こまつ座第117回公演・紀伊国屋書店提携『化粧』

こまつ座第117回公演・紀伊国屋書店提携
 『化粧』                              in 紀伊國屋ホール(4/29)

作   井上ひさし
演出 鵜山仁
美術 堀尾幸男
照明 中川隆一

10日後には取り壊しになるという寂れた感じが漂うこの小屋。
この「五月座」の座長であり看板女優の五月洋子(平淑恵)さんが、
むくりと起き上がり、これから上演される出し物『いさみの伊三郎』の
伊三郎に変身する為のメイクに取りかかります。

久しぶりの劇場…
思わず紀伊國屋ホールの香りを感じて深呼吸。
初めて淑恵さんの『化粧』を拝見したのは2011年。
再演、今回の再々演がファイナルとうかがって
気持ちを奮い起こして劇場に向かったわけでした…
なんか席に着いたらなんてことはなく
意外とあっさり気持ちが整っちゃうもんなのですね…不思議です

時に、五月洋子さんという実像なのか、幻なのかと
その時折、自分が感じたまま振り子のように思い巡らせていましたが
今回は、実像に一票(*^_^*)
洋子さんの心の動きに反応して、ブルトーザーやシャベルカーなどなどの
工事現場のような異音が共鳴してくるような、雑音が共鳴するなんて・・んんん?!
面白い!!

聞き逃しそうな音が、とてつもなく大きな存在になって
洋子さんを潰しちゃいそうな、ちょっとしたホラー
ひとつひとつのささやかな動きや着物のさららっとした衣擦れやお茶を飲む音だったりが、
流れるように洋子さんにまとわりついて絡み付いて、
ラストが蜘蛛の糸のような、お互いの名前を呼びながら
その先の見えないアンバランスな感覚と
客席とのせめぎあいというか、綱引きというか
どれもなにもが無駄なものがなく、砂をさらうように細やかに見えないものさえ
五月洋子を浮かび上がらせる見事なまでに…
素晴らしい舞台でした。
美しい舞台でした。
いい舞台でした。
楽しい舞台だったなぁ…
…また観たい(ポツリ)

ファイナルなんて本当にさみしいですが
平淑恵さんの五月洋子は、しっかり私の心に刻みました!
いつか『好色一代女』とか拝見したいなぁ~
c0023954_15132311.jpg

4/25(火)~30(日)まで  in 紀伊國屋ホール 



by berurinrin | 2017-05-02 15:17 | 観劇感想