カテゴリ:猫ばなし( 12 )

ご報告です

c0023954_1752374.jpg
とても残念なご報告です。
かねてより闘病中だった愛猫ベルでしたが
昨日、容態が急変し、車で病院に向かう途中に
わたしの腕の中で息を引き取りました。
今日の午前中より荼毘に付し納骨を済ませて参りました。
1997年5月24日生まれの満14歳でした。
わたしにとっての初めての飼い猫でした。
プライドが高く、賢い猫でした。
帰宅してはまず、大抵ベットの上にいるベルの
ふあふあのお腹に顔をうずめて、今日の出来事を報告するのが日課でした。
腎不全と宣告されてから、2週間あっという間でした。
自ら食事や水を取らなくなったベルを抱いて、スポイトでスープや水を与え
介護をしてるというよりも、世話をさせてもらってる気がしました。
どんどん痩せて小さくなってベルを見るのは、とてもつらかったけれど
子猫時代に戻っていくようで、可愛さや愛しさが日々増してきました。
でも・・もうちょっと頑張って欲しかった。
本当に残念です。

温かいコメント、メールそしてmixi、twittrのメッセージの応援本当にありがとうございました
頂いたメッセージは、全てベルに報告してました。
あえて何も言わず見守って下さった方々、そのお気遣いにも感謝しています。
ベルは頑張ってくれました。
そして私の腕の中で・・最後まで優しい猫でした。

わたしのハンドルネームは、愛猫ベルからとったものです。
わたしの心の中に、ベルが生き続ける為にも、
今までどおりにベルと呼んで下さいね。
でも今は、もうちょっとベルとの思い出に浸らせて下さいね。

c0023954_1731922.jpg
c0023954_1734489.jpg
c0023954_1755746.jpg
c0023954_1762091.jpg
c0023954_1764843.jpg


2012.3.18没
by berurinrin | 2012-03-19 17:10 | 猫ばなし

そして、しばしの別れです

えっと・・
私の愛猫ベルが、慢性腎不全という病に侵されてしまいました。
不全=完治しない病だそうです。
腎不全による尿毒症を起こし、
四日間、点滴と皮下注射の為に先生に往診してもらいました。

その上、心臓肥大と腫瘍が2か所・・
元々、便秘気味のベルをマッサージしている最中にふと手に当たった
内腿の腫れが気になっての検査だったのに・・まさか・・こんなことになるなんて

とても厳しい状況が続いています。
今年15歳となる老猫ベル。
腎不全は、老猫を飼っている人の宿命かもしれません。
ベルに対して無理くりの延命治療をするつもりはありませんが
生きようとするベルの気力があるうちは、一緒に頑張っていきたいと思います。
その為には、時間と医療費がいくらあっても足りない現実があります。
いままで私を支えて慰めていてくれたベル。
今度は私が支える番です。
ベルが苦しまず安らかに天寿を全うできるまで、側に居てあげたいと思います。

このブログでベルの闘病記を書くつもりはありません
唐突に、しかも中途半端で幕を下ろすのは忍びないのですが、お許し下さい
仕事中ならまだしも、芝居を観に行ってる最中に、最悪な事態が起こったら・・・
そう思うだけで、涙が出てきます。

7年間・・・飽きっぽい私が、続けてこれたのは
芝居を愛する皆様、文学座ファンの皆様、友人達・・・
いつも温かく見守って下さった文学座関係者の皆様のおかげです。
好き勝手に応援していた私を、逆に気遣って下さっていた鵜山さんに心から感謝しています。

