創作劇奨励公演『帰り花』 in 青年座劇場(1/26)

作   露康司
演出 宮田慶子
制作 青年座

舞台は幕末。
長州萩(現在の山口県萩市)で、下級武士の家に生まれた吉田寅次郎こと吉田松陰さん
(大浦みずきさん)は、九州・江戸遊学で学んだ未開の地・海外への憧れ、今の国政を憂い
明日を夢を見て、行動を惜しまない彼の元には、塾生達が集います。
けれど松陰さんの生きた時代は、まさに怒涛の時代です。
松陰さんの思いは、塾生達にそして次の時代に・・・

久々の青年座劇場です。
同じ新劇団といえども、雰囲気が違うんですよね。
文学座がアットホームな感じだとすると、青年座は元気いっぱい!
寒い中でも陽だまりの場所が文学座なら
手の平に、太陽を~♪と歌いだしてしまいそうな明るさが青年座・・
いつも気になる存在、青年座です。
その青年座の建物の一角にあるものは、青年座劇場です。
青年座劇場といえば、文学座アトリエとサイスタジオの中間規模のキャパですから
通常でも舞台と観客がとても密接した空間なのですが、
今回は、その密接した空間にバンドが入って、張り出し舞台で、ダンスあり
ハンパない激しいアクションも!!
歌は、なんと!マイクを通じで伝わる歌声ではなく、生声ですよっ!
密度が濃っ!(笑)いやいやなんて贅沢な作品なのでしょうか?!

主演を勤める吉田松陰さんを演じるのは大浦みずきさん。
塾生達を引っ張るカリスマ的な松陰さんに、ぴったり重なります。
中性的な魅力とか、そんな言葉は当てはまらず、
青年の無邪気さとして映る大浦さんの姿が
そのまま松陰さんとしての魅力として演じられておられました。
つねに志の為に生きている松陰さんが、唯一、獄中で知り合う女性
久子さん(岩崎良美さん)とのほのぼのしたやりとりに、
「私」を垣間見せる松陰さんの姿が、微笑ましいだけに
その後の彼の生き様が切なくて心が苦しくなります。
時に可笑しく、激しく・・時代の流れに反発して
青春を散らす姿が松陰さんを中心に塾生達の群像劇として火花を散らし
ばんばん観客にぶつけてくる彼らの姿が、みずみずしく眩しく映りました。

文学座からは、亀田佳明さんと星智也さんがご出演です。
文学座が誇るイケメン達。
亀田さん演じるのは塾生のなかでも秀才の久坂さんです。
「シャワーを浴びた状態みたいでしょう」って、おっしゃる程大量の汗を振りまく姿。
亀田さんのぽよ~ん(笑)とした表情が大好きなのですが、怒りに燃えた表情の
凄みの迫力・・まじ・かっこいい~♪

長身の星さんよりも長い槍(笑)を振り回す塾生の山縣さん(のちの山縣有朋さん)
を演じる星さん♪
無邪気な青年の姿の星さんを拝見したのは、初めて?と思うくらい記憶にない私
でしたが、素の星さんの魅力が垣間見れる芝居もとても嬉しく感じられます。
また新たな星さんの魅力を発見してしまった芝居でした。
お二人のダンスも歌も見ごたえ聞き応え十分ですよぉ~

色んな劇団の方々で構成されたこの座組み。
得意の分野でのいろんなスパイスが加えられて、香高い作品です。

終演後は、いつも気遣って下さるビーバーような可愛い(笑)笑顔の制作のSさんと
遠方よりこられた演鑑の素敵な女性の方々、青年座をこよなく愛する友人と
めちゃめちゃ怪しい象山先生を演じられたおフランス留学帰りの大家仁志さんと
お魚がすんごく美味しいお店でご飯を頂きました。
他の鑑賞会の先輩方のお話はとても楽しくて、いつまでも伺って居たかったです。
そーだ、Sさんからこのブログの題名を『青年座ちょっと好き』に改名しては・・と
う~ん、どーしましょう(笑)お魚とお酒・・美味しかったしなあ~(爆)

1/25(金)~2/3(日)まで in 青年座劇場
by berurinrin | 2008-01-27 12:12 | 観劇感想

さよならモリヤ『モリヤ最後の勉強会』 in モリヤ第2稽古場(1/19)

