<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こまつ座第81回公演『私はだれでしょう』

こまつ座第81回公演『私はだれでしょう』 in 紀伊國屋サザンシアター(1/27)

脚本 井上ひさし
演出 栗山民也
音楽 宇野誠一郎

昭和二十一年東京。
脚本班分室長で元アナウンサー河北京子さん(浅野ゆう子さん)を中心に
山本三枝子さん(梅沢昌代さん)と脇村圭子さん(前田亜季さん)は、
今日もラジオ放送番組「たずね人」のコーナーで読み上げる原稿と格闘中・・それは
戦争によって、はぐれてしまった親や兄弟の手掛かりを得ようと、山のように来る手紙。
手紙を原稿に直したものを、放送原稿を事前にチェックするのは、
放送用語調査室主任・佐久間さん(大鷹良明さん)。
そして放送前原稿を検閲するのは、米の調査機構である新任の
CIE(民間情報教育局)のフランク馬場さん(佐々木蔵之介さん)・・・。
ある日、山田太郎?と名乗る男性(川平慈英さん)がやって来ます。
「たずね人・・・・。わたしにも、たずねたい人がいます。わたしは・・私は誰でしょう?」

話題の井上ひさしさんの新作(苦笑)です。
補助席さえも満席・・熱気溢れる客席&人と花の香りで一杯のロビーです。

残念ながら、このラジオ放送を私は知りません。
母に、昔のラジオ放送の「尋ね人」って知ってる?と、聞いてみたところ
「今の「個人保護法」なんて、へそで茶を沸かしちゃうほど
個人情報出しまくりで、放送していたわよ。
それだけ必死で藁をもすがる思いの人たちが多かったのよ。
・・靴磨きの少年・・駅にたくさん居たなあ・・・」
・・そうなんだ。
井上さんの作品で、いつも感じるのは
目の前で繰り広げられる表現される舞台のその先・・・切なくも想いを馳せる
エンディングのその後・・
そして、舞台のセットとして、山のように積み上げてある
「尋ね人」を探す人々からの想いの詰まった封書。
「原爆」という「被爆」という、言葉を放送に乗せられない為に
封も開けられない広島や長崎からの手紙の束・束・束。

こんなに優しく耳に流れてくる音楽と共に入ってくる心にぐっとくる台詞の数々。
素敵な作品を・・チケットを持っていたにもかかわらずに観る事が叶わなかったお客さん。
これは罪ですよ。井上さんってば、いい加減に反省してください!

~2/25(日) in 紀伊國屋サザンシアター

*「すばる」(集英社)3月号に上演台本が記載されるそうです。
by berurinrin | 2007-01-28 11:34 | 観劇感想

『ステッピングアウト』

『ステッピングアウト』 in 博品館劇場(1/20)

脚本     リチャード・ハリス
作詞     マリー・スチュワート・デヴィッド
作曲     デニス・キング
演出・振付 竹邑類
翻訳     高橋知伽江

イギリスの田舎町。
週一度行われるのは、タップダンスの教室。
指導するのは、過去にミュージカルスターを夢見ましたが、ミュージシャンとの恋の為に
夢を諦めたメイヴィス(前田美波里さん)。そして口は悪いけれど、メイヴィスのよき理解者
ミセス・フレイザー(山本道子さん)のピアノの伴奏で、今日もレッスンの最中です。
集う生徒達は、それぞれ参加目的が異なり、タップダンスはそっちのけ状態。
そんな時、チャリティショーの参加の話が舞い込みます。

「ちゃらららん、ちゃららん、ちゃらちゃららちゃらららん♪・・・わん!」
そう(笑)・・有名なミュージカル『コーラスライン』の超庶民版のお話です。
カルチャースクールのノリのようで、てんでバラバラのステップを踏んで
こっちで転んで、あっちでぶつかって・・ここでは愚痴って、喧嘩して・・・
そんな彼らは、心に悩みや行き場のない苦悩を抱えて
このダンス教室でストレスを発散しているようです。
そして皆のチャリティショーへの参加という目標が決まると全員団結!とは
上手く進まず、相変わらずステップが揃わない・・
その上メイヴィスは、私生活の問題を抱えてイライラが爆発してしまいますが
ここに集う人たちは、みんな悩みを持つ者同士。
心の傷みにはとっても温かい、いたわりを持ってまとまっていきます。
そしてラスト・・・自然に笑みがこぼれるシーンの数々・・温かい感動
素敵なお話です。