たくさんの感謝をこめて、ありがとうございました。

また、いつか・・・
c0023954_20333572.jpg

                                                 がんばります
by berurinrin | 2012-03-10 20:42 | 猫ばなし

写真集を購入して後方支援をしませんか

めっきり寒くなりましたね。
東北地方は初雪が降ったとか・・
最近、入手したこの写真集、いわゆる『チャリ本』です

c0023954_1811150.jpg


3.11東日本大震災で被災したペット達の記録です。
今なお、福島20キロ圏内には沢山の動物たちが残されていて
危険を承知の上に決死の覚悟でボランティア達さんが、彼らの保護の為に尽力されています。
もう、いい加減20キロ圏内に残されたすべての動物たちに手を差し伸べてもいいんじゃないですかねぇ
残された動物たちの命の時間は、かなり厳しいものになっています。
何か起こった時、人間優先。動物たちは置いてきぼりが当然。
いつから人間は、こんな傲慢になってしまったんでしょうか
それでも人間を求めてくれる動物たち
助けて下さい

この写真集を見て、改めて動物たちと人との関わりを思い出して欲しいです。
飼い主とペットの家族の絆
動物が苦手な方も、ペットを飼っていない方も、理解してほしいと思います。
動物は絶対人を裏切りません、いつだって裏切ってきたのは
悲しいかな私たち人間です。

写真集の中の避難所での一コマ
「犬にトン汁などのねぎ入りの汁を与えないで下さい。お腹をこわします!」と
書かれた手書きのポスターのショット
きっとペットフードも入手が困難で、飼い主さんが自らの食事を分け与えていた時期だったのでしょう。
混乱の最中、避難所からも締め出されたペット達など
着の身着のまま・・身一つでペットを抱きかかえて歩く避難者の姿・・
離ればなれになった飼い主とペットの再会。
犬ってこんなに素敵な笑顔を見せるんですね!

国会では第三次補正案が可決されたそうです。
今回の予算の中には、震災に遭われた方々の心のケア対策としての
予算も入っているとの事。
どうか、震災に遭われた飼い主さんとペット達が
再び穏やかな生活を過ごせますように

『被災した犬・猫たちのために「東日本大震災」2011.3.11~6.30活動の記録』
一冊1,000円(別途送料500円)
詳しくは→ dogwood
収益金は、すべて「ドックウッドわんにゃん災害支援金」に充当されるそうです。

c0023954_1821683.jpg


大好きなネコ草をむしゃむしゃ食べるりんりんと茶りん君

c0023954_18558100.jpg


美猫ベル

c0023954_1864711.jpg


・・・そんなベルを枕にするのはグダグダ(笑)本邦初公開の飼い主ですぅ♪
by berurinrin | 2011-11-17 23:59 | 猫ばなし

我が家の末っ子長男・茶りん君(4歳)

c0023954_21333344.jpg



c0023954_21331562.jpg



c0023954_21323130.jpg



c0023954_21314791.jpg



c0023954_2132119.jpg



c0023954_21324971.jpg


久々にうちの猫の写真をどーんと(笑)
c0023954_2273386.jpg
ある日、突然庭に現れた野良の子猫が茶りん君でした。
もうすぐ冬が来る時期、母が数時間掛けて家の中におびき寄せて、
その日からウチの子になりました。
あれから4年経つのに私以外の誰にも慣れません。
私以外の人が側によると唸り声を上げて逃げ出します。
ベランダに出しても外を見下ろす事が出来ません。
ダンボールの中や暗い押入れとか、絶対入りません。
高いところにも登りません。
きっと何かトラウマを持っているんだと思います。
なんでも食べたがります。
病気ばっかりして、尿結石やら、お尻から回虫が出てきたりと・・大変でした。
家にいると、常に私の後ろを追いかけてきます。
トイレやお風呂の前で、ぎゃーぎゃー鳴きます。
長女・ベルと次女・りんりんに、かまっては怒られています。
↑庭に現れた時の野良時代の茶りん君
ふあふあのモヘアのような毛並みです。
夜は、わたしの腕枕で寝ています。
寝相が悪くて、しょっちゅうお腹を蹴られます。
舌を出しっぱなしで寝てる事がしばしばあります。
ほのかに、いい匂いがします。
興奮すると噛み付くので、私は常に傷だらけです。
膝の上に乗りますが、だっこが出来ません。
この無防備な寝姿、私以外の家族はみたことがありません。