開演時間が少し遅れるという事で、開始時間まで
得丸伸二さんが、モリヤの歴史についてお話して下さいました。

公演のお稽古が始まると、まず2階にある和室の「本読み室」で読み合わせを
行い、次に1階の第2稽古場で「荒立ち稽古」までするそうです。
「荒立ち稽古」というのは、床にテープを貼って
「ここにドア」とか「ここは階段」とかセットも無く簡単な立ち稽古までを
そして、本番さながらのセットが組まれたアトリエに移動するそうです。
この流れは、研修科生の発表会から同じ工程で進むそうです。
床を見ると、緑のテープが残っていました・・・

さて、5分、15分と休憩時間には
自由に「モリヤ」見学ということで、拝見させて頂きました。
頂いた「さようならモリヤ」という小冊子に
佐川和正さんの描かれた「モリヤ」の見取り図を参考に♪
この小冊子が、座員の方々のメッセージやモリヤの経歴や建て替えの経過など
盛り沢山の内容で、大変な作業で作られたものだと・・
モリヤ・・の存在が、いかに座員の方々にとって大きなものだったのかと・・
大事に大切に保管させて頂きます。

1階の稽古場以外に唯一知っている2階の和室「本読み室」から・・
以前は、ガラスの本棚が並んでいた「本読み室」は、がらんとしていて
「ご自由にお持ちください」と、パンフや書物が置かれていました。
記念にいつか読みたいと思っていた岩波文庫のマリヴォー「愛と偶然の戯れ」戯曲と
パンフを一部頂きました。

「本読み室」の向かいには「映画放送部」・・座員の方に送る文学座宛のファンレターとかが
このお部屋に届いたんだなあ・・と、考え深くなります。
残念ながらファンレターを書いたことがありませんでしたが・・・(><)
奥には「衣裳部屋」と「文芸編集室」・・からっぽになった姿は
まさに旅館の一室の佇まいが現れています。
1階に降りると、着物姿の山本郁子さんが「この奥はお風呂場なんですよ」って
覗いて見ると大きなお風呂場です。レトロ感たっぷりなシャワーも付いています。
実際に使われていたそうです。
電気のスイッチも懐かしい形。
皆さんが大切に大切に慈しんでいた事が、本当に伝わってきました。

終演後は、第2稽古場で飲み会が開かれました。
早坂直家さんが、天井の梁を差して「低いでしょう(笑)」
「よくジャンプしてここにぶつけて、頭から血を出したんですよ」うっうっ痛いっ(><)
とっても懐かしそうにおっしゃいました。
このお稽古場には、炊事場があるのですが
昔は、ここでお料理を作って、アトリエで忘年会があったそうです。
っと、周りを見渡すと椅子に座ってビールを美味しそうに飲んでる中村彰男さん♪
ぱくぱく食べてる佐藤麻衣子さんも(笑)
勉強会では、照明係さんに徹しておられた高瀬哲郎さんや
得丸伸二さん、八木昌子さんや藤堂陽子さん・・山本郁子さん・・
アットホームな雰囲気で思い出話を語って下さる素敵な座員の方々とお話が出来て
素敵な時間を過ごせました。
そして何より嬉しかったのは、遠くからですが・・(シャイなんですよ私・・)
林英樹さんのお元気な姿を拝見できた事です。よかったぁぁぁぁ~☆彡

すっかり時間を忘れて楽しんでしまいました(笑)
気がついたら5時間近くも「モリヤ」に居たことに・・・(笑)
信濃町駅まで、弟のハナタレ小僧の麻衣子ちゃんと話しながら帰るのも
楽しかったです。

貴重な体験をさせて頂きましてありがとうございました。
こんな素敵なイベントに参加できて感動でした。

P.Sリンクを追加しました。
アラビアンナイト』では美しいシャハラザード姫。素敵な歌声で酔わせて頂いた
目黒未奈さんのブログ「台風のめだま」です。未奈さんの飾りの気のない率直な言葉は
すとんと、心に落ちてきます♪わたしは未奈さんの言葉がとても好きなのです~☆彡
by berurinrin | 2008-01-21 22:24 | 文学座観劇感想

