文学座ファミリーシアター『アラビアンナイト』 in 全労済ホール/スペースゼロ(4/30)

脚色 ドミニク・クック
訳   鴾澤真由子
演出 高瀬久男

昔々のお話です。
ある日、王様シャハリヤール(早坂直家さん)は愛するお后様(名越志保さん)の
不義を目撃してしまいます。
お妃様を処刑し、愛する事と笑う事を忘れてしまった王様は、一夜だけ新たなお后を
迎え、翌朝処刑する事を繰り返します。人々が恐怖に震える中、
王様の新たな后となった美しく賢い娘シャハラザート(目黒未奈さん)が、
彼女の命と引き換えに語る千と一夜の物語。
シャハラザートが話を語り終えた時、王様の心は・・・。

「アリババと四十人の盗賊の話」や「船乗りシンドバットの冒険」など
子供の頃に聞いた物語。。ほどんど忘れかけていたお話ですが、どれも心が弾む
素晴らしいお話です。そして、人間の生と死。愛や嫉妬、復讐。。
面白くってわくわくする冒険や情けないお話。とてもリアルで恐怖を感じる挿話もあります。

最近の昔話は、現代の子供に合わせてストーリを変えてしまっていると聞きます。
けれどもこの『アラビアンナイト』の世界は、
決して子供の目線に落としているわけではありません。
人の持ち物を盗んだらどうなるか?
人を殺してしまったらどうなるか?
物語の顛末は、現実の世界に共通する教訓です。
そんな<ファミリーシアター>という、文学座の演目のカテゴリーの中にしっかりと
根付き始めたシリーズは、大人も子供も親子も夫婦、カップル。。
そう・・誰もが観て感じられて楽しめるように仕上がっていました。

拝見しながらとっても嬉しくなった私です♪いい作品って、観てて嬉しくなります。
俳優達は全力疾走で舞台上を駆け回ります。
ベテランから若手までの見事なチームワークと個々の技の競演でもあります。
ミュージカルでも芝居でも音楽劇でもない、でも網羅してる不思議な舞台です。

~5/7(日)まで in  全労済ホール/スペースゼロ(新宿)

c0023954_23381683.jpg

画像については事前に劇団の許可を頂いています。無断転載はなさらないで下さいね★
ポスターは2006年バージョンです。
by berurinrin | 2006-04-30 23:45 | 文学座観劇感想

『マテリアルママ』 

シリーズ「われわれは、どこへいくのか?」②
『マテリアルママ』 in 4/26(新国立劇場小劇場THE PIT)

車のセールスマンのイクオさん(仲村トオルさん)は、傷つけない為にと・・
家の中に娘の車を置いているサワさん(倉野章子さん)の家に足繁く通っては
車のメンテナンスをしたり、留守を預かったり・・・
そんな様子を、隣に住んでいるイシガキさん(岩松了さん)は面白くなさそうです。
ある日、イシガキさんから二人の変な噂を吹き込まれたイクオさんの
妹トキエさん(伊藤歩さん)が、イクオさんを取り戻そうと乗り込んできます。

なんだか不思議なお話です。そして、とっても妖しい香りのするお話でもあります。
四人にしかわかりえないであろう密接して絡んでる感情の繋がり。
二組の男女しか理解できない密閉された関係
サワさんとイクオさん・・・・・。
家の中の畳の上に居る身動きできない窮屈な籠の鳥の車の存在の違和感が、
そのまんま彼ら全体に感じる妙な違和感として常に意識させられます。
またくるくると回り舞台を多用しての、場面展開のスピード感が
なんとも観客の心拍数を上げてドキドキさせられるので、
何気ない会話のやり取りも緊張感で一杯です。

岩松了さんの戯曲をご覧になった方ならお分かりだと思いますが
「こうなんじゃないのかなあ?」って、思ってみると「ふぅん、そう感じるんだぁ?」って
逆に問いかけられそうな、あやふやな部分がとても多いので
ついつい「絶対乞うなんじゃん!(浜っ子なので・・)」とムキなってみれば
やっぱり「ほぉ、そう思うんだぁ・・・」と、煙に巻かれる始末です(笑)
今回も劇場で販売していた戯曲を購入してしまいました
(なんと、岩松了さんのサイン入り!です)

