<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

こまつ座第七十九回公演『兄おとうと』

こまつ座第七十九回公演『兄おとうと』 in 紀伊國屋ホール(1/27)

生涯のうちで5回しか枕を並べて寝たことがない、兄の吉野作造さん(辻萬長さん)と
おとうとの吉野信次さん(大鷹明良さん)の生涯の物語。
父が借金の返済に貧しい人達から田畑を奪っていく姿を見て育ち、
贖罪の念から貧しい人達の味方として生きる姿が過激だと、右翼からは命を狙われ、
社会から反発の矢面になって身の安全も脅かされる兄とその家族。
その後の父の景気が傾いた姿を見て育ち、出世して社会を動かす側に立つ為に
政治の世界に身を置く弟。
お父さんから受ける影響はすごいものです。
時は大正時代。お互い気遣いながらも、会えば喧嘩ばかりの二人。

演出はわたしの憧れの鵜山仁さん。
ちなみに今年初の鵜山さんの演出作品でした♪
今年も出来る限り鵜山さんの作品を見続けます!!イエィ♪
(・・・・失礼しました)

こまつ座の作品は、大抵ハッピーエンドの結末ではないのですが
なぜか心がわくわくする楽しさがあります。(・・・そしてほろ苦い痛みも)
それはやはり芝居と音楽の調和が抜群にいいからだと思います。

この作品も音楽がふんだんに使われる、いわゆる音楽劇ですが
井上ひさしさんの手による音楽って
なんとなーく聞いたことのある音楽がベースにあって
たとえば、家に居る時に鼻歌を歌っている自分がいて
妹が合いの手を入れるような(?)
会社で気がつくと鼻歌を歌っている (ギョロに「新曲ですね」とか「今日はsmapですね」とか・・と突っ込みを入れる)同僚のサキちゃんのような。。
日常の風景のような自然な流れに身を委ねられる感じ?!

だから歌い方も、ミュージカルのようなきちんとた訓練された歌い方ではなくて
役者たちの持ってる普通の声で歌っています。
ミュージカル俳優のように歌えなくてもいいんです。
伝わってくる暖かい音楽に乗った言葉が伝われば・・・。
そんな役者達がとても無邪気に歌って、子供のような笑顔が溢れる姿。
そして容赦ない結末。
とても心を揺さぶられるのです。

~2/5迄 in 紀伊國屋ホール
by berurinrin | 2006-01-30 21:49 | 観劇感想

文学座本公演『湖のまるい星』

文学座本公演『湖のまるい星』 in 紀伊國屋ザザンシアター(1/26)

美しい湖と山に囲まれたペンションを経営するのは
脱サラした田桜敏春さん(外山誠二さん)とその家族。そこに集う宿泊客達。
何やら、それぞれ込み入った事情やら悩みやらを抱えた宿泊客との
騒動に巻き込まれたり巻き込んだり、静かな周りの景色とは正反対の
にぎやかなペンションの広間が舞台です。

鈴江ワールドが炸裂している為、そして初日が開いたばかりなので
あらすじを書いちゃうと、う~ん。もったいない(><)
ネタばれになってしまうので、
再度、拝見した時に書かせて頂きますね♪

さて、今回の登場人物はかなり変わった方々ばかりです。
アクションも盛り沢山です!多分冒頭の場面で
びっくりされちゃう方も多いのでは・・・すごすぎて笑えます(笑)
かなり客席からも笑いが起こっていました。
このシーンの愛佳ちゃん注目して見て下さいね。
すごいです。からだ張ってます。
おもわず「もっとやれ~」と心の中でエールを送った私です。あははっ

実は今回、私が注目していたのは愛佳ちゃんと同期の清水圭吾さんでした。
前回アトリエ公演『焼けた花園』ご出演でしたが、台詞の無い役でしたので
彼の伸びやかな声を聞くことが叶わず
今回やっと卒業公演『カノン』以来、清水さんのお芝居を拝見できました。
真面目だけどちょっとアウトサイド的な要素や笑いの要素もある
彼のユニークな演技は、研修科の発表会の回を増すごとに上達されて
とても気になる存在でした。
準座員に昇格された時は、とても嬉しかったです。

