カテゴリ:ギョロ語録( 14 )

くしゃみとベルトとドラえもん

「ぶえっくしょん・・・・」
「?」
そのまま席を立った同僚のギョロ。
ズボンを抑えながら戻ってきて
「くしゃみしたら、ベルトが壊れちゃった・・・」
「・・・・・」

季節は春です。なにかおかしいことがあっても季節の変わり目って事で
お許しください。

その日は、遠方よりお客様がお土産に「どら焼き」を持ってきて下さいました。
夕方遅く帰ってきたギョロは、
「あれ~ミーのどら焼きは?」
「ないよ」
「・・・・・・(しょぼん)」
ベルトをしていないギョロが可哀想なので。。って、
どら焼きがそんなに好きだっけ??
「仕方ないなあ。ユーに上げるよ」
「さっきずーっと車の前を、ドラえもんの絵の○ート引越しセンターのトラックが走っていて、
(ドラ焼き)食べたいなあって思ってたんだよ。それなのに、みんなの机には
どら焼きがあって、ミーの机にどら焼きがなかった・・(涙)」
単純にどら焼きの数が足りなかっただけじゃん。
「・・だって、道路が渋滞してて、ひたすらトラックのドラえもんを見てたら食べたくなるって・・」
「もういいから、わかったから」

そして翌日、真新しい細めのベルトのギョロ登場です。
「ギョロったら、どら焼き大好きだったんだね。昨日はごめんね。」
「昨日さぁ、道路が渋滞で、ドラえもんの絵の○ート引越しセンターのトラックの後ろを走っていて、頭の中はどら焼き状態だっのに、
ミーの机にどら焼きがなかったんだもん・・(涙)」
「わかった、わかった」
「・・だって、道路が渋滞してて、ひたすらトラックのドラえもんを見てたら食べたくなるって・・」
「(周りに)すみませーん!昨日のどら焼き食べてない人が居たら
ギョロに上げて下さい!!」
心優しい同僚達からどら焼きをもらって嬉しそうなギョロでした・・
でも誰かが
「○ート引越しセンターのトラックの絵ってドラえもんだけじゃないの?」
ドラえもんがどら焼きをこうやって(片手をあげて)持ってるんだよ!
だから食べたかったのにミーの机だけにどら焼きがなかったって!!」

もういいから、くどいから。。本当にどら焼きが大好きなんだね。
皆様にはお久しぶりですが、ギョロは相変わらず・・・・しつこく絶好調です。
by berurinrin | 2006-03-03 21:44 | ギョロ語録

ギョロの自慢

昨日のテレビ東京のニュース番組のワールドビジネスサテライトで
東京の某所で現在行われているビジネスフェアの模様が流れていたそうです。
そしてその映像には・・・!!

翌朝ギョロは自分の髪を触りつつ
「やっぱ、自分、髪長いよね~♪」なんか嬉しそう・・・

常日頃、ギョロの髪の長さが気になる私は
何かにつけて「髪切りなよ!」って言っていました。
それもギョロが髪を切った翌日から(爆)

「TVってやっぱ太って見えるよね~」やっぱ嬉しそう・・・

だからなに?ん?

「いや、昨日(フェア)の隣のブースで、TVの撮影があって
お客さんに説明している自分の姿がニュースに流れちゃって(笑)
一瞬だったけど、参っちゃったよ」すごく嬉しそう・・・・

それがテレビ東京のワールドビジネスサテライトだったわけです。

今年、月9女優デビューを果たした私に向かって
「(ベルは)コマ送りで探して見つけて、米粒の姿だったけど
おいらはちゃんと大きく写っていたよ!後姿だったけど♪」かなり嬉しそう・・・

可愛い一般庶民の自慢な話でした。

p.sギョロから指摘を受けました。後姿だけではなく、限りなく後姿に近い横顔も
ばっちり映っていたそうです(苦笑)。。。でも、これって追記する意味は
はたしてあるのでしょうか???ねぇ
by berurinrin | 2005-11-16 20:45 | ギョロ語録

