<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こまつ座第82回公演『紙屋町さくらホテル』

こまつ座第82回公演『紙屋町さくらホテル』 in 俳優座劇場(4/29)

作   井上ひさし
演出 鵜山仁
美術 石井強司

終戦後昭和12年12月。
一人の男性=長谷川清さん(辻萬長さん)。
「A級戦犯として逮捕して欲しい」と、
巣鴨プリズンへと連日のように訪れてきます。
そして、対応に現れたのは旧知の針生武夫さん(河野洋一郎さん)。
二人は、ひょうんな事からお互いの本名を偽って入隊した
移動演劇隊“さくら隊”の活動へと思いをはせていきます。
それは戦争末期の原爆投下直前の広島での出来事でした。

去年の夏、紀伊國屋ホールからメインキャストも変わっての
新たな移動演劇隊「さくら隊」です。
前回、あまりにもわたしにとって戦争モノの観劇作品が重なった上に
かなり衝撃と感動を受けてしまったこの作品です。

戦争末期、いつアメリカが日本に上陸してくるか?
休まる事無くB29の警戒警報が鳴り続ける戦争下・・その中で
三日後の公演の為に、稽古を続ける移動劇団さくら隊の姿を追っています。
とは云うものの、若い俳優達は戦争に赴き、さくら隊のメンバーは
ほとんど素人集団。右往左往しながら団結していく姿に胸がキュンとなります。
本来は面白おかしく・・となる処なのでしょうが、笑いと悲しみが小波の
ように私の心に迫ってきました。
それは、暗転になると紙屋町さくらホテルのセットの上部の部分
「巣鴨プリズン」の鉄格子のセット、その鉄格子が丸く・・そう・・
「広島ドーム」のようなアーチを描いている姿が浮かび上がり、
彼らの今後の姿を予感してしまうのです。
残酷な事です。
その結末は、パンフレットにしっかり記載されています。

文学座からは、特高の刑事さんで自ら任務の為に「さくら隊」に
入隊する戸倉八郎さん(大原康弘さん)いや~な特高の刑事さんが、
段々芝居に目覚めて本来の人の良さが表れてくる姿が、とても素敵でした♪
そして誰に対しても鋭い突っ込みをするホテルの経営者の熊田正子さん
栗田桃子さん)。ぽんぽん広島弁で語る彼女の何事にも
真っ直ぐな姿に癒されたり泣かされたり・・

初日に拝見しましたが、カーテンコールではスタンディングが起きる程の
感動と熱気に補助席まで埋まっていた客席は包まれていました。
終演後のロビーで、鵜山さんがお客さまとお話されてる姿・・・
わぁぁぁぁ~♪と、思いましたが、私の顔は涙でぐしょぐしょ(><)
遠くから目礼をして劇場を後にしました。いやぁ~鵜山さんかっこよかった♪

前売りは完売されてるそうですが、当日券は必ず販売するそうです。
ぜひ、ぜひ、ご覧になって下さいませ~☆彡


~5/5まで in 俳優座劇場
by berurinrin | 2007-04-30 22:57 | 観劇感想

文学座のブログができました!!!

な.な.なんと!!!文学座の公式ブログができました!!!
その名も「文学座Offical Biog
文学座の情報発信基地として、素敵な情報が満載されることと思います!!
要チェックでございます!!!

うふっ♪嬉しいです!ブログ~!感謝します
by berurinrin | 2007-04-28 10:09 | イベント

今夜です!『ゆれる車の音~九州テキ屋旅日記』

今夜放送ですよぉ~!!4/27(金)NHKBS2深夜0:05~2:10
文学本公演『ゆれる車の音~九州テキ屋旅日記
作:中島淳彦 演出:鵜山仁
出演:角野卓造田村勝彦たかお鷹塩田朋子ほか
お見逃しなく~!!!!
by berurinrin | 2007-04-27 07:30 | 文学座公演情報

日生劇場+文学座ファミリーステージ『若草物語』

文学座70周年記念/日生劇場国際ファミリーフェスティヴァル2007参加
日生劇場+文学座ファミリーステージ『若草物語』のお知らせです

原作     ルイザ・メイ・オルコット

脚本・演出 高瀬久男

出演 川辺久造、高瀬哲朗、大滝寛、城全能成、田中宏樹、中島慶典、
    藤側宏大、山森大輔
    南一恵、中川雅子、山本郁子、高野智美、佐藤麻衣子、頼経明子
    尾崎愛、渋谷はるか、岡崎彩、鈴木亜希子、牧野紗也子、渡辺文香

