『岸田國士短編集』風組

『岸田國士短編集』風組 in 銀座小劇場(11/14)

作  岸田國士
演出 森さゆ里

<隣の花>
隣同士に住む二組の若い夫婦は、それぞれお互いの妻に好感をもっています。
従順な妻、片やわがまま放題の妻たちもそれぞれのお互いの夫たち
横暴な夫、片や軟弱な夫の考えや姿勢に惹かれあっているようです。
ある日、この二組の夫婦は一緒に活動写真を見に行く約束をします。
ところが従順な一方の妻は突如拒否し、わがままな妻の言動に腹を立てたもう一方の夫も
外出を止めてしまいます。そんな二人を残して連れ立って外出をしてしまう彼ら・・・
軟弱な夫は、一人で留守番をしている従順な妻のいる隣の家の方向に・・・

これが現代なら・・と、もう直球でf(^_^;)ドラマにならないかもしれませんが・・
短いドラマの中で描く男女の関係の言葉にならない、思いの数々・・
夫同士、互いの妻と夫、それぞれの夫婦の会話の言葉やニュアンスの妙を感じながら
なんか意味深でドキドキする作品しながらのお芝居でした。
こういうお芝居は、難しいですよね。
でも襖って、なんか伝わりますよね。見えない何かが・・・

<ヂアオログ・プランタニエ>
同じ一人の男性を愛する二人の女性(相本結香さん、岩出茉莉さん)が、
彼の愛を得る為に互いに牽制しあう心理戦。

いやぁ、怖いっ!女同士ギラギラしています。
岩出さんの相本さんを見るときの目つきの鋭い事(笑)
たわいのない花占いで、負けたほうが諦めようと、きっと他人が見たら
あきれる姿かもしれませんが、二人は真剣・・それだけ愛に対して、その男性に対して
真っ直ぐ切羽詰った状況というのが伝わってきます。
でも、それは残念ながら・・すでにどちらかの女性は愛の勝者で・・
方やそれを認めたくない、意地っ張りな交渉毎。それも同じ同性だけにわかっちゃう所が
観ていて切ない・・こんな情景を男性である岸田さんが書かれたのが、すごいなぁと
思っちゃいます。

<紙風船>
ある日曜の午後。
結婚一年目の若い夫婦(吉野実紗さん、國井有さん)の何気ない会話に、
心のすれ違いが見え 隠れしてきます。
互いの気持ちの違いがはっきり現れたとき、ふいに飛び込んできた紙風船。
気がつくと無邪気に笑いあう二人の姿・・・。

いい作品ですねぁ~好きですね★私。
過去に一度、狭いスペースでこの作品を拝見したのですが、今回のキャストとても素敵でした。
実紗ちゃんの声音と岸田さんの美しい台詞が溶け合って、本当に日本語って美しいもんだなぁと
感動してしまいました。それに実紗ちゃんの表情がまた何ともいえない。
恋愛の賞味期限は3年間と、友人が言っていましたが、嫌いじゃないけどすごく好きじゃない
すごく好きだった相手に対する気持ちの温度が下がって、それが相手もそうで、察してしまったら
自分を気持ちを差し置いて寂しくなってしまいます。誰の所為じゃないし、責められない。
そんな、一抹の寂しさを紙風船は救ってくれるといいですね。

赤坂で『七本の色鉛筆』を拝見し後に向った先は、ここ銀座小劇場。初めての会場です。
最近は、色々学習しましてf(^_^;)時間がある時は、一度場所を確認してから時間を潰すと(笑)
ま、当たり前っちゃ当たり前の話ですが、私のような人間は痛い思いをしないと学ばない(笑)
今回も確認する際に迷ってましたからf(^_^;)
入り口では、なんと頼経明子さんがお手伝い!?なんかヨリちゃんで嬉しい★
客席には、永川友里さんに遭遇!お隣の席でよもや話しで花が咲きました。
友里ちゃんの同期の千田美智子さんの姿も・・・でも、わたしホント人見知りなんで、すみません。
人見知りを直そうと努力しようとするんですが、なんか後から自己嫌悪に陥っちゃって
声を掛けて下されば嬉しいのですが、自分からは・・いけないんですよ、これが・・全く

終演後、研修科の卒業生の岩出茉莉ちゃん(芸名です)と実紗ちゃん、ヨリちゃんで
なぜか話題が新国立劇場『ヘンリー六世』!(今頃、三部上演中ですね♪)
今回お手伝いのヨリちゃんは、みんなの為においしい手調理を作って応援されていたそうです。
いやいやいや、ヨリちゃんったら女の子らしい!素敵!
「稽古期間が短くて難しかった」と、実紗ちゃん・・ぽそっと、そんな言い方が、めちゃかわいい♪
普段は、ホントに可愛い女の子なのです。
久々のお芝居で、気が強いぞビームを炸裂(笑)した岩出茉莉ちゃんには、お菓子を頂いちゃって・・
いつも気遣いの人なんですよ。ちなみに芸名です(笑)
さすがに一日に二本のお芝居を観るのは、ヘトヘトに疲れますが(なんか熱出ちゃうし・・)
でもねでもね・・逆に出会った彼女達に元気をもらった一日でありました。

11/13(金)~15(日) in 銀座小劇場

さて、リンクを追加いたしました。
この作品の演出をされた森さゆ里さんのH.PTokyo劇場です。
実は、森さんと出会ったのは、この会場ではなかったのですが(笑)
人見知りの私が、初めて会話を交わしたとたん、森さんの事大好きになりました★
ホントに飾らない素敵な女性です。
繊細でいてさっぱりしていて柔らかな空間を作られる森さんです。
「二年に一度しか更新していない」とおっしゃっておられましたが、ユニークな文書に惹かれます!
by berurinrin | 2009-11-23 21:58 | 観劇感想
<< 新国立劇場『ヘンリー六世』三部... プリエールプロデュース『七本の... >>