東宝ミュージカル『エリザベート』 in 帝国劇場

脚本・歌詞 ミヒャエル・クインツェ
音楽    シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞 小池修一郎

エリザベート皇后(一路真輝さん)を暗殺した犯人ルイジ・ルキーニ(高島政宏さん)は
逮捕されて独房で首を括って自殺しましたが、
死んでもなおルキーニは闇の声に責めさいなまれています。
「なぜエリザベートを殺したのだ?」
ルキーニは告白します。「死がエリザベートを愛したから」
そしてルキーニは証人として過去の時代の亡霊達を蘇られていきます。
その中には“黄泉の帝王”死=トート閣下(内野聖陽さん)の姿も・・

文学座のヨンさま?文学座のプリンス?色々呼ばれている内野聖陽さん演じる
黄泉の帝王トート閣下。まるで浮いているような歩き方、目線の鋭さ、腕から指先までの
滑らかな流れ、絡みつくような粘着系の動き。。そして歌唱力!
ミュージカルファンの方々には内野さんの歌唱のレベルをどう感じるかは残念ながら
わかりませんが、歌を言葉に乗せて芝居をしようとする彼の挑戦は
尊敬の眼差しです。。そのうち文学座は歌える方も踊れる方も多いので
いつか文学座でもミュージカルも・・(冗談です!すみません!)

実態のないもの「死」を演じる内野聖陽さんと
エリザベートの夫フランツヨーゼフ(鈴木綜馬さん、石川禅さん)のダブルキャストで
人間味溢れるマザコン皇帝の対比が面白いですね。
エリザベートにちょっかいだしては毎回ぴしゃりと拒否されるトートが
ちょっとかわいそうな気もしますが、その都度トートの表情が
人の感情の表し方で表現できない笑いでもない怒りにも似た不思議な顔をされます。
そんなトートに翻弄されて自殺に追い込まれるルドルフ殿下
(浦井健治さん、パク・トンハさん、井上芳雄さん)トリプルにもかかわらず、
3人とも役の捕らえ方が違うのでとても興味深かったです。
エリザベートの一路真輝さんの凛とした美しさにぽーーっとします。
でも、ちょっと内野さんと一路さんの芝居の温度差を感じてしまったのは
ストレートの芝居のリアルな演じ方とミュージカルの形を大事にする魅せる演じ方?
もしかしたら歌唱もクリアした内野さんのより高みを目指した芝居とのギャップが
生じてきたのでしょうか?
ミュージカル経験が少ないものでまとまらずにすみません!!
感想というより疑問が残ってしまいました。

それにしても心地よい音楽が何度も、形を変え色を変えて歌われ
光のように降り注ぐ美しい照明。。まるで夢の世界に飛んでいきます。
完成度の高い作品ですね。
休憩時間中にコーラを飲んで「ぷふぁー」って、
現実に戻っている自分がちょっと悲しいです。

劇場入り口に来年1月公演、文学座(強調?!)の内野聖陽さん主演のミュージカル
「ベガーズ・オペラ」の1/50の舞台模型が飾ってありました。
すごいですね。舞台の中にも客席がある?!いやぁ~すごい!すごい!
と、素直に感動しましたが、たまには劇団の芝居にもご出演して欲しいなあ・・・

~9/30(金)まで 帝国劇場(有楽町)
by berurinrin | 2005-09-25 22:19 | 観劇感想

文学座のHPに『毒の香りー浅草オペラ物語ー』がUPされています。
ノスタルジックな素敵なポスターですね~!!
ニヒルなポーズの江守徹さんの素敵なお写真ありです♪

江守さんは架空の人物を演じられるそうですが、実在した人物やドラマも入り乱れての
人間模様が描かれているそうです。そして『焼けた花園』で静かなでも存在感
たっぷりに演じた素敵な城全能成さんも新たな挑戦をされているそうです。
これは楽しみですね♪
by berurinrin | 2005-09-25 10:04 | 文学座公演情報

こまつ座第七十八回公演『小林一茶』 in 紀伊國屋サザンソアター(9/24)