日時 8/17(金)14:00
    8/18(土)11:00/15:00
    8/19(日)11:00/15:00

料金 S席(1F・グランドサークル)大人6,000円/こども(中3以下)3,000円
    A席(2F)大人4,000円/こども(中3以下)2,000円

チケット取り扱い  日生劇場03-3503-3111(10時~18時)
            チケットぴあ0570-02-9999
            CNプレイガイド0570-08-9999
            イープラス

問い合わせ    文学座03-3351-7265(10時~18時/日祝除く)
           日生劇場03-5303-3111(10時~18時)

文学座ファミリーシアターが装いも新たに、日生劇場に現れます♪
キャストを見てびっくりしたのが、新準座員2名、研修科生が7名参加です。
とは云うものの、研修生の方々も発表会を重ねている彼らです。
光る演技を見せてくれるに違いありません(きっぱり!)
素晴らしいベテランの方々とどんなコラボレーションを魅せてくれるのでしょうか?
今からとっても楽しみです♪日程は3日間と短いので、今から手帳にチェックを
お忘れないように(*^_^*)
by berurinrin | 2007-04-24 20:56 | 文学座公演情報

モダンスイマーズ『回転する夜』

モダンスイマーズ・THEATRE/TOPS提携公演『回転する夜』
                             in THEATRE/TOPS(4/21)

作・演出 蓬莱竜太

風邪を引いて、熱を出しているノボルさん(津村知与支さん)はプータロー生活。
体調を心配してしるのは義理の姉千穂さん(高田聖子さん)。
ノボルさんは、寝ている間に見た夢の話をします。
それは、初めてお兄さんのサダオさん(古川悦史さん)が千穂さんを連れて
来た日の話でした。

モダンスイマーズ・・・初見でしたが、なかなか硬派で素敵なユニットですね。
蓬莱さんといえば、かなり人気の高い作家さんですが
なるほど~と、うなずける独特な世界観をお持ちの方です。
独自の世界なので、判りづらい?なんて事はありません。
ちゃんと「ヘンゼルとグレーテル」のように、道にパンを落とすように
観る私たちにそっと目印をつけてくれています。
あの時、こうしとけばよかったな・・・とか
もしも、この一言を言う事ができていたならば・・と、誰もが後悔している
出来事は、必ず誰もがあるはずです。
それが、もし過去に戻ってその時の行動や言葉を直す事が出来るなら
で、マズったら、また直せるなら・・・それでもまた直しちゃえるなら(笑)
都合が良過ぎるんじゃないのっ!!って、言われそうですが
一人の青年の生き方が変わるなら
それによって周りの彼に対する姿勢を変えることが出来るなら
なんて素敵なことでしょう♪

古川悦史さんは、ノボルさんが欲しかったもの全てを手に入れた
お兄さんを演じています。
貿易商を営む裕福な家庭。
建築家になりたい兄と貿易商を継ぐために勉強中の弟。
ところが実際は兄が貿易商を継ぐことに・・

でもお兄さんの欲しかったものとノボルさんの欲しかったものが同じだとは
限りません。お兄さんなりの苦悩が、言葉の端々に溢れそうになって
いる姿に熱いモノを感じました。
度を越した悪友達に対する姿をみても、人付き合いの上手い人なんだなあ
っと、ノボルさんには悪いのですが、お父さんの人を見る目は正しいと(笑)
だからこそ、ノボルさんに対して怒りを爆発させるシーンは圧巻でした。
ノボルさんを殴りながら、自分が叩かれているように
ゆがんだサダオさんの表情・・きっとお兄さんは優しい人なんでしょうね。
ラスト、自分の部屋から出たノボルさんに向かって
窓からの光をさえぎって、ぬっと手を挙げる古川さんの長い手が
とても熱を帯びてるように見えた私です。

~4/30(月) in THEATRE/TOPS
by berurinrin | 2007-04-22 14:11 | 観劇感想

兵庫県立ピッコロ劇団公演『場所と思い出』

<別役実祭り>
兵庫県立ピッコロ劇団公演『場所と思い出』 in 俳優座劇場(4/20)

