『やわらかい服を着て』

シリーズ「われわれは、どこへいくのか?」③
『やわらかい服を着て』 in 新国立劇場小劇場THE PIT(5/26)
作.演出 永井愛

元は工場のだった小さなNGO“ピース・ウィンカー”の事務所が舞台です。
夏原一平さん(吉田栄作さん)を中心に夏原さんのフィアンセ佐野千秋さん(月影瞳さん)
らがイラク戦争反対を掲げて、署名運動や集会を行っています。
しかし自衛隊イラク派遣やイラクでの日本人誘拐事件・・さまざまな事件が
社会情勢をからめて彼らに立ちふさがってきます。彼らの運動の向う先に
光は見えてくるのでしょうか?

NGOとまでは云いませんが、2つのボランティアに加入しています。

まず、二匹目の猫を家族の一員に入れることを決めた時に
日本動物福祉協会』というボランティア団体が主催する「里親の会」
(某デパートで月一回行われる犬や猫の里親探しの集い)で
数匹が入っていた子猫のかごの中でひときわ目立つ元気のいい子猫をもらってきました。
のちのりんりん♪です。
その際に、規約に署名して賛助会員になって6年経ちます。
まったく活動には参加していませんが、「使用済みの切手」を集めていて
いつの日か寄付が出来るように・・・と思っています。
もうひとつは『横浜演劇鑑賞協会』です。
こちらの活動に関しては何度か書かせて頂いていますが
日本にはいったいどの位のボランティア団体が活動しているんでしょうね?

さて、話がそれてしまいましたが
彼らは戦争反対、イラクの子供達の医療活動に力を入れていますが
日本国内の政治の状況によって、彼らの立場も微妙に揺れ動きます。
活動と自身の生活に追いまくられる日々の中で、男女の恋愛も絡んで
将来に対する生き方の不安の中にいるかこそ、絶望や苦しみ
見出すことの出来るささやかな勝利が、爽やかにドラマを包んでいました。
永井愛さんの本は、青年座公演『パートタイマー秋子』に引き続き2回目でしたが
ラストは、観客の答えにゆだねるような余韻に浸りつつ
彼らの無言の言葉を探し当てるかのように
ロビーに張ってあるイラクの子供達のパネルの写真と絵を大切に
心に焼付けて帰路に着きました。

文学座からは粟野史浩さんがご出演です。
豪快だけど、恋愛にぶきっちょ(笑)新子さんを愛するがゆえに
ちょっと小心者でちょいワル大槻純也さんのキャラにぴったりです。
登場の場面・・吹き出してしまいました。仮面・・最高です!!
今回初舞台&初主演ということであまり期待はしていなかったのですが
吉田栄作さん!!いやいやいやぁ、かなり素敵でした(照)
さらさらの髪に白いシャツギターの弾き語りまで・・
ファンの方にはサービス満載の役柄でしたが、自然な演技でとても好感が持てました。
本当に初舞台ですか?って聞きたくなる位・・
今後も舞台で拝見したいです。ぜひまた文学座の方と共演して下さい(笑)

5/22(月)~6/11(日) in 新国立劇場小劇場THE PIT

c0023954_23432461.jpg

劇中に出てくるチョコレートです。終演後販売していました。
イラクの子供達へのささやかな協力をさせていただきました。
by berurinrin | 2006-05-29 12:36 | 観劇感想
<< 『オトコとおとこ』稽古場見学 文学座+青年団自主企画交流シリ... >>