作   井上ひさし
演出  木村光一

「十両盗っても首が飛ぶ」時代。四百八十両の大金が盗まれた?
容疑者は小林一茶?!容疑者小林一茶の身元調べに当たるのは
もと狂言作家の同心見習五十嵐俊介(北村有起哉さん)。
狂言作家のクセが抜けない五十嵐俊介は、一茶を良く知る住人達の証言を
張り合わせ芝居を始める事になります。容疑者小林一茶を知るには自ら小林一茶を
演じていくことにより、疑惑の糸をほぐしていくのが一番?!
そして一茶の俳諧にかける宿敵竹里(高橋長英さん)とおよね(キムラ緑子さん)
との不思議な三角関係と壮絶な半生が見えてくるのです。

見習同心で劇中劇で小林一茶を演じている北村有起哉さん。初めて拝見したのですが
不思議な魅力があって良いですね。竹里の高橋長英さんを相手に
間の抜けたようで計算高い一茶を軽快に演じていらっしゃいました。
軽快に演じられていたのは小林勝也さん!小林さんの動きがなんともおかしくて
小林さんが登場すると釘付けになります(笑)
でも今回は何よりも佐藤淳さん♪
だってかっこいいんですもん★あのキラキラしたまっすぐな瞳を楽しみにしていました。
きっと佐藤淳さんに見つめられたら、とりあえず「ごめんなさい」って
謝ってしまいそうな私です!(* ̄m ̄)プッ
この人は動きが軽やかで台詞が滑らか。本当に気持ちが良いんです。
そして紅一点のキムラ緑子さんの可憐な娘時代のおよねさんから
熟女まで演じ分けの上手さに脱帽です。

井上ひさしさんらしく音楽のあり、会話の響きの良さ。ふんだんに交わされる俳句が
耳に優しく入ってきます。またどんでん返しもあって軽やかな推理劇です。
でもおかしさの根本には哀しみが溢れる一茶と一茶を巡る周りの人々の半生が
垣間見えてきます。

~25日まで in 紀伊國屋サザンシアター(新宿)
by berurinrin | 2005-09-24 22:44 | 観劇感想

ありがとうございます★

気がついたらな、なんと。と.とっくに1万カウントを越していました!!(゜ロ゜) ヒョオォォ!
正直びっくりです。
こんなわたしの勝手でミーハーなブログにお付き合い下さって
本当にありがとうございます!
私の大好きな日本一の劇団文学座には
素晴らしい俳優達だけでなく演出部にも素晴らしい方々がいらっしゃいます。
また未来の演劇界を担うであろう研修科生も!!
決して固苦しい新劇劇団ではない、どの劇団よりもかっとんだ動きをしてる文学座。
これからも頑張ってミーハーに色んな方々をご紹介しつつ
一ファンであるわたしの目を通して色んな側面をご紹介できたらなあ。。。と、
思っておりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!!
by berurinrin | 2005-09-24 10:14 | 日常

劇団★新感線『吉原御免状』 in 青山劇場(9/23)

原作 隆慶一郎「吉原御免状」より
脚色 中島かずき
演出 いのうえひでのり

江戸時代。この日吉原は日本橋葦屋町から、浅草日本堤に移転し“新吉原”として
お祝いムード満点。美しい姿で練り歩く勝山太夫(松雪泰子さん)と
もう一人の美女高尾太夫(京野ことみさん)そこへ今は亡き師匠、宮本武蔵の
遺言にそって現れた松永誠一郎(堤真一さん)。
彼の剣の腕前に興味を惹かれる水野十郎左衛門(梶原善さん)。
そして吉原を束ねる玄斎(藤村俊二さん)らに松永誠一郎は吉原の秘密
御免状のなぞを打ち明けられます。捨て子だと思っていた彼の出生の秘密・・
でもそこには裏柳生を名乗る暗殺集団の長、柳生義仙(古田新太さん)との死闘が
待ち構えていたのでした。

小学生時代、友達がTVのアイドルにキャーキャー言っていた頃に
「ロックショー」や「ミュージックライフ」を読んでいた変わった子だったので
ロック調の音楽はすーっとお腹に収まるのです。当時一緒に浮いていた
友達の「くろにゃん」は大人になって地元のライブハウスで歌っていたので
横浜スタジアム近くの「セブンスアベニュー」とか・・懐かしいぃ
連絡が入るたびに聴きに行ったけ。。いまや双子のママですが♪