今回、この作品の美術は奥村泰彦さん。この方は
H.H.G上演作品で有名な『約三十の嘘』の土田英生さん率いるMONOの
役者さんでもあるそうです。そんな多彩な奥村さんの
ちょっと面白い背景に注目してみてくださいね。
夜空がとてもきれいです♪

前回研修科生の発表会で拝見した同じ鈴江さんの作品
『家を出る』で感じたのですが、今回も根底にあるのは『死』です。

けれども死を意識したお話であるにもかかわらず
登場人物達は、はるかに元気が良くてぶきっちょで
人生の息吹を感じられるほど、威勢がよくて清清しい人達です。
そして大きな悩みや問題を抱える彼ら・・・
愛すべき彼らの悩みに思わず頷いてしまう
そんな自分が可笑しくも愛しくなる素敵なお話です。

そうそう!!登場早々、噴出しそうになったのは粟野史浩さんの爽やかな
笑顔と佇まい。これはなかなかgood job!笑えます!
いえいえ素敵ですよ(笑)
そしてわたしの好きな塩田朋子さんのセクシーさも
かっこよくって小気味がいいです。
若手とベテランの俳優達のバランスがとても良いのでとても楽しいです。
他にも書きたい事が一杯ありますが、
やっぱり、ネタばれになりそうなので、、、次回再見した時は
ちゃんと書きます!はい(笑)

前回言葉の面白さをお伝えしましたが、対話がかなりユニークです。
音楽の無いミュージカルのような、言葉のマジックにはまりつつ
「あ.うん」の呼吸で、息の合った役者達の言葉のコーラスを堪能してみて下さい。これはライブならではの面白を味わえますよん♪

~2/4(日)まで  in 紀伊國屋サザンシアター(新宿南口)
by berurinrin | 2006-01-28 01:03 | 文学座観劇感想

3月アトリエの会『エスペラント~教師たちの修学旅行の夜』

文学座3月アトリエの会『エスペラント~教師たちの修学旅行の夜』

作   青木豪

演出 坂口芳貞

出演 飯沼慧.田村勝彦.吉野正弘.高橋克明.横山祥二.椎原克知.松尾勝久
    寺田路恵.太田志津香.佐古真弓.上田桃子.頼経明子

日程 2006.3/25(土)~4/9(日)

信濃町/文学座アトリエ

前売開始 2/25(土)

先日行われたシンポジウムで、青木豪さんが
ヒントその1)
修学旅行の時に、消灯時間後の先生たちは何をやっているんだろう?と、
いうところからイメージが膨らんで・・。
ヒントその2)
また、坂口芳貞さんが『大寺学校』の現代版みたいなものをやってみたいと
おっしゃっていたので・・・。

どんなお話になるんでしょうね??楽しみですね♪

それにしてもまたしても個性的な役者がそろっていますね(笑)
by berurinrin | 2006-01-26 23:46 | 文学座公演情報

アトリエの会公開シンポジウム

アトリエの会公開シンポジウム
『現代演劇、その地平に見えるもの・・・』
(現代と演劇、その可能性、その手法について)   in 文学座アトリエ(1/23)

文学座の演出家の方とはお会いする機会があっても
外部の劇作家の方とはなかなかお目にかかる機会が無いので
ましてや演出家Vs劇作家なんて、超たのしみ♪
どんな話題が飛び出すやら・・・
で、わくわく♪で臨んだシンポジウムでした。

場所は文学座のアトリエ。
来週末の研修科生卒業公演のセットを背にして
司会進行兼ねた高瀬久男さん、松田正隆さん。
高橋正徳さん、川村毅さん。
坂口芳貞さん、青木豪さん。
が並んで座った形で始められました。

