文学座本公演『初雷』

文学座本公演『初雷』 in 紀伊國屋ホール(2/24)

作  川崎照代
演出 藤原新平
美術 石井強司

津田理子さん(倉野章子さん)は、バリバリのキャリアウーマンでしたが
幼い子供二人と兄・篤志さん(清水明彦さん)を残し亡くなった姉の替わりに
あっさりと仕事を捨て、家事と子育てに専念しました。
・・・そして15年の歳月が過ぎ
智子さん(上田桃子さん)、潤一さん(桑原良太さん)も成長し、そろそろ一人立ち。
そして理子さんも、自分の自立の事を考え始めます。

今年初の文学座公演始まりました~!!

どれもこれも奥の深い台詞が一杯です。
その台詞を言葉にされる役者陣も本当に素敵な方々ばかり・・・
胸に染み入る美しい言葉がたくさんちりばめられています。
でもその言葉は、私たちが普段使い慣れている言葉ばかりです。
何気なく使う日常の言葉に、どれだけ両親、家族の思いの詰まった言葉に
私は耳を傾けていたのかな・・・って、なんかとっても泣きたくなりました。
場面ごとに、ぎゅっ、ぎゅっときちんと丁寧に描かれていて
見ごたえ十分、しっかり心に訴えかえてきます。
温かくて切なくて・・・・何度も観たくなる・・とっても、とっても素敵な作品です。

初日の幕が上がったばかりなので、これ以上は今は内緒にしますね。
また改めてUpします。

さてこの日のチケットもぎりのお手伝いをされておられたのは
昨年末H.H.Gで大活躍された櫻井章喜さんと細貝弘二さん♪
チラシを手渡してくれたのは、ヨリちゃん♪頼経明子さんでした。
そしてパンフレットのコーナーにはのびクン・・・西岡野人さんの姿も!!
やっぱ劇団の公演って、どきどきするほど嬉しくて興奮しちゃいます♪

~3/5(月)まで in 紀伊國屋ホール
c0023954_23101357.jpg

画像については事前に劇団の許可を頂いています。無断転載はなさらないで下さいね★
by berurinrin | 2007-02-25 20:50 | 文学座観劇感想

『初雷』稽古場見学

もう春かしらん??と、思い違いをしようなぽかぽか陽気の平日の午後
初雷』の稽古場見学に参加する為、アトリエへとやってきました。

アトリエの扉の先には、でーんとしつらえた居間のセット。
ほぼ紀伊國屋ホールと同寸大だそうです。
ベニヤに囲まれた居間の中に、ベニヤでしつらえたTV発見(笑)
多分液晶TVっぽい・・初めて見ました。

全7場のうちの拝見したのは・・・
これから色んな出来事が起こる予感たっぷりの要素が詰まった
第4場からのお稽古を見学です。
この日は初の通し稽古がある為にちょっと緊張気味のアトリエの風景。
とは云うものの、毎回稽古場訪問をするたびに感じるのですが
皆さんってば、すんごく明るいんです。
ひとつの家族のような、和気藹々としたやわらかい空気が流れています。
稽古の途中でも、面白いシーンでは笑い声も起きるし(時には爆笑も)。
そんな楽しい雰囲気の延長から始まったお稽古~!!

「じゃあ、そろそろ・・」という時に「ちょっと待ったぁ!」と早坂直家さん
そそくさと影に隠れて咳払い・・
すると、倉野章子さんが「(早坂さん)緊張してるぅ(笑)」
お芝居のスイッチが入ったスカート姿の倉野さんが
何か持ちながら舞台に立つと
「4場からです」
倉野さん「?!」と、一瞬固まってから・・
「やだぁ(笑)始めからだと思ったぁ・・スボンに穿きかえなきゃ・・
いやだぁ・・(照~)」と、めちゃめちゃ恥ずかしがりながら・・
(この表情ってば、超可愛かったぁ♪)
そそくさと退場。

「ピンポーン」と、来客の呼び鈴から始まりました。
登場したのは、研修科一年生の桑原良太さん。
アトリエの会『オトコとおとこ』にもご出演されていました。
けれども、本公演初舞台の彼。かなりの緊張とプレッシャーで大変そうですが
とっても出演者の皆さんに可愛がられていました。

