演劇集団STAMP『油単』2

横浜演劇鑑賞協会第227回観劇会
演劇集団STAMP『油単』

作   川崎照代
演出 藤原新平


息子の浩紀さん(神野崇さん)の引越し荷物を片付けようとして明子さん(山田礼子さん)が
階段で躓いてしまいその為に捻挫をして動けなくなってしまいます。
その荷物の中に一際目立つ油単に包まれた箪笥・・
そして女物の荷物・・・
その上、当人は現れずに、九州からやってきたのは
浩紀さんの婚約者・園子さん(山本郁子さん)とお母さんの阿里さん。
片瀬家は大パニックです。

さて文学座からは、
終幕、素敵なクラシカルな花嫁姿を見せて下さる山本郁子さんと
美しい園子さんのハートを射止めたのは片瀬家の長男浩紀さんを演じた神野崇さん♪
すったもんだの末に、ハッピーエンドとなりますが
浩紀さんには、こだわりの食べ物があります。
それはお母さん(山田礼子さん)のお手製のロールキャベツ!
どんな有名なレストランにも叶わない母の味・・。
愛する園子さんが、片瀬家に迎え入れられた時に一番初めに食べる食事と
浩紀さんに言われ続け、念願かなってロールキャベツを口にした時の幸せそうな笑顔
「おいしかぁ~」と、その一言の九州弁で、園子さんのすべての気持ちが伝わって来て
ぐっと胸に熱いものが込上げました。
そして「おいしかぁ~」の言葉に対して、神野さん扮する浩紀さんが「なぁ!」って
得意そうな笑顔!とろけるような二人の眼差し・・まさに・・どんだけ~(笑)

そして、このドタバタ騒動に巻き込まれる妹・真実ちゃんに佐藤麻衣子さん♪
しっかりしてるんだか、していなんだか??真実ちゃんが、登場すると
舞台がとっても明るくなります。
着物姿も七五三みたいで可愛かったし・・うそうそ、アダルトです(爆)
実はですね、公演中に交流会っていうのがありまして
僭越ながら司会をさせて頂いたのですが、近くに座っていた
麻衣子ちゃんが進行のフォローしてくれまして、本当に助かりました。
参加してくださった会員さんが「ところで、どっちがお姉さんなの?」と突っ込まれ
「麻衣子ちゃん」と指さしたら、麻衣子ちゃん「こらっ!」(爆)
いつか又一緒に司会が出来たら楽しいです♪

「・・(実生活では)麻衣子ちゃんより大きな子供が居るんだよぉ(笑)」
えっ・・・!?と絶句してしまいそうになるほど若々しい素顔の戸井田稔さん。
と、夢を持ちながらも一度は、子供の為にあきらめたお父さん・・
大きな愛情で家族を支えてくれる、大黒柱のパパを演じられていました。
舞台で一人だけのご登場で、ソファーを片付けたり、えっちらおっちらダンボールを運んでいる
シーンがあるんですが、椅子に躓いたり、よいしょっと重そうに持ち上げるダンボールが
実は「軽いじゃん」・・客席どか~んと、子ネタ満載の笑いのシーン
これから何が始まるんだろうと?!と、期待と不安な中での
出来事なので余計可笑しくなってしまいます。
これらは、ご自身で考えられたネタだそうで・・初めてお話をしたのですが、
素顔はダンディで、色んな事を楽しそうに話して下さる優しい戸井田さんでした。
そーいえば、『AWAKE AND SING !』では、
愛犬ポンちゃんがアトリエデビュー(笑)されてましたね♪
「そのポンちゃんはお元気ですか?」と伺ったら「とっても元気!!」と
優しい笑顔たっぷりでお答え頂きました。

無事に終了した横浜公演♪皆様お疲れさまでした・・と、いうものの
来週から相模原公演が始まります。
ぜひお近くにお住まいの皆様、(あっ入会しないと観れませんが・・)
けっして観て後悔しない作品です。
by berurinrin | 2007-12-09 21:58 | 観劇感想
<< 文学座11.12月アトリエの会... アンサンブル・ヴァレンティvo... >>