文学座★感謝祭2011座クリスマス<その3>

文学座★感謝祭2011座クリスマスin文学座アトリエ&モリヤビル1F(12/25(日)pm3:30~18:30)

黒柳○子さんこと金沢映子さんの自由なツッコミ(笑)にあたふた気味の
久米○さんこと佐川和正さんの司会コンビに
場内爆笑の中、さて第2位の発表です

第2位は、渡辺徹さん「約束」

音楽が掛かって(きゃー!と歓声!)シルエットが浮かび上がって(ぎゃー!と悲鳴(笑))、照明が当たると(大爆笑(笑))
ふあふあヘアーにバンダナ、チェックのシャツで現れたのは、なんと頼経明子さん!
センターでノリノリで♪気持ちよさそうに歌っていると、あらあら・・またもやシルエットが浮かび上がって
登場したの第2の徹さん?!
去年に引続き(笑)登場されたのは、ヨリちゃんと同じ衣装に身を包んだ確実に徹さんより大きい櫻井章喜さん(笑)
櫻井さんは、『にもかかわらずドン・キホーテ』で、きゅうりをバリバリ食べていましたねっ
ヨリちゃんを押しのけつつ、最後は仲よく息もぴったり二人でW徹さんしてました。
よく見ると二人ともシャツのボタンがはじけ飛んでます(笑)
櫻井さんのマイクを掴みとってヨリちゃん
「なんで?なんで出てきてるんですか?(怒)」
「毎年の俺の仕事なんだよ!」by櫻井さん
「今年は、私がやるってことになってるの!」
舞台上で争う二人に、司会者が介入してくると
あらら、またもや「約束」の曲が掛かります(笑)
すると本家本元の徹さん登場です
会場からも「きゃー!」と「とおるっ!!」の大歓声(笑)
ふと見ると、誰よりも最前列で写メってる高橋克明さんのお姿(笑)面白~い
徹さんの歌に合わせて、櫻井さんとヨリちゃんがバックコーラスと兼ダンサー(笑)
歌が終わるとお客様に投げキッスの徹さん★きゃっ
「あんたたち失礼よ(笑)」と黒○徹子さん(笑)
「デビュー三十周年を迎えられて・・」と徹子さんの言葉に「デブ?!」と反応する徹さん(笑)
徹さんってば、櫻井さん、ヨリちゃんに向かって「お前ら後でゆっくり話がある(笑)」
会場大爆笑!
そんな徹さんは『花咲くチェリー』の地方巡演が引き続き来年も公演されます★

大盛り上がりの第2位でしたが、さて第1位は?!

第1位、美空フェニックスひばりさん『愛燦々』

ミラーボールが輝き、客席から登場されたのは
『にもかからずドン・キホーテ』で、ドン・キホーテ(金内喜久夫さん)を翻弄?!する女性を演じられた塩田朋子さん!
ちょっと腰をかがめて、なりきっておられます。
すごーいすごーい大歓声です

最後は、みんなで「上を向いて歩こう」の大合唱&集合写真で歌謡ショー『座・ベスト10』のコーナーは終了です

次は、クイズ『文学座知ってるつもり!?』

司会は、鍛冶直人さんと佐古真弓さんの同期コンビ!
本公演4チーム、アトリエの会3チームと演目毎にグループを組んで、
会場のお客様を各お一人参加のの勝ち抜け戦!
いやぁこれがなかなか難しい問題ばかりでf(^_^;)
「へぇ~」「ほぉ~」とか勉強になりました。
いやいやまだまだ私もひよっこです(笑)
なかでも面白かったのは『美しきものの伝説』チームの石橋徹郎さんと
荘田由紀さん
とりあえずテキトーにピンポン♪と鳴らす由紀ちゃん(笑)でもって「私しりませ~ん(笑)」と
ばかりに両手を振ってのゼスチャー(爆)
でもって、あわあわの石橋さんの適当な答えに大爆笑(笑)
そーなんですよ、由紀ちゃんって、かなり面白い女の子なんですョ♪

