<   2005年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

文学座ファミリーシアター『風をつむぐ少年』

文学座本公演 ファミリーシアター『風をつむぐ少年』 in 全労済/スペースゼロ

転校生の17歳の少年ブレント(斉藤祐一さん)は、パーティーで恥をかかされ
やけになって飲酒運転をして事故を起こし、後続車を運転していた少女を死なせて
しまいました。少女の母はブレントに少女の名前を記した風見の人形を作り
アメリカの四隅に立てて欲しいと頼みました。
そして、ブレントは旅に出かけました。

パステルカラーの柔らかい色調の舞台に帆をイメージしたスクリーン。
ドーナツにも似たユニークな盆舞台。

以前、稽古見学をさせて頂いた時の印象は
とてもやわらい感じの“愛”の物語ではないかと想像していましたが
実際は、決して生易しいものではありませんでした。
「死」をファンタジーではなく、しっかりとした現実としてとらえています。
過去・現在・未来の時間軸が交差していますが、
時間なんて関係ないって思うほど、ストーリーに影響されないのが凄いことです。
けれども、それはそれパズルのようなシーンの数々です。
きっと稽古では、ブレント以外の役者達は非常に役作りに苦労されたのでは。。
でも、鵜山仁さん演出ですもの。お見事でした♪

主演の大役をこなしたブレント役の準座員の斉藤祐一さん、よかったですね。
以前拝見したフォーラム「いさかい」やHHG「knob」でも感じたのですが
彼はとても“目”で感情を語れる人だと思いました。
繊細なブラント少年の内面の心情の表現、おびえ、悲しみ、、、
確かに斉藤祐一さんの“目”が訴えていました。

ブラント役以外は、役者達はいくつもの役をやられています。
その役柄の変身振りを観るのは楽しい事です。
特に倉野章子さんのお祖母ちゃん(レベッカ)とジェニー役山田里奈さんとの
思い出をつづるドライブでのお話やクィークスボロでのブラントと交わす女性役の場面。
本当に切なくて、ブラントに「あなたは悪い人じゃない」と言うシーンでは
優しい、そのしっかりした口調に胸をうたれました。
そんな倉野さんも少女をやられていましたね♪
浅野雅博さんも楽しかったですね。いじめっ子からアナウンサー、お父さんから
ドイツ人・・場を沸かしてくれました。ちょっとシュールな大道芸人、笑っちゃいました。
笑いといえば
大滝寛さんと石川武さんのアフロヘアーとか、モンロー張りのセクシーな先生役の
山本道子さんとか、植田真介さんのワル風な演技には爆笑ものでした。
山田里奈さんは生き生きとした演技がチャーミング、新準座員の頼経明子さんは
演技の器の広さを感じました。これからが楽しみな女優ですね。

ファミリーシアターとあるだけに、家族誰もが観て感じられる仕上がりになっていました。
侮ってはいけません。子供に薦められるものは、大抵大人にも良いものなのです。
また、初めてお芝居を観る方にもお勧めできる作品です。
終演後、もしかしたら目に見えないいつもと違う風を感じられるかもしれません。

~5/8(日)まで
c0023954_22494558.jpg

画像については事前に劇団の許可を頂いています。無断転載はなさらないで下さいね★
by berurinrin | 2005-04-30 22:59 | 文学座観劇感想

ウチのにゃんこのおねだりポーズ

このつたないブログのTOPには、うちのにゃんこ達を交互に出場させていますが
二匹とも、とても甘え上手なのです。
特に上の子(茶トラのベル)は、甘え上手が功をなして(?)
かなりでっかく成長してしまいました。
それもそのはず、おやつが欲しくなると
人の足を軽く引っかいて、足の甲にお手をして自己アピール。
おやつが足りないと、お代わりとばかりに
前脚を挙げて催促ポーズ(いらない時は、とっとと何処へ。。)
そして、そのご相伴にあずかるのが調子の良い下の子(三毛のりんりん)
こんな可愛いしぐさをされちゃあぁぁぁ、あげない訳には・・・。
おかげで二匹は毛並み麗しく、デブにゃんこに成長してしまいました。

プロレスごっこの真っ最中です(ちなみに二匹とも女の子です!(* ̄m ̄)プッ)
c0023954_20193185.jpg

by berurinrin | 2005-04-29 20:22 | 猫ばなし

『国語元年』 こまつ座公演

『国語元年』 in 関内ホール

演劇鑑賞会でこまつ座を観ることができるのって嬉しいですね。
こまつ座のチケットってなかなか入手が困難ですよね。
『円生と志ん生』の時も完売で、泣く泣くあきらめかけた時に
なんとかチケットを取って頂き観る事ができました。

私が感じる、こまつ座の魅力は“楽しさ”ですね。
“楽しさ”の裏には人間の悲哀も含まれていて、人間を人間らしく
そこに自分がいるような、身近な自分を感じさせてくれる気がします。
そして懐かしくも新鮮な心地よい音楽♪
そう、音楽劇なのです!これがまた楽しい!