高瀬さんのテンポの良い司会振りがとてもスマートで
3人の作品紹介とお互いのなれそめ(?)を伺ったのですが
3本とも今回アトリエ作品として書き下ろしの為
三日前に戯曲が完成されたとの事で余裕を感じさせる青木豪さん
のちゃめっけのある話し方。
川村毅さんが「言っちゃっていいのかなあ・・」とおっしゃりながら
作品のポイント部分を語りつつ、また新たなアイデアを生み出しながら話される姿。
そして今はまだ、松田正隆さんの頭に中に詰まっていらっしゃるだろう
戯曲の方向性やポイントを形になっていないのですが、じっくり考えながら
畳み掛けるような語り口。

本当に三人三様の戯曲の完成度の違い
作品執筆のアイデアをどう膨らまして、作品になっていくかの工程が
3人の個性溢れる雰囲気や口調を通して語られる姿が
とても興味深かったです。
でも共通して言えるのは、作家と演出家の関係は割り切ったものではなく
お互いの信頼関係があって、またその延長線上に色々な肉付けが出来て
作品として成り立つものなんだと実感しました。

その後、現代演劇についての語りになると
3人の方々の劇団の現状を交えた問題提起や今後の発展についての
演劇人の教育やインターネットなどの情報が急激に飛び交う現代社会に
おける演劇のあり方など、とても貴重でちょっと難しい話にまで
熱く語って頂きました。

客席満席状態で、演劇関係者、演出家、役者達がたくさん来られて
質疑応答のコーナーでは松本祐子さんや加藤武さんが質問や感想を
述べられて、とても興味深く皆さんの意見を伺うことが出来ました。

とても有意義な2時間はあっという間に過ぎてしまいました。
本当に素敵な機会を設けて下さってありがとうございました。
またぜひお願いしますm(_ _)m

さて、人気者の高橋正徳さん♪っていうと
耳たぶを赤く染めて、がばがば水を飲んでる姿に(笑)
かなりの緊張がみてとれましたが
「アトリエの空間を生かし客席を巻き込んだ芝居をしたい」良い事言うなあ~♪
また新たにかっこ良くなった彼を見つけました。
相変わらずポーカーフェイスですが、騙されちゃいけません♪
かなり面白い方です。ほんとです(笑)
by berurinrin | 2006-01-25 22:16 | イベント

第50回岸田國士戯曲賞『ぬけがら』!!

2005年5月アトリエの会で上演された『ぬけがら』が
第50回岸田國士戯曲賞を受賞しました!!
詳しくは白水社まで!

ちなみに『ぬけがら』の演出は、先日千田是也賞を受賞された、松本祐子さんでした。

それにしても『ぬけがら』は楽しかったですね。
ホンも素晴らしかったのですが
出演された俳優達が皆さん個性的で胡散臭くて(笑)そして、仕掛けも一杯でした。
わぁ!また観たくなりますね!
おめでとうごさいます!!!
・・・えふさん!情報ありがとうございます♪

ちなみに『ぬけがら』の上演台本は
小学館「せりふの時代」2005夏号(VOL.36)に記載されていました。

c0023954_2261028.jpg


画像については事前に劇団の許可を頂いています。無断転載はなさらないで下さいね★
by berurinrin | 2006-01-24 22:08 | イベント

劇団民藝『明石原人』(横浜演劇鑑賞協会第216回)

劇団民藝『明石原人ーある夫婦の物語』 in 神奈川県立青少年ホール(1/20)

作   小幡欣治
演出  丹野郁弓

大正時代。
明石の女学校の直良音(日色ともゑさん)先生の元に、昔の教え子である信夫さん
(千葉茂則さん)が尋ねてきます。自力で考古学を勉強する11歳年下の信夫さんと
ひょんな事から結婚した音先生ですが、信夫さんは化石を掘るのに一生懸命。
家計は音先先にまかせっきりです。そんな中、信夫さんは明石の海岸で
人骨を見つけました。旧石器と思われる人骨は「世紀の大発見」!喜びもつかの間
その後の二人には、苦難の日々が待ち構えている事になります。

