加藤健一事務所vol.77『コラボレーション』in 紀伊國屋ホール(2/19,26)

作  ロナウド・ハーウッド
訳  小田島恒志・小田島則子
演出 鵜山仁

1931年、ドイツを代表する大作曲家リヒャルト・シュトラウス(加藤健一さん)は、
長年一緒にオペラを作り続けた台本作家ホーフマンスタール氏を亡くしてから気力を無くし
死を感じるほどの絶望の日々を過ごしています。
そんな夫の背中を押すように妻のパウリーネ(塩田朋子さん)の力を借りて、
すでに作家として成功しているシュテファン・ツヴァイク(福井貴一さん)と会うことになります。
シュトラウスは、すっかりツヴァイクの才能に魅せられ
二人はオペラ『無口な女』を完成させます。
折しもナチの脅威は、二人の大芸術家の人生を翻弄していきます。
なぜならシュトラウスはドイツ人、ツヴァイクはユダヤ人だったのでした・・・

全編ほぼシュトラウスの音楽が降りそそぐ美しい舞台です。
ツヴァイクと出会う前、偉大な音楽家シュトラウスは、
相棒というべきオペラの台本作家を失い、絶望と虚無の間で、すっかり老いてしまった姿・・と、いうか、
シュトラウスが現代の人だったことさえ知らなかったんですよ(><)
いやぁ恥ずかしい・・・それにしてもナチスが台頭していたドイツでの作曲活動。
どんなに優遇されも作曲家や芸術家にとって、
創作活動にたいする制約ほど厳しい拷問のような事はないと
この作品を見て一層感じてしまいました。
たとえ自分が危険な立場に冒されても・・誰もが持ってるわけじゃない
それは神から与えられた選ばれし才能なのですから、止める事が出来ないのでしょう。
それなのに家族を守るため、そうせざるおえなくなり追い詰められていく
シュトラウスの苦悩。

そして同じように才能にあふれた作家ツヴァイク。
彼もまたこの時代を生き抜くには、彼のピュアな精神には厳しい環境でした。
ヨーロッパの国であれば、どこでも生きていられる・・そう、言っていたツヴァイクは
ロンドンに亡命したのち各地を転々として故郷はるか遠く、
たどり着いたブラジルで服毒自殺を遂げられます。

折しもシュトラウスの東京二期会オペラ『サロメ』を拝見して
丁度オスマン帝国支配下で、宗教と住む場所を追われたブルガリア人たちの
過酷な運命を描いた『別れの時』(アントン・ドンチェフ作)という本を読んでいまして、
劇中にツヴァイクが語る「さまよえるユダヤ人」という言葉が、容赦なく迫害されていく
ブルガリアの小さな谷に住む人々とリンクして、もうたまらなく切ない気持ち・・・。
舞台の上手のテーブルに最初から最後まで、柔らかく当たる照明の中で輝く白い花が
二人の偉大な芸術家の根本精神を描くかの如く清らかで印象的でした。

そして、ツヴァイクの後の妻となる秘書のロッテ(加藤忍さん)の存在が、
実は気になるところで、ナチの高官・ハンス(加藤義宗さん)が、
彼女の謙虚さが、まるで存在を消すような立ち振る舞いに
対して「スパイ容疑」をほのめかす発言をされますが
ツヴァイクと共に心中する際、ツヴァイクの声明文の中で彼女自身の存在を
すべて消すように依頼する姿が、もしかしたら??まさか??と
ちょっとサスペンスちっくな色合いがありましたね

さて、文学座からは塩田朋子さんがご出演。
くにこ』に続いてのおばあさん。
知らない方が、素顔の塩田さんの美しいお姿をご覧になったら、
その変装振りにびっくりされるとでしょうね(笑)
シュトラウスをしっかり支える気丈で毅然とした妻・パウリーネを演じられました。
美しい歌声にもうっとりです

