文学座付属演劇研究所研修科勉強会リーディング『マクベス』

文学座付属演劇研究所研修科勉強会
リーディング『マクベス』in モリヤビル1階(第二稽古場)(11/20)

作  W・シェイクスピア
訳  河合祥一郎
構成・演出 松本祐子
協力 文学座演出部

出演者(研修科生)
  谷内 良、萩間秀作、深谷明大、許 秀哲、木山廉彬、宮内克也、
  江頭咲名子、鹿野真央、難波 有、 前東美菜子、稲葉佳那子
演出部(研修科生)
  福田紗也果、丸太裕也

スコットランドの将軍マクべスと戦友バンクォーは、
勝戦の帰路の最中、三人の魔女に出会います。
魔女たちはマクベスに「コーダーの領主に、そして未来の王になる」と告げ
バンクォーには「王を生む」と予言します。
そして国に戻ったマクベスを待っていたのは、コーダーの領主の地位でした。
マクベスは、魔女たちの予言を妻に語ります。
すると野望に燃えた妻は、国王の殺害をマクベスに唆します。

リーディング第2弾は、松本祐子さん演出の『マクベス』のリーディングでした。
今回はモリヤビル1階、第2稽古場において行われました。
さて、私が今までに拝見した『マクベス』の舞台は過去2回。
始めは、tpt公演で松本幸四郎さんが演じられ、
もう一つは劇団新感線による『メタルマクベス』内野聖陽さんが演じられました。
思えば、どちらも濃かったっけ・・f(^_^;)

さて、研修科生の勉強会だけあって、若いマクベスを筆頭に、みなさんとても若いのですが
若いなりにとても見応えがありました。
青年が、身の丈に合わない野望を夢見て、夢に食い潰され
打ち砕かれる姿を中心に、その周辺の殺戮の連鎖・・
非日常に使われる言葉との格闘・・今の若者らしい冷ややかさも含まれていて
かっとんだ感じじゃない青春群像劇な感じがしました。
悪魔に魅入られたかのように三人の魔女達が、
常にマクベスの側にぴったりと寄り添う姿は、魔女達がいなければ
ただの普通の青年であるかのような気もします。
それは冒頭の新たに付け加えられたオリジナルのシーンの一コマ。
現代のニュースの三面記事を、出演者全員でテンでバラバラに読むシーンがありました。
その溢れるほどに起こってる混沌とした現代のニュースの様々な内容と
それら事件の背景に関わる容疑者達の姿が、ふつふつと浮かび上がってきます。
その中心にはマクベス。
誰もが現在のマクベスになる要素が含まれているのではないのかしら・・と
思ったら、もしかしたら時代を超えた等身大のマクベスのお話なのかもしれません。

ただ、90分ノンストップで突っ走る今回の『マクベス』。
もしかしたら初見の方には、ちとストーリーを追うことが難しかったかもしれません。
でも、もしこの作品をきっかけに、シェイクスピアに興味を持ってくれたら嬉しいですね

赤と黒で統一されたシンプルで美しい舞台。
最小限に留めた小道具の使い方も洒落ていてこれまた素敵でした。

前回の高瀬久男さん演出の『ローズ』、そして『マクベス』と一流の演出家による
趣向をかえてのリーディング。
研修科の勉強会という枠を超えて、一つの演劇の楽しさを見方を学ばせて頂いています。
なんて贅沢なんでしょうね~さずが劇団ならではです
さて、次回は小林勝也さん演出・指導の『言葉―記憶の共有』です
これまた無料で見せて頂けますョ
詳しくは→文学座附属演劇研究所ブログへ
くれぐれも時間にご注意くださいねf(^_^;)

実は、この日。
家を早く出て、こんなに早く出たんだから
せっかくだし、ちょっと神田の淡路町の某所に寄り道なんぞ・・で、淡路町から
神田へ歩いて中央線で信濃町で劇団へと計画しまして
ところが、淡路町から神田で迷子なう(><)ひゃぁ~行けども行けども神田駅が見当たらない。
以前、本社が淡路町で、神田や御茶ノ水などサクサク歩いていたはずなんですけどぉ~
いやぁ参った参った
でもぉ~芝居は14時からだから、大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせて劇団へ
すると12月のアトリエの会『MEMORIES』にご出演の細貝光司さんと亀田佳明さん!に遭遇。
わーいイケメン二人だぁ~!!ラッキー★
アトリエの前でネタ合わせ中(笑)で、「どうしたの?」と亀さまに言われ
「勉強会を拝見に」と、細貝さんが「始まってるよぉ~」
「ひゃ~時間、間違えた!!」13時開演だったんです(><)
わざわざネタ合わせ中(笑)なのに細貝さん亀さまが様子を見て下さって
無事途中入場できました。お騒がせしましたm(_ _)m
ネタ合わせ中だったのに・・・(笑)
で、席に座ったとたん・・そうだ、早く家を出たのは、開演時間が早かったからだった!!
と、思い出しましたトホホ・・・(涙)
終演後、しっかり祐子さんに遅刻がバレまして
祐子さんはじめ、「全編観た方が良い」という、お会いできたお友達たちのお勧めに従って
夜の部も拝見させて頂きました。ありがたいありがたい
まじ観といて良かった
結果、なんか得しちゃった気分f(^_^;)←反省が足りない!
皆様、どうもお騒がせしてすみませんでした。

注)『MEMORIES』には細貝さんと亀さまのショートコントはありません・・あしからず(笑)

11/19(土)、20(日) in モリヤビル1階(第二稽古場)
by berurinrin | 2011-11-21 23:03 | 文学座観劇感想