『戯曲・赤い月』稽古見学その2

初日まであと11日、そろそろカウントダウンも始まっているので
かなりピリピリと大変なお稽古場なのかしら。。と、ちと不安を抱えながら
アトリエに向かいました。

アトリエに入ったとたん、立石まゆみさんに「ベルさん?!」「まゆみさん?!」
「わーい♪」お会いしたかったまゆみさん!!お目に掛かれて嬉しかったです♪

『赤い月』の「あ」の字も予習をしていない私ですが(すみません!!!)
なにやら波子さん(平淑恵さん)と娘の美咲ちゃん(尾崎愛さん)と二人の間には
複雑な問題があって、それに氷室さん(長谷川博己さん)が関わっている様子。
そして美咲ちゃんを実の娘のように愛しんでいる
中国人夫婦(塾一久さん、立石まゆみさん)の絡みの場面を拝見しました。

「舞台は役者のもの」という言葉通り、一旦舞台の幕が開いてしまったら
演出家の出番はありませんが
白熱した稽古場では、鵜山仁さんが舞台の上から、下から動き回り
形を作り上げていく過程が目の前で繰り広げられます。
何度も繰り返される場面の度に笑顔や笑い声があって
過酷なお稽古にも係らず、和やかで立石まゆみさんのブログのような
素敵な雰囲気一杯のお稽古場でした。
それにしても、鵜山さんが子役に「ケンケンパー♪」の演技指導はナイスでした★
立石まゆみさんのお茶目な姿もいっぱい拝見(^-^o)♪
そうそう、長谷川博己さんと平淑恵さんのお二人のシーンがとても美しかったです。
実際の舞台ではどうなるんでしょうね。
長谷川博己さんってとても色気のある役者さんですね♪
淑恵さんを見つめる姿が良いですね~!
また、子役達と戯れる素顔の長谷川さんの姿も素敵でしたよん。

最後に、まゆみさんが呼び止めて下さって「?」と
思ったら何と!憧れの鵜山さんと私のツーショット写真を撮って下さいました。
感激でございます!!緊張してしまって
鵜山さんを前に固まった私です。

お稽古場見学を終えて外に出ると、大滝寛さんがいらっしゃいました。
髪を短く揃えられていて、きりっとした姿が軍人さんです(超かっこいい!)
こんな素敵な軍人さんにも波子さんは愛されるんですよね?!(Tシャツ姿でしたが・・)
暑中お見舞いの葉書を頂きましたので、お礼をかねて立ち話を。

暑い中、鵜山さん役者さん方の熱気に満ちたお稽古場。
良いものを作り上げていくという、団結したチームワークの良さを感じました。
そんな素敵な空気を一杯感じて幸せな帰り道に本屋さんで
小説「赤い月」を購入しました。
でも、大丈夫。予習をしなくても楽しめる作品に仕上がっているそうです。

戯曲・赤い月』は8/23~9/2紀伊國屋ホール
まだ平日のチケットは若干残っているそうです!
by berurinrin | 2005-08-13 21:08 | 稽古場/舞台裏話