新人社員は王子様★

今年入社の新人一年生のきーくんは、女性達から
「王子さま★」と言われているそうです。確かに背がすらーーとして細身の体、
笑顔もチャーミング。そう思えば、スボンからはみ出すシャツもマントに見えなくも。。。
いや、やっぱ見えない
それでも組んだ足は机に納まりそうもありません。
ギョロにもちょっと足組んでご覧!と・・・
ごめんギョロ、世代は違った。。

そんな、きーくん王子さま★を横目で見ながら、ギョロ曰く
「この年になると、女の子に別にモテたいって気持ちも無くなるよ」
「ほ~そうですかね」
ギョロはおなかに“おでき”が出来て、ちょうど座ったり立ったりするとベルトに
当たってしまうので「痛っ!!」
そして、普通にすわると脂肪が“おでき”にあたるので
妙にかなりの姿勢の良い人になっています。
確かに、モテたい度はかなり低めです。

そういえば
「こないだTVで、コーヒー飲んだら痩せるって番組見た?」
ギョロもわたしもかなりのコーヒー党です。
「やせるわけないでしょう!ブラックのコーヒー缶あれだけ飲んでるのに、この体!!」
・・・納得です。
by berurinrin | 2005-11-01 16:44 | ギョロ語録

自覚してる、なすのへた頭

うっかり・・
「・・・・どうせ、“なすのへた”みたいな頭っていうんでしょ」
「ん?なんで」
「髪切ったから・・」と、ギョロ
「誰がぁ?」と私。
「私がですよ!」
「!!気がつかなかったぁ!?ごめん、いつ切ったの?どこで切ったの?
なんて言って切ったの?」
「秘密(怒)」
ちょっとご機嫌を損ねたようです。
でも、言われてみたら切ったかも状態の頭。
相変わらず頭は大きいし・・(あ、関係なかった)
何気に以前言った“なすのへた”って、本人気に入っていたみたいです(笑)

仕事上パソコンを打ち込む時に
いくつかのアルファベットのメッセージコードが必要なのですが、それを毎回忘れるギョロ。
過去に私が送ったメールを確認しています。
「03/9/1付けのメールを見れば載ってるんだっと」
過去のメールを読み返して
「違った03/9/3付だった」
どーでもいいから、メールの日付けより内容を覚えてくれないかなあって毎回思う私です
ちなみに、ギョロはメールを何年保存してるんでしょう?!こわっ!
ギョロ!メッセージコードは「0B3」だからね!
by berurinrin | 2005-10-18 22:12 | ギョロ語録

久々に登場

「お客さんの電話番号とかってさ、気がつくと覚えちゃうもんだよね」と、同僚のギョロ。
「そうそう、なんか勝手に指が覚えちゃう」
「もう、かなり前に担当外れてもxxxさんの(電話)番号忘れないよ」
ちょっと尊敬して「へぇ~(でも嘘くさいと思いつつ)」
ちょっと褒めるといい気なるギョロ。
「(得意げに)xxx-xxxxじゃん」
少し離れた所に居た後輩のmatsuがおもむろに
「それ(電話番号)違います」
「(やっぱ)覚えてないんじゃん・・・・(ため息)」
「あら~・・・・・」

季節も変わりましたが、ギョロは相変わらす健在です。
風の強い日に、ベランダに干したワイシャツが3枚も飛ばされても
懲りずにその翌日も干した1枚のワイシャツが飛ばされても
ギョロは元気です。

そんな平和な職場に人事異動で、4月に入社した新人社員がやってきました。
彼の名はキークン。後ろ姿にワイシャツの裾が出てるのがチャームポイントです。
気がついて声を掛けると、なぜかギョロもmatsuもごそごそズボンを直します。
新たな仲間が増えて、またなにか面白い出来事が起こりそうな職場でございます。
by berurinrin | 2005-10-14 23:06 | ギョロ語録

気障なギョロ

会社の上司が今日からフランスへバカンスに行きました。
「いいなぁ、フランス・・・あたしも行きたい・・」
つぶやく私に
隣の席のギョロが「よくフランス行ってたよね」
「うん、行ってた」(遠い目・・)
そうなんです。わたしはおフランスが好きなのです。
一人でぼーっと、オランジェリー博物館のモネの「睡蓮」を眺めたり
いたるところにある教会に入っては、荘厳な雰囲気に酔ったりして・・