さて、話を戻してっと。
耳をつんざくヘビメタの大音量に心拍数を上げながら
目の前に繰り広げられる吉原の美しい色彩に目を奪われます。
劇団★新感線のスペクタクルでスピーディな場面展開と青山劇場のハイテク装置は
観ていて気持ちが良い位にはまっています。
「シャキーン」「カーン」「ズボッ・・」
いつもの効果音がいのうえ歌舞伎らしいけれんな味わいがあります。
初めて新感線を観たのは、やはり堤真一さん主演の『野獣郎見参』でしたが
これも青山劇場でした。ホリゾントの遙か後ろから走り込だり、左右駆け回っての殺陣。
エネルギッシュで気持ちがいいのです。今回は堤真一さんと古田新太さんの
殺陣の美しさに魅了されました。

実はt.p.t時代から堤真一さんの舞台観ていましたが、ある作品から
彼の放つオーラが見えなくなって、全く魅力を失って避けてしまっていましたが
久々に観た堤真一さんの松永誠一郎は色気もあり、
松雪泰子さんや京野ことみさんとのラブシーンもとても素敵でした。
あっ!高田聖子さんも!いやぁ、もてもての役でしたね(笑)
でも堤さんよりもやっぱ新感線は古田新太さんの悪の色気が最高です!!
舞台上の古田さんは本当にセクシーだしかっこいい!(本当ですよぉ!!)
TVや映画でしか古田さんを知らない人はぜひ、ナマ古田さんをご覧下さいませ!
新感線の看板役者なのに最近はご出演が少ないのですが、
カーテンコールで古田さんの水吹きパフォーマンスが見れると嬉しくなります。
そして私はちょっとなぜか?大人しい柳生宗冬(橋本じゅんさん)!のファンなのです。
今回は松雪泰子さんら女優群もとても美しく華やかで魅力が詰まった作品でした。
初のオリジナルではない作品でしたが、劇団★新感線らしい爽快な出来栄えになって
ちょっと驚きです。

来年は去年『SHIROH』の江守徹さんに引き続き、『メタルマクベス』で内野聖陽さんが
劇団★新感線に初登場ですね!どんな展開になるか?かなり楽しみです♪

~10/5(水)青山劇場。10/13(木)~23(日)梅田芸術劇場メインホール(大阪)
by berurinrin | 2005-09-24 01:31 | 観劇感想

紀尾井朗読スペシャル『中也が愛した女ーいかに泰子いまこそはー』 
                                  in 紀尾井小ホール(9/21)
脚本 古城十忍
演出 西川信廣

今はビルの管理人をしている長谷川泰子さん(秋山奈津子さん)の元に
中原中也(高橋和也さん)の弟と名乗る思朗さん(高橋和也さん:二役)が訪ねてきます。
泰子さんは語り始めます。彼女の恋人だった中原中也の話。
そして中也の友人の小林秀雄さん(瀬戸口郁さん)を愛した事、奇妙な三角関係。
地獄のような病と結婚生活。。。中也の死。

朗読劇いわゆるリーディング・・俳優達がただ台本を読み上げるものです。
時には立ち上がり、動き回って座ったりして台本を読み上げるのです。
観る側は俳優の「声」を聴き、その後ろにある世界を創造していきます。

冒頭、鮮やかなワンピースにストールを羽織っただけの秋山奈津子さんは
声、立ち振る舞いは初老の泰子の姿でした。そして、ストールを肩から落とすと
そこにはキラキラ輝く瞳を持つ若い女性の泰子がそこに存在しました。
二人の男性に愛される泰子、潔癖症に冒される泰子・・秋山さんの魅力が
言葉が、泰子という女性の魅力たっぷりに表現されていました。
なんてこの人は愛らしいんだろう???わたしのとても好きな女優さんです。
そして口が悪く、少年のようにあどけない中原中也を演じるのは、高橋和也さん。
う~ん、秋山奈津子さん演じる泰子を相手にするには、ちょっと荷が重かった感が・・
去年拝見した『怒りをこめてふり返れ』もそうだったのですが、高橋さんの怒りの調子が
胸に迫ってこないんです。(ごめんなさい!!)でも少年っぽさは好感持てました。
そして中原中也と正反対、沈着冷静大人な小林秀雄の瀬戸口郁さん!
モンテクリスト伯』では、内野聖陽さん演じるエドモンダンテスの恋人メルセデスを
奪う姑息なフェルナン。『THE CRISIS』では怪しげなCIA長官。
どれもクセのある感じがしますが、この小林秀雄さんは
泰子さんを愛して耐えて逃げだす男。
良く透る声に弱々しい口ぶり。秋山さんと高橋さんが動き回る姿とは反対に、
静かな佇まいの瀬戸口郁さんに確かに小林秀雄さんが宿っていました。
by berurinrin | 2005-09-23 00:04 | 観劇感想