文学座からは、山本道子さんと山崎美貴さんがご出演です。

絶妙のタイミングで毒舌を吐くミセス・フレイザーの山本道子さんは
メイヴィスの良き理解者な割には、駄々っ子のように甘えたり(笑)
とても人間味溢れる人物を道子さんならではの温かみを加えて演じられておられます。
冒頭から歌声も披露されます。これが作品の導入部としてとても素敵です。
でも、もし・・・できることならダンスも拝見したかったですぅ♪

家では母の介護をしながらも元気な女性ドロシーを演じるのは山崎美貴さん♪
伸びやかな歌声とタップダンス・・・・上手い!!
元気なドロシーは、普段の美貴さんの気さくな笑顔を思い出します。
それにしても毎回ながら、美貴さんのチャレンジ精神には頭が下がります。
時には、サックスを吹きこなしたり、男性になってピアノを爪弾いたり
年下の男性を誘っちゃう人妻とか・・それを軽く魅せちゃう凄さ!すごい努力の方です。
だからこそ舞台に立たれる美貴さんの姿は、より輝いてみえるのでしょうね~☆彡
きっと次回も、何かびっくりさせられるんだろうなって
そんな美貴さんの舞台は侮れないし、観ないわけにはいかなくなってしまいます(笑)

~21(日)まで in 博品館劇場
1/28(日)県民共済みなとみらいホール(横浜市)
by berurinrin | 2007-01-21 11:42 | 観劇感想

東京二期会オペレッタ『こうもり』

東京二期会オペレッタ『こうもり』全3幕  in 神奈川県民ホール(1/13)

作曲     ヨハン・シュトラウス2世
訳詞     中川悌一
台訳/演出 加藤直
指揮     沼尻竜典

19世紀のウィーン。
こうもり博士とあだ名されるファルケ博士(黒田博さん)は、
友人のアイゼンシュタイン(大野徹也さん)に、仮面舞踏会で「こうもり」の扮装
をしたまま酔いつぶれ、そのまま外に置き去りにされた過去を持ちます。
その時の屈辱を忘れられず、復讐の機会を狙っています。
その名も「こうもりの復讐」
と、ある日、アイゼンシュタインが役人を殴って刑務所に入ることになります。
そこでファルケ博士は、刑務所に行く前にお金持ちのオルロフスキー公爵(手嶋眞佐子さん)
の夜会に誘います。実はそこで復讐をしようと企てているのです。
さて、その夜会にはそれぞれ名を変えた妻、夫、女中、刑務所長と入り乱れてっと・・・。

初オペラでございます♪
ずっとオペラは敬遠しておりまして、いっくら鵜山仁さんが演出しても
「ちょっと・・」と思っておりましたが、今後も演出作品があるだろうし
鵜山さんに「一生ついていきます」宣言をしてしまったからには、
もう避けてはいられないと・・まあ、そんなミーハーな理由から
去年辺りからコツコツと、何か良い作品があれば観たいと思っておりました。
そんな折、お誘い頂いたのがこの作品。
以前ご紹介をさせて頂いたオペラ辞典を、ぱらぱらっとめくってあらすじを追ってみると
あらあら、お惚けおじさん達のおもしろ可笑しな喜劇じゃないですか♪
おちゃめなおじさん達がやり込められて、ラストは大団円~☆彡
きっとこれなら大丈夫。初心者に優しそうだし(笑)
ということで、拝見させていただきました。

