<   2005年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

研修科勉強会『エイリアンズ』

文学座付属演劇研究所 研修科勉強会『エイリアンズ』 in 文学座第二稽古場

森のような公園の一角に向かい合わせにベンチが4つ。
なんて事の無い公園ですが、そこに集う若者たちにとっては
不可思議な世界が広がっているようです。

作・演出・役者全てが、研修生達が作り上げた今回の『勉強会』
実際、レベルの高さにびっくりしました。
客席をはさんで中央に設置された、日の当たらない森のような不思議な公園・・・・
等身大の若者達の、あやしげで不可解な悩める姿が、
落ち着きの無い不安定さを感じさせられます。
場面展開の間に、音楽に合わせて、わらわらと動き回る出演者達。
両脇に設えた椅子で出番を待つ出演者達。
シュールで不条理な世界を垣間見た、面白い作品でした。
それにしても、とても個性的な研修生達ですが
タイミング、間の取り方、動きの合せ方がとても上手く
チームワークの良さがとても光った見応えのある作品でした。

終演後、相互リンクさせて頂いてる“かおり”さんにお会いできました♪
また、ご紹介いただいた今回の作・演出の“所奏”さん!
ちょっと、面白い人物かもしれません。
それにしても、今回の作品がオリジナルと伺って驚愕しました。
将来が楽しみですね♪期待しています!
『研修科生の勉強会』といえども侮れない作品。
とても頼もしく、心地よく拝見できました。

「よかったよぉ~!かおりさん!ガチャさん!」
お疲れ様でした!打ち上げ盛り上がっちゃって下さいね~!
今日もまた、ビールが美味しいぃぃぃぃ~♪

P.S 相互リンクさせて頂いてる“のびた”クンこと、西岡野人さんを発見♪
とても爽やかな表情をされていたので、来週の試演会もいい感じに
仕上がっているのでしょうか?う~ん、楽しみです♪
by berurinrin | 2005-07-31 22:44 | 文学座観劇感想

『フォロー・ミー』情報!

文学座の醍醐貢介さまより
外部出演のご連絡のコメントを頂きました♪

8月11日(木)~8月14日(日)まで「ティアラこうとう」という劇場で上演される、「アマデウス」を書いたピーター・シェファーの代表作であり、トポルとミア・ファーローで映画化もされた「フォロー・ミー」という芝居に出演する事になり、今、稽古の真っ最中です。出演者は3人で、上演時間は1時間半位で、とても素敵な芝居ですので、是非、観にいらして下さい。
日時指定の自由席ですので、出来るだけ、開演の30分前までには御来場下さい。
どうか宜しく御願い致します。
暑い日が続きます。御体を大切に。

                              醍醐貢介
『フォロー・ミー -3人でケンジントン公園を-』
ホールピーター・シェーファー作、平山真理子訳
出演:醍醐貢介、山口景子、東山治樹
演出;東山治樹

8月11日(木):19:00
8月12日(金):14:00  19:00
8月13日(土):14:00  19:00
8月14日(日):14:00
料金 前売り 4.000円  当日 4.200円
場所 江東公会堂(ティアラこうとう)小ホール


わたしも、もちろん拝見させて頂きます♪
お問い合わせ、チケットのご希望がありましたら、私ベル宛にメールお願いいたします。
アドレス<berurin2@yahoo.co.jp>
責任を持って醍醐さんへの仲介を努めさせて頂きます。
by berurinrin | 2005-07-31 00:36 | 外部出演

HHG公演『約三十の嘘』

サイスタジオ公演 vol.15
HAPPY HUNTING GROUND in 『約三十の嘘』

作:  土田英生
出演:加納朋之.高橋克明.古川悦史.助川嘉隆.横田栄司
    征矢かおる.添田園子

仲間の裏切りでバラバラになった詐欺師の集団が5年ぶり集合します。
詐欺師の集団7人の男女は北海道を舞台に、
もう一度仕事をする為、寝台列車に乗っているのです。
そして3ヶ月後、帰りの寝台列車。仕事は完璧な大成功。
でも売り上げの入った鞄がない!!
一体誰が騙しているのでしょうか?詐欺師の中の詐欺師は誰?