作  別役実
演出 松本修

古ぼけた電信柱、そしてバス停には、ベンチがひとつ。
見知らぬ町にやってきたセールスマンの男1(孫高宏さん)は、
親切な女1(安達朋子さん)にバス停に案内してもらいます。
バスを待つ間、女1からあれやこれやと世話を焼かれている間に
女1と知り合いの女2(木全晶子さん)が通りかかります。
女性二人の親切がエスカレートしていくうちに、一組の夫婦がやって来ます。
かれらに翻弄されながらも、バスを待つ男1。
それでもバスはまだ来ません。

人生二度目の別役作品です(笑)
人生初と二度目の間隔が短っ!まーまーこれもめぐり合わせですね。
そして、初ピッコロ劇団です。
文学座研修科43期を卒業され、ピッコロ劇団に入団された中川義文さんから
お声を掛けて頂き拝見する事ができました。ありがとうございます♪
研修科時代の中川さんと云うと、めがねがトレードマークで
老け役から青年まで、一度彼の舞台を観ると脳にインプットされてしまう程
印象的でした。でも演技はとっても丁寧に、ひとつひとつ積み重ねて
自分のものにしていくんだろうな~と、その姿に好感が持てる中川さんでした。
っと、当日会場にて手渡された、ピッコロ劇団の機関紙「into(イントウ)」を
めくっていくと、「劇団員あれこれ」のコーナーで
ワインを片手に中川さんの写真が(笑)う~全然変わってない(爆笑)
いつか近い将来、ピッコロ劇団の本拠地で彼の芝居を観てみたくなりました。
また遠征したいな~♪

おおっ、感想が・・・
またまた不思議な世界です。
TVドラマの「世にも奇妙な物語」の様なお話しです。
知らない土地、町の人は妙な連帯感があって、
よそから来たセールスマンの男性は嵐のように彼らの行動に巻き込まれて、
飲み込まれ、やがては吐き出されてしまいます。
そのセールスマンはまさに「noといえない日本人」。
それにしても、彼はこの町を抜け出す事ができたんでしょうか?
休憩無しの1時間30分。
わたしも彼らに飲み込まれました(笑)

この日の客席に、文学座六月アトリエ会『犬がにしむきゃ尾は東』に
ご出演する倉野章子さんがいらしていました。素顔の倉野さん・・失礼になるかも
しれませんが、笑顔もその姿もなんて可愛らしいお方でしょう♪

4/19~4/22まで in 俳優座劇場
by berurinrin | 2007-04-20 11:10 | 観劇感想

俳優座プロデュース公演『壊れた風景』

<別役実祭り>
俳優座プロデュース公演『壊れた風景』 in 俳優座劇場(4/14)

作   別役実
演出  山下悟

道があって、中央にはビーチパラソル。
蓄音機からは音楽が流れ、ビーチパラソルの下では、
ピクニックの食材が積まれたまま、何処に行ったのでしょうか?
そこへ女1(山本郁子さん)と母(塩屋洋子さん)が通りかかります。
地図を見ながら場所を確認中の母娘の前に、駅に向う男1(伊東達弘さん)、
マラソン中の男2(佐々木睦さん)、そして女2(津田真澄さん)と
夫の男3(関貴昭さん)がひょんな事から
、ビーチパラソルの下でピクニック?!

初、別役実作品でございます。
こんなに早くお目に掛かるとは思いませんでしたが(笑)
これも一つの出会いかもしれませんね。
別に別役さんを避けていたわけじゃないのですが、観る機会もなかったし
その以前から、ある人に「君には別役作品は、肌に合わないかもね」といわれ
ふーん、そうなんだ。と、逆に興味はふつふつと・・でも機会がなかったんですよぉ
(ウソをつきました。避けてましたm(_ _)m )
だって、暗い暗いって皆んな言うし、不条理ばっかって言うんだもん。
不条理ものは、いくら作品を理解しようと思っても、限界があって
それはもう、作家の感性だから・・と、言われたら、もうぐうの音も無い訳で
知りたがり屋の私としては消化不良になる事が多々あったりするもんです。
けれども、自分の理解の度を越した不条理ものは、大好きなんですけどね。
う~ん。

登場人物たちは、曖昧で優しい日本人です。
親切でメガネをリュックの中から取り出したら壊れていた。
自分が壊したわけじゃないけど、弁償しましょうと、言ったり
主の居ないピクニックの食材を、みんなで平等に少しだけ頂いたり
ありそうで、なさそうな・・微妙な世界感。
で、彼らの言葉に主語がありません。
「ほれ、アレじゃありません」とか「だから、アレってことで・・」
なんとなく責任を押し付けつつ、避けつつ・・押し返しつつ(笑)
だんだんエスカレートする情けない人たち、皆でアレすれば怖くない状態です。
ところが最後に男4(岸槌隆至さん)の登場で、びっくりのラストです。