それにしても素敵なのは倉野章子さん!
私にとって、この方のご出演の芝居は見逃せないんです。
目に涙を溜めて訴える静かな言葉の問いかける姿。終盤の時恵さんとのやり取りの
緊迫感・・・可愛さと清楚で無邪気な色気を使い分ける倉野さんの演技に目が離せず
気が付いたら、やっぱり倉野さんばかり目で追いかけてる自分がいました。
実は今回は、最前列のセンターでの観劇だったので
倉野さんのつま先からの動きまで、しっかり目に焼きついてしまったのですが
本当に美しい立ち姿、動きの柔らかさなんでしょう。。
わたしの大好きな女優さんです。
『偶然の音楽』」に続いて私にとって2度目の仲村トオルさんは・・・
やっぱりまだ芝居の動きの仕草のぎこちなさが目に付いてしまって・・う~ん。
でもでもかっこいいですね♪

~5/4(木)まで in 新国立劇場小劇場THE PIT(初台)
by berurinrin | 2006-04-29 11:37 | 観劇感想

クリネリZERO FACTRY Vol.8『春と爪』 in 下北沢駅前劇場(4/21)

作  大岩真理
演出 森さゆ里

古いスナック「つくしんぼう」。住み込みで働く有子ママ(山本郁子さん)の元に
甘えるように転がり込んで数年経つ幼馴染の紗代さん(高橋理恵子さん)。
この日、紗代さんの為に有子ママはロウソクを7本立てた手作りケーキを用意していました。
もう夜中・・隅には泥酔しているかずくん(佐藤里真さん)・・片付けをしていると、
馴染み客の千葉さん(平川和弘さん)や流しのギター弾き尾頭さん(浅野雅博さん)
スナック「つくしんぼう」に人が全員揃った時に、7本のロウソクの秘密が解き明かされ・・

お芝居が始まる前、終演直後に「ぷくぷくぷく・・」って、水の中に潜った時に感じる
音が会場を包んでいました。まるで登場人物たちは有子ママの世界に潜ってしまった・・
入り込んで演じているような、控えめなのにこの山本郁子さんの存在感。
優しさと包容力と、ふっと微笑む笑顔に狂気の香りを漂わせながら佇む姿・・・
なんて美しいんでしょう。終幕、有子ママの言葉にぞくっとしたのは私だけじゃないはずです!
今時、まっ赤なスカーフをして、ギターの流し(笑)これだけでも笑えるシチュエーションで
掴みはOKなのは、尾頭さんの浅野雅博さん!いやあ、ギター素晴らしかったですね。
歌声も!!文学座の方は歌が上手い方が多いですよね。
いやあ、フルで一曲お願いしたかったです(笑)機会があったらぜひ♪
おとぼけた味わいがありつつも、屈折した微妙な役柄・・浅野さんだからそこ
上手くはまった感じがしました。

お話は、どきどきするような心理的なサスペンスの色合いもありますが
舞台上で全員が揃うとあまりの各人のばらばらな行動が忙しくて、
視線が定まらず、ちょっとぼけてしまったシーンが何度かあったのが残念でしたが
女性同士の微妙な心理の食い違いの滑稽さに、同じ女性として切なく感じた作品でした。

~4/23(日) in 下北沢駅前劇場
by berurinrin | 2006-04-22 12:31 | 観劇感想

実はわたし、蜷川演出がどうも苦手で・・
このブログを読んで下さっている方ならお分かりだと思いますが
殆ど拝見していないのです(汗)文学座の役者が多数ご出演されても
避けてました私・・
蜷川ファンの皆様!ごめんなさい!!!
でも今回、わたしの大好きな作品『あわれ彼女は娼婦』が上演されるという事で
久々に蜷川さんの舞台拝見させて頂きます。

大好きな作品ですが、内容はかなりハードです。
はじめから最後まで心臓がバクバクする作品です。
わたしにとってジョバンニは若々しくて無鉄砲で純粋で破滅に向かう
当時二十歳代の中村彰男さんが最高だったので、今回のキャスティングはどうでしょう???そして、現在も魅力的な彰男さんは本当に素敵な年の重ね方をされています。

文学座で演って頂けるんだったら、内野聖陽さん、浅野雅博さん、長谷川博己さん、
斉藤祐一さん・・まだまだいい役者が・・選べない(><)
う~ん観たい!!

