文学座★感謝祭2011座クリスマス<その2>

文学座★感謝祭2011座クリスマスin文学座アトリエ&モリヤビル1F(12/25(日)pm3:30~18:30)

加藤武さんの元気な乾杯の後は
引続き清水明彦さんと栗田桃子さんの進行による

2012年の演目紹介です

まずは本公演からの紹介です

2月は『三人姉妹』の演出は坂口芳貞さん。なんと37年振りの再演だそうです。
「日々一刻と過ぎていく人間の感情を言葉だけでなく、
音楽などを取り入れながらコンパクトに優雅に演出したいと思います」
今回は新訳だし、マイブームがチェーホフなのでめっちゃ楽しみです。
9月は『エゲリア』演出の西川信廣さんのご挨拶です。
『エゲリア』の作家は、瀬戸口郁さん。以前にリーディングで上演されたものを新たに執筆されたそうです。
「芸術は爆発だ!」と有名な言葉を残した岡本太郎さんの母・かの子さんのお話です。
で、西川さんより「『エゲリア』って?よく聞かれるそうで」と
エゲリアは、かの子さんがよくご自身をエゲリアだとおっしゃっていたそうで
古代ローマの伝説の女性で、ヌマとという王様の妻だったそうです。
ヌマ王に助言を与え、王が亡くなると、泉に変わったそうで、処女性と母性を合わせもつ、
男性にとっては永遠の女性の意味なんだそうです(『エゲリア』パンフより抜粋)
11月は『タネも仕掛けも』ということで、演出の松本祐子さんの登場です。
佃さんといえば『ぬけがら』!面白かったですね~さて、今回の新作書き下ろしは
かつては伝説のマジシャンだった男が、いまや深夜にマジックを・・そんなお話みたいです。
『ぬけがら』の時は、みなさんウクレレを練習されていましたが、今回はマジック?!楽しみですね

次はアトリエの会の紹介です。

『父帰る』/『おふくろ』の演出の江守徹さんの登場です。
アトリエで演出されるのは初めて演出されるそうです。『父帰る』は初めてご覧になった時に
生の俳優の声で聴きたいと思われたそうです
『Our Class』もとい『NASAZA KLAZA -ナシャ・クラサ-私たちは共に学んだ』の演出は、高瀬久男さん。
題名はポーランド語で、意味はOur classとほぼ同意語だそうです。
調べれば調べるほどポーランド語の方が良いかなと思われたそうです。
内容は1930年代に一つのクラスで学んだ子供たちが成長していく過程で
戦争など時代のうねりの中に巻き込まれ、様々な出来事に遭遇していくお話のようです。
かなり強烈なお話のとの事でした。
「見たことのないような舞台が作れたら・・」そうおっしゃる高瀬さん、楽しみですねぇ~
ラストは『海の眼鏡』演出は、高橋正徳さん。
あ~でも、今ノリ君は、イタリア・ローマに留学中・・・・。と思いきや
なんとインターネットでローマと中継が!!
「なんか特別扱いですよね~ローマに居る高橋君!」と桃子さん
すると大きなスクリーンにノリ君の姿が映し出されます。なぜか場内大爆笑(笑)
一番笑っていたのは、祐子さん?!(笑)
「ちゃおー!」元気そうなノリ君です。
「現地の時間で朝6時からスタンバイしていて、今現地は朝の8時ごろだと思うのですが
ずっと待っていて沢山しゃべりたいとは思いますが、30秒でまとめて下さい(笑)」
「は~い30秒でしゃべりまぁ~す」
東憲司さんといえば劇団桟敷童子で大活躍中の作家兼演出家さん。
小劇場と新劇の融合した作品にしたいとおっしゃるノリ君。
出演者は15人ほど予定して年末にふさわしい賑やかな作品にしたいとの事です。
楽しみですね~でも、ノリ君の登場にはびっくりさせられましたねぇ(笑)
すかさず桃子さんが
「高橋君は、遊びに行ってるわけじゃありません(笑)在外研修で勉強にいってま~す」
さすがのフォローです(笑)

