<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『まほろば』シアター・トークvol.2

今回の仕掛け人(笑)芸術監督として鵜山仁さん♪が
このシリーズについて目的などを話して下さいました。

「目的は、一人一人パンフの座談をしながら話したりして
・・先輩の作家は、知っているけど
後輩については、十羽一絡げみたいな感じがあって
3人並んでもらっただけじゃわからないけど
ベテランと言ったら怒られる(笑)ワルズレしている人たち(笑)との
マッチングってどうだろう?って
もちろんズレが見えたり上手くいったりと色々あったけど
今後こういう企画に対する入り口が作れたかな・・という感があります」

この企画は、大成功でしたね。と堀尾さんが言われると場内は拍手。
わたしもとっても素敵な作品との出会いが出来ました。
きっとほぼ満席のこのシアタートークに参加されたお客さまも
同じ気持ちだったと思います。

今回のパンフの作家と鵜山さんの対談記事は、本当に読み応え十分で
鵜山さんが彼らを知ろうとする姿勢・・鵜山さんご自身の経験に投影させて
目線を同じにしながら彼らの考えや生い立ちに重ね合わそうとしている言動を
毎回とっても興味深くって拝読してました。
相変わらず、鵜山さんのユニークなトークがたまりません(*^_^*)

堀尾正明さん
「この三人に決めたのは?」

鵜山さん「作家の候補は沢山いた(笑)でも結局は、カンで選んだ(爆)
えい、えいっって(笑)」

なーんて適当に言っちゃう鵜山さんですが、実際は大変な作業だったのでは・・
決定権は鵜山さんにあったそうです。

同世代の劇作家3名ということで、互いに気になる人がいますか?

蓬莱さん
「(他の二人に対して)ライバル視はない。
それぞれの劇団の色も違うし・・気になるけど見に行かない。
前田司郎さんは、これから飲んで話したい(笑)怒られてみたい(爆)
(鵜山さんの演出作品は)学校のクラスのカリキュラムとして強制されて
観ました(笑)」

そーいえば、蓬莱さんは鵜山さんの後輩に当るんですよね。
強制と言う言葉、鵜山さんめちゃめちゃウケけてました(笑)

早船さん
「前田さんは、気になる。
観ていて、どーんと出てきただけでやる芝居に憧れる。
俳優に負荷を与えるのがすごい」

う~、確かに早船さんと前田さんは、全く色が違いますね。
そんな二人から名指しされた前田さん・・
「人の芝居を観て変えようとしちゃいけない。
お金が儲からないのにやっているので、儲かる為のノウハウをしなくてもよい(笑)
儲けたいなら違う仕事をすべき。
100人の人が観てくれて、10人の人が面白いって言ってくれれば・・
(「他の人は(作品の内容が)わからない(笑)」by堀尾さん)
万人にウケたら逆にショック」

2000人規模の劇場でも小劇場だと思うと言われたのは鵜山さん。
前田さんの言葉をフォローする形で
「バラエティがある事はいい事。
色んな人達に向けて芝居をやっていく。
万人にウケたら恐怖でもある。
昔、杉村春子さんに言われた事があるんだけど
杉村さん「(芝居の)評判いいらしいじゃない」
でも悪口(笑)も言われてるんですよって言ったら
杉村さんが「あら、私なんて褒められた芝居なんて無いわよ」って」

前田さん
「劇場に行くことで民度を上げる。
ちょっとかっこいいとかで、普段と違う異質な世界。
劇場観る芝居も良いって
わざわざ「五反田団」を観ようっていう人は、まずいない。
2%いたら嬉しい(笑)」

ちょっと斜に構えた考え方をする前田さんのように見えましたが
でも実はとても冷静に今の自分の立場や観客の事をみている気がします。
芝居を観に劇場に行くのか?劇場行くから芝居を観るのか?
新国立劇場という、ネームバリューがあると
一度は劇場に行ってみたいっていう気持ちもわかりますもん。
そして、行ったらたまたま面白そうな芝居があったから観たとかね・・
ありかもしれません。

ここからは観客からの質疑応答です。

・・・鵜山さんに「今回の企画に対してどういう形でかかわって来られたんですか?」

鵜山さん
「できるだけ自由にやってもらって、心でサポート(笑)
一度、文句めいたことを言ったら、相手の顔がこわばっちゃて(苦笑)
文句って言うか、こうすれば、もっと立体的になるんじゃないかなって」
「(作品の流れとして)日本昔話でやらないかって言ったら
ことごとく無視された(笑)」

