昨日の続きアフタートーク

『風をつむぐ少年』の企画は、今は亡き演出家杉本正治さん。
杉本さんにお見舞いで、倉野章子さんが届けたのが「風をつむぐ少年」だったそうです。
新たに訳/脚色されたのは坂口芳貞さんの奥様である坂口玲子さん。
舞台では風見の人形が風を連れて旅をして
又別の場所にある風見の人形を動かしていましたが、
その風の旅は、もっともっと以前からだったようです。
もしかしたら、杉本さんが上から優しく風を吹かしてくれているかもしれません。

「風をつむぐ少年」観劇後に、特別企画♪
演出家鵜山仁さんとブレント役の斉藤祐一さんのアフタートークが行われました。
突然の企画で憧れの鵜山さんにお会いできるなんて、なんて幸せな事でしょう♪

去年、サンヨーホールでのフォーラム「いさかい」(演出/鵜山仁さん)の時に
アフタートークがありました。その時の斉藤祐一さんはかなり緊張されていましたが
今回のアフタートークでは、リラックスされていて頼もしく感じられました。
斉藤さんは近くでお会いすると本当に目が綺麗で、きらきらしています。
この目で、女性ファンが増えそうな気配♪
文才があるらしく、いつか斉藤さんの作品拝見したいです。
今後が楽しみな方ですね。
鵜山さんは相変わらず、おもしろトークで演出の話を聞かせて頂き
笑いが絶えず楽しい時間を過ごさせて頂きました。

アフタートークが終了した後、
鵜山さんに「風をつむぐ少年」の感動で胸が一杯になってしまった私に
観劇されてたお子さん達の状態は如何でしたか?と聞かれ
改めて、家族の為の作品である事を確認できました。

ちなみに今日は、俳優座プロディース『家族の写真』の前売日
もちろん演出は鵜山仁さんです。
今日からお稽古に入るそうです。
他にも演出の仕事が入っているので重なると言われたので
「鵜山さんは4.5本重なっても全然OKじゃあないですか♪」といったら
苦笑されていました。
う~ん、やっぱり鵜山さん、素敵な方です★

俳優座プロディースno.68『家族の写真』
6/9(木)~19(日)俳優座劇場
出演 中村たつ、高田聖子、石井圭祐、川口桂
作  ナジェージタ・プトゥーシキナ
演出 鵜山仁

スペースゼロのエントランスに浅野雅博さんのお花のアレンジメントが飾ってありましたが
くじらの風見人形が添えてあって、なんて可愛い~♪
素敵な方々に応援されているんですね!しばし見惚れてしまいました★
by berurinrin | 2005-05-01 11:09 | イベント