こまつ座第84回公演『人間合格』 in 紀伊國屋サザンシアター(2/10)

作   井上ひさし
演出  鵜山仁

昭和5年(1930年)高田馬場に近い下宿に越してきたのは、帝大一年生になった
青森の大地主の六男坊・津田修治さん(岡本健一さん)のちの太宰治さん。
ひょんな事から非合法の活動行なっている貧しい学生山田定一さん(甲本雅裕さん)
と佐藤浩蔵さん(山西惇さん)と出会います。
戦争、戦後と激動の時代を経て3人の友情は、世情に巻き込まれ揉まれながら
も固く結ばれたものでした。

太宰治さんといえば、学校の推薦図書で「走れメロス」を読んだ記憶しかないf(^_^;)
私が言えることは、全くない!と胸を張ってしまう(張るな!!)無知の世界ですが
彼の生き様は、映画やらドラマやらで、スキャンダラスな人生の側面を垣間見ると
自分の勝手な解釈の、繊細でイケメンな太宰イメージに岡本健一さんがぴったし♪
パンフレットの写真もそんな雰囲気が漂っています。
ちょっと左顔がゆがむ癖があるみたいですが、そこが神経質な一面をかもし出して
いるようで、着物姿もお似合いです。
そんな悩める津田さんを囲んでの3人の不動の友情の物語ですが、
男の友情って熱い!熱くて潔くって、ちょっとおバカで愛おしい・・
そんな3人の生き様を温かく厳しくそれ以上のおバカさで見守っているのは
津田家の番頭さんの中北芳吉さん(辻番長さん)。
登場する度におちゃめな歌を披露しなからの中北さんの朗らかさ・・

プロローグで6枚の津田さんの写真が登場しますが
その写真にまつわるエピソードで構成されたドラマです。
笑って笑って心の底から楽しめる中に、ほろ苦さが残るのは
彼らが生きた時代が、彼らにとって生き易い時代ではなかったから。
彼らの過酷な人生の中での一瞬の、劇中の台詞「小さな宝石」の輝きが
激しい激動の時代と平凡に生きている現代とは輝きの度合いが違っていたからそこ
彼らの姿がより眩しく熱く胸に迫ってきたのかもしれません。

この『人間合格』と文学座3月公演『長崎ぶらぶら節』って共通するものがあるのです。
あ、両作品とも鵜山仁さん♪ですが(笑)うきゃうきゃ・・・じゃなくって
二村定一さんの歌う『青空』という曲が使われています。
実は鵜山さんから教えて頂き、どんな風に使われているんだろうと
気になっていました。
音楽が場面を変えるといいますが、
逆に場面によって音楽の聞こえ方が変わってくることを感じることが出来ました。
音楽がしっとりと時代の変化を伝える伝達の役割を果たす『長崎ぶらぶら節』と
その時代の今を伝える華やかな明るさ『人間合格』のそれぞれのワンシーン。
両方ご覧になれる方は、ぜひ感じてみて下さいね★

2/10(日)~3/16(日)まで  in 紀伊國屋サザンシアター
3/19(水)、20(木)in山形県・川西町フレンドリープラザ
by berurinrin | 2008-02-11 16:32 | 観劇感想

文学座4月アトリエの会『ダウトDOUBTー疑いをめぐる寓話』のお知らせ

作: ジョン・P・シャンリィ
訳: 鈴木小百合・井澤眞知子
演出:望月純吉

出演 寺田路恵、山本道子、渋谷はるか、清水明彦

日程 4/12(土)~22(火)

前売開始 3/10(月)

料金 4.000円(当日4.300円)

場所 吉祥寺シアター

モリヤ改築の為に、今年一年間アトリエの会は、吉祥寺シアターにての公演となります。
また一度も吉祥寺シアターに行った事がないので、今からワクワクです。
今回演出は、望月純吉さんです。
望月さんは、2004年社会派ドラマ『THE CRISIS』で鮮烈にアトリエデビューを飾りました。
ご本人は、とっても穏やかで優しい語り口調の好青年ですが
作品は硬質でシャープな切り口で、ぐいぐいと心を鷲掴んできました。
人は見かけに・・いやいや(笑)
あれから文化庁在外研修ニューヨーク留学を経ての今回の演出です。
ぜひ一見いや二見(笑)の価値は、絶対あります♪
by berurinrin | 2008-02-10 12:15 | 文学座公演情報

