<   2005年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ダイエット大作戦中。。

ダイエット大作戦

...続行中です。

会社の後輩男の子のmatsuが体重1.5kg落ちたと、
お菓子の袋をばりばり開けながら
「やっぱ水ですよ!」報告してくれました。
matsuは相変わらず、自らの手作りお弁当と水でダイエット中。
でもやっぱり気になるのは、そのお菓子をつまむ手!口の中のお菓子!
絶対ありえないハズなのに体重が落ちた!なぜに????
せっかくmatsuが外出中にさりげなく机の上にお菓子を置いたりして
姑息に足を引っ張る作戦が無駄に終わってしまいました・・
でも、負けない!辞めない(足を引っ張ることはっ!)

そんな中、ライバル出現!
隣の席の同僚のギョロがダイエット大作戦に参戦してきました。
彼は人並み外れた頭の大きさ(頭脳明晰のため?)とその頭を被う髪の多さ
が特徴で、先週の屋形船では、橋の下を船が通過する度
「頭!頭に気をつけて!」と周りをひやひやさせたものでした・・
横浜のベイブリッジの下を通過したときは、大惨事になったらと
心配で心配で!(* ̄m ̄)プ!
そんな彼は週末に髪を切った頭で「体重が2kg落ちた!」と報告してきました。
(・・髪を切ったからでしょう)

さて、わたし・・・。平行線のままなのです。

朝は、牛乳とマシュマロ5個と(無印良品の)レーズンクッキー1個←超美味しい です
昼は、贅を尽くしたお弁当(白米にレトルト!)あははっ!
夜は、ご飯半分に少なめのおかず

もちろんお菓子は食べていませんよ!(たまにちょっとだけ。。)
楽して痩せる方法ないもんでしょうかねぇ~

痩せられるかなあ・・・・。
by berurinrin | 2005-05-31 21:20 | 日常

久々の休日

久々に一日家に居ると、やることが一杯です。
頼まれていた事を処理したり、ビデオも観たいし
やりたかったことをテキパキこなす為に
BGMは布袋寅泰のアルバム「fetish」を聴いちゃってます。
ちょっとパソコンの手を休めて、右手を握り上に挙げちゃったりして・・
心拍数を上げて頑張っています♪
はっきり言って、わたしはミーハーです。布袋を愛してます。おおほほっ
小学生の頃「ロックショー」や「ミュージックライフ」を買ってましたからっ

さて、今日の重要課題は「猫達のお風呂」
ウチには2匹のニャンコがいますので、それでなくても水嫌いの遺伝子を持つ
猫科のやつら。これは飼い主と飼い猫の戦いでもあるのです。それも2rd!!
朝から「お風呂」ムードを察した“賢い”ベルは家の中でかくれんぼ。姿を隠しています。
ということで、“のんき”なりんりんをまずお風呂場へ
冬の毛が山のように抜ける時期なので、がんがんシャンプーして終了後
バスタオルと共に待機してる母にりんりんを引渡し、今度はドライヤーをがんがん!
気を許した母は、りんりんに爪で引っかかれ流血の戦いにもつれ込みましたが
やはり二人vsりんりんの戦いは、飼い主の圧勝で終了しました。

次は、お腹を空かせて現れた寝起きのベルが
わけもわからないままお風呂場に連れ込まれ、気が付いたら母に濡れた身体を
がんがん拭かれていた状態なので、これは飼い主達の圧勝でした。

それにしても全ての戦いが終わったのは3時間後、毎度の事ながら
激しい戦いでした。。。でも、ニャンコ達のシャンプー後の乾いた
ふわふわの毛の触り心地は最高です。

さて、もう一つの課題は「掲示板」を作りました。
何とかこのブログをはじめて半年経ちました。
いつかはHP作りもチャレンジしたいなぁ・・と思う今日この頃でした
どうぞお気軽に書き込みに来てくださいね♪
c0023954_16173359.jpg

これは、ベルのお気に入りです。L字に曲がった“ふあふあ”の所を咥えては移動してます。
by berurinrin | 2005-05-29 16:09 | 猫ばなし

毎年恒例のサマーショップのご紹介です。
本格的な演劇ワークショップで密度の高いプログラムのようです。
演劇に携わっていらっしゃる方、ご興味のある方に!

