前回の続きです

「内野さんは4役やったんですね」
芝居とは全く縁の無い、隣の席の同僚のギョロが
前回のブログを読んでくれての発言です。
でも、彼はドラママニアなので
月9ドラマに出演された内野聖陽さんの事はばっちり理解できています。

「・・・・・・?」
これは、全くのわたしの言葉足らずの文章の誤解からきています。
注釈のつもりが混乱させる事になりました。反省です。

出来るだけ、舞台や芝居を観ていない方にも
ちょっぴりでも理解できたら嬉しいなあ。。と、思っていましたが
失敗しました。

と、いうことで補足です。

国木田大尉(内野聖陽さん)の実のお母さんは、
お父さんのお店で働いていた女中さんでした。
生まれてすぐにお父さんの家族として引き取られ「小林進」さんという
名前を付けられました。が、お父さんが亡くなり家計が苦しくなり
「深瀬」家に養子に出され「深瀬徹」さんと名前が変わります。
関東大震災で養父母を無くし孤児となり、
孤児院に拾われ付けられた名前が「国木田進」さんです。
そして、勉学に励んで陸軍大学校へ
「箱根強羅ホテル」に表は植木職人としてスパイで潜入した時の
偽名が「国枝茂」さんです。
実は複雑に一人の男性の半生が繋がっているのです。

時代が時代とはいえ、混沌としていますね。

・・・理解してもらえたかなぁ?!
でも、興味を持ってくれた事に感謝です。
切ったばかりの髪形に「なすのヘタみたい」なんて言ってごめんね。
今度、髪を切った時は素敵なコピーを考えますね♪
「ダイエット大作戦」頑張ろうね!?
by berurinrin | 2005-06-10 23:58 | 観劇感想