座席は2階の最前列。照明がぽつぽつと、ゆっくり落ちると
静かに指揮者の方が現れ、客席からは大きな拍手。
大きく身体を揺らしながら指揮をされる指揮者の方の姿やオーケストラの動きと
音楽を意識しながら、舞台に立つ歌い手達に魅入りました。
あんなにも歌える方々が、芝居をして、踊って・・
そのダンスがマジ楽しい(笑)微笑ましい・・
完璧に合ってはいないんですが、すごく上手いわけではないんですが
各自の魅せ方が上手いんです。
女性のドレス捌きも見事です。
そして、シンプルなのにゴージャスなセットが、これまた美しい・・雰囲気も最高です。
会場は残念ながら、満席ではなかったんですが
皆で楽しもう、楽しませよう♪という熱気というか雰囲気がばんばん伝わってきて
本当に素敵な時間を過ごすことが出来ました。

昨今のミュージカルの大仕掛けに辟易されておられたら
ぜひ一度、オペラの世界へ足を踏み入れては如何でしょうか?
アナログで、キュンとなる温かいノスタルジックな世界へ

だちょんさん♪誘ってくださってありがとうございます。
次回もまた楽しみにしています。
近い将来、だちょんさんの歌声も聴きたいです♪

1/13(土)、14(日) in 神奈川県民ホール
c0023954_1453823.jpg

by berurinrin | 2007-01-14 13:57 | オペラ

加藤健一事務所Vol.64『詩人の恋』(横浜演劇鑑賞協会第222回) 

加藤健一事務所Vol.64『詩人の恋』(横浜演劇鑑賞協会第222回) 
                           in 神奈川県立青少年センターホール(12/15)

作 ジョン・マンカス
訳 小田島恒志
訳詞 岩谷時子
演出 久世龍之介

第二次世界大戦後のウィーン。
アメリカ人のかつては神童といわれたピアニストのスティーブン(畠中洋さん)は、
音楽の壁に阻まれ自分のピアノが弾けなくなっています。
悩んだ末、ある教授に救いを求めたところ、ピアノが下手な声楽家マシュカン教授
(加藤健一さん)のレッスンを受けるように勧められます。
ピアニストのスティーブンなのに歌唱指導から入るマシュカン教授に、
反発しながらも互いの才能を認め合い、国籍や年齢を超えて共鳴していく二人・・・。
そして、ある事から二人のつらい過去の出来事が・・・。

「のだめカンタービレ」終わっちゃいましたね(涙)楽しかったのぃ
おまけの将軍様こと今井朋彦さんのコマーシャルも楽しかったのにぃ(涙)
お正月休みは、大人買いした漫画を一気に読んで、のだめワールドを満喫しておりました。
千秋先輩・・いいっすね♪
あっ、すみません(><)話がどうも軽くなって・・ピアノ繋がりってことで・・・

えっと(笑)話を戻してって、と
とっても見ごたえのある二人芝居です。
『詩人の恋』は、音楽劇となっているようにショパンの「詩人の恋」を
ベースに、詩人の悲しみ、怒りをマシュカン教授の歌唱指導により、
スティーブンさんが自分自身に置き換え導き出して吐き出していきます。
彼らの苦しんだ時代はすでに終わっていますが、その体験は今でも彼らの心に暗い影を
残し、時折顔を覗かせ彼らを飲み込みます。
実際は、察するに余りあるほどの苦しみや絶望を体験してきてしまったこの二人の
痛みを理解することは到底出来ませんが、深刻になりがちなこのドラマ・・
加藤健一さん自身のキャラクターが、元来笑いのセンスを持ち合わせているだけに
ふとした瞬間にこぼれるのコミカルな側面が、とても素敵です。
そして畠中洋さんとの息もぴったり・・・
音楽劇・・・そう、二人ともとても美しい声で聴かせてくださいます。

加藤さんのコメディ作品はどうもドタバタになりやすいので、
今後も心に訴えかける作品に笑いのスパイスを与えてくれる
こういう素晴らしい作品を提供してくれたら嬉しいなぁ・・と、思っていましたら
次回はコメディ・・・・。
でも、文学座の浅野雅博さんがご出演ならばっ!もちろん観ますデス。
詳細は、リンクさせて頂いてる浅野さんのブログ産直あさの通信へGOでございます。
他にも、加藤健一事務所・・今年は注目しています♪