『モスクワからの退却』『思い出のすきまに』『シャドーランズ』と、
カトケンさんと鵜山さんのコラボレーション
わたしにとってどれもこれもぐっとくる作品が続いています
そしてカトケンさんの次回作は、『旅立ちの詩集』(『モスクワからの退却』の再演)です♪
演出は、初演と同じ鵜山さんですよぉ~★きゃぁ!!楽しみです。

2/19(土)~27(日) in 紀伊國屋ホール
by berurinrin | 2011-02-27 21:33 | 観劇感想

文学座本公演・紀伊國屋書店提携『美しきものの伝説』in 紀伊國屋サザンシアター(2/14,19)

作  宮本研
演出 西川信廣

大正元年「女優になりたい」と、辻潤さんのちの幽然坊(神野崇さん)
の妻・伊藤野枝さん(荘田由紀さん)が、
社会主義運動家・四分六さんこと堺利彦さん(松角洋平さん)の売文社を訪ます。
売文社はクロポトキンこと大杉栄さん(城全能成さん)、荒畑暖村さん(石橋徹郎さん)
と共に、いつか行動を起す日を機会を狙って
『近代思想』という雑誌を発刊し始めました。
女優の夢は半ば諦めた野枝さんは、モナリザこと平塚らいてう(松岡依都美さん)を手伝いながら
雑誌『青踏』の編集を手伝い始めます。
その後、辻潤さんと別れ、大杉栄さんと結婚。
演劇界では、芸術座の島村抱月さん(得丸伸二さん)の作品『復活』が大当たり
主演女優・松井須磨子さんの人気は大変なものになりました。
けれど、大杉さんが活動を起こし、暖村さんは売文社から離れ
抱月さんは、スペイン風邪で命を落とし・・そして関東大震災が襲ってきます。

開演前のロビーでは、突然坊さんを演じられてる清水馨さんの三味線と軽やかな歌声が響き渡ります
ラメラメきらきらの清水さん♪に思わず「綺麗~!!」
そのまま舞台で当時の数曲披露されると、白いパラソルを広げ空を見上げる野枝さん・・・
楽しい歌と笑顔の野枝さんの笑顔のまぶしさに、満ち足りた気持ちにさせられるのは一瞬のこと。
天井から吊り下げられた先が輪になった揺れる一本のロープ。
そして彼ら美しきものたちの向かう、その先の人生を暗示させられます。

いまではすでに死語に近い美しくも難しい言葉と互いに譲り合わない自己主張、
自己意見の怒涛のバトル合戦
そこにいるのは、スルーして通りすぎる人は誰もいません。
何かしらの足跡をしっかり残し、そして見事に散りゆく人たち。
まさに連日TVで放送される中東・北アフリカで広がる反体制デモ民主化運動。
抑圧された人たちの声なき声が、響きあい共鳴し合い反発する姿がそこに見えてきます。
とてつもない大きなうねりに呑まれこみそうになります。
初演から43年、再演から40年経過しての再々演・・・若い彼らの熱情は
今の彼らの取り巻く世界を変えるほどの勢いに乗ることが出来たのでしょうか?!
そこんところは、彼ら自身の今後に期待が高鳴ります。
それにしても演劇と政治が一緒に語られる時代。
演劇がメディアの大きな力であった時代・・・
今の演劇の置かれてる立場を考えると、そんな時代が眩しくも羨ましくも思えたりもしちゃうのです。

