LEMON LIVE vol.6『パパは犯罪者!?』

LEMON LIVE vol.6『パパは犯罪者!?』  in 下北沢駅前劇場(2/6)

作・演出  斉藤栄作


山奥の刑務所。
看守・日下部さん(みのすけさん)の担当する部屋には、4人の服役囚がいます。
一見おとなしい彼らですが、ヤンさん(浅野雅博さん)以外は、脱獄を画策中。
そんな中、反政府運動の活動家・中井さん(山路和弘さん)が収監されてきました。
 
浅野さんがご出演された『WOMAN』に続き2度目のレモンライブ拝見いたしました。
前作は、自分的には微妙な作品で・・・はっきり苦手だったんですけど
新国立劇場『ヘンリー六世』(鵜山仁さん演出です★うふっ)では、感情を封印して復讐の刃で、
父の仇とその幼い子を殺害し死んでゆく冷酷なクリフォード卿を演じられた浅野さんの姿が
実は、結構自分の中で引きずっていまして(ぶっちゃけ『ヘンリー六世』を引きずってるんですが)
ちょっとここら辺で割り切りたくなったことと、山路さんと浅野さんの組み合わせが・・気になるぅ
つーことで、青年座を愛するマブダチと拝見してきました。
昔からなのですが、わたしの友人達はこれっ!と思ったものは、突き進む傾向がありまして(笑)
青年座を愛する友人も、例外なく突き進み飛び出して、時には日本からも飛び出しちゃったり(笑)
本当に幅広く活動し趣味と仕事の兼ねての生活。そんな元気一杯の彼女の姿が眩しいのです。

さて、ストーリーは微妙に入り乱れ、「えーっっ」ていうシチェーションの中で
「あれ?」と思う種が撒かれ、最後は「ほぉ~」と・・・ただ如何せん、弱いっ
特に哀しいかな・・大きな社会問題を二つも盛り込みながらもホンで消化できていないので
後は役者の力で引っ張って、彼らの背中で背負っている過去を感じ取る・・
まぁでも久々のファジーな浅野さんの姿は、とってもチャーミングで
山路さんやみのすけさんとの間合いのおとぼけ感は、観ていて癒されるし楽しかったす。
囚人達とちょっと距離感を持って、冷静に周りを見ているかと思うと、弾けたりするヤンさんの怪しさ・・
そんな最後の不敵な浅野さんの眼差しも素敵じゃありませんか!?ねっ!!

そうだ!!浅野さん!!といえば5月は、この劇場の隣のスペースOFF・OFFシアターで
文学座のジョニーデップ(笑)石橋徹郎さんと二人芝居『モジョ/ミキボー』一ヶ月のロングラン上演!!
そして演出は、なんと鵜山仁さんです!!きゃぁきゃぁ素敵!
興奮しちゃいますよ、ほんとすごい事だもん。
北アイルランドの劇作家オーウェン・マカファーティーさんの作品です。
オーウェンさんといえば、新国立劇場にて公演された『シュート・ザ・クロウ』を書かれた方です。
『モジョ・ミキボー』は映画化もされてるそうで、過去に日本でも上映されたそうですが
残念ながら拝見していなのです。でもね『シュート・ザ・クロウ』は、すごーく新鮮だったし、
とっても面白かったです。言葉遊びはホントに斬新・・
そして浅野さんと石橋さんの文学座誇るイケメンさんの組み合わせ(*^_^*)
懐かしいH.H.Gの公演『冬のサボテン』では切ないカップルを演じられた二人でしたもんね~
きっと素敵な兄弟を演じられる事だと思います。
なので、ぜひぜひ5月は、どっぷりと下北沢に通いましょう(笑)
早くもブログも立ち上がっています

『モジョ/ミキボーのブログ』!!
by berurinrin | 2010-02-06 23:54 | 観劇感想
<< 2、3月主な外部出演 第17回読売演劇大賞 >>