これは実話を元に作られたお話です。
神武天皇からこの日本が始まったという皇国史観が絶対だった時代に
旧石器時代の人骨が見つかったこと自体、天皇制を屈返す出来事。
まったく肩身の狭い考古学会において、学歴もない信夫さんの発見は
否定するしかない淋しい現実がありました。
考古学の世界ぶつかりあいながらも厳しい現実に
がっくりと肩を落とす信夫さんの姿にひたすら叱咤激励と共に家計を担う音先生の
日色ともゑさんの小さくてか細い姿が痛々しい位に心に迫ります。
終幕、体を壊して入院中の車椅子姿の音先先の元に信夫さんが
寄り添い車椅子を押す姿が熱い感動を呼び起こす温かいドラマです。

私にとって初めての劇団民藝でした。作品自体とても地味ながらも
ベテランの俳優達と若手の役者のバランスがとても良くて
見ごたえのある作品でした。

『明石原人』は2/24まで、神奈川県演劇鑑賞会で上演中です。
by berurinrin | 2006-01-22 17:40 | 観劇感想

東宝ミュージカル『ベガーズオペラ』

『ベガーズオペラ』 in 日生劇場

親の了解も無いままに追剥ぎの首領マックヒース(マッコイ)と結婚してしまった
悪徳商人の娘ポリー(マーガレット)。女性にモテモテのマクヒースには、
きっと他にも妻の存在?!、両親は今のうちにマクヒースの遺産目当てに、
彼を役人に売り渡すことに。。
おかげでマクヒースは死刑囚として囚われの身に、
そこには彼の子を宿した看守の娘ルーシー(エリザベス)。
愛するマクヒースのために、ルーシーはマクヒースを監獄から逃しますが
またマクヒースは捕まって、脱獄の罪を重ねて即刻処刑に・・・・

・・・と、これはベガー(乞食)達が、劇場と衣装を借り切って演じる
一回限りのオペラの内容です。
作家もベガー、もちろん出演者もベガーです。
マクヒース役を演じているベガーのマッコイ(内野聖陽さん)も自分の出番の無い時は、
観客として舞台を楽しんだり、マーガレット(笹本玲奈さん)も
自分の一人舞台に酔ったり、エリザベス(島田歌穂さん)はそんな姿をちゃかしたり・・
他のベガー達も自分の出番が近づくとそわそわどきどき・・とても楽しんでいます。
こんな風に出演者達が楽しんでいる舞台を観ている本当の私達観客たちが
楽しくないわけがない!ちょっと目まぐるしい気もしますが・・
見所が一杯あって、一回限りの観劇じゃ納得できないかもしれませんね。

でも、この一回限りのオペラを演じるベガー達の生きている18世紀のイギリスの時代。
まさに今を生きている事が奇跡のような、混沌とした時代の中で
目の前にあるもの、手の中に握っているものしか真実でない状況のなかで
生き抜く彼らの発散するエネルギーが、三幕目の内野聖陽さんの
アカペラから始まるの全員のコーラス
「人はみな 生きるため
もがいて 罪を背負う・・・・」
感動と共に絶望と悲しみで心で一杯なる切なくも美しい楽曲です。

内野聖陽さんのすごくかっこいい一面とすごーく情けない一面と
すごーくかっこ悪い一面と、きっとファンの方にはたまらない?!贅沢なたくさんの顔を見せて下さいます。
マクヒースを演じながら、時折見せるマッコイの姿・・
なにも云うことはありません。差し引きかっこいいですね。
そして、周りを囲む役者さんたちも音律だけで留まらず
とても芝居心を持った素晴らしい方々なので、わたしのような
ストレートプレイ派の方も十分楽しめること請合います。