最高に可愛いです♪
うちの末っ子長男・茶りん君です
お見知りおきを・・・
c0023954_2293699.jpg

by berurinrin | 2010-08-29 22:17 | 猫ばなし

にゃんこたち


こんな機能があるらしいです♪
by berurinrin | 2006-12-02 10:38 | 猫ばなし

野良のニャンコ家族との共存の為に

我が家の庭には、毎日4匹のにゃんこ家族がやってきます。
気の強いスレンダー美人な“おかあさん”ニャンコ。
娘で元気で愛嬌のある足がびっこの“びっこ”。
同じく娘で、いつもびくびくしている“こわがり”。
娘達にネコパンチをされちゃうかわいそうな“おとうさん”ニャンコ。
この家族は避妊、去勢手術は済んでいるのでこれ以上増える事はありません。

元々はお隣のおばさんがご飯をあげていた野良のニャンコ達なのですが、
以前どこかで、毒入りご飯を食べてしまった“おかあさん”ニャンコ。
何とか元気になりましたが、二度と同じ事が起きないように
お隣と我が家でご飯をあげる様にして
あまり遠出をしないように気を配るようにしていました。

ところが、ある日お隣のおばさんが引っ越してしまった為に、
我が家だけでご飯をあげる事になったわけです。
元来、野良のニャンコ一家なのであまり人に懐かず
(しかし「ご飯くれ~い」x4匹と、ものすごく催促します(泣))
触らせてもくれませんでしたが、ここ最近は
さすがに「ダダ飯はまずい」と思ったのでしょうか?
すりすりしてくれるようになりました。

母は鉢植えを“びっこ”にベットとして提供して以来、ニャンコを追い出すより
数箇所にニャンコが入れない場所を作って、花を植えています。
父も池の水を飲むニャンコが、まちがって(?)金魚を飲み込まないように
池に網をはって、隙間を作って飲む場所を確保しています。
はたしてニャンコ達と上手く付き合っていけるように
人間達も努力が必要なのです。

スレンダー美人の“おかあさん”ニャンコ、毒の後遺症でお鼻が弱いのが、ちと辛い
c0023954_2148456.jpg

気の弱い“おとうさん”ニャンコ、、なぜかいつも「おちょぼ口」♪
c0023954_21483153.jpg
by berurinrin | 2005-06-20 21:54 | 猫ばなし

久々の休日

久々に一日家に居ると、やることが一杯です。
頼まれていた事を処理したり、ビデオも観たいし
やりたかったことをテキパキこなす為に
BGMは布袋寅泰のアルバム「fetish」を聴いちゃってます。
ちょっとパソコンの手を休めて、右手を握り上に挙げちゃったりして・・
心拍数を上げて頑張っています♪
はっきり言って、わたしはミーハーです。布袋を愛してます。おおほほっ
小学生の頃「ロックショー」や「ミュージックライフ」を買ってましたからっ

さて、今日の重要課題は「猫達のお風呂」
ウチには2匹のニャンコがいますので、それでなくても水嫌いの遺伝子を持つ
猫科のやつら。これは飼い主と飼い猫の戦いでもあるのです。それも2rd!!
朝から「お風呂」ムードを察した“賢い”ベルは家の中でかくれんぼ。姿を隠しています。
ということで、“のんき”なりんりんをまずお風呂場へ
冬の毛が山のように抜ける時期なので、がんがんシャンプーして終了後
バスタオルと共に待機してる母にりんりんを引渡し、今度はドライヤーをがんがん!
気を許した母は、りんりんに爪で引っかかれ流血の戦いにもつれ込みましたが
やはり二人vsりんりんの戦いは、飼い主の圧勝で終了しました。

次は、お腹を空かせて現れた寝起きのベルが
わけもわからないままお風呂場に連れ込まれ、気が付いたら母に濡れた身体を
がんがん拭かれていた状態なので、これは飼い主達の圧勝でした。