毎公演終演後に、舞台化粧そのままに加藤健一さんと畠中洋さんが劇場ロビーに現れて
パンフレットを購入された会員さんたちに、その場でサインをして下さいました。
受付をお手伝いした私。最後に私もサインを頂いちゃいました♪

c0023954_22543719.jpg

by berurinrin | 2007-01-11 23:10 | 観劇感想

1月の観劇予定とか・・

勤労が始まったと思いきや、またまた3連休・・嬉しいです。
年明け早々の観劇始めは、念願のオペラ♪

私の1月の観劇予定は
東京二期会オペレッタ『こうもり』を筆頭に
山本道子さん、山崎美貴さんご出演の『Stepping Out~ステッピング・アウト』
こまつ座『私はだれでしょう』
以上を予定しています。
今年も文学座を中心とした、芝居中心の観劇となりそうです。

そして、明日から1年間、大河ドラマといえは内野聖陽さん『風林火山』始動開始です。

そして1/20(土)からは、文学座本公演『初雷』の前売開始です。
脚本は川崎照代さん、演出は藤原新平さん。
このお二人のゴールデンコンビよる家庭劇。
久々に文学座の家庭劇・・素敵です★
実は、このお二人によるユニットSTAMP『油単』は、2005年の横浜演劇鑑賞協会
企画部のあまたの作品の中でベスト1の作品となりました。
(2007年11月例会作品決定!!)
『油単』は、ロールキャベツ・・・そして
『初雷』は、お弁当がテーマだそうです。
お見逃しのないように~!!
by berurinrin | 2007-01-06 14:13 | 日常

2006年のベスト・・・

・・・・っと、思ったのですが、選べな~い♪困ったぁ(><)
ワーストは選べるんですが(笑)・・それは止めときましょう。
地元演劇鑑賞協会の運営委員の企画部に入っているために
自分だったらまず観ない(すみません)だろうなあ。。という作品も拝見し、
「観ず嫌いもいけないな」とか、「あーやっぱり(自分には)合わない(><)」とか思ったりも
しましたが、結論は
やっぱ誰が何と言おうと、文学座はいい!」以上です(笑)
文学座以外で、順番はつけられませんが、面白かったのはいくつか・・

『兄おとうと』
『紙屋町さくらホテル』
『評決』
『薔薇』
『フィガロの離婚』
『ハルちゃん』
『酒坊ちゃん』
『東京原子核クラブ』
『遭難』 
『あのやさしい夜のなかへ』

『あのやさしい夜のなかへ・・』は、感想をUP出来ていなかったのですが、
倉野章子さん演じる、死期の迫ったわがまま勝手な作家の年の離れた妻・・
口は悪いけど、思いやるお互いの愛情の形が切なくって・・
倉野さんの義理の息子の恋人役の佐古真弓さんもハマっていて
冒頭の黄色のワンピース姿がとても綺麗で、はっきりした現代女性を
かっこよく演じられていました。
物語りも宗教的な会話から、笑いあり、涙もあり、ドンデン返しあり、と
シリアスな題材な割には、とっても見ごたえがあって、よかった。よかった。

さて今年は、念願のオペラデビューを果たすのが目標です。
これは、去年購入したオペラ辞典です。
(「新グローヴ・オペラ辞典」白水社)
ちょっと高かったのですが、ストーリーがとっても詳しく載っていて
暇があればめくっていました。
c0023954_1525481.jpg

by berurinrin | 2007-01-04 15:55 | 日常

文学座付属演劇研究所研修科卒業公演『萩家の三姉妹』

文学座付属演劇研究所研修科発表会『萩家の三姉妹』のお知らせです

作   永井愛
演出  高瀬久男

日時 2/2(金)18:30
    2/3(土)14:00/18:30
    2/4(日)14:00

場所 信濃町/文学座アトリエ

入場料 1,000円

ご予約/お問い合わせ 文学座03-3351-7265
(満席になり次第、予約は終了となります)