つい数日前は『きゅうりの花』の下河部の素朴な青年団の面々が、方言は?どこへやら
ぴしっとスーツを身に付け、胡散臭い都会の詐欺師に大変身。

信じたいのに信じられない?という微妙な関係を、7人の男女の詐欺師達が
行きと帰りの寝台列車の中で、探り合う姿が滑稽で楽しいやり取りです。
7人ともが疑わしく、観る度に7人の誰かを犯人に見立てて拝見しても
きっと又違う面白さがありそうです。

やっぱりH.H.Gはいいですね。
皆さん本当に楽しそうに演じているのがわかります。
でも、その楽しみは生みの苦しみを体験した上での喜びを知っている方々で
あるという事も、、、気を抜かないプロフェッショルな俳優、スタッフの集団の
ユニットであるからこそ、楽しむゆとりを持てるのだと思います。

~7/31まで   inサイスタジオ

p.s サイスタジオの入り口で、高橋正徳さんと出会った私。このブログの存在の事は
すっかりバレバレ(汗)「掲示板読んでます」と云われちゃいました。あはっ
この、知る人だけが判ればいいかな?程度の掲示板のなかでは話題の高橋さん!
でも、彼は絶対”大物”になる人物です!だから、これからも話題にしちゃいますよぉ♪
そういえば、高橋さんガイドで「芸大の美味しいもん、ご案内ツアー」してくれるって云う話
覚えているかしらん????
by berurinrin | 2005-07-30 21:37 | 文学座観劇感想

朗読劇とラジオドラマ

朗読劇(リーディング)って好きなんです。
なかなか拝見する機会は少ないのですが、
最近では去年、紀尾井ホールにて「蝶々さん~ある宣教師夫人の日記より」
演出は西川信廣さん。出演は麻実れいさん、島田歌穂さん、木津誠之さん。
役者は椅子に座って、時には立ち上がって台本を読みます。
「語り」といわれる人が、ト書きや季節、時間の経過を読み上げます。
朗読劇の楽しさは、台本を読み上げている俳優の後ろの世界を
自分で思い思いに空想する醍醐味あります。
また、素の俳優が台本を手に役に入り込む瞬間を目撃できるのも
リーディングの楽しさかもしれません。

わたしは、ラジオドラマをあまり聴かないのですが(ほどんど、いや全然。。。)
ラジオは大抵音楽のBGMとして流す程度にしか聴かないのです。
が、お友達から以前頂いた、「NHK・FMで青春アドベンチャー「モンテクリスト伯」の
ラジオドラマは、リーディングと同じような雰囲気を味わう事ができました。
それもそのはず、主演のモンテクリスト伯(エドモンダンテス)役を内野聖陽さん。
そして文学座の面々が声のご出演ですもの。
去年の今ごろは文学座の本公演「モンテクリスト伯」で熱い夏を過ごされた方も
たくさんいらっしゃたのでは・・・♪

8/1から始まる再放送「NHK・FMで青春アドベンチャー「モンテクリスト伯」のラジオドラマ。
文学座本公演とは違った、もう一つの「モンテクリスト伯」を堪能できるはずです!

さて、友人からギョロの話を催促されたので・・・

小ネタの会話ですが・・・
ギョロが髪を切った翌日におでこを机の引き出しの角にぶつけたりして
サービス精神旺盛だなあ、ギョロって!
それも、おでこの吹き出物の上にピンポイントで当ててる天性の才能!素晴らしいGJ!
だから、おでこの傷と吹き出物は一箇所にまとめて1個のみ!
わたしも、そんな笑いの神様が降り注ぐギョロにあやかりたいと思い
「ギョロが髪切ったから、わたしも切ろうっと♪」
「別に、そんな」
「ギョロと同じ事がしたいな★」(ちょっと小悪魔的な演出で・・無理はがってん承知のすけ)
「じゃあ、髪切らないでっていったら(髪)切りに行かない?」
「なんで、ギョロの願いを聞き入れなきゃいけないの!!」(小悪魔が悪魔に変身!)
さっ、来週も面白い事頼むねギョロ!
by berurinrin | 2005-07-30 00:00 | ドラマ/映画