『国語元年』(作、井上ひさしさん.演出、栗山民也さん)は
エリート官僚の南郷さん(佐藤B作さん)が色々な国や楽曲に作詞をして
小学校唱歌集を完成させた所からお話が始まります。
そして次にお上から拝命されたお仕事は、日本国のお国なまりを一つの
標準語に共通語に正していく語源を作り出す事です。
さて南郷さんの館には、奥方を始め奉公人達が暮らしていますが
それぞれ地方出身者。その上、強盗(会津出身)、お公家(京都出身)、元遊女(大阪河内出身)とやって来て、それは方言の洪水のような有様。
何を言っているのかわかりません~!(帰りに上演台本購入しちゃいました)
でも、このエリート南郷さんすぐ落ち込んじゃうんです。
そうすると、奥方始め奉公人たちが皆で唄を歌って(もちろん、小学校唱歌集より)
慰めると、小松の大親分のように元気に復活してしまう(笑)
そして強盗さんさえも居候させてしまう、暖かい南郷家の
お互いを思いやる心の温かさ・・
でも時代の背景は、それぞれの人たちの
過去未来に暗い影を落としているのです。

そんな南郷さん役を佐藤B作さんがぴったりはまっていました。
ちょっぴり情けなくって、でも優しい一家の主の佐藤B作さん素敵でした。
そして公家さん言葉を操るあやしい居候(本当は偉い人?)のたかお鷹さんが
妖艶というかセクシーいうか白塗りもお似合いで、とてもチャーミングでした。
チャーミングといえば岡寛恵さんには、びっくりしました。
「怒りをこめて振り返れ」では、上流階級の知的な女性を気丈に演じて
いらっしゃいましたが、今回は元気がよくて口が悪いけど人が良い
可愛い元遊女をおおらかに演じられていました。

「国語元年」地方巡演後、6/3~12日
新宿.紀伊国屋ホールで公演があるス.ドーゾ ← ご覧になったら解る言葉です♪

p.sちなみに美術は先日お話を伺った、石井強司さんでした★
by berurinrin | 2005-04-28 21:04 | 観劇感想

驚きました

大変な脱線事故が起こってしまいましたね。
こんな出来事があっていいのか?本当に怖い事です。
関西方面にも、お友達が多いので
とても心が痛みます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、
何よりも早い救出と怪我をされた方の回復をお祈りします。
by berurinrin | 2005-04-25 21:47 | 日常

『コミュニケーションズ』

シリーズ「笑い」②『コミュニケーションズ』in 新国立劇場 小ホール

前回の「笑い」①『花咲く港』(作:菊田一夫さん.演出:鵜山仁さん)では
ほのぼのとした柔らかな空気の中に
色々な人間の渦巻く感情が見え隠れして、紆余曲折しながらも目的を達成する
ハートフルなコメディでしたが
今回の『コミュニケーションズ』は、ショートコント集。
新国劇場の小ホールが、小さな町の芝居小屋のような雰囲気をかもし出し
ドタバタから、ブラックユーモア、ファンタジー(?)ありのめくるめく笑いの世界が
次から次へと溢れてきます。
やっぱり、何といっても金内喜久夫さん
金内さんにはやられました。もう大好きです。
金内さんが登場される度に吹き出さずにはいられなくなる!(* ̄m ̄)プッ
そしてチャーミングで元気一杯の神保共子さん!おもわず、いいんですかぁ?と、
うかがう位の頭が下がるコメディエンヌ振りを発揮して頂きました。
特に、このお二方月夜の道化師コンビが贈る「バス停のある風景」は
ブラックユーモアたっぷりで、二人の会話の間が最高!
コント集なので、ストーリ=オチになってしまうので
内容がいえないのが辛い所ですが、絶品です。

~4/24(日)まで 新国立劇場 小ホール(THE PIT)

ちなみに季刊誌「せりふの時代」春VOL.37に
金内喜久夫さんと『コミュニケーションズ』演出の渡辺えり子さんの対談が載っています
by berurinrin | 2005-04-23 14:54 | 観劇感想