さよならモリヤ『モリヤ最後の勉強会』 in モリヤ第2稽古場(1/19)

①ドラマ・リーディング『蛍』
   作:久保田万太郎
   出演:八木昌子、藤堂陽子、南一恵、佐藤麻衣子
       林英樹、鵜澤秀行   

②語り芝居『森の石松の最後』~二代・広澤虎造「清水次郎長伝」より
   脚色・出演:早坂直家

③女の一生誕生秘話『サイタサイタサクラガサイタ』
   作:得丸伸二
   演出:戌井市郎
   出演:奥山美代子、山本郁子
       得丸伸二、高橋耕次郎、浅地直樹、鈴木弘秋、植田真介

最後のもりやかぁ~と、思いながら・・もりやの引き戸をがらがらっと開けると
そこには美しい女優人が♪
受付には、こんなに美しいのにさっぱりした雰囲気が素敵な山崎美貴さん
奥山美代子さんは着物姿でしっとりされているし、いつも笑顔が美しい山本郁子さん・・
同じ女性なのにぃ~なんか嬉しくなってしまいます(笑)

豪華3本立ての贅沢な勉強会です。
先ずは『蛍』
圧縮された中での、久保田万太郎さんの世界は
どきどきする程の緊張感と、小波のように心に静かに揺らす感情の動きが、
さわわさわぁ~と、客席まで伝わってきました。
着物姿で本を手に読み上げるリーディングです。
静かにト書きを読み上げる藤堂陽子さんの第一声から
うわぁ~と情景が浮かんできました。
とっても素敵で贅沢なリーディングでした。

5分間の休憩を挟んで
静かに早坂直家さんが、中央に作務衣に袴姿で座っておられます。
一人語り芝居の『森の石松の最後』
親分の清水の次郎長さんの御礼参りの代参として金比羅さんにお参りに
行く旅から、壮絶な最後までを演じ抜きます。
早坂さんの『森の石松』は、ご自身が主催されている『で.え.く』というユニットで
何度か拝見していますが、もりやの狭い空間で演じられる石松さんの迫力は
緊迫感もあって本当に素晴らしいです。
「江戸っ子だってねぇ。飲みねぇ、飲みねぇ・・寿司食いねぇ」
このニュアンスと間合いが大好きで、毎回ながら笑ってしまいます。
毎回新鮮に感じる、早坂さんの石松さん・・今回のレパートリーに入れて下さって
大感激でした。

15分間の休憩の後は『サイタ、サイタ、サクラガサイタ』
ラジオドラマ形式でストーリーは始まっていきます。
中央にマイクが一本。
そして下手側には、音響担当の浅地直樹さんが、扉の音やら足音とかの
音を作リ出しています。
戦争中、国から演劇活動に圧力をかけられ思うように芝居が出来ない
文学座に集う人々の姿を描いていました。
杉村春子さん(山本郁子さん)と森本薫さん(鈴木弘秋さん)の恋愛を
中心に、当時は舞台監督で演出家志望の青年・・戌井市郎さん(高橋耕次郎さん)
いいですね耕次郎さん演じる戌井さん(笑)
暗い時代の中でも、前を向いて生きてる彼らの日常が、とてもみずみずしくて
素敵な作品でした。
実は、ずっと観たかったお芝居だったのですが機会が無くって(><)
やっと観れましたぁYeah~!(*^^)v
今回、拝見する機会があってめちゃめちゃ嬉しかったです。

豪華3本立ての合間には、5分、15分と休憩が入りましたが
その間は、この「モリヤ」を自由に探検する事ができました。
それの感想は、次回に続きます。

1/19(土)~20(日) in モリヤ第二稽古場(1/19)
c0023954_1993827.jpg

by berurinrin | 2008-01-20 15:40 | 文学座観劇感想

文学座本公演『長崎ぶらぶら節』 in 北九州芸術劇場(1/10)