2.3月の主な外部出演

★原康義『放浪記』1/7~3/30シアタークリエ(東宝テレザーブ03-3201-7777)
★戸井田稔、廣田高志、清水圭吾『リア王』2/22~24梅田芸術劇場シアタードラマシティ(梅田芸術劇場06-6377-3888)
★飯沼慧『親の顔が見たい』2/1~11シアタートップス(劇団昴03-6907-9220)
★今井朋彦『ウラノス』2/6~17青山円形劇場(サンライズ・プロモーション東京0570-00-3337)
★内野聖陽『ベガーズオペラ』2/6~26大阪梅田芸術劇場(梅田芸術劇場06-6233-8888)3/5~30日生劇場(東宝テレザーブ03-3201-7777)
★藤原新平(演出)、中川雅子、金沢映子『見よ、飛行機の高く飛べるのを』2/8~11蒲田演劇工場(蒲田演劇工場03-3732-1167)
★反田孝幸、上田桃子、添田園子、斉藤祐一、神野崇『パイドラの愛』2/8~14サイスタジオコモネAスタジオ(文学座03-3351-7265)
★松井工『山本周五郎の妻』2/14~18横浜ランドマークホール2/21~22丸ビルホール3/27~4/27赤阪ACTホール3/21~22丸ビルホール(横浜夢座事務局045-661-0623)
★中村彰男、山本郁子『よくないこと』2/14~17ストアハウス(ストアハウス03-3954-7246 )
★川辺久造『タンゴにのせて』2/22~3/9小劇場楽園(K・企画03-3419-6318)
★亀田佳明『紫式部ものがたり』3/3~30松竹座(チケットホン松竹0570-000-489)
★鬼頭典子『ある結婚の風景』3/5~18ベニサンピット(TPT03-3635-6355)
★新橋耐子『四人は姉妹』3/6~16シアター1010(シアター1010 03-5244-1010)3/19~23兵庫県立芸術文化センター(兵庫県立芸術文化センター0798-68-0255)3/29~30新潟りゅーとぴあ(りゅーとぴあ025-224-5521)
★田村勝彦、佐藤麻衣子『暮れがた』『』3/13~19六行会ホール(Habanera03-5489-3740)
★坂口芳貞『青春の門・放浪編』3/19~23北九州芸術劇場(北九州芸術劇場0120-8000-20)3/28~30あうるすぽっと(あうるすぽっと03-5391-0751)
★若松泰弘、山崎美貴『ダンシング・アット・ルーナサ』オーバードホール(アスネットカウンター076-445-5511)
★戸井田稔、星智也『さらば、わが愛 覇王別姫』3/9~31Bunkamuraシアターコクーン(Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999)

*お問い合わせは( )までお願いします。

文学座のHPにて3月東京公演『長崎ぶらぶら節』の情報がUPされています。
愛八さんと古賀先生の歌を訪ね歩く旅のように、現在九州巡演中です。
もうちょっともうちょっと・・早く観たい・・会いたいです。
by berurinrin | 2008-02-09 23:05 | 外部出演

NHKシアター・コレクション’08『AWAKE AND SING!―目覚めて歌え!―
                        in NHKみんなの広場 ふれあいホール(2/3)

作   クリフォード・オデッツ
翻訳 黒田絵美子
演出 上村聡史

1935年、アメリカ大恐慌の真っ只中のNYのブロンクス地区に住む
ユダヤ人バーガー家のアパートが舞台である『AWAKE AND SING!』は
2006年文学座の12月アトリエの会として、上演されました。
あれから、一年ちょっと・・・
その後のバーガー家の皆さんは如何お過ごしでしょうか?そんな気分で
雪の降りしきるこの日、まさに『AWAKE AND SING!』日和(笑)拝見いたしました。

アトリエで公演中だった頃、
世間では「ワーキングプア」という言葉って使っていたでしょうか?
溢れ出している情報に溺れそうな日常と
街を歩けば目新しいものだらけ・・欲しいものはどんどん増えていくのに
やりたい事もたっくさん!!
でも本当に欲しいもの、やりたい事は見つからない・・
そして収入っていうと・・・う~ん。
ラルフ(田中宏樹さん)が、少年から青年へと自立に目覚めた頃。
彼の苛立ちや不満が、手に取るように理解できちゃうのは
きっと時代が逆行していくような不安を感じてしまった、私だけではないのでは・・
顔を見るとガミガミ言い争いが起こる家庭ですが
それでも互いに思い遣るからこそ起こってしまう出来事。
懐かしさと新鮮さが溢れた秀作だなぁ~と、しみじみ感じた作品でした。

ユダヤ人家族のお話なので、初めてご覧になった方の中には
ちょっとご理解することが難しい習慣があったのでは
例えば、おじいちゃんが亡くなった後、(悲しい顔が見えないように)鏡に布を掛けたり
旅立つヘニー(松岡依都美さん)にりんごを剥きながら去るパパ(塾一久さん)の姿。
ユダヤ教の世界の中で、りんごには新たな旅立ちを祝う意味が込められているそうです。
パパの想いが込められたりんご・・・のシーンは、泣けちゃうんです私。

あ~、観たかったけど観れなかったぁ~!!の方々朗報です!!
早々にもTVの放送が決まっています。
3/14(金)PM10:25~『芸術劇場』(教育TV)にて放送決定です!!