とうとう卒業公演を残すのみとなりました44期生達。
彼らが研修科一年生になった時の発表会の演目は
チェーホフの『三人姉妹』でした。演出も同じく高瀬久男さん・・
個性的でアンサンブルが強みの44期生の最後の舞台です。
お見逃しの無いように!
by berurinrin | 2007-01-03 21:47 | 文学座公演情報

2006年観劇リスト

<1月>
東宝ミュージカル『ベガーズオペラ』
こまつ座第七十九回公演『兄おとうと』
劇団民藝『明石原人ーある夫婦の物語』
<2月>
文学座本公演『湖のまるい星』
H.H.G公演『死んだ女』
H.H.G公演『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』
劇団青年座公演『評決』
文学付属研究所研修科卒業公演『アイスクリームマン―中産階級の劇的休息』  
<3月>
語り芝居の会『で・え・く』其の七
演劇企画集団THE・ガジラ『ひかりごけ』
加藤健一事務所Vol.62『エキスポ』 
茂山狂言会『シテやったり太郎冠者』
サイスタジオ公演vol.17『著名人』『行きずりの人たちよ』
文学座3月アトリエの会『エスペラント~教師たちの修学旅行の夜』
<4月>
劇団昴公演『チャリング・クロス街84番地』
新国立劇場小劇場『カエル』
TPT『皆に伝えよ!ソイレントグリーンは人肉だと』
クリネリZERO FACTRY Vol.8『春と爪』
新国立劇場小劇場『マテリアルママ』
布袋寅秦ライブ『25th ANNIVERSARY ALL TIME SUPER BEST TOUR』
<5月>
文学座ファミリーシアター『アラビアンナイト』
新国立劇場小劇場『やわらかい服を着て』
文学座+青年団自主企画交流シリーズ『地下室』
文学座+青年団自主企画交流シリーズ『チェンジングルーム』
文学座+青年団自主企画交流シリーズ『卵』
文学座+青年団自主企画交流シリーズ『忠臣蔵』
文学座+青年団自主企画交流シリーズ『お月さまへようこそ』
文学座+青年団自主企画交流シリーズ『職さがし』
Colore Produce Vol.1『ハルちゃん』
クラクラ・ブロデュース/劇団道学先生vol.16『酒坊ちゃん』
次世代を担う演劇人育成公演劇団青年座『衣装』『薔薇』
劇団新感線『メタル☆マクベス』
<6月>
Studio Life 『トーマの心臓』
演劇集団キャラメルボックス『俺たちは志士じゃない』
6月アトリエの会『オトコとおとこ』
劇団 東京ヴォードヴィルショー『竜馬の妻とその夫と愛人』
<7月>
ボーダフォンPresents『あわれ彼女は娼婦』
文学座有志による自主企画公演『背中から40分』
地人会第102回公演『フィガロの離婚』
俳優座プロデュースNO.72『東京原子核クラブ』
新国立劇場小劇場『夢の痂』
演劇集団円『Faust』
<8月>
巣林舎第4回公演『出世景清』 
翔企画『LOOT~薔薇と棺桶』 
文学座有志による自主企画公演 久保田万太郎の世界 第四回『あぶらでり』『片絲』 
文学座付属演劇研究所研修科発表会『二号』
H.H.G公演<3 KNOCKS#2>『パ・ド・ドゥ』
H.H.G公演<3 KNOCKS#2>『赦せない行為』『蝶のやうなわたしの郷愁』
こまつ座第80回公演『紙屋町さくらホテル』
<9月>
TPS第19回公演『VANYA at Lat.N43北緯43°のワーニャ』
劇団前進座『銃口』
俳優座プロデュースNO.73『夜の来訪者』
劇団青年座公演『夫婦レコード』
文学座本公演『ゆれる車の音-九州テキ屋旅日記-』 
日豪交流年公式事業ドラマ・リーディング『溺れる花嫁』
文学座付属演劇研究所研修科発表会『天保十二年のシェイクスピア』
<10月>
二兎社『書く女』
文学座有志による自主企画公演アビコカルピズ『裸足』
京楽座公演『破戒』
劇団、本谷有希子第11回公演『遭難』 
五大路子一人芝居『ある剣劇女優の物語』
劇団俳優座『黄金色の夕暮』
シアター21『あのやさしい夜のなかへ』
2NK PROJECT『ハムレット』
<11月>
文学座付属演劇研究所研修科発表会『冬の入り口』
文学座創立70周年記念公演『シラノ・ド・ベルジュラック』
祥子&Radish『Lagacy蒼き地球』
地人会第103回公演『飢餓海峡』
パルコ『トーチソングトリロジー』
TPT『黒蜥蜴』
<12月>
12月アトリエの会『AWAKE AND SING !!』
H.H.Gポケットシアター『オルビー作”動物園物語”より』
H.H.G公演vol.9『愛しのメディア』
H.H.G公演vol.9『冬のサボテン』 
加藤健一事務所『詩人の恋』
劇団俳優座『野火』
劇団四季『ライオンキング』