暑中お見舞い申し上げます

地震に台風にと、忙しない“関東地方”よりお届けしております。
それにしても、何気ない平凡な一日がいかに大切かということを
しみじみ思うことの出来た数日間の出来事でした。

うふふっ♪と、先週は一本も舞台を観ていないのにも関わらず
ギョロが面白い事を言ってくれないし、動きとしては
ギョロが髪を切って、机の角におでこをぶつけて涙目になっていた事がありました♪
(前髪を上げで、傷口を見た時にデコピンを無性にしたくなりましたが
理性で抑えた大人の私です。。エライ)
そんな、地味な日々を送っていたにも関わらずご機嫌なのは・・・うふっ

文学座から「暑中お見舞い」の葉書が届いたのですっ!
文学座の支持会やパートナーズ倶楽部に入会していると
毎年、座員の方から毎年送って頂けます。
どなたから届くかは、届いてからのお楽しみ♪

去年は坂部文昭さんから頂きました。
素敵な文面、暖かな俳句が添えられていてとても感動しました。
宝物として大切に大切に保管させていただいています。
今年は大滝寛さん!大滝さんの舞台はたくさん拝見させて頂いているので
かっこいい大滝さんの姿を思い出すと、嬉しさもひとしおです。じーん、ときます。
嬉しいです~♪「戯曲・赤い月」楽しみです!
そして、葉書の絵は外山誠二画伯の「シラノ・ド・ベルジュラック」の絵が
描かれています。とても、細くて繊細なタッチのシラノの姿。
バックに月の絵が書かれているので、月から落ちた男を演じているシラノの姿でしょうか?
文学座との出会いが「シラノ・ド・ベルジュラック」からなので、感無量(涙)
とても心休まる素敵な葉書でした。
ありがとうございました★

外が大分静かになってきました。

「暑中お見舞い申し上げます」
まだまだ暑い日が続きますが、お健やかにお過ごしくださいませ。
また劇場で、アトリエで素敵な時間を共有できますように  ベルより
by berurinrin | 2005-07-26 20:54 | 日常

胃が痛くなった。。

胃が痛くなった時ってどうしますか?
昔から「胃痛」「腹痛」「頭痛」が頻繁に起こるわたし。

子供の頃「お腹が痛~い」って、半泣き状態の時
父は私に薬の替わりに、父が作った「梅酢」をおちょこに一杯、飲ませてくれました。
あまりのすっぱさに、お腹がびっくりしてあっという間に治ってしまいます。
今もお腹が痛くなると、家では「梅酢」を飲んでます。

子供の頃「胃が痛~い」って、半泣き状態の時
父は私にコーラを飲ませてくれました。よく覚えていないのですが
なぜが「コーラ」です。あの、炭酸飲料の!
で、今も胃が痛くなると、コーラをくぴくぴ飲んじゃう私です。

子供の頃「頭が痛~い」って、半泣き状態の時
薬を飲まされました。。「頭痛」の時だけ、今も昔も普通です。

先日、恐怖の「健康診断」がありました。
おかげ様で今回は「不整脈」は見つからず、完璧な健康体でありました。
しかしながら、長期頑張ったダイエット大作戦は、長期戦過ぎて失敗し
(次回は短期戦にします・・・)微妙な結果でした。

健康診断が終わると、甘いお菓子に手が伸び・・・・
リバウンドするほど痩せなかったのに、リバウンドの兆候が・・
でも、まあいっか。「健康診断」まで、あと一年ありますもの(笑)
by berurinrin | 2005-07-22 22:28 | 日常