作   なかにし礼
演出 鵜山仁

長崎には日本三大花街として数えられた丸山に、芸に秀でた愛八さん(平淑恵さん)
という売れっ子芸者が居られました。
そして長崎を調べている著名な歴史学者・古賀十二郎先先(渡辺徹さん)と
ひょんな事から出会い、古賀先先に惹かれていく愛八さん。
ある日、古賀先生から、長崎の古い唄を探す旅に誘われた愛八さん。
同じ頃、丸山に売られた少女・お雪さん(松山愛佳さん)。そんなお雪さんに
自分の姿を重ねる愛八さん・・
そして、愛八さんは、古賀先生と唄を探す旅へと旅立ちます。

ため息が出る程の美しい舞台・・素敵な初日でした。

なかにし礼さんといえば、前作『戯曲・赤い月』に勝るとも劣らない
場面転換の多さですが、今回は大きな4枚の屏風が色々な場面を作り出し
四角い盆が回転する角度により、様々な場面の変化に対応されています。
特に、愛八さんがお雪さんの病気の回復祈願の為に、お百度参りをするシーンが
盆の上で歩く愛八さんと移り変わる季節の背景と溶け合って本当に美しいシーンでした。
作詞家でもある、なかにしさんの手による台詞は
言葉ひとつひとつが詞的できらきら輝いている程に美しく
墨で描かれた山の背景が、愛八さんと古賀先生の二人で探しあぐねた唄を
書きとめた言葉と三味線の節を絵にしたような、
二人の大きな愛情の中で、演じているお芝居にも感じられました。

前半は、華やかな花街に生きる芸者達の芸合戦あり、
ロードムービーのような唄を訪ね歩く旅から
後半は、お雪チさんの病を懸命で救おうとする愛八さんの姿・・
夢があって無邪気で子供っぽくって男らしくて(笑)誰もが好きになって
しまいそうな古賀先生との歯がゆくも深い愛情をかわす二人の関係も素敵で
いつも一生懸命で清々しい愛八さんの生き様に感動して
最後は涙・涙。。。でも、気持ちのいい涙でした。
悲しいシーンもありますが、観終わって爽やかな気持ちになる作品です。
愛八さんって、ほんとうに素敵な女性です♪

お稽古が短期間と伺っていましたが、日本舞踊や三味線、太鼓や唄
他にも見所が沢山あって、出演者の方々の集中力と完成度の高さにびっくり
さすがにプロ集団・・その姿勢がかっこいいです。
これから約2ヶ月間、愛八さんと古賀先生の旅のように
九州を回る『長崎ぶらぶら節』・・東京で出会う時は、どんな変化が
起きているかとても楽しみです。

この初日を、はるばる小倉まで行った甲斐がありました。
1泊2日の旅だったので、観光らしい観光もしていませんが
JR小倉駅から、徒歩5分位にあるリバーウォークという総合娯楽施設のある
大きな建物の6階に北九州芸術劇場が入っていました。
近くには川が流れ、広々とした公園、小倉城を眺められる美しい会場です。
ホテルから劇場までの往復で、穏やかな風景を満喫いたしました。

忘年会の時に、原作を読んでから観るか?観てから読むか?
鵜山さんからは、好きにしなさいと言われましたが(笑)
原作に忠実にドラマが展開していきますので、原作を読まなくても
十分堪能できますが、私のような凡才には方言とか小さなニュアンスとか
ちょっぴり難しい箇所もあったりするので、原作を読んでから作品を観ると
より深く理解できるかなぁと思いました。

1/10~2/29 九州公演
3/4(火)~3/10(月) in 東京芸術劇場中ホール

c0023954_16554230.jpg

劇場の隣には、小倉城でした♪
by berurinrin | 2008-01-12 11:49 | 文学座観劇感想

ぶ~らぶらぁ♪

c0023954_22325684.jpg

頭の中で曲が回ってます
素敵な初日でした。
小倉にて
by berurinrin | 2008-01-10 22:32 | 文学座観劇感想

久々に観劇予定なんかUPしてみようかなあ・・なんて
もしご観劇の参考になれば・・・
文学座+青年団自主企画交流シリーズ後半の『Train Coming』&『パイドラの愛』
話題の亀田佳明さん、星智也さん客演の青年座劇場『帰り花』(売り切れ続出らしいです)
必見のさようなら『もりやの会』
また逢える喜びは『A WAKE AND SING !』
こまつ座は、Yeah~!(*^^)v 鵜山仁さん♪演出作品『人間合格』
私のクラッシックのオペラの師匠・だちょんさんご出演の『ポッペアの戴冠』
そして、はずせないのは
鵜山仁さん♪演出・だちょんさんご出演の二期会オペラ『ナクソス島のアリアドネ』
新国立劇場のお芝居のレパートリーは必見、まずは『屋上庭園/動員挿話』から
ああっ、またまた鵜山さんの演出は、加藤健一事務所『思い出のすきまに』
ミュージカルもたまにはね『ベガーズ・オペラ』
そんな感じで、今年も観たい作品が目白押しでございます!