チケットは99枚・・・。
去年拝見したお芝居の中で、どんな作品が印象に残りましたか?
わたしは・・・えへへっ♪
by berurinrin | 2007-01-02 17:46 | 観劇感想

1,2月の主な外部出演

★江守徹(演出)、今井俊一、藤川三郎、佐藤麻衣子『あかね空』1/2~27中日劇場(中日劇場052-263-7171)
★森さゆ里(演出)、松井工『FOLLOW ME』1/11~14中野/ザ・ポケット(ぷれいす03-5468-8113)
★山本道子、山崎美貴『ステッピングアウト』1/18~21博品館劇場(博品館劇場03-3571-1003)
★原康義、高瀬哲朗、鍛治直人、星智也、高橋礼恵『コリオレイナス』1/23~2/8彩の国さいたま芸術劇場大ホール(彩の国さいたま芸術劇場048-858-5511)2/13~18梅田芸術劇場シアタードラマシティ(梅田芸術劇場06-6377-3888)2/23~27メルパルクホールFUKUOKA(RKB毎日放送事業部092-852-6606)3/9~11愛知厚生年金会館(キョードー東海03-3341-8151)
★古川悦史『12(twelve)~「十二人の怒れる男」より』1/31~2/4THEATER/TOPS(THEATER/TOPS03-3350-9696)
★西川信廣(演出)『ミュージカル棟方志功 炎じゃわめぐ』1/5~8東京芸術劇場中ホール(わらび座関東事務所048-286-8730)
★鈴木弘秋『メアリースチュアート』2/1~4新国立劇場小劇場(日本劇団協議会03-3341-8151)
★松井工『ヨコハマ・キネマホテル』2/13~19横浜ランドマークホール2/22~25東京丸ビルホール(横浜夢座事務局045-661-0623)
★浅地直樹『THE LIVE for maruse~ザ・ライブ・フォーマルセ』2/19シアターX(コメディーオンザボード03-3460-5778)
★古坂るみ子『バラ戦争』2/20~25タイニィ・アリス(桜会03-3401-4403 )
★塾一久、横田栄司『ひばり』2/7~28Bunkamuraシアターコクーン(Bunkamura03-3477-3244)
★新橋耐子『MIKOSHI~美しい故郷へ』2/8~12東京グローブ座2/16大阪厚生年金会館芸術ホール(ゼクシード03-578-7040)
★松本祐子(演出)、吉野佳子『マーヴィンの部屋』2/21~28本多劇場(劇団東演03-3419-2871)
★栁橋朋典『僕たちの好きだった革命』2/28~3/11シアターアプル(サードステージ03-3772-7474)

*お問い合わせは( )までお願いします。

あけましておめでとうございます!
今年もたくさんお芝居観れたらいいなぁ・・・♪
by berurinrin | 2007-01-01 13:54 | 外部出演