2/13(日)~22(火)まで in 紀伊國屋サザンシアター
by berurinrin | 2011-02-26 23:44 | 文学座観劇感想

『化粧』の中には名台詞が、いっぱい詰まっている・・と、演出の鵜山仁さん
「本当にそう」と平淑恵さん。
ぱらぱらとテキストを見ながら鵜山さんが
「女性を前にしてちょっと・・」とおっしゃりながら
ここはちょっとふんどし締め直し・・(略)座長は女性だから・・誰だいい今言った
ここのところの座長と座員の関係について
元地人会の代表、ずーーと『化粧』の演出をされておられた木村光一さんを
訪ねられ時に、このシチュエーションは
「五月洋子さんと発言した座員との関係は、男女の関係があって
そういう音を出すように」とアドバイスを受けられたそうです。
お客さんの品性もあるし、そう受け止めてもらえるかどうか解らないし
平さんのご家族が客席におられたら、平さんを中心に見てしまう。
でも鵜山さんご自身は、
「長く稽古場に居て、平さんの台詞を聞いている(透明座員)役者の顔を見て、
その台詞を聞いている気がする」
淑恵さんの言葉をサッカーのボールに見た立てて
芝居の台詞は、サッカーのボールみたいで、ボールの動きだけ見ても
サッカーの面白さはわからない。
お客さんの心に(ゴールに)ゲットするために、11人ないしは22人が
動くのが面白いし楽しい。
とにかくボール(台詞)を巡って、11人ないしは22人が、どう機能しているか
22人の人生がどう繰り広げられるのか?
目に見えないものとの格闘を、10人からいらっしゃるスタッフの方々と
稽古場の日々を楽しまれておられるそうです。

「そうやって一行一行、音を変えていく作業をどうやって作っていくか?」と、鵜山さん
「ちょっと時間をかけてやってみましょう」とか
「ゆっくり言ってみましょう」とか「表情をかえてみましょう」
普段やらないしぐさ、普段やらない姿勢、腰の角度ちょっとかえたり・・
それらフルに動員して、この芝居の温度の可能性を、どう高めていくか
音を変えるポイントを探り出して変化を重ねていくそうです。

その中でも音を変えることに一番役に立つのは、
人との交流だそうで、
交流する事で、自分が啓発されて思ってもみない声が出る。
相手を発見することで、声が変わる。
相手に触発されて、とんでもない声が出たり
相手によって心良い場合があったり、相手の意外な発見によって
もたらせられる交流。
相手といかに呼吸、心を合わせて、それによって化学反応を起こして
思ってもみない会話の進展によって、自分と違う世界の発見があるそうです。
黒板に「チェンジ」と書いて説明して下さる鵜山さんです。

今回特にハードルが高いのは、高い発見をもたらす他者を自分で
作り出さないといけない・・と、おっしゃりつつ
でも現実の方がいる方が、メンドクサイ(笑)と
その言葉を受けて淑恵さんも「そうかも(笑)」
と、いうのは相手の方も同じように音を変える為の世界が広がっているいるから・・
普段の何気ない会話や感情の流れを具体的に考えてみると
日々、人と対話して生きていくことって凄いことなんだなぁ~って
しみじみ思ってしまいます。

で、鵜山さんが淑恵さんに質問されました。
「音を変えることで、普段気にかけていることは?」
すると淑恵さんは、新人の頃に大先輩の杉村春子さんから
「音を変えなくてはいけない」と、ご指導があったそうで
「ちょっと貴女しゃべってごらんさい」
と、口立てで「ほらこんなに違うでしょう」と、言って下さっても
当時の淑恵さんは、なかなか聞き取れずパニックになりそうで・・
そんな時、杉村さんが
「今言って解らなくても、何十年経ったらわかるから」と
その後、鵜山さんの演出のラシーヌ作『フェードル』の時に
「都は○み風のうねり(笑)で言ってみましょう」とか、「今度は誰々の・・」とか
すごく楽しい指導だったそうです。
芝居で音を変えなきゃいけないと、切実に感じたのは
杉村さんと鵜山さんのこれら指導によってだったそうです。
「深く息を吸って、お腹まで落として音を発する。
意識的に音を変える事が必要・・・」と淑恵さん。
普段の生活の中で、怒りモードや悲しみモードの時
思わず、口から出そうになる(相手を傷つけそうな、言ったら後悔しちゃいそうな)
言葉を発する前に、ちょっと深呼吸やワンクッション置く事で気持ちが、
変ることがありますね。特に子供をしかるときなんか、自分の感情を抑えるために
きっと、そうだ!気持ちが変ると声が変る。ねっ!