皆様にとって、素敵なお芝居との出会いが沢山ありますように♪
c0023954_23135612.jpg

甘えん坊の茶りん君です♪
by berurinrin | 2008-01-05 15:25 | 日常

1,2月の主な外部出演

★小林勝也『キル』12/7~1/31Bunkamuraシアターコクーン(Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999)
★原康義『放浪記』1/7~3/30シアタークリエ(東宝テレザーブ03-3201-7777)
★坂部文昭、鍛治直人、松角洋平、鬼頭典子『肝っ玉おっ母とその子供たち』1/18~30シアター1010(ACA足立コミュニティーアーツ03-5244-1010)
★戸井田稔、廣田高志、清水圭吾『リア王』1/19~2/5彩の国さいたま芸術劇場大ホール(彩の国さいたま芸術劇場048-858-5511)
★沢田冬樹『お気に召すまま』1/24~27新国立劇場小劇場(新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999)
★亀田佳明.星智也『帰り花』1/25~2/3青年座劇場(青年座劇場03-5458-6996)
★所奏(作)、高橋正徳(演出)、加納朋之、石橋徹郎、植田真介、川辺邦弘、細貝弘二、上川路啓志、征矢かおる、太刀川亞希、佐藤麻衣子『Train Coming』1/11~15サイスタジオコモネAスタジオ(文学座03-3351-7265)
★飯沼慧『親の顔が見たい』2/1~11シアタートップス(劇団昴03-6907-9220)
★今井朋彦『ウラノス』2/6~17青山円形劇場(サンライズ・プロモーション東京0570-00-3337)
★内野聖陽『ベガーズオペラ』2/6~26大阪梅田芸術劇場(梅田芸術劇場06-6233-8888)
★藤原新平(演出)、中川雅子、金沢映子『見よ、飛行機の高く飛べるのを』2/8~11蒲田演劇工場(後報)
★反田孝幸、上田桃子、添田園子、斉藤祐一、神野崇『パイドラの愛』2/8~14サイスタジオコモネAスタジオ(文学座03-3351-7265)
★松井工『山本周五郎の妻』2/14~18横浜ランドマークホール2/21~22丸ビルホール(横浜夢座事務局045-661-0623)
★西川信廣(演出)、外山誠二『宮廷女官チャングムの誓い』12/1~23御園座(御園座052-222-8222)
★中村彰男、山本郁子『よくないこと』2/14~17ストアハウス(ストアハウス03-3954-7246 )
★川辺久造『タンゴにのせて』2/22~3/9小劇場楽園(K・企画03-3419-6318)
★瀬戸口郁(作)、西川信廣(演出)、富沢亜古、関輝雄『走る女ー国木田独歩の妻 佐々城信子』1/11~1/12神奈川県立青少年センターホール(神奈川県県民部文化課045-210-3808、オフサイド045-661-0622)
★瀬戸口郁(作)、西川信廣(演出)、関輝雄、若松泰弘、岸槌隆至『エゲリアー生々流転 岡本かの子』1/10、12神奈川県立青少年センターホール(神奈川県県民部文化課045-210-3808、オフサイド045-661-0622)
    注)『走る女ー国木田独歩の妻 佐々城信子』と『エゲリアー生々流転 岡本かの子』は
      お得なセット券あります