「芝居を観に行かなきゃ、フランス行けるのさぁ
自分みたいに、株とかパチスロとか貯蓄になるような趣味をもてばいいのに」
(パチスロが貯蓄かぁ?)
「いいの。今のわたしはお芝居を観て
心の血となり肉となって豊な心を保つのよ!(我ながら上手い言葉だっ!)」
そして、ギョロがすかさず
「“思い出”という名のね!」
「・・・・・・」
さぶっ。

本日、文学座公演「戯曲・赤い月」東京の千秋楽ですね。
何事もなく無事に幕が下りる事をお祈りしております。
この作品を拝見しなかったら、満州引き上げの恐ろしくも悲しい出来事を
感じる事無く日々過ごしていたのかと思うと、自分が恐ろしくなる思いです。
絶対忘れてはいけない悲劇として、また拝見できる日を待っています。
これから地方に旅立つ作品ですが、もし観れる機会がありましたら
ぜひ、ぜひ観て感じて頂きたい作品です。
by berurinrin | 2005-09-02 15:36 | ギョロ語録

しゅわしゅわタイム

昨日のブログは何やら、好きな人に告白したような
こっぱずかしい事を書いてしまいました。
きっと当分は「文学座」の「文」の字をみても、顔を赤らめて
うつむいてしまいそうなワタクシになりそうな予感です。
なんちゃって♪そんな可愛い女性ではありませんが・・・おほほっ

午後のお仕事は、なんとなーく気分転換したくなります。
最近では、外のコンビ二に行かなくても
社内に某お菓子メーカーのお菓子BOXが置いてあって
その隣にある小さな箱にお金を入れて、
好きなお菓子を勝手に持ち出すことができるんです。
(ダイエット大作戦に失敗した理由は↑が原因かも・・・)

気分転換といえば、しゅわしゅわ系のドリンクを飲んで
残りの時間を頑張って勤労しようと思うのですが、
同じような気持ちでライバル意識を燃やすのが隣のギョロ。
最近の流行はジンジャエールなのですが、悔しい事にギョロも同じジンジャエール。
仲良く一緒に同じモノを飲めばいいのですが
あいにく仲が悪いので、どっちが先に飲むかによって
出遅れるとその日は飲めない。もしくは泣く泣く違うものを購入する羽目になります。
もしくはしつこ~いギョロの
「まねっこぉ~。やっぱ同じの飲みたいんじゃないの?ほらほら・・」なーんて
言葉をひたすら甘んじなくてはならないのです。
きぃーっ!!
昨日はなんとなく自動販売機で並んでいる二つのボタンを押してみたら・・
なんてアホな事をやってしまったばっかりに
しゅわしゅわジンジャエールではなく、よくわからないコーヒーが出てしまい
かなり凹んだ私の横で、調子に乗ったギョロが
「そんなのはスロットの押すタイミングと同じで・・(よくわからないウンチクなので以下略)」
で、
「(時計を眺めて)しゅわしゅわタイムだぁ!ジンジャエール買ってこよっと」
いい根性しています。ふん。

そんな感じで一週間の勤労がスタートしたのでした。
by berurinrin | 2005-08-30 22:04 | ギョロ語録

休日のギョロ~男っぽいバージョン~

すかざす、ブログチェックしたギョロが
「ちょっと、あの会話さぁオタク入ってない?」
ありのままなんですが、ギョロを怒らせると平日のネタが・・・
なので、男っぽいバージョンでギョロの会話だけ直してみました。。。

*****
週末を楽しく過ごしたギョロは、日焼けで真っ黒な顔しています。
海といえば湘南そして江ノ島!で、すかさず
「江ノ島にでも行ったの?」
「そうさ」
「江ノ島はカップルで行っちゃいけないんだよ」
ちょっと、軽いジャブを♪
「(きっぱり)一人で行ったよ!」
「ふうん、じゃあいいけどさ」
「・・・なぜ、カップルで行っちゃいけないんだい?」
ほら、食いついてきました☆ほほほっ
「江ノ島は弁天様を奉っているから、女の神様は焼餅焼きなので
カップルで行くと別れさせられちゃうのです。」