去年の『TERRA NOVA』『THE CRISIS』そして『焼けた花園』 で3人の演出家が
アトリエデビューを果たしたわけですが、3つの作品の舞台美術どれも
シンプルで美しかったと思いませんか?
これは演出部準座員の乗峯雅寛さんの作品です!
乗峯さんのシンプルで美しくて色気のある素敵な舞台美術・・
わたしは大好きです!ご本人は「ちょっぴり大人な一休さん」みたいな風貌ですが。。

『焼けた花園』はジョバンニ氏の居間が舞台になっていました。
煉瓦の壁は少し朽ち果てて、コンクリートの修繕がされていました。
この煉瓦本物のような質感がありましたが、実際は発泡スチロールを削って
作ってありました。そして修繕部分は本物のコンクリートを重ねて塗って
仕上げてあるそうです。
何気にコンクリートの撥ねた後が舞台の床に散っていて、リアルな感じにびっくりしました。

俳優達が外に出入りする時、石を踏みしめる音が聞こえましたが
扉の後ろに小石が敷き詰められてる箱があって、
実際に俳優達は石を踏みしめていたのでした♪

そして、舞台の端を縁取ってあるコンクリートで塗られた「枯れたひまわり」達・・・
台詞の中の情景では、山があって川が流れて、花が咲き乱れ、風が吹く・・
美しくて豊かな土地に思われますが
セットは、乾いて枯れた・・・・とてもギャップを感じますが、この混乱さと曖昧さに
とても魅力を感じました。
狭いアトリエの中で繰り広げる見た目の風景と心に感じる光景の違い・・・
う~ん、舞台ならではの贅沢な世界でした。
by berurinrin | 2005-09-22 00:00 | 稽古場/舞台裏話

9月アトリエの会『焼けた花園』 in 文学座アトリエ

作   ウーゴ・ベッティ
訳   溝口廸夫 
演出 上村聡史

一週間後の本日2度目の観劇をしてきました。
文学座の芝居は出来る限り最低2回は拝見したいと思っているのですが
この作品に関しては、まだまだ観たくなっちゃいます。
なぜかっていうと、この作品「生きているのです」
芳醇な香りを放ちつつも、熟成の時がいつ来るのか?う~ん、やめられない!

前回拝見した時の元指導者ジョバンニ(坂口芳貞さん)に、過去の栄光を持った男、それも
燃え尽きた男のなれの果てのような乾いた
演技の素晴らしさを感じたのですが、今回は盟友トマーゾ(中村彰男さん)に、
利用される事をしりながらも、政治の世界に舞い戻りたいと思う野心を強く感じました。
逆にジョバンニを説得しているトマーゾの方に迷いの気持ちの強さを感じ、運命を
皮肉っているような虚しさを感じました。
そしてジョバンニに寄り添うラニエロ(城全能成さん)が、
トマーゾの迷いを感じて疑問を投げかける姿がより鮮明に表現されているし、
ジョバンニの妻のルイザ(寺田路恵さん)の狂気が垣間見える瞳の揺らめきとか・・
どきどきします。
ニコラ(関輝雄さん)の怯えも痛い痛しい位に肌に感じました。
特に後半は怒涛のような会話の応酬でよりローザ(愛佳さん)の
悲劇に衝撃と悲しみと共に彼らの運命を思うと切なさで涙がこぼれました。

まさにライブのよさ!こんなに新鮮に2度目の観劇が出来るなんて
本当に幸せを感じました。最高です!
思わず演出の上村聡史さんに「前回観劇した時と感じ方が全く違ってみえました」って
上村さん曰く「千秋楽間近なのに、いまだにダメ出ししてます(苦笑)」って
役者同士のイマジネーションの相乗効果と緊張感が
作品をより高度なものに変化したというよりも
もっとシンプルに役柄が俳優の身体を使って日々生きているような感覚に陥ります。
いや、実際そうなのかもしれません。俳優達の貪欲さの勝利ですね。

もし、観たいなぁって思われる方はぜひご覧下さい。お勧めですよん!
私とはきっとまた違う感覚に浸れると思います。わたしも又観たい(できることなら・・)