2/2(土)~3(日) in NHKみんなの広場 ふれあいホール
by berurinrin | 2008-02-03 21:42 | 文学座観劇感想

日本オペラ連盟人材育成公演『ホッペアの戴冠』 in めぐろパーシモンホール(2/2)

作曲 モンテヴェルディ
指揮 村中大祐
演出 中村敬一

オットーネ(吉川健一さん)が旅から戻ってくると恋人のホッペア(高橋織子さん)は
すでにローマ皇帝ネローネ(高田正人さん)の愛人となっていました。
王妃戴冠を阻止しようと、ネローネの妻・皇后オッタービア(遠藤美由紀さん)は
オットーネと組んでホッペア暗殺を企てますが、愛の神(村田ゆう子さん)に阻まれ失敗。
オットーネとオッタービアはそれぞれ追放。
そしてネローネは、待ちに待ったホッペアの王妃戴冠の日を迎えます。

皇帝ネローネというのは、悪名高きローマ皇帝ネロさんのことです。
皇帝になった当初は、とってもいい人だったらしのですが
権力の拡大と共に、気に入らない人や反感分子達たちをどんどん殺してしまい
そのうち母親や妻・助言者・・挙句の果てはキリスト教を迫害・・
最後は自殺という形で自らの時代の幕を引いた人物です。

今年お初のオペラでございます。
わたしの音楽の指南役のだちょんさんが、極悪非道の皇帝ネローネを演じられる
ということで、オペラグラス片手に2階席最前列どセンターからじっくり拝見させて頂きました。(だちょんさん素晴らしい席をありがとうございます)
確かにネローネさんは、ヒドイ権力者ですが(笑)
この作品では、まだまだ極悪人としては序の口でネローネは、青春真っ盛り?!
不倫といえども、愛するホッペアに直球の愛を捧げる若者らしい情熱的な恋人であり
その王妃戴冠の野望を持ちつつホッペアも可愛いし、ネローネに愛を捧げる姿が可憐♪
とても初々しい恋人達になっているので
理不尽なハッピーエンドでも、なんか結婚できてよかったね!お二人さん♪なーんて
祝福できちゃうんですよ(笑)
ところが実際は、悲惨な人生が待っていますけど(><)怖っ!!

同時にネローネとホッペアのカップルともう一組のカップルも印象的でした。
それは、ホッペアの元カレ・オットーネと彼を慕うドゥルシッラ(武田仁美さん)。
ドゥルシッラさんの衣装を借りて、まんまとホッペアの寝室に入り込み暗殺に
失敗して逃走したオットーネを庇い捕まったドゥルシッラは、
ネローネから拷問の末に死刑の判決を受けますが、
オットーネが自首した為に無罪となります。
けれど彼女が選んだ道は、全て剥奪された上に追放の身のオットーネに付いて行く事。
なんか・・なんか幸せになって欲しい、頑張れ~ドゥルシッラ!って感じでした。

そうだ、一番の被害者は、皇后オッタービアは
このホッペア暗殺事件で、追放処分となりますが
ネローネったら、「小船にのせて、風の流れのまま追放!」「えっ!」って
やっぱ非道の皇帝でした(笑)

若手育成公演といっても、皆さんめちゃめちゃ上手いのに
まだまだ若手なんて、オペラの世界って本当に深いんですね。
今回は、全編バロック音楽。
オーケストラボックスを眺めると、細長ーい、不思議なピアノが2台とオルガン。
打楽器の姿が見当たりません。
バロック音楽って、繊細で温かくとっても心地良くってお腹に優しく響いてきます。
指揮者は、指揮棒を振らずにその両手で、波間を漂うように緩やかに柔らかくて
それに合わせて歌う楽曲も、小刻みに音が変わって難しそう・・
初めて聴く不思議な音律ではありましたが、心にフィットして気持ちよかったです。

2/2(土) in めぐろパーシモンホール
by berurinrin | 2008-02-02 23:41 | オペラ

文学座付属演劇研究所研修科卒業公演『谷間の女たち』のお知らせです。

作   アリエル・ドーフマン
演出  高橋正徳

日時 2/15(金)18:30
    2/16(土)14:00/18:30
    2/17(日)13:00

場所 恵比寿エコー劇場
(“モリヤ”工事中の為に、場所が変ります!!ご注意を!)

入場料 1,000円

ご予約/お問い合わせ 文学座03-3351-7265
(満席になり次第、予約は終了となります)

とうとうこの時期がやってまいりました。卒業公演です。
戦争下、虐げられた女性達の熱いドラマです。高度な技術を持った個性豊かな45期生達。
ぜひぜひお見逃しの無いように!
by berurinrin | 2008-02-01 22:35 | 文学座公演情報