日生劇場+文学座ファミリーステージ『若草物語』稽古場見学1

この日は、某花火大会があったようで、ちらほらと浴衣姿の女性に遭遇・・
浴衣姿って涼しげで素敵だなあ・・と、思いながら向った先は
文学座のアトリエ・・・そう『若草物語』のお稽古真っ盛りの稽古場見学です。

アトリエのロビーと舞台の仕切板は、はずされ目一杯に舞台スペースになっていて
舞台には大きなセットが組み立てられています。
すごい迫力です。こんな大掛かりのセットを見たのは初めてて
かなりびっくりどっきり・・
このセットが、どんな仕掛けでどんなモノなのか?
残念ながら内緒ですが、期待していて下さいね。

演出席やその他は、ロビーにぎゅうぎゅうに押しやられた感じですが
それでもアトリエのスペースよりも日生劇場の舞台の方が大きいそうです。
どれだけ~って感じですが、もう想像ができません(笑)

さて、この大掛かりのセットの前で拝見したシーンは
第2部第10場
紆余湾曲を経て、めでたくゴールインした四姉妹の長女メグ(渋谷はるかさん)と
ブルック(城全能成さん)の結婚式のシーン。
みんなの祝福を受けて幸せそうな二人・・・華やかなシーンです。

今回前年ながらメグ役の高野智美さんが体調不良によって降板された為
急遽メグ役に抜擢されたのは、準座一年目の渋谷はるかさん。
キラキラした目と表情豊かな笑顔が、めちゃめちゃ可愛い女性です。
そんなメグに寄り添う城全さん・・絵になる二人です。
二人の神への誓いのキスシーン・・美しい・・
見てる方はちょっと気恥ずかしかったのですが・・いやいや、すみません。
渋谷さんを気遣って、城全さんはお稽古前、お口を綺麗綺麗(笑)にして
臨んでおられるそうです♪

15分ほどのシーンでしたが、途中演出の高瀬久男さんの
ダメ出しがありまして、再度繰り返しになりましたが
やっぱり大きな劇場というだけあって、ダメ出しもちょっといつも違うかな?
体の向きや、歩数とか、形を作る事の重要性が感じられます。
初めて、高瀬さんの演出姿を拝見しましたが
とっても解り易い表現をされる方だなあ・・と、思いました。
ちょっと痩せられた感じもしますが、精力的に動きまわる姿が
めちゃめちゃ若々しいです。

そんな高瀬さんの女房役?!演出助手は高橋正徳さん。
ちょうど高橋氏の真後ろの席だったので、なんかいたずらしたくなってむずむず・・
うそ・うそ・・仕事中なので、りりしいその姿・・見守らせて頂きましたよん(笑)

久々にお会いできたのは、『モンテクリスト伯』や『アラビアンナイト』で
お芝居の世界観を汲み取られる素敵な振付を演出された新海絵理子さん♪
外部の方ですがサンリオのビューロランドの振付などで大活躍の新海さん
素顔もとっても綺麗で気さくに笑顔を見せてくださる素敵なお方です。
by berurinrin | 2007-07-28 18:19 | 稽古場/舞台裏話