「杉村さんが、今はわからないでしょう」と技術的な事を言っていながら
実は、「人生的に解らない」ということを言ってると鵜山さん。
鵜山さんも若い俳優たちに指導するときに
「今はわからないかもしれないけれど、50年経てば、できるようになっていて
でも、その頃になると台詞が覚えられなくなってるよ(笑)」
台詞を覚えられなくなるころに、覚えることの抵抗感を味わうくらいにならないと
、音を変えることがわかるような気がする・・・
そうおっしゃる鵜山さん。
人生経験が多様な音を生んでいくんでしょうかねぇ

「せっかくだから、2列目の人にも台詞を言ってもらいましょ」と、鵜山さん。
うぎゃーまじすか?まじすか?まじ??
絶対当てないって言ったのにぃ・・ひゃぁ~
どきどき順番を待って、ぼそぼそっ・・・(冷や汗)
「いやぁ皆さん本当にお上手で素晴らしい!」と淑恵さん(完璧に私以外の)
「やっぱり2回のほうが、よく声が出てましたね」と、しらっとした顔の鵜山さん(笑)
「参加型で無理やり読んで頂きました」

この後、質疑応答のコーナーがありまして
参加型だけに質問も沢山~!皆さんすごく熱心で本当に素晴らしいっ
どんな質問も笑顔で答えて下さる鵜山さんと淑恵さん。
「どうしたら台詞が覚えられるんですか?」とか
「自分の解釈と演出家の解釈が違う時はどうするのか?」
「お客さんの反応は舞台に伝わってくるものなのか?」とか
などなど、質問だけでもたっぷり時間をかけて下さいました。

初めての鵜山さんのワークショップ・・
演出家と俳優の立場で、お芝居が立ち上がる過程
目の前のテキスト、台本に対して、それぞれの立場で、どうアプローチしていくか?!
とても興味深く聞かせて頂きました。
普段の言葉で相手がどう感じるか?音の違いで、感情の変化が相手に伝わる・・
これは明日から普段の生活でも気をつけなきゃいけないなぁ~
勉強になりました。

終了後、あれっ鵜山さんは?!と思ったら、すでにお稽古場に向かわれたと
相変わらずお忙しい鵜山さんでしたf(^_^;)
そんな、こまつ座『化粧』は、東京公演を終了し、現在は地方巡演中です。
わたし?!もちろんまだまだ拝見させていただきますよぉ~
by berurinrin | 2011-02-25 23:15 | イベント

文学座付属演劇研究所卒業発表会のお知らせ

昼間部『花火、舞い散る』

作   田村孝裕      

演出 坂口芳貞

日時  2/18(金)19:00   
     2/19(土)14:00/19:00    
     2/20(日)14:00                     

受付期間 受付中~2/17(木)まで


夜間部『春のめざめ』

作   フランク・ヴェデキント

訳   酒寄進一       

演出  高橋正徳

日時  2/25(金)19:00   
     2/26(土)14:00/19:00    
     2/27(日)14:00                     

受付期間 2月16日(水)~24日(木)

於(どちらも) 文学座アトリエ  

料金  1,000円(全席自由席・予約制) 

予約  文学座  TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝除く)

詳細は→文学座演劇研究所公式ブログ
また、夜間部の方々が立ち上げられた→ 文学座50期★夜間部
&ツイッター文学座研究所50期夜間部
彼らの元気で熱くて明るくてとっても可愛いひたむきな姿が伝わってきます
若いってそれだけでキラキラしてみえる?!のに・・(多分)彼らはホントに輝いて見えます
素敵な彼らをご一緒に見守っていきませんか?