さて、休憩時間はやはり休憩時間のベガー達が幕間を楽しんで
客席に出没しています。どうぞ、貴重品は必ず座席に置かず
身に付けて下さいませ。
なんせ、なんでもありのベガー達ですから(笑)

~1/31(火)まで in 日生劇場(日比谷)
by berurinrin | 2006-01-17 22:13 | 観劇感想

『湖のまるい星』稽古見学

年明け第一弾の『湖のまるい星』稽古見学が行われました。
「ぱーん!」「ぱーん!」と、体育会系の元気なアクションシーンから始まった
お稽古見学は、外の寒さを吹く飛ばすような勢いと活気にみなぎっています。

と、ある湖のほとりのペンションが舞台です。
実は今回は1場2場と拝見させていただいたので
いつものようにシチュエーションを書き込んでしまうと、ちょっとネタバレになって
しまいそうなので。。ごめんなさい!
この『湖のまるい星』を書き下ろされた鈴江敏郎さんの作品を
先だって研修科生の発表会『家を出た』で拝見しました。
面白くて笑って考えて、作品の余韻に浸って帰路に着きました。
何が面白いって台詞の流れがユニークなんです。
役者達はきっと大変だと思います。
言葉のやり取り、間が微妙に遊びがあるというか?変化があるんです。
まるで音楽の無いミュージカルのような・・・二重奏、三重奏あり?!

今月号の「文学座通信」の表紙をご覧になると、5つのグループに切り分けられた
出演者の写真が掲載されていますが、それぞれが密接した人間関係になっています。
どんな関係か?というと、うふふ♪観てのお楽しみです。
でも、登場人物が多くてわからなくなってしまうかも?・・そんな事はまったくありません。
とても明快で人物設定がわかりやすく、気が付いたらお芝居の世界に嵌ること
間違いありません。シニカルな笑いの詰まった作品だと思われます。
そして出演者すべての方がとても魅力的です!
わたしは塩田朋子さんのきりっとした姿が大好きですが、今回も素敵です♪

さて、冒頭の体育会系の代表は元気一杯の愛佳ちゃん!
彼女の笑顔で癒されること間違なし、朝錬の成果もばっちり出ているようです。
もちろん何にでも全力投球の愛佳ちゃんの高潮した頬の赤さをみても窺い知る事が
出来ます。それにしてもアクションシーンはとても激しくて息を呑みました。

そんな時にちょっとハプニングが起こって、同じ体育会系の植田真介さんが
ちょっと足を挫いてしまったんです。
植田さんは「大丈夫です!」と、おっしゃったのですが、即芝居はストップ。
誰が何を指示する事も無く、救急箱やらスプレーやら
スタッフや他の役者さん達の植田さんに対する優しい心遣いや言葉の掛け合いに
とても暖かいものを感じました。
そして靴を脱いだ植田さんの靴の裏の溝・・つるつる(!!)でした。
(後から伺った所、植田さんの足は問題なく、大丈夫だったそうです♪)

外は小雨もちらつく寒い日でしたが、とても暖かく優しくでも垣間見たプロの世界。
でもやっぱ文学座って素敵だなあ♪劇団っていいなあ~★
と、改めて嬉しい発見をした一日でした。

1/26(木)~2/5(日) in 紀伊國屋サザンシアター
チケットは文学座もしくは、リンクさせて頂いている座員の方々へお願いいたします。
c0023954_23253289.jpg


画像については事前に劇団の許可を頂いています。無断転載はなさらないで下さいね★
by berurinrin | 2006-01-13 23:27 | 稽古場/舞台裏話

第47回毎日芸術賞(05年度)の受賞者発表

第47回毎日芸術賞(05年度)の受賞者が決まりました。

演出家を対象に選出される千田是也賞には、松本祐子さんが選ばれました!!
おめでとうございます!!わーいわーい!!
新年早々なんて素敵なニュースなんでしょうね♪

<千田是也賞>

『ぬけがら』『ピーターパン』の演出においてとの事です。         

贈呈式は30日、東京・丸の内の東京會舘で行われるそうです。
昨年のアトリエ作品『ぬけがら』は本当に楽しくてほろっとさせる
素晴らしい作品でしたよね。
わたしは一度観て、2回目は一人で観るのはもったいないと
友人を誘って観てしまいました。
『ピーターパン』は拝見していませんが、松本さんにとって初ミュージカル♪
拝見した友人達からの感想はすべて好評価でした。

