青年座『パートタイマー秋子』(横浜演劇鑑賞協会第215回)

青年座『パートタイマー秋子』 in 神奈川県立青少年ホール(横浜)

専業主婦だった秋子(高畑淳子さん)さんは、バブル期は華やかな生活を
満喫していましたがご主人の勤めていた会社が倒産。
やむにやまれずの初めてのパート勤めに出ることになります。
勤め先は今にも潰れそうなスーパーマーケット「フレッシュかねだ」。
でも潰れそうな理由はどうやら・・・
そこで働いている従業員達に原因の一環はありそうです。
秋子さんのパート勤めの苦難の日々は続きます。

会話のテンポの良さと、身近な話題をふんだんに取り入れた
台詞の応酬が楽しいのですが、どうもTVドラマを見ているような
薄い感じが全体に残ります。
しかしながら、登場人物達は勘違も甚だしい人(笑)もいますが
悩んだり、苦しんだり・・年齢や男女の違いもありますが
自分達とおんなじ等身大の人たちです。
みんな現状を良いと思わず、手段はどうであれ好転しようとする前向きさに
自分の姿を映す鏡のような錯覚にとらわれ、観終わった後
明日も仕事がんばろー!!って、思える私が確かにいました♪

終演後、旅公演初日でもあったので
青年座主催の初日祝いが、出演者全員、スタッフ参加で某レストランで行われました。

高畑淳子さんの美しさにうっとりし、森塚敏さんのお元気振りに
圧倒され楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。
それにしても役者さん達って、なんでこうお酒が強いんでしょうね★

~11/4(金)まで in 神奈川県立青少年ホール
by berurinrin | 2005-11-02 21:11 | 観劇感想
<< 無事、終わりました!! 新人社員は王子様★ >>