*お問い合わせは( )までお願いします。
by berurinrin | 2008-01-03 11:18 | 外部出演

2007年観劇リスト

新春のお喜びを申し上げます。
 どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

皆様はお正月をいかがお過ごしですか?
私は、うちの3匹のお猫様たちの召使に徹して過しております(笑)
では、去年の観た作品などをリストアップしてみました。

<1月>
東京二期会オペレッタ『こうもり』全3幕
『ステッピングアウト』
こまつ座『私はだれでしょう』
<2月>
SHOW-GO 『12(twelve)「十二人の怒れる男」より』
オペラ工房『フィガロの結婚』
文学座本公演『初雷』
<3月>
新国立劇場小劇場『コペンハーゲン』
メジャーリーグ『ハムレット』
地人会『ブルーストッキングの女たち』
加藤健一事務所『特急二十世紀』
文学座付属研修科卒業公演『萩家の三姉妹』
花組芝居『かぶき座の怪人』
<4月>
俳優座プロデュース『壊れた風景』
兵庫県立ピッコロ劇団『場所と思い出』
モダンスイマーズ『回転する夜』
クラクラプロデュース『恥ずかしながら、グットバイ』
こまつ座『紙屋町さくらホテル』
文学座研修科生発表会『愚者には見えないラマンチャの王様の裸』
<5月>
語り芝居の会『で.え.く』其の九
文学座本公演『ぬけがら』
シアターコクーン『薮原検校』
LEMON LIVE『WOMAN』
<6月>
加藤健一事務所『モスクワからの退却』
文学座アトリエの会『数字で書かれた物語』
文学座アトリエリーディング公演『天才バカボンのパパなのだ』
文学座アトリエリーディング公演『AとBと一人の女』
文学座アトリエの会『犬が西むきゃ尾は東』
<7月>
文学座アトリエリーディング公演『にしむくさむらい』
ミズキ事務所プロデュース『黄昏のメルヘン』
シアターコクーン『お気に召すまま』
マシュマロ・ウェーブ『YOU ARE HERE』
THEATRE SENT NOBLE『愛の勝利』
小澤征爾音楽塾オーケストラ&合唱『歌劇・カルメン』
『紙風船』・『女優達』
<8月>
東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル』
文学座ファミリーステージ『若草物語』
文学座研修科合同勉強会『風と黙ってすわってて』
文学座研修科合同勉強会『零下62度』
<9月>
文学座研修科生発表会『クラス会』『雨空』『祭りの出来事』
劇団M.O.P『エンジェル・アイズ』
東京二期会オペラ『仮面舞踊会』全3幕
文学座+青年団自主企画交流シリーズ『the real thing』
久保田万太郎の世界『雪の音』『不幸』
らくだ工務店『戦争にはいきたくない』
新国立劇場『アルゴス坂の白い家』
<10月>
文学座研修科生発表会『山脈』
東京イボンヌ第1回公演『無伴奏』
巣林舎『佐々木先陣』
文学座+青年団自主企画交流シリーズ『その行間まで、100km』
新国立劇場『たとえば野に咲く花のように』
SANYO HALLスペシャルシアターVol.7傑作劇フォーラム『ガラスの動物園』
<11月>
負味第2回公演『七人ぐらいの侍』
文学座本公演『殿様と私』
あうるすぽっと杮落とし公演『海と日傘』
俳優座プロデュース『家族の写真』
シアターコクーン『カリギュラ』
劇団NLT『オスカー』
新国立劇場『異国の唄』
新国立劇場オペラトーク『カルメン』
こまつ座『円生と志ん生』
シェイスクピアシアター『ペリクリーズ』
メジャーリーグ『野鴨』
STNP公演『油単』
布袋寅泰TOUR2007-2008
文学座研修科生発表会『家を出た』
<12月>
新国立劇場オペラ劇場『カルメン』
文学座アトリエの会『華々しき一族』『かどで』
アンサンブル・ヴァレンティvol.6『クリスマスコンサート』
ジョゼの外套#1『いつかのまんが道』

昨年は合計70本。いっぱい素敵な作品との出会いがありました。
一番の収穫はクラッシック・・オペラとの出会いです。
皆様は如何でしたでしょうか?
この中で、私のベスト5・・・う~ん、順番はつけられませんが
『コペンハーゲン』『紙屋町さくらホテル』『恥ずかしながら、グットバイ』
『戦争にはいきたくない』『モスクワからの退却』
う・・どれも心に沁みる作品でした。

文学座が入ってないって?!。えへへっ、だって文学座はすでに大好きなんですもん。
by berurinrin | 2008-01-02 12:53 | 観劇感想