青年座交流プロジェクト『欲望という名の電車』

青年座交流プロジェクト『欲望という名の電車』 in 
                    富士見市文化会館キラリ☆ふじみメインホール(12/9)

作  テネシー・ウィリアムズ
訳  鳴海四郎
演出 鵜山仁

ニューオリンズのこの町に一人の女性が現れます。
「欲望」という名の電車に乗って「墓場」という電車に乗換え
ここ「極楽」駅で降りたったブランチ・デュボア(高畑淳子さん)
妹ステラ(神野三鈴さん)を訪ねてはるばるやってきたのでした。
妹との再会の喜びもつかぬ間。
ブランチにとって、ステラの友人達・・貧しくても気のいい仲間たちに囲まれて生き生きと過ごす彼ら
中でもステラの夫スタンリー・コワルフスキ(宅間孝行さん)の粗暴な振舞いに
少女のような繊細なブランチの神経は、少しずつ崩れて・・

じゃーん!今年最後の鵜山さんの演出作品の幕が上がりました~
ということで、世田谷パブリックシアターは12/15初日。
その前に、キラリ☆ふじみで初日を迎えるということで行ってきました★
この初日の前に、キラリ☆ふじみに於いて『欲望という名の電車』についての
鵜山さんのレクチャーがありまして下見を兼ねて行ってきました。
もうねぇ~遠いぞ~(笑)
レクチャー参加しておいてよかった。
なんせ夜だし、絶対素直にたどり着く自信は全くなかったし(笑)
レクチャーの内容は、また改めて(UPできたらいいのですが・・f(^_^;))
自宅から約3時間・・
最寄駅から徒歩25分ということで、バスに乗ったわけですが
終点で降りて、きょろきょろ周りを見回して???
バスの運転手さんに「キラリ☆ふじみは、どこでしょうか?」なーんて聞いちゃったし(苦笑)
「目の前だよ」って、でも真っ暗だし・・夜やばかった・・・
なので、この初日はしっかりと池袋にホテルを予約し(最寄駅にホテルがないし・・)
ばっちし完璧!で現地に向かったわけでありました。

先週、鵜山さんのレクチャーが終わった後に
ご好意で、建て込み中の舞台セットを見せて頂く機会がありまして
むき出した鉄骨の大きさとその迫力に口があんぐりというか、ぽっかーん状態・・
そして工事のがんがんがん、ぎこぎこぎこ・・・いやぁすごい
これが本番どうなっちゃうのか?!
今まで何度か拝見してきた『欲望の・・』のセットのイメージとは全然違う・・・
そのセットは、今は使われていない遊園地をイメージされたそうです。
と、いうのもハリケーン・カトリーナが、ニューオリンズを直撃し
被災した遊園地がそのままの状態で残っているそうなのです。
ハリケーン・カトリーナに見舞われたのは2005年のことです。

舞台は2階建て、始まる直前にするすると梯子を登っていく
一人のピエロ?!ピアノの前に座ったピエロは小曽根真さん。
全編に小曽根さんのピアノ演奏が入るのでした。
演じる俳優たちに混じって時に静かに、強烈に交わるピアノの調べ
圧巻でした。
俳優達は主に下で演技されているので、どうやって呼吸を合わせて
いたんだろう(笑)
さすがに交流プロジェクトと名前が付くだけにそんな小曽根さんを筆頭に
どの俳優さん素晴らしい方だらけ・・・
実は、私の中で高畑さんのイメージにブランチはなかったのですが
これがびっくりの超裏切りでした。
高畑さんの指先まで神経が行き届いた繊細な細やかなブランチ
そして妹ステラの神野三鈴さんの愛らしさ・・
残念だったのは、この二人の圧倒的な存在感に対して
ちと宅間孝行さんのスタンリーが弱かったかなぁ・・
あっ、でも後半は盛り返してぐいぐい来てましたね★
文学座からは、塾一久さんと山本道子さん
そして川辺邦弘さん
終盤に登場する医師は金内喜久夫さん
なにくれと面倒見のいい焼餅焼きのユニス(山本道子さん)と、
どうしようもない(笑)旦那はんスチーブ(塾一久さん)の微笑ましいカップル
またお髭がちょっとメキシカ~ンで、粗暴な感じのパブロ(川辺邦弘さん)。
短い出番ながらも存在感で魅せるのは金内さん。

ここキラリふじみでは、一回きりの公演。
観客の方々も観る姿勢もおのずと力が入っているようです。
そんな中、どちらかというと音楽用のホールとしての建物だそうで、
小曽根さんのピアノがぐいぐい心に響いて
やばかった・・興奮してしまいました。
wカーテンコールにスタンディング!ひゅー

終演後、久々にビーバーのような笑顔の製作のSさんと再会しぃの
毎回お会いする度に、いっぱいお気遣いをして頂いたのは、
くまさんのように温かい~ほんわかMさん。
(青年座さんの製作は、動物キャラ?!まぁそればかりじゃないんですけどね(笑))
この後、徹夜覚悟の搬出だそうです。
なんせピアノを移動しないと、な~んも出来ないそうで・・
後日、「搬出の後に呑んじゃったので寝たの5時(笑)バカでしょう」
と若者のような元気なSさんでした。プププっ
そんなSさん「鵜山さんすげー!!本当すげー!」を連発!
「そうなんですよ!すごいんですよ!(ついでに)かっこいいんですよ!」と私(笑)
で、未だ興奮冷めやらないうちに鵜山さん登場!ひゅーひゅー♪
そんなこんなで送迎のバスには乗り遅れ、タクシーは捕まらず・・
徒歩で最寄駅までテクテク歩く羽目になってしまいましたが
気持ちをクールダウンするには丁度いい時間でありました。
あ~楽しかった♪

12/9(金) in 富士見市市民会館キラリ☆ふじみメインホール

c0023954_1421738.jpg
c0023954_1423221.jpg

by berurinrin | 2011-12-17 01:40 | 観劇感想
<< 大宮演劇鑑賞協会第100回例会... 文学座12月アトリエの会『 M... >>