劇団NLT公演No.154『ミントティー、それともレモン...』

劇団NLT公演No.154『ミントティー、それともレモン...』 in 銀座みゆき館劇場(3/5)

作 ダニエル・ナヴァーロ=オドゥクール& パトリク・オドゥクール
訳 佐藤康
演出 山上優

今、まさに初日を控えた最終舞台稽古中。
なかなか台詞が出てこないジュリアン(茂木直人さん)にイライラがつのるのは
相手役のベテラン女優ソフィア(杉山美穂子さん)。
トラブルメーカーのジュリアンの行動が周りの空気をどんどん変化させていくようです。
それもそのはず、ジュリアンは初舞台デビューでプロデューサーの御曹司。
微妙な空気が、舞台監督ロベール(亀井惟志さん)はじめスタッフにも感染…
そして初日を迎えます

一幕は、べニアに囲まれたセットで稽古中なうという感じ。で
二幕になるとしっかりした舞台セットになっていて、
そこんところは、以前、新国立劇場で上演された『から騒ぎイノゼフオフ』な作り。
あまりにも個性豊かな登場人物だけに、それだけでも空気が乱れ
その乱れが笑いにつながるのは、ちょっと初日開けてまもない、拝見したこの日では
こなれていなかった気がします。
「絶対だめでしょう」な演技に対して「素晴らしい」と言っちゃう演出家クララ(泉関奈津子さん)
をはじめ、まともな人が誰も出てこないので、どうも芯がどっちかに曲がっているような
なんか違和感を持ちながらの一幕。

その一幕の人間関係を把握しての、初日舞台の二幕。
観客は観客としての役割を担う参加型ライブとなります。
緞帳が上がる前からなんかヤバそうな(笑)
昔のドリフターズの番組のコントの終盤にかかる音楽とともにどっかんどっかんと
起こる屋台崩しのような、これでもかという位に次から次へと起こるハプニング
これは、人間関係は置いておいて、流れに身を任せて楽しませてもらっちゃいました。

フランスのコメディーは、ちょっとひつこさを感じることが多く
でも好きなんですけど( *´艸`)
その違和感は、どうにもこればっかりはお国柄と仕方ないと思うのですが
フランスのコメディーを数こなしてる劇団にしては
もうちょっと逆にどきつく演じて欲しかった気がします。
おとなしかった気がして…ちと残念。
まぁきっと公演後半になるにつれどんどん熟成されて、笑いの火種に火がついて
客席も、もぞもぞうきうきしてくるかもしれません(^_-)-☆

さて、演出は山上優さん。
今回は、演出家兼ロビーに設置されたワインバーの支配人さん(笑)
ミントティーも販売されてますよ。
優さんが二種類のミントをブレンドしてのオリジナルティー美味かった♪
一緒に拝見した征矢かおるさんは、しっかりした味わいのワインをチョイス
これも味見をさせて頂いたら美味しいかった。
ぜひちょっと早めに劇場で、もしくは休憩中にフランスの香りを楽しんでくださいね。
かおるさんは、前回、優さん演出の『岸田國士を読む。冬』にご出演されました。
そんなこんなでご一緒させていただいたのでした。

ワイン、お茶を楽しんでると壁にはフランスで上演中の写真が貼られていました。
優さんは、この作品を現地でご覧になって、
直接、作家と交渉しての今回、日本初上演の運びとなったそうです。
今もフランスではロングラン上演中だそうです。

なんかとても気になったのは
このタイトル。
普通、コーヒーもしくは紅茶?!しかり、ミルクティーもしくはレモン?!
が、ミントティーそれともレモンティーですよ。
この感覚がよくわからなくて優さんに聞いちゃったら
ミントティーはアラブの人たちが好んで飲まれるそうで、でなんで?って
思ったら、当日配られた機関紙SPOTの中に笈田ヨシさんの寄稿文の中に
ミントティーはアラブ人のお茶で、レモンティーはヨーロッパ人のお茶で
今のヨーロッパの混沌を象徴してると書かれていました。
あ~そうかぁと、そんな側面を見ながらこの作品を見たら
また違う感覚が芽生えるかもしれませんね(^_-)-☆

2015/3/4(水)~11(水)in 銀座みゆき館



by berurinrin | 2015-03-07 23:45 | 観劇感想
<< 舞台芸術学院ステージアーティス... 『解体されゆくアントニン・レー... >>