実り多き一日

五月アトリエの会『ぬけがら』の演出家松本祐子さんと美術プランナー石井強司さん
の座談会に参加の為、文学座の稽古場(もりや)へ伺いました。
今日は『ぬけがら』のお稽古がお休みの為
舞台のセットに囲まれながら、不思議な空間を味わう事が出来ました。
普段、演出家や舞台美術の方々のお話を伺う機会がめったにないので
想像できない世界の片鱗を垣間見せて頂けて、とても楽しかったです。
舞台のセットにしても、作品や俳優によって実物の寸法を変えたり
本来、向かい側(立体的に)にあるべきものを、平面に詰め込む作業や
演出家と美術プランナーの信頼関係の深さなど
芝居作りは、まさに匠の職人集団の技の完成品なのだなあ、、と
つくづくモノ作りの深さに頭が下がる思いです。

その後、以前に“戦う店主”さんとコメントさせて頂いたお店。
すでにこのブログの事をご存知だと伺い、ご挨拶をしたかったので
友人と神保町の演劇専門書店「ゴルドーニ」さんに
去年の夏以来の訪問でしたが、こじんまりしたお店はとても清潔で
一冊一冊の本達が大切に守られて、そこに存在していました。
相変わらず、ド素人のわたしに前回同様
歌舞伎、新劇、問わず色々なジャンルのお話を噛み砕いて説明していただき
改めて店主さんの懐の深さに感動しました。
“戦う店主”さんには、演劇を携わる全ての人達への愛情を感じます。
きっと愛ゆえの叱咤激励なのでしょうね。
それにしても、何時間も居座って、お茶まで頂いてしまい
本当にすみませんでした!!!!!
でも、とても有意義な時間をありがとうございました。
ぜひまた勉強させてください。

*『ぬけがら』は5/10~5/22まで
文学座アトリエにて
チケットc0023954_1140265.jpg発売中
画像については事前に劇団の許可を頂いています。無断転載はなさらないで下さいね。
by berurinrin | 2005-04-23 00:41 | 稽古場/舞台裏話

映画『トーチソングトリロジー』

相変わらず、風邪気味です。
今日は会社をお休みさせて頂き、我が家の猫達と行動を共にし
おかげで一日ぐーたら過ごさせて頂いています。
今年の風邪は“咳”が長引くと、友人に心配された通り
“咳”が長引いてる今日この頃、皆様いががお過ごしですか?

久しぶりにお気に入りの映画でも観ちゃおうかなあ、と思い選んだ挙句
大好きな一本!
『トーチソングトリロジー』を引っ張り出しました。
この作品はオフオフブロードウェイで上演され
83年度トニー賞を受賞した作品の映画版です。

この戯曲の作家でもあり、主演のハーヴィ・ファイアスティーンの
チャーミングでキュートな演技(かなりのダミ声のおっさんですが・・)と
何より、アラン役のマシューブロデリィックのかっこよさ
実はマシュー君の大ファンです!(* ̄m ̄)プッ

題名の「トーチソング」といのは「かなえられない恋の歌」とか「失恋の歌」の
意味だそうです。「トリロジー」は「三部作」。

ナイトクラブで働くゲイのアーノルドの愛のお話三部作。
真面目な教師となぜか恋愛してしまったり(失恋してしまうが・・)
年下のモデルの恋人アランと幸せを掴んだ直後(・・・)
アーノルドの養子の少年との父子家庭(母子家庭?)に入り込んでくる(・・・)
と、不条理劇あり、音楽あり、笑いあり、そして涙ありの
『絆』がキーとなる愛情たっぷりのドラマです。

ラストにアーノルドが、愛するモノ達を抱きしめるシーンで締めくくられますが
決して彼は愛に恵まれていたわけじゃあないけれど、
彼の愛し方を涙を拭いながら、羨ましく思ってしまうわたし。

『トーチソングトリロジー』は日本では鹿賀丈史さん主演で2回上演されています。
いつか文学座のアトリエで観てみたい作品でもあります。。
by berurinrin | 2005-04-19 20:54 | ドラマ/映画

『風をつむぐ少年』稽古見学

午前中に、こまつ座『父と暮らせば』(作、井上ひさしさん.演出、鵜山仁さん)
の先行予約の戦いに勝ち抜き
うきうき気分で、文学座へ

文学座のアトリエの前には、自主稽古中の浅野雅博さんらが
それぞれ小道具を手になにやら怪しい動きを。。かなり真面目な顔で稽古していました。
隣のお稽古場(通称もりや)では、やはり『ぬけがら』お稽古真っ盛り中の
椎原克知さんのウクレレに導かれて、アトリエに入っていくと
アトリエ全体に巨大なセットが組んであり、
アトリエの休憩室から舞台を拝見する形となっていました。

風をつむぐ少年
交通事故で誤って少女を死なせてしまった、17歳の高校生ブレント(斉藤祐一さん)が
少女の母の願いで、アメリカ大陸の四隅に少女の名前を刻んだ風見の人形を立てる
償いの旅とその人形によって起こるエピソードを盛り込んだお話です。
(・・だと思います。すみません、これから原作を読み始めます。。)

