えんかんサロン2013年2月観劇会モジョミキボー上演委員会『モジョミキボー』編

えんかんサロン
2013年2月観劇会
モジョミキボー上演委員会『モジョミキボー』編 in 市民ホール第一会議室(12/5)

ゲスト 鵜山仁

c0023954_23193596.jpg


だはっ(笑)札幌ですw
ぐっだい!ぐっだい!←久々にいってみました(『モジョミキボー』をご覧になった方なら解るはず★)
吉祥寺の前進座劇場で行われた『くにこ』のゲネの翌日は、
札幌えんかんさんで行われる2月の例会『モジョミキボー』の事前勉強会というか、
演出をされる鵜山仁さんを招いての作品を楽しむ為の講演会が行われました。
で、札幌えんかんさんのご厚意で参加させて頂きました。

札幌えんかんと私の所属している横浜演劇鑑賞協会とは
様々な共通認識の上での問題や悩みを抱えている。。いわば姉妹都市?!もとい姉妹演鑑f(^_^;)
そこんところは、ここでは書くことはできませんが
札幌えんかんの方が観劇ツアーで、上京された時に横浜まで足を延ばして例会を観て下さったり
逆にこちらの役員が例会に参加させて頂いたりと
意外と交流の機会に恵まれている間柄なのでした。
そんなこともあって、なんとなく遠くても近く感じる鑑賞会で、いつか近い将来
行きたいなぁ~と思っていた矢先に、こんな素敵な企画が(*^_^*)
参加せずにはいられなかったのでした。

『くにこ』のゲネが終わった後「じゃあ、明日、札幌で★」と、ご挨拶したらびっくりするかなぁ~と思ったら
「(講演会の)昼?夜?」と、あんまり驚かない鵜山仁さんなのでした。
ちなみに両方参加させて頂きました。
もう、きっとどこに追っかけても驚かないかもしれない・・・かもf(^_^;)
そんな会話を聞いてる周りが驚いてる感が(爆)

そして翌日。
思えば、イッツフォンテーヌの『天切り松』の初日の旭川演鑑の例会公演以来の北海道。
あの時もすご~く楽しかったのですが、すんごく寒くてびっくりしました。
今回も、めっちゃ寒いんだろうなぁ~な思ったら、あららっそんなに寒くない。
新千歳空港から札幌に移動して、あっちやこっちに迷いながら大通公園近くのホテルに荷物を預けて、
ふらふら道に迷いながら会場に到着!(迷う時間も想定内...(><)!)
事務局の方や役員の方にご挨拶をしたのですが、皆さん、すごく明るくてとても親しみやすい方々ばかり
前の方の席を勧めて下さいましたが、ここんところは、会員さん優先で一番後ろの席を選ばせて頂きました。
おかげで、お近くの役員の皆様から色んなお話伺うことができました。
と、鵜山さんがご到着。
「(私は迷いましたけど、やっぱ鵜山さんもモチロン)迷いませんでしたか(笑)」
「迷わないよっ~」なんか得意げな鵜山さん(笑)
どうやら事務局の方が、誘導して下さったのでした(笑)

で、続々会員さんと会員さん以外のお客様も続々おいでになり、50席位の会場はほぼ一杯状態。
すごいなぁ~
このキャパで、昼と夜と2回。各90分行われたのでした。

カトリックとプロテスタントの両派の親たちの子供たちが出会って
苦い思いをしながら成長していく・・1961年生まれの作家の子供時代を背景にした戯曲であるという
作品の紹介から、演出をすることになったきっかけということで
浅野雅博さんと石橋徹郎さんが、勝手にやりたいと
一か月公演をしたいと会場を抑えて、とりあえず長期公演して
自分達の表現方法を確認してみたいって言われて
びっくりして、で誰が演出するの?って聞いたら「あんただよ」と、あーそうですか(笑)って
そして初演時のハラハラドキドキの浅野雅博さんと石橋徹郎さんからのオファーから
『モジョミキボー』決定までの作品選びの紆余曲折。
企画するということは、リスクを背負うことだとおっしゃいます。
でも、それでもやりたい・・表現者にとって欲は計り知れない・・・
初演の千秋楽の打ち上げで、やっとギャラがもらえたエピソードや
翻訳料を立て替えたという鵜山さんのお金持ち話(笑)ちなみに今回も再演料を立て替えているらしい(笑)
そんな面白エピソードの数々から、初演時の下北沢の下北沢OFF・OFFシアターが80席だとすると
札幌えんかんの会場は500席の会場。
今まで卓球をやっていたのがテニスをするようなものだからチャレンジだとおっしゃいます。
とはいえ、鵜山さんの演出作品の中で一番小さな空間で上演された
『モジョミキボー』への愛着は深いとおっしゃいました。
そこから、話は遡って鵜山さんの生い立ちや鵜山さんから見た浅野さんと石橋さんのキャラクターについての
お話・・これがかなり面白かったのですが、面白すぎてちょっとニュアンス的にUPしない方が・・(笑)
浅野さんと石橋さんが、初演時に17役演じましたが、
今回は19役もしかしたらプラス1になるかもしれない・・そうです(^v^)
あと何年演出できるかわからないから、奴らをぶち壊してやろうという気持ちだそうです(笑)

あー言えないことばかりのトークで、そこんところは言いたいけど・・・やっぱ内緒です。
あ~言いたい・・・う~ん、やっぱやめておきます。
でも、確実に進化した『モジョミキボー』になる事、請け合いできると思いました。
だって、鵜山さん楽しそうなんだもん♪わくわく感が伝わってきちゃうんだもん

途中、事務局長と鵜山さんと会話形式なトークがあったり、工夫を凝らしてあって聴きごたえ十分。
質疑応答のコーナーでは、直球な質問でたじたじな鵜山さん(笑)
全体にアットホームで楽しい講演会でした。
ほぼ、鵜山さんてば、一人で3時間(笑)
喋りまくり・・お疲れさまでした。

昼、夜の合間に、事務局に案内して頂き、こんな下っ端の私の素人並の質問に答えて下さる
事務局長始め役員の皆様の温かさに触れ、
鵜山さんが会場の下見に行ってる間にテレビ塔の素敵な夜景を観に連れて行って下さり
講演会終了後、北海道の美味しいお酒&お食事を頂き、本当に大変お世話になってしまいました。
最後は、ホテルにまで送って頂いちゃいました、いやぁ~すっかり甘えてしまいました。
ありがとうございました。
この上は、『モジョミキボー』を観に札幌に伺いた~い!!
札幌えんかん最高ですぅ~!!

さて、この『モジョミキボー』をご覧になりたいと思った札幌にお住いの皆様!
素敵な仲間がお待ちかねですよぉ~ぜひ、札幌えんかんにご連絡を
詳しくは→リンクしてるモジョミキボーのブログ

c0023954_23182299.jpg

テレビ塔からの大通り公演の夜景です。左側上の二本の筋は大倉山ジャンプ場だそうです。
めっちゃ美しい景色でした・・案内して下さったSさんありがとうございます。
by berurinrin | 2012-12-30 23:34 | イベント
<< 文学座付属研究所研修科(50期... 京都勤労者演劇協会12月例会・... >>