さて、このお宅に訪れたのは、早坂さん。何やらふたりのやり取りがあってから
早坂さんが帰られます。その後に、倉野さんが外出先から戻ってきて
桑原さんとちょっと言い争い・・・。そして倉野さんが一人になってっと。

と、ここで演出の藤原新平さんのダメ出しを拝見させて頂けました。
座りながらもリアクションされながら指導される藤原さん。
藤原さんの演出はしつこい(良い意味ですよぉ)と伺っておりましたが
目はとっても優しそうです。
ペンを持って、舞台の端に座る倉野さんと桑原さん
二人の会話のシーンで、なかなか自分の中で上手く表現できず
頭を抱える桑原さんに、「**を**しながら会話するのはどう?」なんて
倉野さんがアドバイスされると、パントマイムでその場でやってみる桑原さん
劇団ならではの先輩後輩の交流を感じます。
なんか・・いいなあぁ~いい感じです。

そして、も一度4場のシーンが繰り返されます。

「ピンポーン♪」
颯爽と登場する早坂さん・・・すべてが様になるというか、大人の色気がある俳優さんです。
かっこいい・・・です。先ほどの場面では、ちょっとずっこけたシーンがあって
そんなお茶目振りも、それもまた素敵でしたが(笑)
さて、早坂さんと入れ違いに倉野さんと桑原さんの会話。
桑原さん、倉野さんのアドバイスを取り入れてパントマイムで**を**しながら・・
(**の部分は今は内緒にしておきますね♪)
おおおっ、二人の空気ががらりと変わります。
こうやって、一場面一場面と丁寧に作り上げていくんだなあ・・

ご出演の傍らプロンプさん役もこなされておられるのは、上田桃子さん。
今回登場シーンを拝見することは叶いませんでしたが
真剣に舞台と台本を見つめる姿・・
上田さんの小さな体から発する熱いコトバ・・私大好きなんです。とても楽しみです♪

お稽古を見学する前に、出演者の自己紹介があって
その際に主演の倉野章子さんのご挨拶で
女優業をお休みされて出産・育児に専念されていたご自身が
14年間の休座から前作『野分立つ』が復帰を果たした作品であったという事や
『野分立つ』の数々の思い出を、あの温かい口調で話して下さいました。
そんな姿は少女のように可憐で美しいです。
思わず同性ながら見惚れてしまいます。

主婦でもあり育児を体験された倉野さんの“普通の主婦”の感覚を
重ね合わせながら、観終わった後に何か心に残りそうな予感たっぷりの作品・・
『初雷』・・・この題名から、そしてこの作品から私は何を感じ取ることができるんでしょうか。
そしてご覧になられる皆さんの心に・・・

早く観たいっ・・・う.う.待ち遠しい・・・・・。
by berurinrin | 2007-02-12 20:36 | 稽古場/舞台裏話

オペラ工房版『フィガロの結婚』 in MUSICASA(2/10)

原作        P・A・C・ド・ボーマルシェ
台本        ロレンツォ・ダ・ポンテ
作曲        モーツアルト
訳詞        堀内敬三
編曲        堀大輔
音楽監修・制作 小城登
高生・演出    吉兼保

アルマヴェーヴァ伯爵(桝谷裕さん)、伯爵夫人ロジーナ(飯原道代さん)の
使用人フィガロ(宮田景介さん)とスザンナ(鈴木佳奈さん)は、婚約しています。
幸せ一杯の二人の前に、廃止したはずの初夜権を復活させようと目論む伯爵。
嫉妬深いくせに浮気ものの伯爵に頭を悩ます伯爵夫人。
思春期で女性の事で頭が一杯の小姓のケルビーノ(竹野智子さん)
フィガロに恨みを持つ医師ドン・バルトロ(上川路啓志さん)とフィガロとの結婚を望む
女中頭マルチェリーナ(沢海陽子さん)・・・
果たして、二人は無事に式を挙げられるのでしょうか?