More続きを読んじゃう?!
by berurinrin | 2006-04-16 21:43 | イベント

TPT『皆に伝えよ!ソイレントグリーンは人肉だと』 in ベニサンピット(4/14)

作/演出 ルネ・ポレシュ

CSAT

M 木内みどり
A 中川安奈
Y 池田有希子
H 長谷川博己

これはただの紙です。でもお金(紙幣)です。
お金があれば、なんでも買える。
お金があれば、なんでも変える。
お札がボロボロになったら、銀行に行って新札と替えてもらえばいい。
何でも買って、何にでも変えられるんなら
自分がボロボロなら、銀行に行って取り替えてもらえばいい・・
・・・これはちょっと短絡的ですが、お金があれば整形して美しくなる事は可能です。

いつもは、初めにストーリのあらすじを書いているのですが
この作品ばっかりはストーリーがあるんだか?ないんだか?
題名に含まれている「ソイレント・グリーン」というのは70年代に制作された
SF映画の題名です。
未来の世界は環境汚染でプランクトンが死滅し、人は配給された「ソイレント・グリーン」という
緑色の固形食物を食べるそうですが、実は人肉だったというストーリーです。
そして「グリーン」は紙幣(ドル札)を意味しています。

俳優達はマイマイクを携帯して、マイクを通して囁いています。
自己主張、自己放棄、自己陶酔・・・
なんて自分勝手な4人の意見なんでしょう。自己主張が強すぎて
会話になっていないんですもん(笑)
演技プランとか、役者達は大変だったんじゃないでしょうか?
でも長谷川博己さん、いい体験されましたね。
弾けた姿と、放送禁止用語の連発でびっくりしましたが(笑)

彼らは、感情をあらわにして怒鳴ったり、バカ騒ぎをしたり・・・・
そんな表情を私たちは目の前のスクリーンで、カメラを通した彼らの姿を見ることになります。
彼らはカーテンに覆い隠された小部屋やブルーシートで覆った居間で演じ(?)
私たちはカーテンやブルーシートの隙間から垣間見える彼らの姿を
横目で見つつ、正面のスクリーンを見つめています。
時にはミュージックビデオを観てる様な・・・・
はっきり言って忙しい舞台です。
ベニサンピットという狭いスペースの中で密接した演劇空間を味わいたい思いで
拝見された人は、ちょっと凹んじゃうかもしれませんが
今まで見たことの無い刺激的な演劇芸術として記憶に残る作品である事は
確かだと思います。
作品を理解したかどうか?というと疑問は残りますが
五感に感じる事の大切さを改めて教えられた作品として私にとっては
すごい価値のある作品でした。

それにしても、長谷川さんって本当に綺麗・・・・
面と向かい合いと「すみません!!」って謝りたくなります。
パンフには次回作として、ここでも以前ご紹介した
『トーチソング・トリロジー』に出演と記載されてました。
やはり以前ご紹介させて頂いた『あわれ彼女は娼婦』にしてもアトリエの狭い空間で
観たかったなあ・・ぶつぶつ

~4/16まで in ベニサンピット(森下)
by berurinrin | 2006-04-15 15:59 | 観劇感想

明日は千秋楽という客席が熱気で溢れた公演の終了後
余韻漂うアトリエで、バックステージを拝見してきました。
今回の案内人は去年のアトリエ公演『l焼けた花園』で演出デビューをはたした
いつも穏やかなしゃべり口調の上村聡史さんです!
『焼けた花園』・・わたしの去年のベスト1でした。
また、何かやってくれるはず!ぜひ彼の名前を記憶に留めて下さいね。