なんだぁ?って思われるかも

カテゴリに“ギョロ”語録を作りました。
なんだぁ?って思われるかもしれませんが
“ギョロ”は、会社の同僚です。
それも9年越しのお隣同士。
仕事中二人で会話をしていると、周りからは漫才のように聞こえる
と云われます。(けっこう真面目な会話もしているのですが・・)
でもM体質の彼の口から飛び出る言葉は、
宝石のようにキラキラ光輝きを放ちます。
ネタがない時は、ギョロ頼みの私
本当は感謝しています。ギョロの並外れた感性に!きゃはっ
9年前は、マメに美容院でカットしていた髪型は
いまや1000円カットの店になろうとも
9年前は、二股掛けてニアミスで危機に陥りそうな綱渡りをこなしたギョロも
最近は・・・・まっ、いいかぁ
まあ、息抜きに立ち寄って頂けるカテゴリであれば、と思っています。
ネタはどうぞ、お使い下さいませ♪

ギョロの理想の女性のタイプは
「25歳くらいの小悪魔的な女性」と常に言ってますが
芸能人で云うと、長澤まさみさんだそうです。
ちなみに、年齢制限をしているのはそれ以上の年齢だと
「小悪魔」ではなく「魔女」になるからだそうです。
・・・・わたしには、理解できましぇーん。
by berurinrin | 2005-07-19 21:30 | ギョロ語録

梅雨が明けた・・・

いやいやいやっ~、とうとう梅雨が空けましたね、関東地方!
夏到来!私の季節です♪(ただ単純に夏生まれって事だけですが)
でもニャンコたちにとっては過酷な季節。
りんりんの方は、エアコンOKなので居間でくつろいでいますが
(現在、りんりんは横でアイス珈琲のコップに付いた水滴を舐めています・・)
ベルはエアコンが苦手なので、出掛けるときは
彼女に扇風機の微風の風を当てて、タイマーを掛けて出かけます。
なんせ、箱入り猫なので・・

さて、リンクを追加しました。
今年文学座の準座員に昇格された“のびたクン”こと西岡野人さんのブログです♪
彼のユニークなつぶやき・・癖になるかもしれませんよぉ
そんなのびたクンが出演される『僕と幽霊とサルビアの女』
8/5(金)~7(日)文学座第2稽古場で行われます。
試演会の為、入場無料(要予約)受付は始まっていますので
興味のある方はお早めに~!!!
(以前、6/6付の劇団公演情報のカテゴリでも紹介しています~)
by berurinrin | 2005-07-18 20:35 | 日常

HHG公演『きゅうりの花』『動物園物語』

サイスタジオ公演 vol.15
HAPPY HUNTING GROUND in 『きゅうりの花』『動物園物語より』7/17

『きゅうりの花』

作:  土田英生
出演:加納朋之.高橋克明.古川悦史.助川嘉隆.横田栄司
    征矢かおる.添田園子

ちいさな過疎の町“下河部”の青年団の仲間たちが、町おこしのアピールの為
地元に伝わる歌を、アレンジして大都市で広めちゃおうとする運動の最中に
起こる小さなささやかな日常と、自分自身の問題に向かい合う仲間たちの姿。。

いやぁ、大きなドラマチックの要素があるわけじゃないのだけど
心の奥底にじんわりしみ込む、素敵な作品でした。
わたしは田舎に住んだ事がないので、地方の過疎地の生活がどんなものか
わかりませんが、嫁不足や離婚した女性に対する偏見、嫁姑問題。
都会ではささやかに思える問題が、住む場所によって捕らえ方が違って
受け止め方の違いが、終盤の悲しい出来事につながってしまったのですね。
でも一人一人が背負っている問題を、前向きに解決していこうとする
青年達の生き方は最高にかっこいいと思いました。
古川悦史さんのいくつになっても少年らしい純朴な青年の姿。
優柔不断な夫の横田栄司さんとその妻で田舎暮らしに馴染めない添田園子さん。
しっかりしているんだか?してないんだか?の助川嘉隆さん。
出戻りだけど前向きな征矢かおるさん。
みんなを束ねる加納朋之さん。
つじつまの合わない(すみません)うんちく王の高橋克明さん。
皆さん役にはまっていて素晴らしくて、気持ちがいいです♪

あの、扉の向こうには柔らかな耳に残る音楽と共に
山があって丘があって、きゅうりの産地の名のとおり「きゅうりの塔」が立っていて
田園畑の風景が確実に見えました。
「ハァ~イエイエなぁ♪」もちろんBGMはイエイエ節に決まりです★