観終わった後、なんともやるせないこのやり場のない思い。
それは、彼らの言葉や行動を理解できてしまう同じ日本人のDNAを
自分も持っているからなのかもしれません

4/6~15まで in 俳優座劇場
by berurinrin | 2007-04-18 21:01 | 観劇感想

4月の観劇予定とか・・

なんか最近寒いですね。
でも季節は春っ!この寒さ~とか冷たい雨~とかに負けずに
日々楽しく生きて生きたい今日この頃でございます。
...と、すでに4月に突入していますが、今月の観劇(しちゃった)予定など

・研修科生の発表会『愚者には見えないラ・マンチャの裸の王様』
 研修科生の発表会のアトリエの客席は、常に熱風が吹いています。
 舞台から発せられる暑さ対策は必須かも・・

・わたしにとって、初の別役実氏作品『壊れた風景』です。
 文学座からは、山本郁子さん、岸槌隆至さんがご出演♪

・こまつ座『紙屋町さくらホテル』鵜山仁さん♪演出作品です。
 去年の私のベスト1!どんな時代、どんなに世情が変わっても、
 人は生きる為に 楽しみを失ってはいけないと思います。
 すべての演劇ファンに捧げられる素敵な作品です。大原康裕さん、
栗田桃子さんがご出演です。

・初モダンスイマーズといえば古川悦史さんがご出演の『回転する夜』
 興味を持たれた方は、ぜひ古川さんのH.Pでご確認を♪古川さんの
 ご好意でチケットの確保もしてくださいます。

・クラクラプロデュース『恥ずかしながらグッドバイ』
 去年文学座本公演『ゆれる車の音』の作家中島淳彦さんの作品です。
 『酒坊ちゃん』『エキスポ』『兄妹どんぶり』とか
 かなりわたしのツボにハマッた作家さんです。
 文学座からは角野卓造さん(笑)この組み合わせだけて、
 おかず無しでご飯が食べれます(笑)

後は、すでにUPしてしまいましたが、鵜山仁さんの日仏学院での対談や
アトリエでの別役実さんのシンポジウムなんかちょっと難しい事にも参加しつつ
脳のシワを少しでも保たないと(笑)
by berurinrin | 2007-04-17 23:24 | 日常

文学座六月アトリエの会ー別役実のいる宇宙・・・新旧書下ろし連続上演

<文学座六月アトリエの会ー別役実のいる宇宙・・・新旧書下ろし連続上演>
数字で書かれた物語ー「しなう團」顛末記

演出 高瀬久男

美術 石井強司

出演 中村彰男、大原康裕、浅地直樹、横山祥二、林一高
    太田志津香、川畑智子

犬が西むきゃ尾は東ー「にしむくさむらい」後日譚

演出 藤原新平

美術 石井強司

出演 小林勝也、角野卓造、田村勝彦、沢田冬樹
    吉野佳子、倉野章子

日程 6/15(金)~7/5(木)

場所 文学座アトリエ

前売開始日 5/14(月)

全席指定 1作品4,000円/当日4,300円

お問い合わせ・文学座  TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝除く)

チケット取り扱い 文学座    TEL.0120-481034(10:00~17:30/日祝日除く)
           チケットぴあ TEL.0570-02-9988
           
<別役実作品リーディング集>
主催 別役実を読む会
企画 文学座アトリエ委員会

天才バカボンのパパなのだ

演出 望月純

出演 高瀬哲朗、藤川三郎、鈴木弘秋、細貝弘二、栁橋朋典
    藤堂陽子、山本郁子、添田園子、頼経明子

日程 6/18(月)pm7:00

AとBと一人の女

演出 望月純

出演 加納朋之、上川路啓志、瀧田陶子

日程 6/25(月)pm7:00

にしむくさむらい

演出 森さゆ里

出演 林秀樹、原康義、松井工、田中由美子、八十川真由野、松山愛佳

日程 7/2(月)pm7:00

場所 文学座アトリエ

予約開始日 5/21(月)

全席自由 1作品1.000円

予約/お問い合わせ・文学座  TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝除く)

また、7/1(日)公演終了後に別役実さんやゲストの方を招いてのシンポジウムが
開催されるそうです♪
by berurinrin | 2007-04-11 20:49 | 文学座公演情報

