マシュマロ・ウェーブ『YOU ARE HERE』

カナダ現代演劇祭2007参加作品
マシュマロ・ウェーブ『YOU ARE HERE』 in シアターX(7/21)

作・演出協力 ダニエル・マカイバー
翻訳      吉原豊司
演出      木村憲三

記者を目指すアリスン(松本紀保さん)。
彼女の人生に彩を与えてくれた人との結びつきを過去から過去
彼女の思いのままに時間旅行のように行き来をしながら
浮かび上がるシーンの数々・・・喜んだり傷ついたり
一人の女性として懸命に生きるアリスンの心の物語です。

まさにライブが命!というライブならではの舞台劇です。
アリスンの頭の中での芝居というか、アリスンを中心にした
時間軸の中でのストーリー展開になっているので
始めはちょっと戸惑いがあったのですが、それはそれ、これはこれ(笑)
でも確実に心にダイレクトにヒットします。
そうこれは、魂の物語ではないでしょうか・・
心で感じる傷みと悲しみ・・・アリスンの傷みは視覚に訴えかけます。
けれどもあえて細かなシチュエーションはありません
そう・・不要な芝居もあるんです。
あとは想像・・・わたしたちに委ねてくれる。
どんな女性にも心の中に小さなアリスンが存在してるはずだから・・
男のひとは?きっと女性の神秘になぞが深まって
より女性を愛おしい存在に思えてくれると嬉しいかも・・なーんちゃって(笑)

個性的な役者達が登場する、ちょっとおしゃれで余韻を残すシーンの数々に
どんどん魅惑されてしまいました。
大掛かりな装置も背景もありませんが
小道具の使い方がめちゃめちゃ洗練されていてとっても素敵です。
そんな個性的な役者達のなかでも、やっぱ古川悦史さんイケてます。
ぷっくり笑顔の無邪気な青年から、わがままで女好きで
でも土壇場で優しくて、けど・・・と、こんな人を好きになったら始末に負えない男性を
嫌味無く演じていらっしゃいます。
掲示板にご覧になられた皆様のご感想とおり
古川ファンは絶対!観ておくべきでございます♪

終演後、ロビーに姿を現して下さった古川さん
ちょっと痩せられたかな?と、でもとても充実されてるご様子でした。
古川さんを介して、「あ~こんな作りもあるんだ☆こんなユニットがあったんだ」と
新しい芝居を魅せて頂く機会が増えています。
芝居に、演技に貪欲な古川さん
これからも目にも新しい世界を魅せて下さいね~☆彡

7/17(火)~7/22(日)まで in シアターX(両国)
by berurinrin | 2007-07-22 16:33 | 観劇感想
<< テアトロサンノーブル企画公演v... シンポジウム第二弾『その宇宙か... >>