・・・3人の劇作家に「劇作家としてのきっかけ伝えたい事と印象に残る作家や作品」

蓬莱さん
「映画の『寅さんシリーズ』が好き。
人間を多角的に描きたい。今の状態が自分が充実できる時。
高校演劇から始めた。
どういう人間を描くかによって、テーマは異なる。
印象に残っているのは、芥川龍之介「トロッコ」

早船さん
印象に残っている作品は、山本周五郎・作「あおべか物語」と言われた早船さん。
「干潟だった場所が、ディズニーランドに変わったことの衝撃が『鳥瞰図』に繋がった。
失ったものは取り戻せない。だったら伝えられないか?
どのように伝えたら伝えられるか?
自分の中の怒りや思った事を発信する場所。
好きな作品は、サリンジャーの短編集」

前田さん
「自分から何かを伝えようと思って作ってない。
言葉で考えてもわからない・・。芸術を使って表している。
コミュニケーションが出来ない事がわかってもコミュニケーションをしたくなる。
でも一方的な思い込みで言っちゃいけない」
好きな作品は『赤毛のアン』という前田さん。

鵜山さん
「こうやって話していることが楽しい。
前田くんは、言葉では言いたくないって言うけれど
アートもコミュニケーションツールの一つ。
様々な事を整理して、ハードルにしてやっていくのも楽しいかな。
人の芝居を観るのもいいかな(笑)」

・・・『まほろば』台本は、標準語になってますが?
そうそう、劇場で販売されてる台本は、標準語なんですよね。

蓬莱さん
「もともと方言で上演される予定でしたが、場所が決まっていなかった。
なので台本が上がった時は、標準語。
演出の栗山さんと相談して長崎弁にしました」

・・国立劇場としての上演する芝居としての意識はありますか?

鵜山さん
「国立だからといってガチンとしていないけど
これをやったら東や西(の劇場)に(もって)いけるかな?とか
これは初台だけかなあ・・って」

堀尾さんから、新国立で上演する作品に対しての縛りとかはタブーとかは
あるんですか?と直球の質問に対して

鵜山さん
「『紙屋町さくらホテル』で、杮落とし公演される前に
色んなタブーがクリアされて上演されるようになったので
何も問題は無い。起こる問題はゆっくりじっくり抵抗していく(笑)」

ほかに、鵜山さんの演出の大ファンというお客さまから熱いメッセージに
ハンカチで汗を拭く鵜山さんに「サクラを入れちゃって」堀尾さんとツッコミが(笑)
おおおっ、らいばるだぁ~!!!って残念ながら私は恥かしがり屋なので、
沢山の人の前での本当に質問とか絶対無理なんです(><)
でも鵜山さんには、心で応援してますからっ

っと、以上でおしまいです(笑)
メモでの内容なので違う捕らえ方をしていたらごめんさいm(_ _)m
でもなかなか作家の方の生の声を聴く機会がないので
とても楽しかったし新鮮な企画でした。
by berurinrin | 2008-07-31 22:59 | イベント

『まほろば』シアター・トークvol.1

7/17(木)の終演後にシアタートークが開催されました。
シアタートークといえば司会は勿論このお方、元・NHKのアナウンサー堀尾正明さん。
「・・文学座研究所、俳優座養成所を経て、
俳優の道を挫折してアナウンサーになっちまいました(笑)」
「こんな若い男性が、こんな芝居書けませんよ。いったいどうなっちゃってんの(爆)」
そう紹介して目の前に現れたのは、この戯曲の作者・蓬莱竜太さん。
堀尾さんが「どうなっちゃてんの!?」って、言いたくなる気持ちが本当に納得できる・・
本当に若い蓬莱さん・・いったい彼の頭は、どうなっちゃってんでしょう(笑)
・・と、いうことで今回もメモメモっと、書き殴り状態でお許し下さいませ。
ニュアンスだけでもお伝えできたら・・と思います。もちろんうーさま中心で(笑)

この作品を書くきっかけとなったのは、今回演出をされた栗山民也さんと
第一回打ち合わせを居酒屋(笑)でされたそうですが
その時に、栗山さんから「女性の話を書いてみないか?」と言われたそうで
主役が秋山奈津子さん・・生理が終わってしまったと思い込んだ女性の話はどうかな?!と
ふと思いついてしまった(笑)そうです。

「栗山さんは面白い。(台詞の)裏の言葉を(俳優に)伝えて、自分の台詞を豊かにしてもらえた」
「栗山さんの演出は如何でしたか?」の問いに対して
普段は演出も手がける蓬莱さん、今回の企画の感想を楽しそうにそう語って下さいました。
他には、稽古場で栗山さんが身振り手振りで演出されてる姿を見て
「いるいる・・こんなおばさん(爆)」と思ったそうです。

