ステージ倶楽部カンパニーNo.6『創世記』

ステージ倶楽部カンパニーNo.6『創世記』~宇宙誕生から人類誕生までの奇跡~
                             下北沢「劇」小劇場(10/28)
作  いのえいち
脚色 井上壽久
演出 柘植幸
美術 淡路公美子

震災で兄貴(室谷康博さん)と仮設住宅に住みながら、物理学者の湯川秀樹さんに
傾倒してる作家を夢見る優さん(いのうえいちさん)は、道でコンタクトを落とした時に
親切にしてくれた香織さん(小山智子さん)と急接近中。
でも彼女はストーカー健二さん(赤池忠訓さん)がいて不思議な三角関係・・・
優さんの執筆中の作品の中に登場する湯川博士(井上壽久さん)と義妹雛子さん
(江口奈津美さん)と息子の志朗さん(西岡野人さん)の出来事が現実と交差しながら
時空を超えて、小説の枠から飛び出します。

残念な事に今回はのびたクンとの共演を楽しみにしていた雛子さん役の高野智実さんが
急遽病気の為、降板になってしまいました。
まさに舞台は生もの、何が起こるかわかりません。
高野さんが元気に復活されますように!!

文学座の“のびたクン”がご出演されていなかったら避けてしまうジャンルの芝居です。
でもそこが良いところ。外部出演でなければ観れない芝居ってありますからね♪
主人公の優さんは、物理学者の湯川博士に傾倒しているので、「恋の始まり」とか
ひょんな出来事を物理学の言葉で表現しますが、その優さん役のいのうえいちさんの
キャラクターは合っていますが、滑舌が悪い上に早口で聞き取り辛い!
これには凹みました。
さて、のびたクンの役どころは、優さん書くの本の中にいる
湯川博士の助手と湯川博士の義理妹の息子の志朗さんの二役です。
ロボットのようなコミカルな動きの助手と純真な志朗さんの対比が面白く
やっぱりダントツに演技の上手いのびたクンです!
それが、ちょっとのびたクンの演技と周りの芝居に温度差が。。う~ん。
で、のびたクン以外の他の出演者にいえるのですが、
袖にひっこむ時や舞台が暗くなっても舞台に居る以上は観客はしっかり観ているので、
気を引きしめて最後まで演じて欲しいです。
・・・と、全体に辛口批評になってしまいましたが、
のびたクンが優さんであったら、もっと違う作品になったかもしれませんね。

いのうえいちさんが作、主演でした。恋の出会いのシーンを見たとたん
題名とオチがリンクしてしまって、結果がわかってしまいました。
でも、内容は荒削りな所も多いけれど、とても冒険に満ちていて興味深かったです。
またいつか出会いがあったら観てみたいです。

~10/30まで、下北沢「劇」小劇場
by berurinrin | 2005-10-29 10:07 | 観劇感想
<< 自転車キンクリートSTORE『... 『アラビアンナイト』動画発信中!! >>