おめでとうございます♪
by berurinrin | 2006-01-06 23:17 | イベント

去年のベスト3

なんとかこのブログ1周年を迎えることが出来ました。
ありがとうございます。本当に皆様のおかげです!! 

さて、去年拝見したお芝居の中で、どんな作品が印象に残りましたか?
わたしは去年拝見した79本(再見含まず)の中から
私のベスト3を紹介させて頂きます。
前回はワーストも書いてしまいましたが、今回は文学座とその他のベスト3に
させて頂きます。

文学座作品
1、アトリエ公演『焼けた花園』 in アトリエ
   私は、狭い空間でのシンプルなセット。凝縮した人間関係の火花が散るような
   芝居が好きなんです。なかでも、この『焼けた花園』の細やかな人間関係の
   入れ替わる感情の動き・・・素晴らしかった。そして、アトリエデビューの演出家の
   上村聡史さんの未知なる器。またニューヒロイン愛佳さんの可憐さとベテラン俳優達
   との調和も素晴らしかった作品です。

2.文学座有志による公演<久保田万太郎の世界>『冬』 in サイスタジオ
    美しい舞台って、目で見たものだけではなく、耳から入る言葉の心地よさも
    含まれるんだなぁって実感しました。
    細部にまで注意を払う役者達の着物の着かたや立ち振る舞い。 
    素晴らしいホンは何年たっても色褪せないものなんですね。
    見る側にとっても勉強になる作品でした。
    それにしても中村彰男さんの旦那さん!かっこよかったです♪

3.文学座本公演『l最果ての地よりさらに遠く』 in 俳優座劇場
   まずは照明の美しさ。そしてわたしは強い女性が好きなんです。
   シャープな西川信廣さんの世界と本山可久子さんの純粋で前向きな生き方に
   心に痛みを感じた作品です。


その他の作品
1.『父と暮らせば』こまつ座 in 紀伊國屋ホール
   憧れの鵜山仁さん演出です。これは、まず観てほしいです。
   宮沢りえさんで映画化もされていますが、ライブで観てほしいです。
   何も云うことはありません。わたしは幕開きの一言から号泣でした。

2.『喝采』地人会 in 紀伊國屋ホール
   急遽代役で若松泰弘さんが出演されたこの作品。倉野章子さんと篠田三郎さんの  
   三角関係のすさまじい心理描写。激しい振幅描写が静かな台詞の底辺で
   湧き上がった緊迫感。見ごたえ十分の大人の作品でした。 

3.『國語元年』こまつ座 in 紀伊國屋ホール
   井上ひさしさんの力を感じました。台詞のひとつひとつが魅力に溢れています。
   人間の悲哀が悲しくも楽しい音楽劇でした。
   この作品の前に「箱根強羅ホテル」を観て、あまりの作品の完成度の違いに
   悲しくなった私です。ちなみに文学座からは、 
   たかお鷲さん、岡寛恵さんがご出演でした

また、青年劇場で拝見した『谷間の女たち』・・鵜山仁さん演出作品でしたが
素晴らしい作品なのですが、これを文学座の女優陣で再演してもらいたいです。
また『ローゼンクランツとキルデンスターンは死んだ』を古川悦史さんと助川嘉隆さん
コンビで観たいなあ。。『あわれ彼女は娼婦』や『チェンジリング』も、、etc(笑)

・・と、新年早々夢も一杯ですが・・・皆様の去年のベストは如何でしょうか? 
by berurinrin | 2006-01-04 13:40 | 観劇感想