舞台は温泉旅館のロビーではなくて本館と別館のちょうど中間の広間?
ちょっとした休憩所のような、旅館にはよくある風景ですね。
まず目に付くのは、正面のあの青森といえば「ねぶた」!そう頼経明子さんが
かくれんぼ(笑)していたあの「ねぶた」です!
これは流石の文学座の美術さん達もお手上げ状態で、本場の職人さんに寸法を伝えて
オーダーされたそうです。材質は布と障子紙・・光が入るとすごくきれいでしたよね。
照明を通すと目が異様な光を帯びていました・・なんと目には蝋が塗ってあるそうです。
気が付かれましたか?(まさに職人技の世界です!)、
そんな頼経さんこと女子高生の郡司さんが「ここ、破っちゃった!」って、
芝居中にカミングアウトしますがちゃんと2重構造になって、強度が付いていました。が、
千秋楽近くにもなると・・・やっちゃったらしいです。椎原克知さんが(笑)
ちょこっと破っちゃたらしいですよぉ・・内緒ですが(笑)

そして舞台を見回すと、目に入るのは東北の自然のポスター達。
しっかり四季を感じさせるポスターは本物で観光局に行って頂いてきたそうです。
それにしても、ポスターの貼り方にしても非常口の案内にしても
飾ってある小物たちにしても「ある!ある(笑)」って笑っちゃうくらい
普通の旅館の風景ですよね~♪
舞台の上手側にある井村君(松尾勝久さん)の隠れていたベンチの傘にしても・・けれども
舞台に適した大きさや柄の長さは、ちゃんと美術さんの力作によるものでした。
普通のものを普通に見せる努力に毎回ながら感動します。

役者泣かせといったら、将棋!!
芝居中に俳優達がとっかえひっかえ、将棋盤に向かっていましたが
実は将棋に詳しいのは、今回は演出をされた坂口芳貞さんお一人のみ。
他の俳優達は??状態だったそうです。
戯曲にも芝居と共に勝負が着く・・・とだけ・・
お稽古中に椎原克知さんが、デジカメでひとコマずつ撮って
プリントして絵として俳優達は頭にインプットしていかれたそうです。
その将棋盤をよくみると、盤上に番号が振ってありました(笑)
難しいですよね将棋・・わたしは駒の動かし方がわからなくて・・
せっかくの機会だと思い、お試しソフトで挑戦中の私PC相手に1勝35敗です!えへん(泣)

芝居中に星先生(高橋克明さん)と交際中の寺村先生(佐古真弓さん)は
煮え切らない星先生の態度に腹を立てて、将棋盤をひっくり返してしまうシーンがあります。
舞台上に散らばった駒達を拾う場面で、ちょうどこの日は、駒の「歩」が客席へ飛んで
しまうハプニングが起こりました。
お芝居は進行して、駒を拾って盤の上に並べて
揃ったところでまた勝負が始まるのですが
笹木先生(田村勝彦さん)の台詞で「(駒が)全部ありましたね」って
わたしも客席からハラハラしながら拝見しましたが、あれ?盤上には駒が揃っていました。

実は、旅館の女将さん(寺田路恵さん)が
添乗員さん(横山祥二さん)が足をくじいたと聞いて湿布薬を持ってくるついでに
予備の駒をそっとテーブルに置いたそうです。
やっちゃったのは高校生の井村くん(松尾勝久さん)!袖に引っ込んだとたん
「“歩”を客席に飛ばしちゃった!!!!」
・・・と、暴露してくださったのはバックステージ中に特別ゲストで参加して下さった。
今回は久々にいい人?!ナイーブな星先生の高橋克明さんでした。
裏ではしっかり連係プレーの成果!
雰囲気のよさがそのまんま芝居にも感じます。

さて次回のアトリエ公演は、ここのアイドル!高橋正徳さんの登場です。
デビュー作「TERA NOVA」に続く第2弾!「オトコとおとこ」
普段はお茶目さんですが、彼の演出は本当にすごい!心にぐわっしときます。
ぜひぜひお楽しみに!!お見逃し無く!
がんばれ!!高橋大演出家(笑)
by berurinrin | 2006-04-09 21:10 | 稽古場/舞台裏話

『カエル』

シリーズ“われわれは、どこへいくのか”①『カエル』 in 新国立劇場小劇場(4/7)

作  過士行
翻訳 菱沼彬晁
演出 鵜山仁

と、あるアジア(多分)の海辺の理髪店。
理髪師(千葉哲也さん)と客(有薗芳記さん)が、髪型について話をしています。
そこへ旅人(今井朋彦さん)が、やってきて散髪を頼みますが
彼らは髪型から時勢へと話続け、なかなか順番が回ってきません。
旅人は散髪をあきらめ、旅立って行きます。
そして数年後、理髪店に旅人がやって来ますが、相変わらず理髪師と客が
髪形について話をしていたのです。