A.高瀬コース~舞台に言葉を立ち上げる~  講師<高瀬久男

 期間  8/20(土)~26(金)10:00~13:30(3時間30分)


B.今井コース~セリフを支える「身体」を~  講師<今井朋彦

 期間 ①平日コース  8/22(月)~26日(金)   19:00~21:30(2時間30分)
     
     ②土・日コース 8/20~21日、27~28日 15:00~18:00(3時間)


場所:サイスタジオコモネAスタジオ

対象:高校生以上

募集人員:各20名(男女問わず)

受講料:A高瀬コース:40.000円
     B今井コース①平日コース、②土・日コース:共に20.000円
     Cセットコース(AとB-①もしくはAとB-②):共に50.000円

応募方法:下記の書類を郵送もしくは文学座までお持ち下さい
       (提出書類の返却はされません)
      ①希望するコース名(第二希望まで記入可能)原則として全日参加できる方
      ②なぜこのワークショップを受けようと思ったかを書き添えてください。
      ③既製の履歴書に必要事項を記入(身長・体重、演劇経験も記入)
      ④写真(顔と全身が写ったもの各1枚)を添付。
      ⑤80円切手を貼った返信用封筒を同封。
      ⑥高校生の方は保護者の承認(履歴書に著名)が必要。

送り先:〒160-0016
       東京都新宿区信濃町10 文学座サマーワークショップ係

受付:7/4(月)~7/27(水)当日の消印有効(受付は日祝除く11:00~17:00)

選考方法:定員を超えた場合抽選

選考結果:受付終了後、約10日ほどで郵送にてご連絡。

お問い合わせ:文学座 企画事業部「サマーワークショップ」係
          TEL.03-3351-7265(11:00~17:00日祝除く)
              
by berurinrin | 2005-05-28 21:54 | 文学座公演情報

以前ご紹介しましたが、本日より予約受付始まりました♪

文学座有志による公演『八十八の会』戌井市郎演出

「忠臣蔵」(作:平田オリザ) 外山誠二、岡本正巳、中村彰男、吉野正弘、今村俊一、
                  横山祥二、岸槌隆至
「珍客」(作:松岡力雄)    林秀樹、醍醐貢介、藤堂陽子、上田桃子、八木昌子

日程:6/30 19:00、7/1 14:00・19:00、7/2 14:00・19:00、7/3 14:00

上演時間:約2時間(2本立て、途中休憩10分あり)

場所:サイスタジオコモネ Aスタジオ

料金:3,000円

予約開始日:5月25日(水)

ご予約:文学座企画事業部(03-3351-7265)
     日・祝日除く(11:00~17:00)

この「八十八の会」の八十八は演出の戌井さんのお年だそうです。
それにしても、研修科の卒業公演「カノン」(野田秀樹 作)を選んだり
今回は平田エリザさんの作品をお選びになったり、戌井さんって凄い!
また、『珍客』の作者の松岡力雄さんは以前に作者として
文学座に席を置かれていた方だそうです。
戌井さんよりも年上の方だそうですが、現在もとてもお元気な方だそうです。

そうそう、この「八十八の会」の渋いチラシご覧になりましたか?
このチラシは林秀樹さんの力作だそうです!

ぜひ、ご覧下さいませ♪
by berurinrin | 2005-05-26 23:48 | 文学座公演情報

『箱根強羅ホテル』

「笑い」のシリーズ第3弾『箱根強羅ホテル』  in  新国立劇場<中劇場>

「なんか間違っています。自分達は、間違っていますって」

第一幕で、みんなで初めてパジャマを身につけて
嬉しくって歌って騒いで・・で、、、、
はたっと、現実に戻った国枝さん(内野聖陽さん)が、言う台詞です。
一番浮かれてていたのは、その国枝さんでしたが・・(笑)

そうです!なんかまちがっていますって
台本が初日三日前に出来上がったなんて。。

私は井上ひさしさんの作品は大好きです。
『円生と志ん生』も大好きだし
『国語元年』『父と暮らせば』も勿論観に行きます。
今回の『箱根強羅ホテル』も、心に染み入る音楽とノスタルジックな歌詞
やわらかな流れるような素晴らしい台詞の数々。。
登場人物全てが癖があって、人間臭くていとおしい存在で
笑いあり、悲しみあり、切なくてそして笑って・・

でも、やっぱり何かおかしいです。
新作なのもわかります。
練れば練るほど素晴らしいホンになるそうですが(うなずく)
それを待つ身の役者達、初日が開くのかとはらはらするスタッフの方々。
そして初日のチケットしか持っていないかもしれない観客の方々。
やっぱりおかしい!!
無事に初日を迎えられたのは奇跡のようだったと聞きました。
でも、よかったですね。幕が開いて(ホッ)

