文学座・感謝祭2010<その4>

文学座・感謝祭2010 in 文学座アトリエ&モリヤビル1F(12/26(日)pm3:30~6:00)

お腹がよじれるほど笑った後は、年末ジャンボプレゼント大抽選会座ヒッパレ!
首に下げていた名前を書いたカードの裏に番号が書かれていて、
読み上げられてた方々が壇上に上がります。
全くくじ運がない私f(^_^;)「ちょっとおトイレに行って来ます」と友人達から離れてまして
で、さて友人達の元に戻ろうかなぁ~と思ったんですが、すごい人で戻れず・・・
どーしよっと周りを見てみたらわわわっ鵜山仁さんだぁ~♪
ちょっと風邪っぴきさんの鵜山さん、マスクをされてます。そんなマスク姿もかっこいいです♪
で、で、鵜山さんの元へレッツラゴーYeah~!(*^^)v です。
「何か食べたの?」と聞かれ、実は食べそびれf(^_^;)
「出し物は何やってたの?」と聞かれ「ノリ君(高橋正徳さん)が女装してました」と(笑)
「ほう~」と、鵜山さん。
東京會舘での忘年会より以前は、豚汁を作っていたそうで、だから伝説の豚汁・・・そんな話を伺いながら
鵜山さんの傍らで続くセレモニーを拝見させて頂きました。

セレモニー新座員の紹介です
カラムとセフィーの物語』でカラム(亀田佳明さん)の
同級生コリンを演じられた藤側宏大さん。
女の一生』では、刑事を演じられた山森大輔さん。
『女の一生』でヒロイン・布引けいさんを演じられた荘田由紀さん、
女子チームPerfumeの3人鈴木亜希子さん、牧野紗也子さん、吉野実紗さん。
面白かった『Dyscolos(ディスコロス)』(作) や『零下62度』(作・演出)と
勉強会で自身の作品を発表されてる五戸真理枝さんが座員に今年昇格されました!
おめでとうございます。
今年は個性派でマルチな才能をお持ちの方ばかりなので、
皆さんすでに色んな場所で活躍の場を広げられています。
今後の益々のご活躍が楽しみですねっ!!

支持会・パートナーズ倶楽部賞、同新人賞の発表です!

司会は引き続き金内喜久夫さんと栗田桃子さんの迷コンビ(笑)
じゃ~んで、発表です!!
支持会・パートナーズ倶楽部賞は、栗田桃子さん
同新人賞は、荘田由紀さん・・・納得のお二人です。
司会の金内さんから、「代表して、祝福のちゅーを!」と腕を広げる金内さん(笑)に、
即答で「結構です」と返す桃子さん(笑)
去年のアトリエの会の降板の謝罪を兼ねてご挨拶される荘田さん。
とても残念でしたが、どんまいですよね
次回『美しきものの伝説』で、元気な姿を見せて頂ければ十分ですよね★
それにしても桃子さん本当に今年は大活躍!本当に良かったですね
鵜山さんも嬉しそうです。
舞台上では、しつこく(笑)「祝福のちゅーを!」と桃子さんに向って腕を広げる金内さん(笑)
「金内さん、もう飲んでるなぁ(笑)」と笑ってる鵜山さん♪

楽しかった感謝祭ももう終盤。
江守徹さんからのご挨拶です。
江守さんから語られるお話は、やはり劇団代表の戌井市郎さんのお話。
50年目にひょんな事で、なぜか二人だけで旅先の温泉に入られたそうで
戌井さんの背中が、とても白い肌だったと・・・思い出のエピソードを愛おしそうにゆっくり語って下さいました。

最後の手締め
鵜澤秀行さん。
鵜澤さんってば、再演の度にバージョンUPされた『ゆれる車の音』。
目にも眩しかった紫のテキ屋さんルック(笑)小玉仙一さんがめちゃ素敵でした。

終了と同時に、色んな場所で座員の方とお客さまの写真撮影や交流タイム・・色んな輪が出来ています。
人気者の鵜山さんもお客さまから写真やサインや握手を求められたり・・
そんな様子をきっと指を咥えて物欲しそうに見ていたんでしょうね私f(^_^;)
鵜山さんから「サインする?」と、握手して頂いて~きゃっ!!
と、照明の賀澤礼子さんに声を掛けて頂きびっくりの感動!ありがとうございます。
薄目で鵜山さんをご覧になって去られる賀澤さんに(笑)
鵜山さん「??」
ふふふっ、そこんところのいきさつはツイッターを(笑)
するといつも気遣って頂いてる『崩れたバランス』の息子を飛行機に乗せる母親や今年は『走れゴスポティン』のリーディングで活躍された目黒未奈さんやみしゃこと吉野実紗さん。
トロイアの女たち』で幼いコロスを演じられた佐藤麻衣子さん。
「見に来ちゃった」と『モジョミキボー』のミキボー君(笑)
『ダーヴィンの城』では、赤ちゃんを誘拐するゲイのカップルの一人タチバナケンスケさんこと石橋徹郎さん。
さて、そんな鵜山さんにひっつきもっつき状態でいる私を友人達が見つけ出し、ひっぱり出され
名残惜しくもアトリエから外へ
すると、『ピンクの象と5人の紳士』や『今は昔、栄養映画館』と
自主企画で確実に力を付けてる要チェック人物・西本由香さん。可愛い(笑)山森大輔君や中村彰男さん。
スーツ姿に着替えられたのは、先ほどの目に眩しかったなんちゃって徹さん・
櫻井章喜さんらと名残惜しくも今年最後のお別れをして帰路へ

これで感謝祭のレポは終了です。
残念ながらモリヤに行くことが出来なくて、モリヤでサービスをして下さってる座員の
皆様にお会いする事が出来なかったのが・・・返す返すも残念です(><)。
記憶で書いているので、抜けてしまったお名前があったらすみませんm(_ _)m
座員の皆様の心からのおもてなし・・十分頂きました。
すごく楽しくて、温かい気持ちをたっぷり頂ました。
企画してくださった座員の皆様、裏で活躍して下さったスタッフの皆様ありがとうございました。
会場で声を掛けて下さった座員の皆様、見つけて声を掛けて下さったお知り合いの皆様
ブログの感想を下さった文学座のファンの方、ありがとうございました。
座員の皆様に慕われてる京都のおーらか姉さんにお会いできて嬉しかったです。また呑みましょう
一緒に参加してくれた友人もありがとう

そして長い文章お付き合いありがとうございました
by berurinrin | 2011-01-04 16:53 | イベント
<< 文学座本公演『美しきものの伝説... 文学座・感謝祭2010<その3> >>