こまつ座第96回公演・紀伊國屋書店提携『雪やこんこん』

井上ひさし生誕77フェスティバル‘12第2弾
こまつ座第96回公演・紀伊國屋書店提携
『雪やこんこん』 in 紀伊國屋サザンシアター(2/19)

作  井上ひさし
演出 鵜山仁

昭和20年代の12月の中旬・・
と、ある湯治場の旅館に併設された芝居小屋。
紆余曲折を経て興行の為に現れたのは、
座長・中村梅子さん(高畑淳子さん)率いる中村梅子一座のご一行。
彼らの世話をして下さるのは、元役者の女将・佐藤和子さん(キムラ緑子さん)。
ところがこの二人の関係が、ふとしたきっかけで感動の再会となり・・・

ずっとずっと観たかった『雪やこんこん』の初日の幕が開きました!!
この作品は今から25年前・・なんと鵜山さんのこまつ座デビュー作!
そして13年ぶりの再演なんだそうです。
当時は、なかなか台本が上がらず、それはそれは大変だったそうですが
いやぁ~俳優が語る台詞一つ一つが、雪の結晶のようにキラキラ輝いて見える程
名台詞がわんさか・・本当に本当に素晴らしいというか、めっちゃすごい作品です。
こんなに笑えて泣ける芝居・・・まさに痛快!最高の気分になりました!
こんな舞台観たことない・・・面白かったなぁ~

「雪やこんこん」・・・なんてかわいらしいタイトルのはずが・・
雪が、ぐぉ~(笑)えーって
こんなファーストインプレッションって・・まじびっくらしたぁ~(笑)

楽屋で、梅子さんの演じる劇中劇のおさらいのワンシーン。
女、国定忠治の場面を見ながら、
むかーし、昔。テレビ中継で見た「国定忠治」劇中ちょうちんが燃えるシーンがありました。
新国劇が大好きだった亡き祖父とブラウン管に向かって拍手した事をふと思い出して、
なつかしくて胸が熱くなってしまいました。
その場面しか記憶がないのですが、もし生きていたら
しみじみと祖父と一緒に観たかったなぁ・・

生々しい舞台の裏側につきまとう厳しい人間模様が背景にあるにもかかわらず
目に前の舞台に立ってる彼らは、芝居に対して一途で真っ当でピュアで崇高な人たち。
なんてこんなに愛しいんだろ
いくつものどんでん返しに胸を躍らせながら
舞台の芝居がこんなに好きになっちゃったんだろう・・
スタッフもろもろみなさんのこと丸ごと応援したくなっちゃうんだろう
なんか自分の中の問い掛けの答えが見えた気がしました。
つーか、なんかふっきれた。
でもって、もっともっと鵜山さんを応援したくなっちゃった。へへへっ
わたしは、なんてすごい人のファンなんだろうって!

さて文学座からは、中村梅子一座の懐刀。久米沢勝次さんこと金内喜久夫さん。
金内さんの独特の台詞回しが、心地よく胸の中に入ってきます。
梅子さんと勝次さんの芝居のおさらいのシーンの間合いの見事さ!
笑いとしんみり感が、ぽわわ~んと舞台を包むというか・・素敵な役者さんです。

そして、一座のお目付け(笑)女将のスパイ(笑)そんな女中のお千代さんを
文学座研修科一年生の高柳絢子さん。
初舞台がこまつ座なんて、もう大変なプレッシャーだったと思いますが
のびの~びと元気なお千代さんで、とっても可愛かったですョ
この貴重な体験を糧に今後も頑張って欲しいです。

さてこの日は、初日。
終演後のロビーは、めっちゃ華やか★
実は、お会いしたい人がおりまして
その方とは『イロアセル』に続き、今回も鵜山さんを助けて下さった演出助手の斉藤栄作さん。
ご自身のブログ『栄作文』で鵜山さんのお茶目さん振り(笑)を沢山upして下さいました。
感謝感謝の栄作さんです。
まじ超面白いブログですよぉ~♪ぜひ検索してみて下さいねっ!
と、目の前に栄作さんがいらっしゃるのに声を掛けられない人見知りな私・・・。
なもんで文学座のイケメンマネージャーMさんが、引き合わせて下さいました。
あざーす!
『イロアセル』の時に、鵜山さん曰く、稽古場でドン引きされた(笑)というイベリコ豚のお話や
『雪やこんこん』のお稽古場で女優さんの呼び名で悩む鵜山さん(笑)
本当に可笑しくて、お千代さん並に(笑)ご本人に報告させて頂いていました。
個人的にお礼をしなくては・・と、ご挨拶ができて本当に嬉しかったです。
今後もどうぞ宜しくお願いいたします!!
・・・と、いつもの日課(笑)でブログを拝見したら思いっきりワタクシの事をupして下さっていました。
かなりテレちゃいますが、ありがとうございます!!
今後も楽しく読ませて頂きます!

そんな中の鵜山さんの初日のご挨拶。
初演の初日、満席で調光室から故・井上ひさしさんとご覧になった鵜山さん。
カーテンコールで席を立たれないお客さんを眺めながら「お客さんが席を立たれないじゃないですか」と
嬉しそうにおっしゃった井上さんとの思い出を感慨深く語っておられました。

2/19(日)~3/11(日) in 紀伊國屋サザンシアター
3/16(土)、17(日) in 森ノ宮ピロシティホール
3/19(月)、20(火・祝)in 川西町フレンドリープラザ
by berurinrin | 2012-02-25 23:34 | 観劇感想