新国立劇場『ヘンリー六世』三部作 第二部<敗北と混乱>その二

新国立劇場『ヘンリー六世』三部作 第二部<敗北と混乱> in 新国立劇場中劇場(10/31、11/3)

作   ウィリアム・シェイクスピア
翻訳 小田島雄志
演出 鵜山仁

第二部は、文学座の方々が大活躍!観る方も大忙しです(笑)
ストーリーを追いつつも、気になるのは座員の活躍ぶり!
ここにも、そこにも、あっちにも・・・戦いのシーンでは、転がったりジャンプしたり蹴られたり・・
お会いした出演者の方々、みなさんってば体が引き締まっていて
今更ながら皆さんイケメン揃いきゃーかっこいいです!!
でも、一番のイケメンさんは、もちろん演出の鵜山さんですけどね・・プププッ♪

金内喜久夫さんは、今回はお茶目(笑)な役どころ満載!主な役どころは
摂政グロスター公(中嶋しゅうさん)の妻エリナー・コバム(久野綾希子さん)が
雇った怪しげな占術師ロジャー・ボリングブルックやサフォーク伯(村井国夫さん)が海賊に捕われた
時に一緒にいた紳士。ちょっとのほほ~んとして、でも存在感はしっかり感じる。
素敵な金内さんです。

三部通して国王と対立して王位を狙うヨーク公は、、渡辺徹さん
一部では、まだ若いプランタジネット公でしたが、二部になると
王座を手にする為の着々と足固めを開始します。
主役がヘンリー王(浦井健治さん)であれば、その敵であるヨーク公は、カタキ役、悪役・・と
思いきや、彼に忠誠を誓うウォリック伯(上杉祥三さん)やソールズベリー伯(菅野菜保之さん)や
彼のブレーンに対する姿勢は、とても心温かいものを感じるし、特に家族に対しては
深い愛情を感じる事ができます。そして息子達も父・ヨーク公への愛情が溢れているし
中でも醜いリチャード(岡本健一さん)に至っては、「お父さん大好き!」って、おんぶしちゃうし(笑)
それも嫌がらずに、ぽんぽんってリチャードの腕や背中を叩く手の優しさ・・
ヘンリーに対しても、ヘンリーが憎いわけじゃなくて、あくまでも王位継承者であるという立場を
主張しているのであるから、ヘンリーが「自分が生きている間は王でいさせて欲しい」と
言われちゃうと、オッケー!と承諾してしまう人の良さも感じてしまいます。
そんなところは、さすがの徹さんの懐の深い大きな姿、優しい語り口と愛嬌いっぱいの笑顔が
弱々しいヘンリーと対極をなして、統率力のある魅力的なヨーク公でした★

ヨーク公の長男・エドワードは今井朋彦さん。
一部では、髪を撫で付けたりして端正な感じでしたが、なんかもうイケイケでモミアゲが
ちょっといやらしい(笑)なんか、ろっけんろーる♪な感じでしたね。
でも今井さんの魅力炸裂は、もうちょっと後・・・三部までお待ちください(笑)

金内さん演じる占術師ロジャー・ボリングブルックと共に現れて、犬の声やら楽器担当を
された方・・すっぽりと頭から黒いフードを被っていましたね。どなたかわかりましたか?
実は後半登場するクリフォード卿の息子を演じた浅野雅博さんでした(笑)
浅野さん演じるクリフォード卿の息子は、『ヘンリー六世』を読んだ時に一番惹かれた人物でした。
第二部では、父の側にぴったり寄り添って、クリフォード卿を見る時の眼差しは穏やかで涼しげ
本当に父親を尊敬してるんだなぁ~大好きなのねと、爽やかな青年でしたが、
薔薇戦争が始まりヨーク公に殺された父親の遺体に対して、復讐を誓いながら
ぐっと嗚咽する姿に、たまらなく心を揺すぶられました。
かっこよかったですよね!

徒弟に告発され決闘して殺されちゃう武具師トマス・ホーナー&サフォーク伯を捕える海賊
艦隊長を演じられたのは石橋徹郎さん。
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』ジョニー・デップみたいにかっこよかったですよね~!!
衣装もすごく似合ってました★
サフォーク伯を、村井国夫さんを、えいってチャポ~ン池の中に落としちゃうし(笑)それも足でf(^_^;)
チャレンジャーだ(笑)
ちなみにあのジョニー・ディップもとい艦隊長さんのおひげは、ペンで書いてるそうで
ペンの先が丸いと太くなるそうです(笑)

城全能成さん(笑)いやいやまだ笑っちゃいけない・・
ジャックケードによる暴動が終結し、ジャックケードは逃亡します。
そして行き着く先は、ある地主の庭。そこにいたのはアレグザンダー・アイデンさん(笑)
まさかの九州弁でした!くりくりの鬘もお似合いでしたね。
ひょんな事から、ジャックケードを討ち取ってその首を抱えてヘンリー王に会いに行きます。
ひざまずいたままヘンリー王の近くに、ツツツッ~と向う動きとか、なんか硬い言い回しとか
ちょっと時代錯誤ちっくな感じがナイスでした。
その働きに勳爵士に叙してもらってヘンリーに忠誠を誓ったばかりのホカホカ状態で
間が悪いつーか、ヨーク公が宣戦布告!!両者の罵倒合戦に居場所がないアイデンさん・・とほほ(笑)
普段かっこいい城全さんが、あわあわした姿を魅せて下さると、ほんとツボにきます(笑)

摂政グロスター公だと勘違いして間違ってサフォーク伯に請願書を出してしまう請願人、
ロンドンに乗り込んできたジャックケード(立川三貴さん)に「ジャックケード!ジャックケード!」と
名前を呼んでその肩を叩いて殺されちゃう市民。摂政グロスター公を惨殺する殺し屋と
ドラマの要には、必ずこの方がいらっしゃる!川辺邦弘さんです。
色んな表情を魅せて下さるので、「えっ川辺さん?」と思っちゃったり(笑)しちゃうのです。

川辺さんと同じく請願人。
そして海賊の船長さんを演じたのは、松角洋平さん。もう、松角君は目立ちますからっ
「奇跡~奇跡ですねん♪」と突然目が見えるという奇跡が起きたシンコックス(吉村直さん)
と現れる市民。ジャック・ケードと共に暴動に参加する暴徒マイケルは、セイ卿(鈴木瑞穂さん)の
首を槍にさして現れたりしてました(><)。軍隊に挑発する姿はめちゃくちゃ可笑しくて
キンキラキンの飾り物をつけた姿は面白かったぁ
戦う姿は、なぜか?タオルを使ってあちゃー!!ってカンフーか(笑)
でも、すごいアクションを魅せて下さいました!

と、第一部に続いて第二部とチェックしてましたが、第三部はもっともっとすごい!!
それにしても一つの作品で、彼らの色々な姿が拝見できる、新たな一面を発見出来たり
とっても贅沢な一時を堪能しました。
by berurinrin | 2009-11-19 22:35 | 観劇感想
<< 2010年文学座ラインナップ発表!! 新国立劇場『ヘンリー六世』三部... >>