実は、わたしの祖父は江ノ島でお土産やさんをやっていました。
また祖父の兄弟も現在でも旅館を経営しております。
だもんで、おじいちゃんっ子の私は常に祖父の後ろにくっついて
常に島中うろうろしていましたので、かなりの江ノ島通でございます。えへん。

「で?」
「なんだい?」
「誰と行ったの?」
「(あいかわらず、きっぱりと)一人で行ったに決まってるじゃん」
ちぇっ。

あらら、そういえば。昨日の朝TVで湘南海岸に出没する盗撮する男の人達の
映像が流れていました。もしや・・・?!

「・・・どこに車止めたかわからなくなっちゃってさぁ、一時間もうろうろしちまったぜ」
「なんか、変なことしてないよね。
一人で海岸うろついたりしてないよね。ちょっと携帯見せてごらん」
「一人で(江ノ島に)行くわけないじゃんか。同性の友人とだぜ!!」
「ド.オ.セ.イ?!」

疑問は深まるばかりです。
おいおい、ギョロ!君は休日何しているのですか?
そんな爽やかな朝の会話から一週間が始まりました。

*****

こんなんで良いのでしょうか?ギョロ・・・・
by berurinrin | 2005-08-23 21:59 | ギョロ語録

休日のギョロ

週末を楽しく過ごしたギョロは、日焼けで真っ黒な顔しています。
海といえば湘南そして江ノ島!で、すかさず
「江ノ島にでも行ったの?」
「うん」
「江ノ島はカップルで行っちゃいけないんだよ」
ちょっと、軽いジャブを♪
「(きっぱり)一人で行きました!」
「ふうん、じゃあいいけどさ」
「・・・なんで、カップルで行っちゃいけないの?」
ほら、食いついてきました☆ほほほっ
「江ノ島は弁天様を奉っているから、女の神様は焼餅焼きなので
カップルで行くと別れさせられちゃうのです。」

実は、わたしの祖父は江ノ島でお土産やさんをやっていました。
また祖父の兄弟も現在でも旅館を経営しております。
だもんで、おじいちゃんっ子の私は常に祖父の後ろにくっついて
常に島中うろうろしていましたので、かなりの江ノ島通でございます。えへん。

「で?」
「はぁ?」
「誰と行ったの?」
「(あいかわらず、きっぱりと)一人で行きました」
ちぇっ。

あらら、そういえば。昨日の朝TVで湘南海岸に出没する盗撮する男の人達の
映像が流れていました。もしや・・・?!

「・・・どこに車止めたかわからなくなっちゃって、一時間もうろうろしちゃった」
「なんか、変なことしてないよね。
一人で海岸うろついたりしてないよね。ちょっと携帯見せてごらん」
「一人で(江ノ島に)行くわけないでしょう。同性の友人とだよ!!」
「ド.オ.セ.イ?!」

疑問は深まるばかりです。
おいおい、ギョロ!君は休日何しているのですか?
そんな爽やかな朝の会話から一週間が始まりました。
by berurinrin | 2005-08-22 21:45 | ギョロ語録

お誕生日のギョロ

ギョロへのお誕生日おめでとうコメントを頂きまして
本当にありがとうございました。
本人に代わってお礼申し上げます。
ギョロ自身、かなりご満悦状態でお鼻がぐんぐん伸び、鼻の下は伸びまくって
人相が変わって「えっ、だれコイツ?」
その上、「文学座大好き」を「ギョロ大好き」に変えたらとか
「(ギョロの人気のおかげで)カウントが伸びたんじゃない♪」
留まる事がありません。やれやれ・・・

さて、ギョロのお誕生日当日は
私から愛情込めて、選りすぐりのお気に入りのスナック菓子「じゃがりこ」をプレゼント。
そして、保険のお姉さんの子悪魔的ないずみちゃんから、ケーキを頂き
超ご機嫌なギョロはスロットをやる為に「ロンリーガイですから・・」とつぶやき
ひとり早く帰りました。
by berurinrin | 2005-08-11 17:44 | ギョロ語録