人生2度目のオペラでございます(笑)
ところが、今回はちょっと趣向が変わって、出演者はほとんど俳優さん。
文学座本科を卒業された、懐かしいお顔を拝見する事ができます。

重ねてオペラ(笑)でございます。
みなさん歌っておられます。でも、声楽を勉強された方々ではないのです。
ところがどっこいちゃんと伝わってくるんです。
言葉を一言ずつ丁寧に音楽に乗せて伝えようとする気持ちが
しっかり受け止められます。
残念ながら舞台装置が、シンプルすぎて場面転換の際に
ちょっとわからないところもありましたが・・
でも出演者達の懸命で真摯な姿に圧倒されてしまいました。

文学座からは、上川路啓志さんがご出演でした。
どちらかと言うと敵役で、実はフィガロのパパだった・・というオチがあるのですが
「父じゃ♪」と歌う姿っていうか、表情が最高(笑)でした。
元々身体が大きくて、深い声を持つ上川路さんです。イケていました。
そして、上川路さんの同期で卒業生の金子加於理さんは
ケルビーノと仲良しのバルバリーナ役です。
しっかりソロで歌っています♪また、この歌声が超可愛い~~☆彡
加於理ちゃんを始め文学座を離れてても、自分の道を突き進みながら
頑張ってる姿を実際に目にすることは嬉しいことです。

すったもんだの末のフィガロの結婚の物語。
その後日談が、地人会『フィガロの離婚』・・成長したケルビーノ
城全能成さん)のあの姿を思い出し笑いをしながら、
代々木上原駅までの坂を歩いたのは私です。

2/10(土).11(日) in MUSICASA
by berurinrin | 2007-02-11 12:06 | 観劇感想

文学座付属演劇研究所46期卒業公演

<昼間部>

『からゆきさん』

作   宮本研
演出 坂口芳貞

日程 3/2(金)18:30
    3/3(土)14:00/18:30
    3/4(日)14:00

<夜間部>

『人魚伝説』

作   鄭義信
演出 高橋正徳

日程 3/9(金)18:30
    3/10(土)14:00/18:30
    3/11(日)14:00 


注)一部を除きダブルキャストになっています。

入場料 1,000円(全席自由)

於    文学座アトリエ

問い合わせ 03-3351-7265(文学座付属研究所)
by berurinrin | 2007-02-05 08:55 | 文学座公演情報

SHOW-GO Produce vol.2『12(twelve)』 in THEATER/TOPS(2/3)

「十二人の怒れる男」より~
原作     レジナルド・ローズ
翻訳     額田やえ子
脚色/演出  和田憲明

父親を殺したとされる18歳の青年の裁判が終わったばかりです。
「有罪」か「無罪」か?裁定を委ねられたのは12人の一般人達からなる陪審員。
「有罪」となれば、青年は死刑が求刑されます。
少年の生死は12人の判断にかかってきます。
唯一つの条件は12人全員一致の結果を出すこと。
でも裁判の状況証拠は明らかに有罪。12人による話し合いが陪審員室で始まります。

鍵の掛かったドア、開かない窓・・湿度の高く、汗が滴る12人が籠もる暑い小部屋。
すでにイライラの局地の状態から彼らの話し合いが始まります。
舞台を挟んで見下ろすように客席が作られていますので
彼らのやりとりを、あっちからこっちからと覗き見感覚で拝見することになります。

ふと気がつくと、心の中で
「あ~、もう(怒)あの、おじさんうるさい!!」とか
「もうちょっと人の話を聞きなさい(怒)」
「そっかぁ~~☆彡なるほどぉ・・」
「そうだ!するどい!」・・・
すっかり、13番目の陪審員気取りになっていた自分です(恥かしい・・・)
前に座っていた男性が何度と無く、前のめりになってしまうほど
彼らの壮絶な話し合いバトルに引き込まれてしまった方が多かったことか・・
場面は変わらないのですが、照明が暗くなると
客席からも、ため息が漏れるほど緊張した芝居でした。
あっという間の2時間弱ではありましたが、見ごたえたっぷりの舞台です。

さて、文学座からは古川悦史さんのご出演です。
毎回ながら、古川さんのご出演の舞台はどんな役柄を演じられるかマジ想像がつきません。
その上どんどん芝居の場を広げられる姿勢・・かっこいいじゃありませんか♪ね。
時に、冷たい光で人を刺す様に見えるその眼差しが、今回は寂しそうに・・そして
柔らかく光り、穏やかに優しく人を諭す口調。こういう姿にもなれる人なんですね。
・・・・・かっこいいです。素敵です。
暑い中、一旦は脱いだジャケットをまた着直して参加する姿に
誠実な人柄を見て取れた十二人の中の一人です。
ぶくっとした笑顔(←とても魅力的です)も最高です♪