傷心のブレンドがバスで旅をしている所から、一つのエピソードまでを
拝見させていただきました。途中、演出の鵜山仁さんから役者にチェックが入ったりと
稽古見学ならではの光景を目の当たりにしながら、真剣な役者たちの姿を
肌で感じる事ができます。
また、出番を待っている役者達の姿や、普段姿を見ることの出来ないスタッフの方々の
多忙さ。一つのお芝居を作り上げる事の努力の大変さがよく判ります。

その後、役者達の自己紹介や質疑応答、記念撮影をして頂きました。
初主演の斉藤祐一さんは、かなり緊張気味の様でしたが、サイスタジオでの
『konb』でも、その前に去年拝見した『いさかい』(サンヨーホール)でも
繊細な演技に安定感があって目が引いたのですが、特に彼は目に力のある役者。
きっとブレントと共に成長されると期待しています。
反対にリラックス気味に応じてくださった浅野さん。
軽く「9役やります」っておっしゃっていましたが
自主稽古中の真面目な表情。忘れていませんよ(^-^o)♪
ブレントのママの倉野章子さんの柔らかい解説。
いつも温かい山本道子さん。
準座員に昇格された今後楽しみな頼経さん。
そして、尊敬する演出家の鵜山さん。
この作品に対する想いを優しく語って下さいました。

<ファミリーシアター>と、うたっていますが
お稽古を拝見した限り、とても大きな愛の物語に感じました。
死んでしまった人に対する愛、子を思う親の愛。好きな人に感じる愛。
愛情に飢えている私たちに終演後きっと何か降り注いでくるような
優しい気分に浸かれそうです。

4/29(金)~5/8(日)
全労災ホール/スペースゼロにて
*夜の部のチケットはもう少し余裕があるそうです。
by berurinrin | 2005-04-17 12:02 | 稽古場/舞台裏話

『ぬけがら』。。父6人?!

昨日からやっと春らしい陽気が戻ってきました。
おかげさまで風邪気味です。

体を温めようと、お風呂から上がって柚子茶を飲みながら
濡れた髪のままパソコンに向かった為か
喉の痛みを和らげようと、風邪薬を珈琲で流し込んだり
頭痛薬をジンジャエールと一緒に飲み込んじゃったり・・
全く薬が効かなかったようです。

文学座5月アトリエの会『ぬけがら』の配役が文学座通信に記載されていましたが
父1(82歳)から年代別に父6(20代)まであります。
これってお父さんの脱皮毎に俳優が変わっていくんですね。
そしてそのお父さんに立ち向かうのが
息子役の若松秦弘さん。若松さんは去年の『モンテクリスト伯』では
権力の鎧をまとったヴィルフォール検事総長役を好演されていましたが
『月夜の道化師』での八百屋の緑川さんの強気なしゃべり口調で
その場面を一変された印象があまりにも素敵過ぎたので、
周りに翻弄されておろおろされる姿も観たい気がします。
“シュールでおかしな人生喜劇”と、コメントが載っていましたが
かなり期待しています。

さて明日は『風をつむぐ少年』の稽古見学に参加してきます。
レポをお楽しみに(^-^o)♪
by berurinrin | 2005-04-15 23:13 | 日常

文学座 座内五賞

先週届いた“文学座通信”の中に
『文学座五賞』の受賞者の発表が載っていました。
座員の投票によって毎年決まるこれらの賞。
この賞はたしてどんな意味が込められているのでしょうか?
この賞の意味を教えて頂きましたので、注釈と致しました。

久保田賞・・・角野卓造さん(年間を通じて、最も貢献したと認められたもの、または功労者)

岸田賞・・・・・本山可久子さん(主として演技部が対象)

友田賞・・・・・最首志麻子さん(各部の功労者が対象)

T賞・・・・・・・・加瀬幸恵さん(演出部が対象)

岩田賞・・・・・『THE CRISIS』スタッフ/キャスト一同(アトリエ公演を対象)


ちなみにT氏とは、かつて文学座に対し大きな支援をされた方で、本人の希望により
イニシャルになったそうです。

文学座の俳優の浅野雅博さんがブログを始められましたね。
春らしい素敵なブログです♪
研究熱心で誰にでも優しい浅野さんの文章。。癒されます。。
「風をつむぐ少年」のお稽古真っ盛り中。
体に気をつけて頑張って下さいね。
トラッシュバックする勇気のない私なので
URLを書き込めなくて、すみません!!
by berurinrin | 2005-04-13 21:16 | 日常