と、文句をいってしまいましたが・・

『箱根強羅ホテル』。。味わい深い作品ですね。
一つ一つの台詞が緻密で深くて素晴らしいのです。参りました!
そして短期間で与えられた役を自分のモノにしてしまう、
優れた俳優達の力の賜物が作品の息吹を感じさせます。

運良くシアタートークを拝見させて頂き、その時に藤木孝さんが
「自分は(中身が)“からっぽ”だと思います。だからどんな役でもやっていけます」
とても凄い事をおっしゃる方だなあ、と尊敬してしまいました。

内容を書きたいのですが
ネタバレしそうなので、感想は改めて後日書き込ませて頂きますね。

~6/8まで 新国立劇場<中劇場>
by berurinrin | 2005-05-26 22:12 | 観劇感想

『ぬけがら』答え合せ♪

『ぬけがら』のネタばれ答え合わせです♪

答えの正解は「X

すべて俳優達の演技にだまされてしまいました!(* ̄m ̄)プッ

1.80代のお父さんの好物の「お醤油かけバナナ」  
                 
お醤油は「珈琲にお砂糖を混ぜたもの」だそうです。
80代のお父さんったら お皿にこぼれたお醤油(もどき)を美味しそうに
バナナにたっぷりつけてましたね。
すっかりだまされてお醤油にバナナなんて美味しいのかも・・・て思ったのは
わたしだけでしょうか?

2.卓也さんの肉体改造計画に欠かせないビールジョッキに「卵4個入り牛乳」2杯

さすがに「卵4個入牛乳」を一回公演あたり2回、
そして昼夜の公演があった日には4回!!(゜ロ゜) ヒョオォォ!
肉体改造よりも内臓改造が必要かも・・・と、
いうことで「」は「マンゴープリン」だそうです。
それでもかなりハードだったのでは・・

3.80代のお父さんの熱燗(あつかん)ならぬミツカン酒

これも「ミツカン酒」はお茶を薄めたのものでした。
でも、色合いを出すのが難しかったそうです。

4.美津子さんがぐいぐい飲んじゃう「ビール」缶

本当にビール缶をパツーンと開けて、ゴクゴクぷはぁー状態でしたが
実は中身はウーロン茶の缶。周りにビールのラベルを貼ってありました♪

まだまだ他にもだましやら、仕掛けがたっぷりの『ぬけがら』も
無事に終わってしまいました。
裏では、スタッフの方の手も足りず出番待ちの俳優の手を借りての作業だったそうです。
それにしてもアナログ満載の本当に楽しい舞台でしたね。

次のアトリエ公演は9月です!
by berurinrin | 2005-05-24 09:54 | 稽古場/舞台裏話

『ぬけがら』 in 文学座アトリエ

初見で『ぬけがら』を観た後、これは一人で観てしまうにはもったいない~!!
と思って、帰りの電車に中で友人を誘っての
二度目の『ぬけがら』観劇となりました。

笑って、ほろりとさせられて
最後お父さん達(笑)が明るく息子を置いて去ってしまうシーンに
ビデオカメラを回しながら、実況を続ける口調とに相反する
息子の卓也さん(若松泰弘さん)の淋しげな表情がたまりませんでした。

もし、もし今のお父さんを「ぬけがら」にできることなら
いつの年代のお父さんに会いたいですか?

きっと、このお芝居は女性の私が観るよりも、
若松さんと同性の迷える年代の男性の方がご覧になっていたら
全く違う側面がみえるかもしれませんね。
一緒に観た友人も「だんなに観せたい!!」としきりに言っていました。
ぜひ男性の感想を伺いたいものです。
なぜなら次回は女性バージョンで、
母の「ぬけがら」が観たいんですもの。

今回はとても細やかな舞台。そして素朴な小道具達が生きて楽しませて
くれましたが・・・
さて、ここからはクイズコーナーです。
下の4つの小道具。俳優の皆さん体を張って果敢に挑戦されていましたが
中には大嘘つきさんがいます!これが役者ですが!!
どれが本物かわかりますか?