そーいえば、陪審員の中に『ハルちゃん』で、古川悦史さんと共演された
鈴木歩己さんがご出演でしたね。濃かったです(笑)
心の中で「うるさい!」と言ってしまってごめんさい。ついのめり込んでしまいました(笑)

~2/4(日) in THEATER/TOPS
by berurinrin | 2007-02-04 12:20 | 観劇感想

文学座付属演劇研究所研修科卒業2006年度卒業公演『萩家の三姉妹』 
                                   in 文学座アトリエ(2/3)

作   永井愛
演出  高瀬久男

と、ある地方都市の旧家「萩家」には、三人の娘がいます。
家を相続して、父の代からのお手伝いさんにお給料を払う独身の長女は
大学でフェミニズム教えています。
実家の近くに住む次女は、歯科医の夫との間に子供が二人を持つ専業主婦。
三女はいわゆるフリーター。
この三姉妹。。。なかなか恋愛に関しては、上手く付き合えないようで
長女は4年間の不倫の末、相手の妻が妊娠してしまったり
三女にいたっては、二人の男性と関係を結んでも平然としています。
そして次女は・・・。
季節が変わるごとに「萩家」の三姉妹の生き方も変化していきます。

とうとうこの時期がやってきました。
第44期生の卒業公演です。
それにしてもこの44期生・・本当に個性豊かな面々で(笑)
それゆえ静かな芝居だと、ちょっと静かになりすぎる感じがしましたが
『天保十二年のシェイクスピア』のような群集劇に対しては
個性と個性がぶつかり合って、すごい火花を魅せてくれる・・ダイナミックで力強い
個人技が光り輝く、本当に器の大きな役者の揃った集団でした。

このラストに選んだ『萩家の三姉妹』
登場人物たちが、またこれが、くせもの揃いで(笑)個性的。
まさに彼らに打ってつけの作品となりました。
え.え.えぇ???っと、先の見えないストーリーに驚いたり、笑ったりと
彼らが全力で立ち向かった芝居です。
繊細な心の揺れや細やかな動き、大胆な表現力。
何から何まで・・・・素晴らしい出来栄えでした。
作品としてみても未熟さの微塵も無く全く見劣りしません。
途中2回程、大掛かりなセット変えがあるのですが
薄ぼんやりした中で、セットを変える研修科生の姿の手際の良さにも感動です。
すべてをひっくるめて、その感想を口に出すなら
「すげーすげー。マジ面白い~!!」
・・・失礼しました。いやぁ~でも、興奮しましたぁ。
いつもは、涙がこぼれるようなカーテンコールも、個性的な彼らの事ですから
ちょっと違って・・
はにかんだような笑顔、爽やかな笑顔、満足気な笑顔。笑顔。えがお。エガオ。

そんな彼らも明日で本当に卒業です。
お疲れさまでした。そして、これからの44期生の未来に心からのエールを!!!!