いわゆる不条理ものです。
単純に普通でない、ありえない展開の芝居の事を不条理モノと囲っていますが
このストーリーも、なかなか一筋縄ではいかないユニークさが漂いつつも
環境問題や人災、犯罪・・まさに実際起こった事件を題材に
辛らつな現代批判がたっぷりと散りばめられています。
パンフレットに「とき  現代と未来」と、書かれていますが
そこに「過去」と書き加えたらなぁ・・・なんて思いました。
何度と無く台詞の会話がリフレインされて、今はいったいいつなの?と時間軸が
曖昧にずれていく感覚酔いそうにさせますが、そこはやっぱり鵜山さん♪
要所、要所にしっかり釘を打った演出でドラマ性を持った作品に仕上がっています。
そして旅人の今井さん・・・面白いですね。
なかなか散髪をしてもらえずに最後は仙人みたいになってしまいますが
でも、笑えるくらいお似合いでしたって笑っちゃいました♪
(どんな風貌がご覧になりたい方は、新国立のH.Pに写真がUPされています)
真面目に理髪師と客に時勢を語れば語るほど、話がずれてしまう時の間が最高です!
そして狂女なのか普通なのか田植えをする紅一点の女(宮本裕子さん)の存在が
怪しくてとても惹かれました。
そう、忘れちゃいけないのは、このセット!!なかなかインパクトあります。
すごーくユニークでびっくりしましたぁ、すごかった・・

~4/13(木)まで in 新国立劇場小劇場THE PIT 
by berurinrin | 2006-04-08 22:22 | 観劇感想

文学座のアトリエでは4/2(日)『エスペラント』公演終了後に、
恒例のアトリエ交流会が行われました。
今回は『エスペラント』の作家の青木豪さんを交えて
司会は、旅館『山城屋』の番頭さん?!の製作のIさん♪
ほのぼのムードで始まりました。
舞台と客席の間に椅子を並べて、出演者、演出家、作家が腰を下ろします。

最初は各人の配役と自己紹介から始まり
後は質疑応答となります。
時間が経ってしまったので記憶もあいまいですが、お許し下さい(><)

今回はグリングという劇団の主催者でもあり、作家でもある青木豪さんの
書き下ろしということで、青木豪さんと坂口芳貞さんとの出会いから話が弾んでいきます。
お二人は学校がご一緒で、以前グリングの芝居にご出演もされた坂口さんが
文学座の代表作のひとつでもある『大寺學校』の現代版のようなものを・・
というところから話が始まったそうです。
俳優のキャスティングに対しては、ワークショップから俳優を選び
配役について当てて書いた戯曲に仕上がったそうです。

「題名の『エスペラント』と、付けられた理由は?」
「別に意味は・・(笑)」by 青木豪さん
「チラシに書かれているあらすじと、話が違うようですが?」
「・・(展開が)そうなるかなあって・・でも書いてるうちに違うなって(笑)」by青木豪さん

やはり書き下ろしだけに、戯曲の完成よりも前にチラシの発注の締め切りがあったりと
(司会のIさんのフォローに納得です。)
その後、青木さんのイメージが変わったり、より良い作品を作り出す為に、
ストーリーが変化していったそうです。
でもそう思って、作品とチラシのストーリーを比べてみるのって楽しいですよね。

そのほかにも、芝居には無いのですが
初々しい高校生カップルの恋の馴れ初めについての質問があって
「どちらから告白したのですか?」
「私です!」BY頼経明子さん
ふむふむ、そういえばしっかりリードされてましたね松尾勝久さん!