そしてプレゼント抽選会「座・ヒッパレー」そして
加藤武さんによるジャンケン大会「加藤に勝とう!」

加藤さんVSお客様とのジャンケン大会が終わった後、加藤さんからサプライズプレゼント
おもむろに手元の袋から、会場に向かってぽんぽん品物を投げる加藤さん(笑)
こっちに飛んできたぁ~ひゃあと言いながら、ゲットしたのは海苔の佃煮(笑)
あ・ありがとうございますっ

セレモニーが始まりました。
司会は、清水さんと桃子さんです。「2011年度新座員の紹介」です

今年、新座員に昇格したのは高塚慎太郎さん、永川友里さん、
下池沙知さん、千田美智子さんの四名です。

「4月に結婚します!先輩を差し置いてすみません!」おおおっ!おめでとうございます(笑)
なんかめっちゃ幸せそうな高塚さんは『美しきものの伝説』で男優さんを演じられていました。

「ここに立っている気持ちを忘れないように精進していきます」と挨拶された友里ちゃん。
彼女は『麦の穂の揺れる穂先に』で大学でフィンランド文学を教える
高柳先生(江守徹さん)の教え子・朝岡玲子さんや
有志の会『猿』では無邪気な売春婦・ツネコさんを明るく演じられていました。

「緊張して何を言ったらいいか?!わからないので叫びます“がんばりますっ!!”』
そんな下池さんは『カラムとセフィーの物語』でセフィー(渋谷はるかさん)のお姉さん・ミネルバや
崩れたバランス』で父親(椎原克知さん)の恋人(片渕忍さん)をイジメちゃう(笑)
こまっしゃくれた娘を演じられていました。

「文学座の女優陣の中で一番身長が高い」千田さんは「演技の幅も、身長同様に長く大きく頑張ります!」
今回、豚汁を23日から準備して下さったそうです。
頑張った千田さんは、『麦の穂の揺れる穂先に』では向井先生(坂口芳貞さん)の下で、
寄生虫を専攻してる大学生・門倉しおりさん。
また『カラムとセフィーの物語』では広報官ジューノと
セフィーをいじめる同級生ジョアンヌなど演じられています。

準座員といえどもみなさんすでに大活躍されています。
今後のご活躍も楽しみな方々です♪

2011年度支持会・パートナーズ倶楽部賞及び新人賞の発表」です。

じゃーん♪支持会・パートナーズ倶楽部賞は、金内喜久夫さん
同新人賞は、亀田佳明さん

プレゼンターは支持会長さま、アシスタントは永川友里さんです
これはもう納得の受賞ですね。
亀さまの名前が呼ばれたとたん、会場から「おおおっ~!」と歓声が響き渡りました。
ネクタイ姿でばしっと決めた亀さまです。
「33歳で新人賞。ちょっと恥ずかしいけど嬉しい」と、本当に嬉しそうに満面の笑顔でご挨拶されてました。
今年も大活躍の亀様でした。

「間に合うか、間に合わないか?裏でぐちゃぐちゃしていました(笑)」と、桃子さんのコメントで登場されたのは
両手でピース(笑)しながらの金内さん!
そーなんですよ丁度、この日がご出演されていた世田谷パブリックシアターでの公演
『欲望という名の電車』のまさに千秋楽。間に合ってよかったです。
明るくピースサインで登場された金内さんではありますが、
ご挨拶では、亡くなられた飯沼慧さんの在りし日のエピソード。
『にもかかわらずドン・キホーテ』で胸の辺りを骨折されながらも舞台を続けられた飯沼さんのお話。
オフで釣りに行かれた時に、指に針が刺されながらも最後まで釣りを続けられた飯沼さんのお話。
我慢強かったとおっしゃる飯沼さんのお話に会場は、しーんと聞き入っていました。
実は『にもかかわらずドン・キホーテ』の初日の時に、飯沼さんのけがの話を聞いていましたが
まさか骨折されていたなんて!!!今更ながらも衝撃でした。
あの飄々とした佇まい、あの声・・本当に素敵な俳優さんでした
この日、紀伊國屋演劇賞受賞のコメントをこの壇上で、
いつものように面白おかしく報告して下さる事を楽しみにしていただけに残念です。
改めてご冥福を祈ります。
by berurinrin | 2011-12-29 23:19 | イベント
<< 文学座★感謝祭2011座クリス... 文学座★感謝祭2011座クリス... >>