その時は、自分で愛する元気な我が猫たちを殺します。
残酷だとか、ひとでなし・・そう言われるかもしれませんが
寒さも暑さも飢えも濁った水も知らない我が家の猫たち・・
愛情たっぷりに、外の世界を知らずに生きていた猫たちが
明日から自立して生きていくことが出来るとは、とても思えない。
福島での家猫の悲劇的な最後を知るにつけ・・・

そして私は、その残酷なシーンを脳裏に焼き付けて生きて行くことを選択します。

原発さえなかったら・・・




すいません・・しばらくブログを休みます。
ごめんなさい
by berurinrin | 2011-09-10 13:07 | 日常

c0023954_8104429.jpg

今回は四日市演劇鑑賞会さまにお世話になりまして
『天切り松〜人情闇がたり』ツアー初日を拝見させて頂きました。
初演から7年経ったそうです。でも、とっても新鮮★
わたしにとっては五回目の『天切り松』好きな作品なんですょo(^-^)o

終演後にはロビー交流会もありまして、演出の鵜山仁さんもご参加されました
いやぁ〜かっこよかった!うん!
って事で、感想はまた新ためて
by berurinrin | 2011-09-07 08:10 | 日常

実は…

c0023954_13255269.jpg

遠征中なのです〜
by berurinrin | 2011-09-06 13:25 | 日常