ここからは、蓬莱さんに加え若手二人の戯曲家・早船聡さん、前田司郎さん、
そして芸術監督の鵜山仁さん!きゃーきゃー・・・が参加されました。
舞台の和室のセットをそのままにお座布団の上に座ってのトークセッションです。

堀尾アナウンサーから、「皆さん若いですね・・鵜山さんは年がいってますが(笑)」
と前置きされてから
この日『まほろば』をご覧になっておられた早船さんと前田さんに
作品の感想とご自分の戯曲を他の演出家に委ねた感想を聞かれ

早船さん「(『まほろば』を観て)面白かった。ロビーで『鳥瞰図』のダメ出しをされてる
お客様がいて(苦笑)あの時、もっとガツンとやっておけば・・(爆)」

前田さん「こういうところでしゃべるのは難しいです。
(自分は『まほろば』のような)芝居は書けない。
なのでニヤニヤして観ていました(笑)。(蓬莱さんに)自分で(演出を)やったほうが
面白かったんでは??自分は(『混じりあうもの・・』では)そうは思わないけど(爆)」

ちょっと不思議系キャラな感じの前田さんの問いに対して、蓬莱さんが
「栗山さんに任せてよかった。いい様に(作品を)蹂躙されるのは醍醐味があった」
・・蓬莱さん・・難しい言葉をいっぱい使われるお方です(笑)

早船さん「演出は、松本祐子さん(『鳥瞰図』は)無責任に書いたので(笑)
どう演出するか?女性だし丸投げする感じでした」

蓬莱さん「自分で演出したら、似て非なるものになったと思う・・」

各人、今回の企画をとても楽しまれた感じが、言葉の端々から伝わってきました。
そして、この企画の仕掛け人(?)このシリーズの目的などを
うーさまこと鵜山さんがお話して下さいました。

次回に続きます。
by berurinrin | 2008-07-30 21:00 | イベント

シリーズ同世代vol.3『まほろば』

シリーズ同世代vol.3『まほろば』 in 新国立劇場小劇場(7/17)

作   蓬莱竜太
演出  栗山民也

と、ある村の本家の嫁として切り盛りしているのはヒロコさん(三田和代さん)。
ヒロコさんには、東京で一人暮らしをしているミドリさん(秋山菜津子さん)と
自由奔放に生きるバツ一の妹のキョウコさん(魏涼子さん)の二人の娘がいます。
ヒロコさんの頭は本家の後継者のことで頭がいっぱい。
そんな祭りの日、突然酔っ払って帰省してきたミドリさん。
交際中の恋人と別れたらしい・・。その理由を言い出しかねるミドリさん。
そしてキョウコさんの東京で一人暮らしている娘ユリアさん(前田亜季さん)も
突然の帰省。ユリアさんもどうやら問題を抱えての帰省のようです・・・

シリーズ同世代のラストは、いよぉ蓬莱竜太さん!
今回のシリーズで唯一観た事があるのが、
蓬莱さんの率いる劇団「モダンスイマーズ」の『回転する夜』でした。
作品の流れにびっくらして、こーくるか、ええっ、またこう来たのかぁって(笑)
なもんで期待大。
そして期待を裏切らない面白さ!実は2回も通ってしまいました。

お話は、ちょっとここでは書きづらい女性の体の変化のお話ですが
身に詰まされるというか、いい歳をして遊び呆け、嫁にいく当てもなく
だらだらと日々暮らす私にとって他人事でないお話で・・
ホント、がつんとやられましたよ。
それが若い男性の蓬莱さんの手で書かれた作品っていうのが、
これがまた衝撃です。
この女性の微妙な立場の微妙な女心・・・なんでこうもわかるんだろう???
そしてなんで可笑しくなっちゃうんだろ(笑)
ううっ、しっかりしなきゃ私って

それにしても若手3名の劇作家達。
それぞれの視点や着眼点の相違・・どれも新鮮な驚きでした。
よっぽどじゃないと彼らを知る機会がない私にとって、
今回の企画は、本当に楽しくて刺激的でした。
これからの観劇ライフの幅に広がりをみせてくれました。