そうだ!ご存知かもしれませんが
発売中の『悲劇喜劇3月号』に、戌井市郎さんへの追悼の文(西川信廣さん、鵜山仁さん)
栗田桃子さんのインタビュー&劇評コーナーにはラブリーな鵜山さん♪演出の『くにこ』、
中野志朗さん演出の『男は男だ』が載っています。
また『テアトロ2月号』には、『くにこ』の劇評もありーのの『ダーヴィンの城』のアトリエ上演台本が
記載されています。
恐怖をふたたび(笑)その緻密なシナリオに愕然ですよぉ~!
by berurinrin | 2011-02-07 23:25 | 文学座公演情報

2月~の主な外部出演

★たかお鷹 『日本人のへそ』3/8~27 Bunkamuraシアターコクーン(こまつ座03-3862-5941)
上記作品公演には文学座支持会・パートナーズ倶楽部会員特別割引があります。
 詳細→こまつ座 TEL 03-3862-5941へお願いいたします

★斉藤祐一『仮面音楽祭』2/3~7 下北沢「劇」小劇場(江古田のガールズ090-8374-0434)
★浅野雅博『く・ち・づ・け』2/4~10 駅前劇場(コマンドエヌ03-5338-6215)
★高橋広司『愛と青春の宝塚』2/10~27青山劇場、3/3アクトシティ浜松、3/5松本市民芸術劇場、3/9イズミティ21、3/12熊本市民会館、3/19.20梅田芸術劇場、3/23北海道厚生年金会館、3/26.27愛知県芸術文化センター(コマスタジアム03-3202-8111)
★角野卓造『ロング・ロング・フレンド』2/17~3/6本多劇場(アタリ・パフォーマンス03-5572-7571)
★鵜山仁(演出)、塩田朋子『コラボレーション』2/19~27紀伊国屋ホール(加藤健一事務所03-3557-0789)
★渡辺徹『あなたはだあれ?』2/5プラザーホール(山野楽器045-905-0823)
★沢田冬樹、細貝光司、山本郁子『みどりの星のおちる先』2/24、25大田文化の森(日本工学院蒲田キャンパス03-3732-1111)
★鈴木弘秋『R.P.G』2/23~3/31中野ポケット(劇団明友03-6661-1101)
★千田美智子『道の上の家族』2/25シアタートラム(日韓演劇交流センター事務局 03-3920-5232)
★原康義、瀬戸口郁、粟野史浩、藤側宏大『わが町』3/3~3/13俳優座劇場(俳優座劇場03-3470-2880)
★小林勝也、今井朋之『国民の映画』3/6,7(プレビュー)3/8~4/3パルコ劇場(パルコ劇場03-3477-5858)4/20~5/1神奈川芸術劇場(神奈川芸術劇場045633-6500)
★仲恭司、八十川真由野『舵 ふりだした雪』3/9~16六行会ホール(六行会ホール03-3471-3200)
★南一恵、大場泰正『わが町 可児』3/12~13可児市文化創造センター(可児市創造文化センター0574-60-3050)
★鵜山仁(演出)、金内喜久夫、神保共子『月にぬれた手』3/17~31(東京芸術劇場03-5985-1707)
★吉野由志子『邦楽ドラマ 浪花女』3/23~26紀尾井ホール(紀尾井ホール03-3237-0061)
★石橋徹郎『光の庭』3/29~4/3赤坂レッドシアター(東京スウィカ事務所03-6304-3906)
★鵜山仁(演出)『炎の人』3/11~3/21サンシャイン劇場(無名塾03-3709-7506)
★加納朋之(脚色・演出)『土の中の教師たち~啓蟄の頃~
★山谷典子(作)、三木敏彦、加納朋之、佐川和正、太刀川亞希、山谷典子『櫻の木の上 櫻の木の下』3/24~29(双葉&(株)サイスタジオ事業部03-5375-1118)
★鵜山仁(演出)『旅立ちの詩集~モスクワからの退却』4/10亀戸カメリアホール(カメリアホールホール03-5626-2125)4/27~5/1本多劇場(加藤健一事務所03-3557-0789)
、5/3京都府立府民ホールアルティ(京都府立府民ホールアルティ075-441-1414)、5/5兵庫県立芸術文化センター(芸術文化センター チケットオフィス0798-68-0255)、5/7所沢市民文化センター(ミューズチケットカウンター04-2998-7777)
    

*お問い合わせは( )までお願いします
by berurinrin | 2011-02-05 15:41 | 外部出演