~9/21(水) in 文学座アトリエ

次回はバックステージの感想をUPいたします♪
by berurinrin | 2005-09-18 23:33 | 文学座観劇感想

文学座十二月アトリエの会

l『アルバートを探せ』

作   小里清

演出  西川信廣

出演  坂部文昭.大滝寛.加納朋之.古川悦史.瀬戸口郁.沢田冬樹.木津誠之
     山谷典子.佐古真弓 ほか

2005.12/6(火)~20日(火)

信濃町/文学座アトリエ

前売開始 11/5(土)

なんと今年は、アルバート・アインシュタインによる科学的発見の100周年を記念する年
いわゆる「世界物理年」だったのですが、ご存知でしたか?
わたしは勉強不足で存じませんでしたが
そのアルバート・アインシュタイン博士は日本に来日した事があるそうです。
その来日中の日本で彼が行方不明になった?
史実と憶測の世界を新進気鋭劇作家である小里清さんが書き下ろされたそうです。
アトリエらしい面白そうな作品になりそうですね♪楽しみです!!
by berurinrin | 2005-09-12 21:17 | 文学座公演情報

9月アトリエの会『焼けた花園』 in 文学座アトリエ

作   ウーゴ・ベッティ
訳   溝口廸夫 
演出 上村聡史


国境沿いの一軒家にひっそりと暮らしているその国の元指導者ジョバンニ
坂口芳貞さん)と妻のルイザ(寺田路恵さん)のもとに現れた
昔の盟友トマーゾ(中村彰男さん)とラニエロ(城全能成さん)
二人は緊張下にある隣国との平和交渉に向けて、ジョバンニの政界の復帰を説得に
来たのですが、、、、、。

折りしも今日は第44回衆議院選挙投票日。皆さん投票いかれましたか?
私はもちろん行って来ました。わたしの清き一票が日本を動かすのです(笑)

日本では初上演の作品です。
はっきりいってこの作品は一筋縄ではいかないし、万人受けする作品では
ありませんが、凝縮した人間関係の中でとことんまで追い詰める姿が逆に
追い詰められたり・・いいんですよ。なかなか好きですね私。
文学座ならではの演技力のぶつかり合いで成り立つ芝居です!
この作品でデビューした上村聡史さん!すごい大物の予感を感じます。
今後が楽しみですね♪

ジョバンニとルイザには愛する息子を事故で亡くしています。
息子の死を今だ受け止めきれないルイザは心を病みつつあります。
家族の問題を片手に抱え、もう片方にはトマーゾを通じた政治の世界が広がっている
ジョバンニの心情。。でも、もう一歩政治の世界に入れない理由が後半わかるのですが
そんなジョバンニの坂口芳貞さんが過去の栄光を持った、燃え尽きた男の
なれの果てのような乾いた演技が素晴らしいのです。
そして妻のルイザの寺田路恵さんのふつふつと現れる激しい感情の揺れ幅と
対極のようなトマーゾの中村彰男さんの感情を押し殺したような膨大な台詞と
相まって家族と政治の話が交差された世界が広がっていきます。
それにしても中村彰男さんは超かっこいい!!!彰男さんのトマーゾの手が
とてもきれいで、この人は決して自分から手を汚さない影の権力者がぴったり。
悪の香りを放つ彰男さんも魅力的です。
トマーゾの傍にいるラニエロの城全能成さん!演技の幅が広がりましたね。
台詞が多いわけではないのですが、そこにいる存在感が確かにあります。
存在感といえば関輝雄さんのニコラ。頭が真っ白になちゃってびっくりしました。
さすが関さんが登場すると空気が変わります。

で、今回新にヒロインが誕生しました。ローザ役の愛佳さんです!!
彼女の存在が登場人物の全ての良心の復活の為の殉教者であるのなら
まさに彼女の可憐さなしにはこの作品は成立しない位の役どころですが
果敢に挑戦して成功した彼女の姿に、これからの活躍にエールを送りたいです!

これからもがんばってね!素晴らしかったよん愛佳さん♪
終演後、声を掛けてくれてありがとう!!!

~9/21(水) 文学座アトリエにて、チケットは若干残っているようです。
もちろん私は又観ます★
by berurinrin | 2005-09-11 22:19 | 文学座観劇感想