さてこの後はしばしの雑談タイム
去年食べそこなった“伝説の豚汁”を頂こうと友人外へと移動です。
まずは、隣のモリヤビルへ
フードコーナーというだけに、デザートやプチケーキ、ローストビーフもある!すごーい!!
友人がローストビーフを並んでいる間に、豚汁を求めて並んでいる列へ
豚汁担当の皆様は、『岸田國士傑作短編集『明日は天気』』でしっかりした女中さんを演じられた
千田美智子さんを筆頭に『にもかかわらずドン・キホーテ』にご出演したのび君こと西岡野人さん。
ゆずとねぎをぱらぱらとトッピングして下さったのは『くにこ』で
泣きながら「ぽん!ちー!」と、麻雀した三女の和子さんを演じられたしーちゃんこと太田志津香さん
寒い中、ありがとうございます。
「寒いときに食べる豚汁、最高だねぇ~♪」と友人とふーはー言いながら外で頂きました。
本当に美味しかったです♪

さてアトリエでは、歌謡ショーが始まります!
歌謡ショー『座・ベスト10』
司会は、今回もばっちり決めた黒柳○子さんこと『思い出のブライトンビーチ』では、
子供たちのお母さんケート金沢映子さんと
ばっち七三に髪を分けた久米○さんこと佐川和正さん
なかなか素敵なコンビです。
早速ベストテン!

第10位は、K○RA「ミスター」!

するとスモークの中から登場されたのは『美しきものの伝説』で
三味線を弾き語りながらの突然坊さんを演じられた清水馨さん、
連結の子』で由起夫さんの母・和美さんを演じられた山崎美貴さん、
トロイアの女たち』でコロスを演じられた奥山美代子さん、『シラノ・ド・ベルジュラック』の
ロクサアヌ以来の高橋礼恵さん、そして演出の松本祐子さん
うわぁ~と大歓声なのでダンスをご披露して下さいました。みなさん上手いっ!!
KARAさんたちは、韓国のかたなので通訳として在来研修で韓国に留学して
おととい帰国されたばかりの鬼頭典子さんが登場されました。
どうやら文学座のK○RAさんの通訳のために帰国されたようでした(笑)

第9位、第6位はお休みで、トナカイ(笑)西本由香ADが、手で×のマークを(笑)

第6位は、エグ座イル「Choo Choo TRAIN」

『にもかかわらずドンキホーテ』のサンチョを演じられた田村勝彦さん、『わが町』では、
花嫁の父ウェブ氏を演じられた高瀬哲朗さん、
ミセス・サヴェッジ』では長男で上院議員のタイタス氏を演じられた斎藤志郎さん
、『美しきものの伝説』では松井須磨子と恋に落ちる島村抱月氏を演じられた得丸伸二」さん、
グレンギャリー・グレンロス』で、セールスマンにまんまと引っかかるロス氏を演じられた藤川三郎さん
黒ずくめのお衣裳で統一してかっこいい~!すごい熟年エ○ザイル(笑)
みなさん身のこなしが軽やかですね~

第5位~第4位はお休みで、ぶっちゃけギャラの折り合いがつかなかったそうで~す(笑)

第3位は、「沢田とトノサマキングス」

殿様と私2011』のキャストによる
「聖者の行進」「殿様ブルース」「You Are My Sunshine」のクリスマススペシャルメドレー
加藤武さん、たかお鷹さん、沢田冬樹さん、星智也さん、寺田路恵さん、
富沢亜古さん、松山愛佳さんのブルースハープに
金松彩夏さんのタンバリン
全員着物姿での演奏、ばっちり決まってます★かっこいいわぁ~
演奏後、司会の黒○徹子さんの質問に、すべて「ふぁ~♪ぴぃ~」ってハーモニカで答える
加藤さんと寺田さん(笑)面白~い(笑)

超盛り上がりの「座・ベストテン」まだまだ続きます(笑)
by berurinrin | 2011-12-28 00:29 | イベント
<< 文学座★感謝祭2011座クリス... 文学座★感謝祭2011座クリス... >>