1.80代のお父さん(飯沼慧さん)の好物の「お醤油かけバナナ」
2.卓也さんの肉体改造計画に欠かせないビールジョッキに「卵4個入り牛乳」2杯
3.80代のお父さん(飯沼慧さん)の熱燗(あつかん)ならぬミツカン酒
4.美津子(山本郁子さん)がぐいぐい飲んじゃう「ビール」缶

答えは明日の朝、お答えします!
by berurinrin | 2005-05-23 17:48 | 文学座観劇感想

文学座付属研究所研修科の発表会のお知らせです。

第2回発表公演 『なぜか青春時代』

演出:小林勝也 

作:清水邦夫

日程:7/8~7/10 

場所:文学座アトリエ 

入場無料

清水邦夫さんといえば蜷川幸雄さん演出の「幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門」
が記憶に新しいですね。
演出は小林勝也さんです!
リンクを貼らせて頂いたかおりさんのHPの方に研修科の素敵な情報が載っています♪
研修科の発表会の作品は、色々なジャンルのものを選ばれるので
興味深くまた、観る側もとても勉強になります。
また、研修科生のひとりひとりが情熱を込めて演じられる姿に
公演毎に成長される研修科生たちに胸を打たれること間違いありません!
ぜひ、アトリエで!!

で、私は『ぬけがら』を観にアトリエに行ってきます~♪

遅まきながら、リンクを2つ追加させて頂きました!
これからもどんどん文学座の話が広がりますように!!

p.s
かおりさんへ
コメントありがとうございます!公演に向けてのお稽古初日お疲れ様でした!
ぜひ、観に行きますのでがんばって下さいね♪

えふさんへ
古川さんのイメージにぴったりの色合いのHPですね!
ちょっとミステリアス。でも、ちょっぴりいたずらっ子のような・・
これからどんどん発展しそうなHPですね~とても楽しみです!!
by berurinrin | 2005-05-20 22:28 | 文学座公演情報

映画『王妃マルゴ』

『王妃マルゴ』
昨日、何気にTVのチャンネルを変えていたら映画『王妃マルゴ』を
やっていたので、途中から見入ってしまいました。
『王妃マルゴ』の原作は、「モンテクリスト伯」や「三銃士」の作者で
わたしのお気に入りのアレキサンドル.デュマ氏。

時代は、「三銃士」の時代よりも以前の16世紀初頭。
王様より権力を持ったといわれるカトリーヌ・ド・メディチこと王様のママ
そして彼女の仕業といわれる「聖バルテルミーの大虐殺」
(カトリックの信者がついさっきまで仲良くしていたユグノー(プロテスタントの蔑称)を
一方的に殺しちゃっていいよ!という、恐ろしい布告が出されたのです)
この恐怖の夜の出来事でした。
プロテスタントのラ・モルと友人ココナスが、殺戮者達から逃げ込んだところは
王宮でした。。。そして王妃マルゴとの運命の出会い。二人は恋に落ちますが
同時にココナスも王妃の親友のアンリエットと恋に落ちます。
この二組の恋人同士には政治やら陰謀やら過酷な運命が
容赦なく、彼らを巻き込んでそして飲み込んでしまうのです。

この映画のマルゴを演じるのはイザベル・アジャーニ。
わたしにとって、とても目が離せない女優さんです。
なぜか彼女のイメージは赤。。それも真っ赤!
とても美しくて、それ以上に年齢不詳というか少女のような可憐さを持ち合わせて
触ると砕けそうな硝子のような脆さが魅力的な女優さんです。
「アデルの恋の物語」「カミーユクローデル」の2本の映画で
狂気に陥る女性の役をやられていますが
ものすごい彼女の内面のパワーに惹きつけられます。
もし、興味があったら一度ご覧下さい。

そんな彼女に演じてもらいたい役は「アンジェリク」というフランスの小説の
ヒロイン。時代の流れに逆行して生きるたくましい女性アンジェリクです。
「アンジェリク」はAデュマくらいに私はうるさく語ってしまうので
またの機会にご紹介しますね。
by berurinrin | 2005-05-19 21:56 | ドラマ/映画

日曜日に、野良のわんこの写真を撮りに行ってきました。
近くで見ると、とても健康そうですが
ちょっと後ろ足が悪いような歩き方をしていました。
このわんこが何時頃から、野良のわんこになってしまったのか
わかりませんが、わんこを見る度に
きゅんと胸が苦しくなります。
c0023954_2116198.jpg

P.Sアトリエの会「ぬけがら」はチケットが予約前売分がほぼ完売状態らしいです
が、当日券(当日の3時間前より03-3353-3566)も出ますので
ぜひあきらめずにご覧下さいね!!
by berurinrin | 2005-05-17 21:17 | 猫ばなし