他にも舞台の後ろ(観客の見えない場所で)の俳優達が作り上げた設定を発表して
下さって、あの女子トイレでのやり取りの状況や
旅館の外で行われていた高校生の松尾勝久さんと先生達の攻防戦?!
役者達が作り上げたアナザーストーリーがありました。
客席からの質問もなかなか鋭くて関心することばかりです。
みなさん熱心に芝居を楽しんでいるのがよくわかります。
もちろん恥ずかしがり屋の私は、聞き入るばかり・・・

舞台の裏話など、聞き所満載の約1時間ほどでしたがあっという間に過ぎてしまいました。
和気藹々とアットホームな楽しい交流会でした。
この『エスペラント』大好評でチケットがほぼ完売状態だそうです。
でも、ほんとうに素敵な作品なので、もしかしたら当日券も若干出ると思います。
これからの観ようかなあって思っている方がいらしたら
諦めずに、ぜひチャレンジして観て頂きたいです。

私はいつも、初回は予備知識無しに観て
交流会に参加した後、また改めて作品を拝見する事にしているんですが
毎回のことながら、新たな発見を見つけることが出来て楽しめます。
そして、なんと!?交流会は無料なのですよぉぉ
見逃してしまった方は
ぜひ次回はご一緒に楽しみませんか?

いつもアトリエの時に開演時前のご案内して下さるIさんですが
実は今回、演技者としても素敵な一面を見せて頂けています!
それにしても旅館のはっぴ姿!!お似合いですね。
by berurinrin | 2006-04-06 23:15 | イベント

4.5月の主な外部出演

★長谷川博己『皆に伝えよ!ソイレント・グリーンは人肉だと』3/29~4/16ベニサン・ピット(TPT03-3635-6355)
★鵜山仁(演出).今井朋彦『カエル』4/1~13新国立劇場小劇場(新国立劇場チケットボックス03-5352-9999)
★松下砂稚子『出番を待ちながら』4/3~10俳優座劇場(木山事務所03-5958-0855)
★西川信廣(演出).八木昌子.瀧田陶子『女相続人』4/13~23俳優座劇場(俳優座劇場03-3470-2880)
★新橋耐子『美輪明宏版 愛の賛歌』4/15~5/10ル・テアトル銀座(パルコ劇場03-3477-5858)
★倉野章子『マテリアル・ママ』4/19~5/4新国立劇場小劇場(新国立劇場チケットボックス03-5352-9999)
★川辺久造.廣田高志.横田栄司『タイタスアンドロニカス』4/21~5/7彩の国さいたま芸術劇場大ホール(ホリプロチケットセンター03-3490-4949)
★仲恭司.松井工.城全能成.星智也『マリーアントワネット』4/29~5/25大阪・松竹座(チケットホン松竹06-6214-2200)
★森さゆ里(演出).浅野雅博.山本郁子『春と爪』4/19~23下北沢駅前劇場(クリネリ090-4627-1625)
★浅地直樹『祝砲』4/18~23シアターX(コメディアンオンザボード03-3460-1778)
★内野聖陽『メタルマクベス』5/5~7まつもと市民芸術館(まつもと市民芸術館0263-33-3800)5/16~6/18青山劇場(ヴィレッジ03-5361-3027)6/27~7/3大阪厚生年金会館大ホール(キョードーチケットセンター06-6233-8888)
★坂部文昭.押切英希『日本の面影』5/6~15紀伊國屋ホール(地人会03-3354-1279)
★たかお鷲『白夜の女騎士』5/7~30Bunkamuraシアターコクーン(Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999)
★古川悦史『ハルちゃん』5/9~14シアターVアカサカ(㈱コーレ03-3779-9851)
★粟野文浩『やわらかい服を着て』5/22~6/11新国立劇場小ホール(新国立ボックスオフィス03-5352-9999)
★高橋礼恵『モーターサイクル・ドン・キホーテ』5/23~29横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール(遊園地再生事業団03-5454-0545)
★松本祐子(演出).賀澤礼子(照明).乗峯雅寛(美術)『見果てぬ夢』5/6~14東演パラータ(劇団東演03-3419-2871)

       *お問い合わせは( )までお願いします。
by berurinrin | 2006-04-05 23:38 | 外部出演

内野聖陽さんが、第31回菊田一夫演劇賞を受賞されました。

おめでとうございます!!

東宝ミュージカル『ベガーズ・オペラ』のマクヒース役および
『エリザベート』のトート役の演技に対しての受賞だそうです。
文学座の内野聖陽さんが、果敢にチャレンジされたミュージカルの演技に対しての
評価としての受賞という事でとても意義があるのでは・・と思います。

それにしても、内野聖陽さんてすごい人ですね♪
by berurinrin | 2006-04-04 21:54 | イベント