それにしても全ての戦いが終わったのは3時間後、毎度の事ながら
激しい戦いでした。。。でも、ニャンコ達のシャンプー後の乾いた
ふわふわの毛の触り心地は最高です。

さて、もう一つの課題は「掲示板」を作りました。
何とかこのブログをはじめて半年経ちました。
いつかはHP作りもチャレンジしたいなぁ・・と思う今日この頃でした
どうぞお気軽に書き込みに来てくださいね♪
c0023954_16173359.jpg

これは、ベルのお気に入りです。L字に曲がった“ふあふあ”の所を咥えては移動してます。
by berurinrin | 2005-05-29 16:09 | 猫ばなし

『きょうのわんこ』の続き

日曜日に、野良のわんこの写真を撮りに行ってきました。
近くで見ると、とても健康そうですが
ちょっと後ろ足が悪いような歩き方をしていました。
このわんこが何時頃から、野良のわんこになってしまったのか
わかりませんが、わんこを見る度に
きゅんと胸が苦しくなります。
c0023954_2116198.jpg

P.Sアトリエの会「ぬけがら」はチケットが予約前売分がほぼ完売状態らしいです
が、当日券(当日の3時間前より03-3353-3566)も出ますので
ぜひあきらめずにご覧下さいね!!
by berurinrin | 2005-05-17 21:17 | 猫ばなし

“きょうのわんこ”の優しい話

フジテレビの「めざましテレビ」で
“きょうのわんこ”というコーナーがあるのをご存知ですか?
実はわたし投稿した事があり、めでたく放送もされました。

それは『2084』回の放送分で、近くのバス通りの空き地にひたすら佇む
野良のわんこの紹介でした。

真冬の夜にはだかの土の上で眠っているわんこの姿が痛々しくて
「里親が見つかるように」と祈りを込めて
“きょうのわんこ”に投稿してから、
三ヵ月後くらいにフジテレビから電話があり
母が対応してくれました。(切々とわんこの話をしたらしいです)
撮影の際はクレーンが来たり、撮影隊が来たりと
それはオオゴトだったそうです。
撮影が終わって、放送日の連絡を電話で受けた母に
「きっと里親が見つかりますよ」と、心強い言葉をかけてくれたそうです。
で、放送されてわんこは一躍有名(?)になりました。

その後、わんこの姿が消えました。

で、最近また空き地でわんこを見かけるようになったのです!!(゜ロ゜) ヒョオォォ!

放送後、空き地の近くのお家で飼われていたそうですが
野生の暮らしが永かったせいでしょうか?
どうしても馴染めず、わんこは空き地に戻ってしまったそうです。
でも、大人しくて良い子のわんこは近所の方達に大事に守られて
しっかり食事もたっぷりもらって、空き地で暮らしているそうです。
放送の時には広々とした空き地も3/2位は駐車場になってしまいましたが
なぜかわんこのスペースが守られています。
危険と隣り合わせで良い状態なのかよく分かりませんが・・
でも、わんこが選んだ生き方なんですよね。

いつかわんこの写真をUPしてみますね!

五月アトリエの会「ぬけがら」が始まりましたね~。
ご覧になった方から爆笑したとレポを頂きました。おもしろいそうですよぉ
わたしは14日(土)が初見です~!!待遠しいです!
by berurinrin | 2005-05-11 22:38 | 猫ばなし

びっくり★

庭から母が悲痛な声を上げたので、驚いて外を見てみたら
毎日のように遊びに来るニャンコが、植木鉢の中で熟睡中。
春の葉っぱは、やわらかくって気持がいいのでしょうねぇ~♪
猫好きな母は、植木鉢を勿論あきらめて
ニャンコに葉っぱのベットを提供したのでありました。

c0023954_2049939.jpg

by berurinrin | 2005-05-05 20:56 | 猫ばなし