ポケットシアター『動物園物語より』

出演: 古川悦史.助川嘉隆

『きゅうりの花』では、花嫁募集ブラザーズのお二人による二人芝居。
前回のHHG公演の時も拝見しましたが、とても見応えのある作品です。
一つのベンチを取り合うという、単純なお話ですが
そのお話に行き着くまでが大変!!
お二人って事前打ち合わせってあるのでしょうか?
アトリブだか台詞なのか?間の取り方。。すごく良いんです。
機関銃のように飛び出す古川さんの台詞に、丁々発止で受け止める
助川さん。初見ではないのに、とても新鮮で古川さんの不思議な世界に
連れて行かれてしまいました。

文学座の中堅のメンバーのチームワークの良さ、役者同士のぶつかり合いの
中で生まれる感動。狭いスタジオでのシンプルな舞台。
いいところ満載の芝居に、この満足感にきっとこれがライブの良さなんだなぁって
つくづく嬉しくなってしまったのでした。

2作連続上演の為
『きゅうりの花』~7/24まで
ポケットシアター『動物園物語より』は7/18.23.24『きゅうりの花』終演後
『約三十の嘘』7/28~31まで   inサイスタジオ
 
もし、観たいなあ~どうしようかなあ?って悩んでいるのであれば
ぜひ観てください!絶対に後悔しない。させない素晴らしい出来栄えです!!!
by berurinrin | 2005-07-17 23:53 | 文学座観劇感想

短編傑作劇フォーラムⅤ『陽気な幽霊』

SANYO HALL スペシャルシアターVol.5
短編傑作劇フォーラムⅤ『陽気な幽霊 作.ノエル・カワード』   in サンヨーホール(7/16)

構成/上演台本 野田治彦
演出/案内人   小林勝也
出演        小林勝也.高瀬哲郎.大滝寛
           清水馨.奥山美代子.愛佳.頼経明子

ちょっと怪しげなスピリチュアリカウンセラーの赤井さん(小林勝也さん)の元に通う
ふじ子さん(清水馨さん)を心配して、ご主人の長谷さん(高瀬哲郎さん)が
やってきます。赤井さんは、長谷さんとふじ子さんの不和は長谷さん自身にあり
彼の背後霊であり前世でもあるチャールズさん(大滝寛さん)の
物語に耳を傾ける必要があると、チャールズさんの物語を話し始めます。

作家のチャールズさんと妻のルースさん(奥山美代子さん)は再婚同士です。
ある日、チャールズさんの家で霊媒師を呼び、チャールズさんの亡くなった元妻
エルビラさん(愛佳さん)が現れます。妻と幽霊の元妻に翻弄されるチャールズさん

そして舞台は、現代と前世の2つの話が交互に進行されていきます。

わたしはこのフォーラムのシリーズ、今回で3回目の観劇となりますが
毎回実験的な要素が含まれていて、目から鱗状態の新鮮な気持ちを
抱かせてもらうことが出来ます。
『陽気な幽霊』はブラックユーモア満載のお話で、軽やかなテンポで
ドラマが進んで行きます。二人の妻に翻弄される“モンゴル系イギリス人”顔の
大滝寛さんは軽快だし、妻の奥山美代子さんのエキセントリックな演技は最高!
(奥山さんのプチ切れ演技は何時観ても素敵です♪)
幽霊の妻である愛佳さんの小悪魔的な演技はとても可憐で、頼経明子さんの
動きは超可愛いし♪
現代の高瀬哲郎さんと清水馨さんのエピソードには、ほろっとさせられ
小林勝也さんの女装は「いるいるこんな女性」然として、違和感無くて
逆に会話の面白さで笑ってしまいました。

短編傑作劇フォーラムは、お洋服の㈱三陽商会のメセナ事業として2003年より
スタートして人数限定の「講演会」の一環として行われるものです。
なかなか情報が少ないとは思いますが、
有料にしても全くおかしくない作品を無料で観せて頂けます。
「文学座支持会」の会員であれば、文学座通信にも記載されますので
チエックしてみてくださいね♪
by berurinrin | 2005-07-16 21:58 | 文学座観劇感想