新国立劇場『ヘンリー六世』三部作 第二部<敗北と混乱>

新国立劇場『ヘンリー六世』三部作 第二部<敗北と混乱> in 新国立劇場中劇場(10/31、11/3)

作   ウィリアム・シェイクスピア
翻訳 小田島雄志
演出 鵜山仁

ヘンリー王(浦井健治さん)の后となり、イングランド王妃マーガレット(中嶋朋子さん)と
なりましたが、国民の圧倒的な人気を誇る摂政グロスター公(中嶋しゅうさん)の存在が
目障りのようです。貴族達も互いに牽制しあいヨーク公(渡辺徹さん)とサマセット公(水野龍司さん)
の確執も表面に現れ始めます。

冒頭は、ヘンリー王の元にサフォーク伯(村井国夫さん)に伴われイングランドに輿入れされた
マーガレットが到着する場面からドラマは進展していきます。

第二部は、静(対話というか会話の応酬というかf(^_^;))と動(戦い)が交差しながら
小さな火種がぽつぽつと音を立てて現れ、第三部に繋がる大きなうねりの序曲のような
心拍数がドキドキ高鳴る展開でした。
わたし二部が一番好きだなぁ~。
人間のエゴが一番表現されていて、誰もがオレオレ状態(笑)
こんな状態じゃ、ヘンリー王じゃなくたって国の統制が乱れるのも無理はないと思いませんか?
美しいマーガレットは、ヘンリーとは真逆の野心家サフォーク伯と不倫中。
摂政グロスター公の妻エリナー・コバム(久野綾希子さん)は、野心を持って自滅し
サフォーク伯の放った刺客によりグロスター公の殺害するも、露見して国外追放。
海賊に殺されてしまいます。そしてグロスター公を憎んでたウィンチェスター司教(勝部演之さん)が
狂死したりと・・露骨に色んな所で、いつもの人間関係の細い絆が断ち切られ崩壊されていきます。

そんな彼ら貴族達にいい様に虐げられた民衆達は、反乱をおこして世の中を引っくり返そうとします。
中でも乱暴で無茶振り(笑)のジャックケード(立川三貴さん)。
子供の頃見ていたアニメ『小さなバイキングビッケ』のお父さんみたい・・あはっ
漫談のようにしゃべるまくるジャックケード・・ですが、彼もヨーク公から上手く乗せられてしまった
貴族間の争いの捨て駒・・・哀れな市民の代表でした。

第二部の終幕近くでは、とうとうヨーク公が立ち上がり、正統な王位継承者であると宣言をします。
血で血を洗う薔薇戦争の火蓋があけられました。
白いバラのヨーク公方の巨大な布と赤いバラのヘンリー王方の巨大な布が舞乱れ
胸に赤・白のそれぞれのバラを身につけた貴族達が、戦い始めます。
大きな舞台を走り回り、その戦況に合わせて2色それぞれの布が入り乱れる様は、とても美しいです。
布以外にも水!!
グロスター公を殺害したかどで、国外追放になったサフォーク伯が、海賊に捕まり
殺害されるシーンで、艦隊長(石橋徹郎さん)に足で蹴られ池の中に落とされてバシャバシャっと
びっくりしました。あんまりびっくりして当初ハプニング(笑)かと思った位でした。
その上、首がぴゅーんと飛んじゃうし、サフォーク伯の最後は超悲惨!
そんなサフォーク伯の首を抱きしめて嘆くマーガレットもすごい!

第一部と同じセットですが、池には二本の橋げたと赤と白の花が浮かんでいます。
薔薇戦争の予感を感じさせる・・なんとも意味深な光景です。
今回は、池がいろんな姿を魅せて舞台の魅力をよりバージョンUP!
池に向って、ぱんぱんぱんと手を叩くとまるで鯉が餌をもらいに現れような水面がうねったり
ごぼごぼごぼっと噴水になったり・・
水場が池になったり海になったり、噴水になったり・・・目新しい仕掛けがいっぱい★

第一部の冒頭は、王座がぽつんと置かれていました。
ぱたんと倒れた玉座に白いカーテンが掛けられ、
王冠が載った亡きヘンリー五世の棺になった葬儀の場面・・流れるような荘厳で美しい場面でしね。。
第二部では、王座の隣には新しく輿入れされたお妃様の為の場所も用意されていました。
喜ばしい光景が、必ずしも明るい将来が約束されている雰囲気とはちと程遠い
なにか裏を秘めた・・そんな光と影を感じさせる照明の輝きが、彼らを包み込んでいました。

第二部では、いっぱい人が死ぬんですよ!死体がいっぱい出てきます。
あっ、でも死体がリアルじゃなくて、銅像のようなグレー。
あんま怖いものが好きじゃないわたしでもへーき(笑)血も・・と、思ったら
サマセット公を殺害するリチャード(岡本健一さん)に血がびゅーと
その血を顔面に濡らして、剣を手にして赤いカーテンの真ん中を切り裂きながら走り去る姿が
野獣のようで、凄まじくもその迫力に息を呑んでしまいました。
第二部の最後は、ヨーク方の勝利。ヘンリー王たちは敗走します。
明るい照明をバックに白い布が上からどーんと落ちて、
その上から黄色い花がパラパラ落ちてくるラストシーン
これまた美しい一つの絵のようでした。


10/27(火)~11/23(火・祝)まで in 新国立劇場中劇場
by berurinrin | 2009-11-15 22:39 | 観劇感想
<< 新国立劇場『ヘンリー六世』三部... 文学座本公演『定年ゴジラ』その2 >>