シンポジウム『別役実ワールドと文学座アトリエ』

シンポジウム『別役実ワールドと文学座アトリエ』 in 文学座アトリエ(4/9)

文学座創立70周年記念のラインナップの中に
アトリエにおいて、別役実さんの作品新・旧書下ろし作品の連続公演が上演されます。
去年の年明けに、アトリエの会公開シンポジウム『現代演劇、その地平に見えるもの・・・』
(現代と演劇、その可能性、その手法について)に続いての第2弾シンポジウムの開催です。
現在、俳優座劇場を舞台に「別役実祭り」と題され、別役さん新作を含めた
3本連続公演中でもあり、その期待度がわかる程の客席はほとんど満員状態でした。

ギリギリでアトリエに到着すると、見た目はちょいワル(笑)もとい激ワル風・・
でも実はとっても優しい高橋克明さん(『ぬけがら』のお父さん最高ですよ!ぜひ♪)に
「どうぞ、どうぞ」と入り口に誘われ、ロビー入ると一面に別役さんの
ポスターチラシが飾られています。受付には山本道子さんがいらして
ノートに筆ペンで記帳をしてから、客席に案内されました。

舞台にはアトリエでの別役作品といえば、電信柱!とイメージされる方がいらっしゃるほど
有名な電信柱に国旗のように、別役作品のチラシがはためき
バックには、ポスターが飾られた別役実さん一色の中
2部構成でのシンポジウムスタートです。
総合司会は田村勝彦さん、富沢亜古さんです。

第一部は別役実さんと演劇評論家の扇田昭彦さんを中心に
別役さんと文学座との出会いから、別役さんの生い立ち
作風や作品の組み立て方。。今までわたしは別役作品にご縁がなかったのです。
実は、避けていましたm(_ _)m だって、不条理とか暗いイメージで(><)
なので、作品を知ろうとする為にも、すごく興味深く拝見させて頂きました。
別役さんは、飄々とした雰囲気ですがぼそっと語る冗談とも本心とも判断できない
言葉が面白くて、偶然お隣に座られておられた角野卓造さんが
肩を震わせて笑っていらっしゃる姿にこちらまで釣られて笑ってしまいました。

別役さんの作品には、その時代の事件や世相を題材にし、生活感や情感に
溢れた和風な不条理劇が持ち味だそうです。
食事のシーンなど生活空間を大切にしている細やかさ。
そして「人間程みじめなものはない」というコンセプトが底辺に流れている
別役さんの作品は、いつの時代も観る人の心に引っかかる何かを
残しているようです。
そんな、別役さんの作品の題材としている事件と今後の作品について
ということで、お話がありました。
最近は大きな事件が多すぎて、かつては大事件といわれたであろうものも
今や出来事として処理されて、ドラマ性も見えてこない事が多い
事件よりも、年間約3万人もの自殺者が出てきている底辺の闇の部分
対人関係の変化を追跡していきたい・・と、これからもバリバリな別役さんでした。
興味深かったのは、作品を書かれるときにまず風景から・・
例えば『壊れた風景』という作品だと
道があって、中央にパラソルを置いて・・・と、情景から入っていくそうです。

第二部は、別役さん、扇田さんに続いて、文学座での別役作品にご出演され
新作『犬が西むきゃ尾は東』にご出演予定の小林勝也さん角野卓造さん、
吉野佳子さん、倉野章子さん。演出の藤原新平さん、高瀬久男さんが
舞台に登場されて、別役作品の思い出やこぼれ話を披露して下さいました。
倉野さんが、舞台でアップにしていた髪がはらりと落ちた瞬間に頭が真っ白になって
台詞を忘れてしまった時のエピソードやその時に一緒だった角野さんの
当時のあわてぶりが、めちゃめちゃ可笑しくて(笑)
今や大女優の倉野さんにもそんな事があったんだぁ~と、驚きでした♪

2時間強のわたしにとっては実り多かった今回のシンポジウム。
でも、知らないんですよね別役作品(><)っと
わたしのように初別役作品の方には嬉しいニュースです。
別役実作品のリーディングが公演されます。
詳細は次回ご連絡いたします。

さて、シンポジウム終了後
椅子を片付けている座員の方に混じって鵜山仁さん発見!きゃー嬉しい
その後も嬉しい出来事があったり(これは内緒♪)
先週に引き続き幸せモンの私でございます。
by berurinrin | 2007-04-10 18:17 | イベント