2/2(金)~4(日) in 文学座アトリエ
by berurinrin | 2007-02-03 00:18 | 文学座観劇感想

2.3月の主な外部出演

★原康義、高瀬哲朗、鍛治直人、星智也、高橋礼恵『コリオレイナス』1/23~2/8彩の国さいたま芸術劇場大ホール(彩の国さいたま芸術劇場048-858-5511)2/13~18梅田芸術劇場シアタードラマシティ(梅田芸術劇場06-6377-3888)2/23~27メルパルクホールFUKUOKA(RKB毎日放送事業部092-852-6606)3/9~11愛知厚生年金会館(キョードー東海03-3341-8151)
★古川悦史『12(twelve)~「十二人の怒れる男」より』1/31~2/4THEATER/TOPS(THEATER/TOPS03-3350-9696)
★鈴木弘秋『メアリースチュアート』2/1~4新国立劇場小劇場(日本劇団協議会03-3341-8151)
★松井工『ヨコハマ・キネマホテル』2/13~19横浜ランドマークホール2/22~25東京丸ビルホール(横浜夢座事務局045-661-0623)
★浅地直樹『THE LIVE for maruse~ザ・ライブ・フォーマルセ』2/19シアターX(コメディーオンザボード03-3460-5778)
★古坂るみ子『バラ戦争』2/20~25タイニィ・アリス(桜会03-3401-4403 )
★塾一久、横田栄司『ひばり』2/7~28Bunkamuraシアターコクーン(Bunkamura03-3477-3244)
★新橋耐子『MIKOSHI~美しい故郷へ』2/8~12東京グローブ座2/16大阪厚生年金会館芸術ホール(ゼクシード03-578-7040)
★松本祐子(演出)、吉野佳子『マーヴィンの部屋』2/21~28本多劇場(劇団東演03-3419-2871)
★栁橋朋典『僕たちの好きだった革命』2/28~3/11シアターアプル(サードステージ03-3772-7474)
★鵜山仁(演出)、今井朋彦『コペンハーゲン』3/1~18新国立劇場小劇場PIT(新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999)
★高橋耕次郎『阿国OKUNI』3/3~29新橋演舞場(新橋演舞場03-3541-2600)4/3~15京都四條南座(京都四條南座075-561-1155)
★金内喜久夫、城全能成『雪まろげ』3/7~31帝国劇場(帝国劇場03-3213-7221)
★石田圭祐『ほしあい星遭井戸命洗濯』3/8~22三越劇場(アーティストジャパン03-6820-3500)
★仲恭司、中村彰男、若松泰弘、神野崇、奥山美代子、佐古真弓『ブルーストッキングの女たち』3/9~21紀伊國屋ホール(地人会03-3354-1279)
★浅野雅博『特急二十世紀』3/14~28本多劇場(加藤健一事務所03-3557-0789)
★清水幹生、戸井田稔、今村俊一、沢田冬樹『恋の骨折り損』3/16~31彩の国さいたま芸術劇場大ホール(彩の国さいたま芸術劇場048-858-5511)
★本山可久子、名越志保『雪/蛇』3/16~22六行会ホール(六行会03-3471-3200)
★西川信廣(構成・演出)瀬戸口郁(脚本)、関輝雄、富沢亜古『走る女ー国木田独歩の妻 佐々城信子ー』3/17~18神奈川県民ホール(神奈川県文化課045-210-3808)
★たかお鷹『カスパー』3/22~31SPACE107(メジャーリーグ03-5949-4690)
★松本祐子(演出)、亀田佳明『なつのしま、はるのうた』3/28~4/1「劇」小劇場(椿組03-3202-1350)
★菅生隆之『マクベス』3/29~31りゅーとぴあ4/3~5国立能楽堂(りゅーとぴあ025-224-5521)
★吉兼保(演出)上川路啓志『opera 「フィガロの結婚」 オペラ工房版』2/10~11ムジカーザ(小城 048ー474ー4742)


*お問い合わせは( )までお願いします。
by berurinrin | 2007-02-02 22:27 | 外部出演

2月の観劇予定とか・・

あっという間に2月に突入しました。
さて、今月の観劇予定です。

古川悦史さんご出演の『12(twelve)』
文学座付属研究所研修科第44期生卒業公演『萩家の三姉妹』
演劇企画集団THE・ガシラ『セルロイド』
上川路啓志さんご出演のオペラ工房オペラ『フィガロの結婚』
そして
文学座本公演『初雷』です~☆彡

オペラ『フィガロの結婚』については、上川路さんの同期で研修科43期卒業生の
金子加於理さんもご出演です。詳細は、リンクさせて頂いてる加於理ちゃんの
A SPOONEUL OF SUGAR
H.PへGOでございます。

そして、リンクを追加させて頂きました。
舞台に立つ姿はため息が出るほど、きりっと美しい女優さんです。
そして舞台から一歩降りると、にか~っと笑顔の飾り気の無い素敵な女性・・
山崎美貴ホームページ
山崎美貴さんのご自身のH.Pです。
ご自身そのままの優しさが伝わるH.Pとブログ・・とっても温かいサイトです♪
by berurinrin | 2007-02-01 10:16 | 日常