話題の多い新国立劇場です(汗)
わたしは鵜山仁さんが大好きなので、これからも鵜山さんの演出作品を観ることが出来る
機会があればそれで十分幸せ~♪でもこの一年は
去年からの新国立劇場芸術監督、プロデューサーとしての鵜山さんのお仕事振り
その一面もめちゃめちゃかっこよかったです。
今回のシリーズもそうですが一癖ありのギリシャ悲劇のシリーズ、日韓『焼肉ドラゴン』、
演劇の歴史の中に埋められそうだった『オットーと呼ばれた日本人』を新たな解釈での
再演など、など・・どれも心をときめかす作品群に出会えたと思います。
来期のレパートリーもどれも気になるし、どきどきする感動を楽しみに通い続けます。
能天気なエールで申し訳ないですが(><)
鵜山さ~ん!頑張って下さいね!!
もしかしたら・・・
鵜山さんったら、この状態・・一人楽しんじゃ・・まさか、いないのでしょうかf(^_^;)

7/14(月)~7/21(月・祝) in 新国立劇場・小劇場[THE PIT]
by berurinrin | 2008-07-22 22:03 | 観劇感想

文学座付属演劇研究所研修科発表会『風のつめたき櫻かな』のお知らせ

文学座付属演劇研究所研修科発表会
『風のつめたき櫻かな~久保田万太郎作品集より』のお知らせ

作   平田オリザ
演出  戌井市郎

日時 8/1(金)18:30
    8/2(土)14:00/18:30
    8/3(日)14:00

於  サイスタジオコモネAスタジオ

全席無料・予約制 文学座  TEL.03-3351-7265(11:00~18:00日祝除く)


今回は、サイスタジオになりますのでご注意くださいね。
本公演での胸を切なくしながらも明日に生きる人間の逞しさやひたむきさ、温かさ・・
静かな感動を呼んだこの作品。
どの役も難しいであろうこの作品にあえて
果敢にチャレンジされる研修科生の姿を目に焼き付けてみませんか?
by berurinrin | 2008-07-21 11:31 | 文学座公演情報

7,8月主な外部出演

★たかお鷹『かもめ』6/20~7/12赤阪ACTシアター(ホリプロチケットセンター03-3490-4949)7/18~27シアターBRAVA!(シアターBRAVA!06-6649-2260)8/1.2広島厚生年金会館(テレビ新広島事業部082-253-1010)8/23、24愛知厚生年金会館(キョードー東海052-972-7466)
★今井朋彦『華燭』6/27~7/6三鷹芸術センター星のホール(三鷹芸術文化センター0422-47-5122)
★得丸伸二『心中天網島』7/4~13笹塚ファクトリー、7/18~20天神橋筋藤原ビルアートスペース(ぷれいす03-5468-8113)
★神保共子『道元の冒険』7/7~28シアターコクーン(Bunkamuraシアターコクーン(Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999)8/3~10シアタBRAVA!(キョードーチケットセンター06-7732-8888)
★松本祐子(演出、潤色、訳詞)、星智也『ピーターパン』東京国際フォーラム・ホールC7/19~31(ホリプロチケットセンター03-3490-4949)
★藤原新平(演出)、金内喜久夫、小林勝也、富沢亜古、荘田由紀、牧野沙也子『音楽劇・夜と星と風の物語』7/26~8/3シアター1010(シアター1010 03-5244-1010)
★鬼頭典子『ピース 短編集のような・・』7/30~8/11ザ・スズナリ(ザ・スズナリ03-3469-0511)
★江守徹『第17回松山隆雄演能会 厳冬の夜/雪ノ精(語り)』7/23国立能楽堂(松山隆雄後援会042-748-2822)
★神野崇『海賊』7/30~8/3文京シビックホール(チケットスペース03-3234-9999)
★征矢かおる『三条会の「真夏の夜の夢」』7/25~29千葉公園内特設野外劇場(三条会043-224-3901)
★原康義、横田栄司『ガラスの仮面』8/8~24さいたま芸術劇場(チケットセンター048-858-5511)8/29~31シアターBRAVA!(グリークス06-6966-6555)
★石田圭祐、浅野雅博、山本道子『闇に咲く花』8/15~31紀伊國屋サザンシター(こまつ座03-3862-5941)
★大場泰正『七つの人形の恋物語』8/23~31ACTシアター(音楽座チケットセンター0120-503-404)
★渡辺徹『ラブレターズ』7/28ルテアトル銀座(パルコ劇場03-3477-5858)
★南一恵『恋のカタチ』7/23~25シアターX(オフィス・カイ03-3235-0434)

*お問い合わせは( )までお願いします

体調を崩しておりまして、すっかりご無沙汰してしまいました。
今月も半ばを過ぎてしまい今更ながらの更新ですがお許し下さいませm(_ _)m
by berurinrin | 2008-07-20 10:40 | 外部出演